FC2ブログ

オタク文化&同人迷走エッセイ(Otaku bunka & dojin meiso essei)

ようこそ、オタク文化や同人関係についての広い意味でのエッセイです。

どろろ | 手塚治虫作品

アニメ









どろろ
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

メルカリ
退職代行「EXIT」

『どろろ』



今回はアニメ版「どろろ」です。

このアニメ化は二度目ですが、実写映画化もされていますのでご存じの
方も多いかと思います。

故「手塚治虫」先生の作品です。

原作は「週刊少年サンデー(小学館)」にて1967年8月27日号から
1968年7月21日号まで連載された後、「冒険王(秋田書店)」にて
1969年5月号から10月号まで連載されました。



概要──。


戦国時代の北陸や能登半島を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返す旅
をする少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろ。この2人の妖怪との戦いや、
乱世の時代の人々との事件を描く。

1967年8月27日号より「週刊少年サンデー(小学館)」で連載が始まるが、
暗く陰惨な内容が読者に受け入れられず、手塚が内容に対する迷いを感じ始め
たこともあり、単行本では「無常岬の巻」にあたる話の1968年7月21日号の
回で1度連載終了となり、「第一部・完」と表記された。

テレビアニメ化に伴い掲載誌を替えて1969年、「冒険王(秋田書店)」で
5月号から10月号まで連載された。5月号とその別冊付録、6月号に掲載された
最初の2回は、過去の原稿の再録や改変を行い設定を一新した新たな内容の
序盤が掲載され、続いて新作が連載されて、アニメ終了時期と同じ10月号で
一応の完結をみるが、こちらもストーリーとしては途中までとなり、きちんと
した物語の完結には至らなかった。

単行本は「週刊少年サンデー」連載分をもとに「冒険王」連載分もまとめられ、
最終ページの地獄堂が戦火で焼失したくだりなどを含めた加筆、細部の変更、
修正、削除を加えられて発刊されたが、見開きや扉絵は収録されていない。
単行本は、連載された話の順番を入れ替えた秋田書店サンデーコミックス版と、
後に連載順の内容で編集され細かな修正がなされた講談社手塚治虫漫画全集版の
2種類が存在しており、全集の発売後に出版された文庫サイズの漫画は秋田書店、
講談社どちらも全集版と同じになっている。

また、「冒険王」の弟誌である「まんが王」には、手塚プロ制作のセル画漫画
によるどろろも1969年4月号から10月号まで連載された。漫画以外のメディア
展開は上記のテレビアニメの他、後年にゲームソフト、実写映画も製作された。



DMM.com証券

ゲームパソコンブランド「G-Tune」










◆迷走解説。




このアニメ「どろろ」はオールドファンは殆ど見ているアニメだと
思います。

そういう情報が色々と耳に入ってきています。

初めにアニメ化されたときはまだモノクロでしたし、原作も読んでいます。
中途半端な終方でしたし、内容も決して明るいものではありませんでした。
ですが我々は見ていましたね。

それ故に何時までも気持ちの中に残り続けていた作品の一つでもあります。


昔の少年誌にはけっして子供向けとは思えない作品は多いのです。
今のように多数の漫画雑誌があり、細分化されているように見える現在の
方がむしろ子供向けかと言いたくなる作品が多い気がします。

青年誌の内容が昔の少年誌に思えることが多々ありますから。
青年誌だからもっと振り切っても良いんじゃないかと思うことが多いですね。
案外そいう作品は人気が出ないのかも知れません。

「ワールド・イズ・マイン」という作品があったのですが、大好きでしたが
ヒットした漫画という感じはありませんでした。



今の深夜アニメになったが故に「どろろ」が再アニメ化されたのかも
知れませんが、手塚作品はアニメ化されているものでも多数あります。
アニメ化されていないものの方がはるかに多いので、全ての作品を含める
と膨大な数に上ります。

どれをチョイスするかは分かりませんが、時代に合わせた変更を加える
と何度でもリメークできます。

少なくとも今後はすでにアニメ化されている作品の再アニメが期待できますし
予想としても可能性は高くなっているのではないかと思います。


この「どろろ」より古く、テレビアニメ(昔はアニメとは呼ばれていませんでした)
として初めての作品であるのは「鉄腕アトム」です。

その後に続くのが「ビッグX」と「ワンダースリー」でした。

「ジャングル大帝」もありますがこれは再アニメされていますし、映画も
ありました。
先の二作品とも再アニメ化されていませんので、そろそろ再アニメ化の
動きがあっても良いのではないかという気がします。


「ビッグX」は薬物で巨大化するヒーローの話ですが、薬物っていうの
がいけなかったのか、当初の設定である注射器を使って巨大化するのではなく
ペンシル形の機械にすぐに変更されました。

「進撃の巨人」にも注射器をつかっているシーンがありますが、まんざら
手塚作品の影響がなくはないのではないかと思えます。

「進撃」のヒットもありますから、再アニメ化があっても良いのでは
ないかとずっと思っていますが、話を聞きません。
この元ネタは「H・Gウェルズ」です。


また、「ワンダースリー」は異星人が地球の動物に変身して地球の
監視をする物語ですが、地球への監視や観察目的の異星人の来訪は形を
かえて色々とあります。

「ビックX」も「ワンダースリー」もそのままでは今の時代には合わないので、
ある程度手を加える必要はあると思います。
古い作品は殆ど時代に合わせてある程度の作り替えは必要でしょうね。

それでも手塚作品はネタの宝庫です。
いずれまた、数多くの作品の中から再アニメがなされてくるでしょうね。

どちらにせよ手塚作品はもっと注目されて当たり前なのですが。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

業界最安値!マルコネクトの光インターネット

自転車通販サイト【cyma】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト

▲PageTop

Back Street Girls (ゴクドルズ) | 漫画実写化作品

実写化作品









Back Street Girls-ゴクドルズ-
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『Back Street Girls (ゴクドルズ)』




今回はや実写ドラマ化作品である「Back Street Girls」です。

「週刊ヤングマガジン(講談社)」にて2015年16号から2018年42号まで連載された
漫画作品で、作者は 「ジャスミン・ギュ」さんです。

アニメはすでに公開が終わっており、実写映画化されています。



あらすじ──。

暴力団・犬金組の若手組員である、角刈りの「健太郎」、オールバックの「リョウ」、パンチパーマに髭面の「カズ」。彼らは早とちりと早合点が原因で大きなヘマをやらかしてしまい、組長の逆鱗に触れてしまう。その組長の前で「何でもしますから命だけは…」と涙ながらに訴えつつ、必死の土下座で許しを乞う3人に対し、アイドルがいい金儲けになることを聞きつけた組長は、その不始末の落とし前として、強引に性転換と全身整形手術を受けさせた上で女性地下アイドルグループに対抗した女性裏路地アイドルグループ「ゴクドルズ」としてデビューさせてしまう。



2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune










◆迷走解説。



アニメは一応、見ていました。

普通のアニメとは少し違い、止め絵を多用したアニメで作風を大事にして
いるアニメでした。

昔は、特に「白土三平」作品のアニメは止め絵が多く、それがかえってスピード
感を演出する効果があったことを思い出させるアニメでした。

昔は今と違ってアニメの技術が進歩しておらず、スピード感が出せなかった
ので止め絵となっていたのですが、映像的に劇画に近いものは止め絵の方が
効果を発揮します。

最近では珍しい演出方法を使うアニメだなと思っていました。


ただ、このアニメを見た時実写に向いていると思っていました。
アニメ向きのネタではなかったですね。

そういう意味では、萌えアニメが嫌い自分でもなんとか見ることができた
アニメでした。
今期のアニメもとにかく美少女づくしのラインナップです。

航空機ものから魔法少女まで色々とありますが、嫌と言うほど「美少女」
づくしです。
毎回思うのですが、どうして航空機やロボットものに「美少女」が出てくるのか。

とにかくもうアニメの「美少女」は辟易です。


「コトブキ飛行隊」は空の「ガールズ&パンツァー」を狙ったのかも知れませんが、
ある意味狙いは当たっているかも知れません。
それは二次大戦のレシプロ機マニアがガッツリと食いついているからです。

ですが美少女にはまったく関心を示さず、二次大戦のレシプロ機の話ばかりです。
どちらかというこういうタイプのファンの心理は詳しいのですが──自分もこの
タイプに近いので──あまり美少女に興味を示しません。

ここら辺のバランスが難しいですね。
昔の同人サークルでは、我々はやろうと思えば二次大戦機の作品は作れました。
しかし話が出なかったのは、美少女と絡めにくいというのがあったからです。

「ガールズ&パンツァー」はあと一歩で、自分たちが作っていたかも知れない
作品でしたが、レシプロ機は雑談でも出てこなかったですね。
ただ作品作りではなく、ただの雑談としては現代の戦闘機も含めてよく話し
は出ていました。

ちなみにですが、第二次世界大戦ではソ連には女性パイロットが存在して
いました。


「ガーリー・エアフォース」も美少女キャラが出てきますが、これは全く
人気を感じさせません。
似たような作品は以前にもアニメ化されたことがありましたが、結局、ヒット
しませんでした。

航空機と美少女が深く絡んでくる作品はヒットしにくいといえると思います。


話戻って、基本的には、何度も書いていますが実写化するのであればアニメ
の前に実写化するべきであると思っています。
ですがこのアニメはもともと少し違っていましたので、あまり実写化に
差し障りがあるようなタイプではありませんでした。

これが萌えアニメとして作られていたら、実写化すると魅力は半減していた
ものと思います。

むしろ実写化によって安心感すらあって、かえってよかったという珍しい
ケースであるかも知れません。
ネタそのものは今まであってもおかしくないものですね。

近いものはコメディではありませんが小説などはあったと思います。


ただアニメ版もあまり騒がれていませんでした。
同じ美少女ものですが「ゾンビランドサガ」の方が人気があります。
今のアニメの美少女たちはアイドルを目指さなければ人気が出ないのかも
知れませんね。

実写化してどれくらい人気が出るのかは未知数ですが。

今やアイドル戦国時代と呼ばれるほど飽和状態の芸能界ですから、
使える素材は有り余っているはずです。
それらとうまく繋げてやると、戦略的にも有効ではないかと考えられます。

最近ですが、「美少女」アニメを見るとアレルギー反応が出るような感じ
にすらなってきました。



それではまた次回にお会いしたいと思います。

業界最安値!マルコネクトの光インターネット

電動バイクは【BLAZE SMART EV】

退職代行「EXIT」












同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




▲PageTop

ケムリクサ | たつき監督作品

アニメ









アニメイトオンラインショップ
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

メルカリ

『ケムリクサ』



今回は現在放送中のアニメ、「ケムリクサ」です。

「けものフレンズ」の「たつき」監督が2010年にオリジナルアニメとして
制作していたアニメが、2019年1月よりヤオヨロズ制作によるテレビアニメ
として現在放送中となっています。



あらすじ──。

薄暗く赤い霧が立ち込め、廃墟が広がる世界。りん、りつ、りなたち姉妹は赤虫(あかむし)と戦いながら
水を探して生きていた。ある日、姉妹は記憶喪失の青年わかばと出会う。りんたちはわかばがムシでは
ないかと疑いつつも行動を共にすることになる。



退職代行「EXIT」
自転車通販サイト【cyma】










◆迷走解説。



「たつき」監督は「けものフレンズ」のヒットで一躍有名になりました。

しっかりと記憶に残っていなかったのですが、自主アニメで公開していた
らしく調べて見ると、「ケムリクサ」はすでに見ていましたね。
それが「たつき」監督とわかっていなっただけでした。

いろいろなところにアンテナを張っているので、こういうことが良くあります。


それにしてもYouTubeはいろいろなものに利用できます。
自分の作品をアピールするだけではなく、いろいろなメリットがあります。

ですが突然凍結されるなど、不安定な要素も多くこのプラットフォーム
を使ってなにかを制作するのは一考を要しますね。
使って見たいと思ったことがあるのですが、面倒も多くありそうです。


「けものフレンズ」のシーズン2は「ケムリクサ」と同じように同時
放送されています。
因縁対決の様相を呈しているのですが、「たつき」監督作品に人気が
集まっているような感じですね。

正直、「たつき」監督の「けものフレンズ」は見ていましたが、
シーズン2の「けものフレンズ」は飛ばし飛ばし見る程度でしっかり
見ていません。
また話題にもなっていません。

個人的にも「ケムリクサ」に軍配を上げます。


もともと「けものフレンズ」は原作がゲームですから、このオリジナル作品
である「ケムリクサ」の方が「たつき」監督の個性が際立ってでています。

「けものフレンズ」でも終末感が出ていましたが、やはり「たつき」監督は
「終末テーマ」指向のある方のように思います。

SFでは昔、「終末テーマ」ばかりの時があって、有名な作品では「アンドロイド
は電気羊の夢を見るか」の「フィリップ・K・ディック」が有名です。
映画「ブレートランナー」の原作です。


ただこのタイプの方はなにを作っても終末テーマにつながってしまいがちに
なります。
「けものフレンズ」も原作があっても、終末テーマにつながるものでした。

「最終兵器彼女」の「高橋しん」さんや、「まどか☆マギカ」の「虚淵玄」
さんも終末テーマにつながる作家さんですね。
ですがどちらも救いのないバッドエンドにつながるタイプの作家さんです。

「たつき」監督は同じ終末テーマでもバッドエンドにつながらず、どちらかと
言えばノホホンとした優しさがあります。
それが人気の秘密ですね。


ですが最近の傾向としてバッドエンドの作品の方がヒットしているようにも
感じます。
終末テーマが主流であった時は社会不安が強いときでした。

「小松左京」さんの「日本沈没」も同じ頃でしたし、「ノストラダムスの大予言」
のように終末思想に関することはやたらとヒットしていた時期がありました。
今の世の中は同じように社会不安が強い時期ではないかと思います。

ただ昔と違うのは、この「終末感」をいろいろなイベントなどで隠そうとして
いるような気がします。
現実は、もっと深刻であるような気がしますね。



それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

業界最安値!マルコネクトの光インターネット

電動バイクは【BLAZE SMART EV】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





▲PageTop

アクアマン(Aquaman) | DCコミックス作品

実写化作品









DCコミックス
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『アクアマン(Aquaman)』


今回は実写映画化作品である、「アクアマン」です。


「ワイルド・スピード SKY MISSION」の「ジェームズ・ワン」さんが
監督をしています。
主演は「ジェイソン・モモア」さんです。


「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、
様々な「DCコミックス」の実写化映画作品を、同一の世界観のクロス
オーバー作品群として扱う「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ
の6番目の映画だそうです。

「DCコミックス」勢も黙っていませんね。
「マーベル作品」にばかり活躍を許していませんでした。




あらすじ──。

1985年、メイン州のアムネスティ湾灯台の灯台守、トム・カリーは岩場の海岸に打ち上げられた海底国アトランティスから逃亡した女王アトランナを発見する。アトランナは回復後、トムとの間にアーサー・カリー=アクアマンが誕生する。数年後、アトランナはアトランティスの追手に捕まり連れ戻される。残されたアーサーはトムに育てられ、またアトランティスの参謀バルコから武術の指南を受け、たくましく成長する。

現代。アーサーの異父弟にしてアトランティスの王オームは、隣国ゼベルの王ネレウスと同盟を組み、海の生物を殺し、自然を荒らす地上人に戦争を仕掛けることを決意する。そして海底すべての軍事力を動員するために、海底の七つの国の半数の王に認められた「海の覇王(オーシャンマスター)」になろうとしていた。


退職代行「EXIT」
電動バイクは【BLAZE SMART EV】










◆迷走解説。




今回の「アクアマン」はDCコミックスです。

目立っている「マーベル」勢に押されているのかと思っていましたが、
「DCコミックス」も同じように映画作品を作っていたのですね。

最近のアメリカンコミックの主流になっている、かく作品の枠をこえて
つながるクロスオーバー作品として作られている場合が多い。
この作品は作品単体のもののようですが、「ジャスティンリーグ」と
同一世界観のようです。


基本的に他の作品とクロスオーバーする予定の作品ともいえるわけです。

今や「バットマン」も「スーパーマン」もともに同一作品で共闘しています。
これがまた世界的に人気のある方法でもある訳です。
この「アクアマン」はDCコミックスの作品では記録らしいです。

2019年1月27日時点で世界興収10億9000万ドルを記録して、興行収入が、DC映画
史上No.1の興行成績を記録したそうですからこれは凄い。
ハリウッド映画の興行収益は日本映画と桁そのものが違います。


実は「アクアマン」というキャラクターを知りませんでした。
学生の頃からある程度、「アメコミ」は見ていて知っているのですが。
調べて見ると1941年に創作されたキャラクターでした。

ちょっと今のキャラクターという感じを受けなかったのですが、
やはり古いキャラクターでしたね。

ここまで古いキャラクターのことについては詳しいことを書けませんが、
我々が子供の頃には確かに海底人──半漁人ではないですよ──と海底帝国
のような設定がありました。

「アンダーソンプロ」の「スティングレィ」という作品にも「海底人」と海底
都市が出てきたことがあったのをおぼえています。


そしてこの「アクアマン」ですが、ヒットしているらしいのですが個人的
にはヒットを支持できないものでした。
簡単に言ってしまうと、世界観があわないのと力技という印象を強く感じた
からです。

昔のアメリカのアクションドラマにはアクションと言えばすぐカーアクションと
いうくらい頻繁に「カーアクション」というパターンがあったときがあって、
それを彷彿とさせるものでしたね。

「ワイルドスピード」の監督さんであると分かると、なるほどといった感じです。
「ワイルドスピード」は大ヒットした作品ですが、好きではないんですよね。

でもこのパターンがやはり受けているんでしょうね。
こういう剛速球も一つのヒットの法則だと思います。


このストレートというか力技がヒットの法則に則しているのであれば、ある意味
勉強になると思う反面、自分には向かないとも感じました。

こうすれば人気が出るというポイントはわりと分かるものです。
ですがそれを自分の作風に取り入れることはなかなか難しい。
頭で分かっていることと、実際に作品化することはまた別のものだからです。

ただ最近のVFX技術は素晴らしい。

昔ならばアニメくらいしか映像化できないことが、アニメ以上に凄い映像と
して作られています。
もともと特撮好きですから、そういう意味ではこの「アクアマン」も普通の
映画よりもはるかに好きではあります。


ただ海洋冒険ものは好きなジャンルの一つであって、昔ならば「原潜シュービュー号」
という特撮ドラマがあって好きでした。
それとは海のティストが違うのです。

ただこの作品を見て、アニメ「海のトリトン」は充分実写で制作できることが
分かりました。

そして「海底軍艦」も今風にリューアルすればかなり期待できる作品になる
でしょう。
あと、「サブマリン707」の「小沢さとる」作品も実写化できますね。
こちらも今風にリニューアルする必要がありますが。


今まで実写化できなかった作品が次々と出てきそうですが、日本では作られ
ないでしょうね。
日本の場合、見る側に向かって作品を作っておらず、制作者側の都合だけで
作っている側面が強いからです。

世界的に見ても特撮作品は人気のあるジャンルなのですが、日本の特撮作品
はまったくです。
最近は期待もしなくなってしまいました。

この作品に関しては、あまり記事にすることがありませんでした。


それでは今回はこれで、次回にまたお目にかかりたいと思います。

オンライン書店e-hon

温めるだけの簡単おかず「松乃江」














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





▲PageTop

revisions リヴィジョンズ | 注目のタイムスリップアニメ

アニメ









revisions リヴィジョンズ
アニメイトオンラインショップ
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

ホビーサーチ


『revisions リヴィジョンズ』



今回はアニメ「revisions リヴィジョンズ」です。

白組制作によるテレビアニメです。
2019年1月より、フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra」の第2弾作品として
制作されています。

原作 - S・F・S。
監督 - 谷口悟朗。
CG監督 - 平川孝充。
キャラクターデザイン原案 - 近岡直。
メカデザイン - 新井陽平。
CGキャラクターデザイン - 白井順。



概要──。

渋谷の中心部が300年以上先の未来にタイムトラベルする「渋谷漂流」
に巻き込まれた主人公たちが、未来人と戦いつつ現代に戻る手段を探す姿
を描くオリジナルアニメ作品。SFの要素に加えて、パニック映画の雰囲気や
登場人物の群像劇を取り扱った「青春"災害"群像劇(ジュブナイルパニック
アンサンブル)」と称される。

本作では全編を3DCGで制作されており、デジタル作画の利用は回想シーンなど
に留められ、主要人物だけでなくモブを含めたほぼ全てのキャラクターを3DCG化
している。



自転車通販サイト【cyma】

座るだけじゃもったいない!ストレッチもできる高機能座椅子










◆迷走考察。




この「リヴィジョンズ」ですが放送が始まってすぐに反響がありました。
そういう意味では掴みはOKですね。
主人公の「堂嶋大介」の痛い性格がヒットしているようです。

自分にも同じような視点があって、アンチヒーロー的な指向が強いのです。

子供の頃からですが、ヒーローものには疑問がずっとあって、正義の味方
のために悪の組織が作られているような気がしていました。
悪の存在理由が弱いのです。


この主人公の性格設定だけではなく、屋上に追い詰められた生徒たちが
地面へ飛び降りるシーンなど、実際の人間の心理を知っている方が作って
おられるのだと思います。

これは現実の人間の心理なのですが、例えば火事でビルの屋上へ逃げても
煙や炎の苦しさにたえきれずに飛び降りしてしまう人が大勢いました。
記憶に新しいところではアメリカの同時多発テロの時に高層ビルから飛び降りる
人々の映像が世界中に流れています。

実はこれ、飛び降りて行く人々は助かると思って飛び降りているのです。
何十階もある高層ビルから飛び降りても、足の骨折ですむと思って飛び降りて
おり、人間の脳は追い詰められると実際の距離ではなく地面が近いと錯誤させて
いるのです。

津波や緊急を要する場合でも、走れば良いのにのんびりと歩いて逃げる人々
の映像が沢山残っています。
これらも頭では分かっていても実際は脚が動きません。


こういうことを知っていると、怪獣が現れても皆一斉に走っている姿を見ると
途端にリアルさを失います。

特撮はこういう細かいところが命のようなところがありますが殆どの怪獣映画
はこれを意識している作品は少ないですね。
特にVSシリーズとして人気が定着したころには。

この「リヴィジョンズ」では屋上に追い詰められた生徒たちが、地面に飛び降りる
さいに脚くらいは骨折するけど大丈夫だから飛び降りようというシーンがあります。
確実に、こういうことを知っている人が作っています。


そしてもう一つ、主人公の「堂嶋大介」の痛い性格から来るむかつく
ような行為ですが、実はこういうタイプの人間はかなりいます。

これもよく知っているなぁと感心しています。
いわゆるアニメ用に作ったものではなく実際にいるタイプの人間から痛い
性格を上手く切り取っています。

近い奴はけっこう身近にいたりしますよ。


これを見てすぐに思い出したのは、昔に「風船おじさん」と呼ばれ
ていた人物です。

この人、風船を使って太平洋横断を試みて消息不明になっています。
随分昔の話になってしまいましたが、同人活動をしていたときに作業を
しながらニュースを見ていて妙に記憶に残っています。

今調べると当時のインタビューなどは見つかりませんでしたが、記事を
見ると今更ですがなるほどでと言う感じですね。

ですがこの人物の当時の言動を映像で見ていると実像と印象が少し違う気がします。
子供に夢を与えたいとかとても自分勝手な理由なのですが、一部支援者のような
ものはいたようですが正直世間は誰も相手をしていませんでした。

テストで風船で飛んで民家に落ちているのですが、そのニュース映像でも被害を
受けた人も話していましたが、屋根瓦やテレビアンテナが壊されているのに
謝りにも来ないし修理費も出さないと怒っていました。


ですがこういう人間に特有な自分は世界から注目されている、多くの人々が
応援してくれているという強い思い込みが一目見ただけでも分かるほどでした。
こういう人は宗教家、特に新興宗教に多いです。

それに計画そのものがずさんで、テレビなども呼んで警察まできて止めている
のにテストだからとだまし討ちのような感じで旅立ちました。

結果は失敗でどこかの海に落ちて死んでいるのは確実ですが、もともと本人が
思っているほど注目もされていませんから一部の人がギャグに使うくらいで初め
からそんな人はいなかったかのように世間からは忘れられました。

程度の差はありますが、こういう独りよがりで目立ちたがな人物は世界に
は多くいます。

高層ビルを道具なしで上る人物などもこれに当たります。
時々、思うのですが誰もこういう人間に関心を示さなかったらそのまま高層ビル
登頂を続けてくのかどうかと考えるときがあります。

この人たちに共通するのは、世間の注目を引きつけたいという強い想いです。
だからアメリカだけではないですが、有名人が殺されたりすると自分が
やったと名乗り出て来る人間がけっこういるのです。
こういう人は話題になりませんが、日本でもいます。


悪い方向に出てしまったのが「黒子のバスケ」事件で脅迫していた人物が逮捕
された時です。

満面の笑みを浮かべて警察官に連行されていきました。
先の風船おじさんもでしたが、同じように顔が輝いていたのが印象的です。
こんなにうれしそうに逮捕された人を見たのは初めてでした。

こういう人物についても詳しい方がこのアニメを作っているのでしょう。


そしてもう一点注目すべきは、タイムスリップしたのが過去ではなく未来で
あると言うことです。

タイムスリップなどの時間ものの原点はタイムマシンの「HGウェルズ」です。
タイムマシンを開発して未来に旅立つのですが、その未来の地球はディストピア
であったと言う物語です。

それらを考えるとタイムスリップは過去ではなく未来へ行くのがSFの歴史
から言えば正統な流れなのですが、未来へよりも過去への方が多いですね。
また面白いものも多いです。

最近は時々ですが未来への設定が現れますが、我々が子供の頃はまだ
SFが漫画でも小説でも市民権を得ておらず、この時に未来へ行く物語
が少し作られていました。

ですが当時はSFではなくホラーだったりしましたね。
「楳図かずお」さんの「漂流教室」も未来へと教室が飛ばされる話でした。

他にもあったのですが記憶が古すぎて、作者もタイトルも思い出せません。
色々と見所のあるこの「リヴィジョンズ」は注目して見ているアニメの
一つです。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

災害時、電気が止まってもこれで安心【UPS搭載リチウム蓄電池セット】

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

最新コメント

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
23位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR