FC2ブログ

オタク文化&同人迷走エッセイ(Otaku bunka & dojin meiso essei)

ようこそ、オタク文化や同人関係についての広い意味でのエッセイです。

UNFIX(アンフィックス) | YouTube公開ドラマ

特撮









怪獣
田口清隆
DMM.com証券

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

日本最大のコミック全巻セットショップ

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『UNFIX(アンフィックス)』




今回は映画やテレビ作品ではなく、「YouTube」だけの
公開作品です。

自主製作のドラマではありますが、監督はウルトラシリーズの監督
である「田口清隆」さんです。
出演者もウルトラシリーズに出演されていた役者さんたちで
制作されています。

※UNFIX。
https://www.youtube.com/channel/UCBlKXs-sQcPbm2bQonGiJuA/videos


出演者──。

寺内薙:青柳尊哉
夏目勇麿:ねりお弘旻
浦田那美:須藤叶希
矢畑憲純:しおつかこうへい



あらすじ──。


地球外生命体……所謂「特外」と呼ばれる存在が既に地球に潜伏し始めている日本。
その驚異にいち早く対抗すべく、陸上自衛隊にある部隊が組織された。
特殊外来生物作戦隊___通称【特外隊】である。

これは、特外隊の活躍……というよりは、その珍奇な日々を描いた「空想科学お仕事ものドラマ」である。



送料・処分費など完全無料のパソコン回収

防災士厳選の防災グッズ43点セット










◆迷走解説。




この「UNFIX」というドラマはすべてショートストーリーです。

特撮ドラマですが、自主制作なので予算の関係で特撮そのものは
殆どありません。
ですが十分に特撮作品として成立しています。

面白いです。

撮影したカメラもスマホを利用するなど、プロの機材は使っていない
のですが、テレビドラマシリーズと同等のクオリティです。
撮り方でずいぶんとかわるのか、それともスマホのカメラの性能が
格段に良いのかは分かりませんが。


作品内容も出演者も──青柳尊哉──含めて個人的にも応援している
作品です。
青柳尊哉さんはウルトラシリーズでは「ジャグラスジャグラー」役で
知られており人気があります。

好きな俳優さんのひとりです。

お金をかけて特撮を撮っていても、怪獣映画になっていない作品が
多い中で最小限の予算と機材、人材でも特撮作品していることがとても
素晴らしいと思います。

もっとこういう視点を関係者の方々も参考にしてほしいと思っています。


ずっと昔、40年以上も前になりますがダイコンフイルムである「八岐大蛇の逆襲」
を見た時から痛切にこれを感じています。

最近の映画ですと「宇宙戦争(トムクルーズ主演)」や、「モンスターズ」
「クローバーフィールド」がこれらの視点を持っています。
「宇宙戦争」は怪獣映画ではないですが「怪獣映画」のティストを持っています。
とても好きな作品の一つです。

自分の知る限り「大怪獣東京に現わる」という作品があるのですが──映像
では怪獣のでない怪獣映画です──この視点を持つ作品は今までなかった
と思います。

平成ガメラ三部作とシンゴジラは別格ですが、それ以後は「大怪獣東京に現わる」
しかなかったですね。
自分の知らない作品でなにかあったのかも知れませんが、特撮作品は可能
な限り見ています。


「YouTube」が現れた時、もっとこの自主作品のようなものが沢山現れる
のではないかと思っていました。
あっても今まで通りの自主制作で、どう見せようとかの工夫がないものばかり
だったように思います。

お金がないならないなりの、プロにはない発想があっても良いのではないかと
今も思っています。

アニメは専門学校の卒業制作のようなものがありましたが。

今は増えていますが、予想よりもその頃はすくなかったですね。

これは「YouTube」という動画共有サイトが現れたと言うことよりも、
「スマートフォン」のような多機能で便利なツールの出現の方が大きい
と思えます。

今や「スマホ」一つで撮影から編集、そして「YouTube」へ動画をアップ
できるというすべて「スマホ」一台でできてしまいますから。

他の動画共有サイトもすべてスマホありきで作られています。


アメリカでは「スタートレック」のファンが作った長編の自主作品もあって、
実際の役者さんも出演しているものまであります。

ゾンビ作品は多いですね。
作りやすいというのもあると思います。

ここまで来ると自主制作と言えないところにまで来ています。

内情は分かりませんが、プロの制作でももっと「YouTube」で公開すること
も考えた作品があっても良い気がします。

学生時代、どうやったらお金をかけないでSF作品、怪獣映画などを作れるのか
とやたらと当時の仲間たちと話していた時がありました。
巨大なセットはむりだからと、結局、仮面ライダーのような等身大にする
ことで解決できるのではないかと話していました。

自分としては怪獣の出ない怪獣映画というものも考えていて──例えば
怪獣があらわれる前か後の混乱やパニックを描くとか──あまり賛同は得られ
ませんでしたが。

新聞記事だけで見せるようなものはどうかと考えていました。

この話題では盛り上がって楽しかったのですが、もしあの時代にYouTube
や撮影機能のあるスマホがあれば、自分たちも撮影していたかも知れません。
当時は家庭用ビデオさえない時代で、撮影はすべてフイルムという時代でした。

簡単に製作できませんでした。

結局、将来はすべてコンピューターの中のデーターで処理して、すべてCG
映像として作れば一番良いのではないかという意見に落ち着いていました。
あくまでも未来はそうなってくるだろうという未来予測もあってのことで
した。

自分たちの望んでいたものにはまだ至っていませんが、個人ですべて
作れるところにまでくるにはまだ時間が必要でしょうね。

この意見の背景には米軍の戦闘機のシュミレーターがあって、当時は
アナログでしたが精密な都市の模型の中に小型カメラを吊して動かす
というのがあったのです。

これをデーター化していずれコンピューター上でできるだろうという予測
から考えたものでした。

データーの量やそれらの入手方法などを具体的に考えた場合、個人のPC
だけで完全に制作できるのはまだ先ですね。
こういう背景データーが素材として売られるようになってと考えてくると
個人が長編の怪獣映画をCGで作れるのはまだずいぶん先のように思えます。

あの頃の自分たちの予測からはだいぶ遅いですし、実現できるようになった
時は当時の友人も含めて我々はいなくなっているかも知れません。
最近はこうした現実を至るところで感じます。

なにか心の中に妙なもやもやを毎回感じています。


この「UNFIX」ですがさすがプロが撮影しただけあって「スマホ」で
撮影された作品とは思えない出来です。

ここらへんは素人が作った自主作品と比べて明らかに出来が違います。

もし自分が制作するのであれば、画像を出来限り加工したものを要所
要所に使いたいですね。
できるかどうかは分かりませんが、漫画に見えるような加工映像を加えた
怪獣映画にしてスケールの小ささをリカバリーしたいと考えます。

実際の映画でもこういう発想は前からあって、「クローバーフィールド」
のようにニューヨークで海外へ仕事で行く仲間を送り出すパーティー映像
を撮っていた手持ちvideoで、ずっと撮影を続けるドキュメンタリー風の
怪獣映画があるなど、我々も考えていたことが実際に作られてきています。

「世界侵略ロサンゼルス決戦」の発想も自分のような特撮マニアの発想
と通じるものがあって、侵略異星人たちのことを解説する天才科学者も
宇宙人と対決する合衆国大統領も登場してきません。

いわゆるSF映画のお約束がないのです。

突然に始まった侵略宇宙人と、詳しい情報もないまま突然出動して戦闘
する米軍の一部隊の物語です。

今のアメリカ版ゴジラにも登場してくる言わば特撮映画のフォーマット
ですが、そういうものは必要ありません。
自分たちの望んでいたものとは違うのです。

だから「ゴジラVSコング」も期待していません。

日本の場合、こういう新しい試みを嫌うようなところが強くてそういう
意味でも「YouTube」は作品公開するためには強い味方になっているのかも
知れません。

しかしながらどうも感心させられたものはなくて、むしろプロである
「UNFIX」の方が発想も含めて優れています。

別に楽しみでやることなので自分たちが納得できていれば良いのですが、
発想そのものに自由さがなくて、それが日本の中から新しいものが出て
こない理由かも知れません。

年齢に関係なく、冒険的なことを嫌うような傾向を感じます。


それでは今回はこれくらいで、次回にまたお目にかかりたいと思います。

未経験主婦で月収200万稼いだ主婦のノウハウとは?
【ゆいかが教えるオンラインタイムチケット売り方講座【入門編】(タイムチケット講座)】


ALLEN SPORTS(アレンスポーツ)














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








スポンサーサイト



▲PageTop

約束のネバーランド(やくそくのネバーランド) | ダークファンタジー

アニメ










約束のネバーランド
DMM.com証券

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

日本最大のコミック全巻セットショップ

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『約束のネバーランド(やくそくのネバーランド)』



今回はアニメ、「約束のネバーランド」です。

原作は漫画で、「週刊少年ジャンプ(集英社)」にて2016年35号
から2020年28号まで連載された作品です。

白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画作品です。
発行部数は2600万部を突破しているそうです。



世界設定・概要など──。


物語は、主人公達が「鬼」と呼んでいる種族が運営する、人間を食用の家畜として飼育するグレイス=フィールド(GF)ハウスという農園(表向きは孤児院)から始まる。

時代設定は、物語が開始した時点で2045年となっており、農園内で得られる情報から少なくとも2015年までは人間によって本が出版されていたこと、鬼に食われない人間たちがいる「外の世界」が存在していることが判明した。ソンジュの話によると、かつての世界では農園は存在しておらず、鬼は人間を襲って食べる生活をしていたが、鬼に服する人間もいれば逆に鬼を憎み武装して食われた数以上の鬼を殺す人間達もいたとのこと。果てのない殺し合いと恐怖に互いが嫌気を差していた時に人間側から「人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない。お互い世界を棲み分けよう」という提案がなされた。この『約束』こそが全ての始まりで、これによって世界は人間の世界と鬼の世界の2つに切り分けられ、2つの世界は断絶することになった。エマたちの先祖は、その時に鬼側の世界に置いて行かれた「土産」で、鬼は約束を守り農園で人間を管理、養殖を続けるようになった。約束からおよそ1000年もの間、世界は特に変化が無く、互いの世界を行き来するのも不可能とのこと。しかし、実際には一部の人間は2つの世界を行き来しており、その手段としてエレベーターがある。

GFの所在地について、作中では北半球の中緯度地域であることが推測されている。また、作中に出てくる世界地図は現実の物と同じであるが、ヨーロッパを中心に描かれている。また、作中では鬼と人間の世界は断絶されているとのことだが、作中の舞台が地球であることと前述の暦が正しいことは判明している。周辺には原生林が広がっているように見えるが、実際には吸血樹の群生地が広がり、農園の鬼から「野良鬼」「下等種」と呼ばれる知性に乏しい鬼もいるなど、本来の地球の生態系には存在しない動植物が多数生息している。ただしそれは全てではなく、普通の動植物も存在している。

B06-32地点の荒野の地下にはシェルター、A08-63地点の池の地下には大規模集落が存在する等、鬼の世界には脱走した食用児に向けての隠れ家や逃げ道もミネルヴァによって用意されている。しかし、A08-63地点にある大規模集落ゴールディ・ポンドは、弟であるピーターから危険視され、バイヨンにその存在を明かされ、農園には秘密の猟場として人間狩りが行われるようになった。

鬼の世界には鬼の町も存在しており、市場では人肉に限らず様々な食材が扱われている様子が窺える。市場で購入できる人肉は量産農園産のもので、高級農園産の人肉は貴族など限られた層しか食べられないため、一般の市場には出回っていない。また、農園では様々な機械類が見受けられるが、人間の技術の影響が及んでいないと思われる鬼の町では機械類は見受けられないなど、基本的に鬼の文明は人間より低い事が窺える。

人間農園は主に高級農園と量産農園に分類されているが、Λ(ラムダ)7214といった試験農園が存在する等、どちらにも分類されない農園も幾らか存在するようである。



コスパ抜群!高性能のSSDやメモリが付くだけでなく、パソコンはすべて大手メーカーから選出!

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!










◆迷走解説。



今回の「約束のネバーランド」はSeason1は殆ど見ていません
でした。

早送りで少し見た程度で面白くなかったので、殆ど見ないまま
終わってしまいました。


ただ本放送が終わってからどうやら人気作品であったことがわかり、
さらに実写映画化された事を知って、なにが人気なのかと興味が出て
きました。

そしてSeason2が始まった今期から少しだけですが見ています。
またどのような作品であるかを調べてました。

それでも個人的にまだ面白いとは感じておりません。


最初は孤児院の物語かと思っていたのですが、調べると孤児院ではなく
人肉を飼育している施設の物語りであった事が分かりました。

世界設定は鬼と人間の世界に分かれている世界です。
子供たちはこの事実を知らない。


あまり深く見ておりませんので詳しくは解説できませんが、最近よく「鬼」
という存在が漫画で登場しています。

「鬼滅の刃」で代表されますが、「鬼」にまつわる世界観と物語が大変
多く存在しています。
ふと気がつくと、いつからこんなに増えたんだと言う気がします。

また物語りも決して明るいものではなく、ダークファンタジーとして存在
しています。
自分がよく知る「鬼」の物語と言えば、永井豪作品の「酒呑童子」くらい
ではないかと思います。

それくらい昔は「鬼」に関係する作品はありませんでした。

いつ頃から「鬼」という存在が大きくなってきたのかは分かりません。

自分的には「彼岸島」くらいから「鬼」という存在が漫画で登場してきた
感じがしています。

小説ではあまり見かけないです。

昔に「鬼」が作品化されるとしたらおとぎ話とホラー作品くらいだった
のではないかという気がます。
昔に「ダークファンタジー」というものはありませんでした。

今考えれば「ダークファンタジー」に分類できる作品はあったと思いますが。
いつ頃からか、「ダークファンタジー」というようなジャンルが現れて
いました。

こういうタイプの作品に人気が出る背景には、現実世界の反映が
あるものと思えます。
ある意味、リアリティがあるのかも知れません。

今や誰も明るい未来を思い描くことができないところに来ていま
すから。


意識して見ているのですが、「約束のネバーランド」は少年漫画と
いうよりも、昔ならば少女漫画にあったタイプのような気がします。

「萩尾望都」作品とか、そんな感じですかね。

こういう見落とした作品というのは二度目です。

子供の頃というか学生の頃、「海のトリトン」というアニメ作品が
あってこれも本放送は数話みた程度でした。
面白くなったのです。

原作は手塚作品なのですが、原作とアニメは違っていて、数話見て
やめてしまいました。
原作も興味をそそらなかった作品でもあります。

ただ評判が凄くて、女子人気が凄かったのです。
また友人からも面白いと言われていて、ずっと気になっていた作品
でした。

これを再放送で見たのですが、最終話を見て初めて分かりました。
ずっと正義の使者のようにタイタン族と戦っていたトリトンですが、
実はこのトリトンがすべての元凶でもっとも悪い存在でした。

これが最終話で発覚して大どんでん返しとなった作品でした。
これは面白かった──ただし最終話だけでしたが。

監督は今は誰もが知る「ガンダムシリーズ」の富野由悠季監督の
初監督作品でした。

この「約束のネバーランド」が自分にとって面白い作品であるか
どうかはまだ分かりませんが、人気のある作品であるのは確かですね。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

TVでも話題の魔法のタオル!【エアーかおる】

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com







▲PageTop

仮面ライダークウガ(かめんライダークウガ) | 仮面ライダーシリーズ

特撮








仮面ライダークウガ
DMM.com証券

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

日本最大のコミック全巻セットショップ

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『仮面ライダークウガ(かめんライダークウガ)』



今回はテレビ放映ではなく、現在「YouTube」の公式チャンネル
で公開されている「仮面ライダークウガ」についての記事です。

一応、説明しておけばこの「仮面ライダークウガ」は2000年(平成12年)
1月30日から2001年(平成13年)1月21日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜
8:00 - 8:30(JST)に全49話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ
作品でした。

これを切っ掛けに平成から令和に渡って長く続く仮面ライダーシリーズ
の幕開けとなったとても大事な作品です。



作風──。


本作品もヒーローと怪人の戦いを描いているが、同時に「怪人出現という事件の起きた時代を捉えたドキュメンタリー」の様相も帯びている。怪人への恐怖が社会に蔓延する中で「こんな時代に子供を産んでいいのか」という不安を抱く保育士、仕事に追われて息子の授業参観に行けず涙する研究者、TV批判を口にする教師など、ヒーロードラマという枠の内では解決しきれない問題を視聴者に投げかけている。30分番組の中で実社会を描くことには限界があるため、こうした個人の描写に社会の反応を集約させている。





評価──。


放送開始当初は視聴率が前作『燃えろ!!ロボコン』から低下しており、「やはり仮面ライダーは過去のものか」と思われていたが、2クールから脚本に参加した井上敏樹は、視聴率は悪くなくファンも付いていたと述べている。

支持者の年齢層は、前半は30代の男女が圧倒的に多く、次第に高校生前後の少年が増えていった。本作品は元々大人の視点を意識して作られているが、これは「父と子の2世代が一緒に視聴する」という意味である。しかし、実際にはオダギリをはじめとするイケメン俳優目当ての母親層や、雄介と一条の関係に着目する腐女子ファンまで流入した(オダギリ効果)。



レゴランド・ディスカバリー・センター公式オンラインショップ

【ジャンク品パソコン買取ドットコム】










◆迷走解説




あらためて説明しますが、個人的には「仮面ライダー」は好きでは
ありません。

ですから昭和のライダーシリーズを、全シリーズも全話も見ておらず、
いくつかの話数をピックアップして見ているに過ぎません。

そのたびに印象が変わるかというとそうではなくて、むしろ嫌な印象が強
まってさらに嫌になっていきました。
回を重ねるたびにますます子供向けになってなっていったからです。

自分的には昔から、子供向けが悪いとは思いませんが、子供向けはこうだ
といった一方的な決めつけと押しつけが子供の頃からとにかく嫌でした。

それもあって、仮面ライダーも戦隊シリーズもあまり好きではありません。
一応、どんなものであるかは確認のためにピックアップして見ていますが。


当時は大ヒットしていましたが、ウルトラシリーズと一緒にされるが
とにかく嫌でしたね。

第一期ウルトラシリーズがもともと大好きで、当時は「仮面ライダー」
に強い嫌悪感さえ持っていました。
そんな自分が今見ても、この「仮面ライダークウガ」は仮面ライダー
シリーズの中で──アマゾンズは別です──も特別面白いと感じます。

現在、「YouTube」の公式チャンネルで毎週二話ずつ公開されています。

https://www.youtube.com/c/%E6%9D%B1%E6%98%A0%E7%89%B9%E6%92%AEYouTubeOfficial/videos

これとは全く別に主演の「オダギリジョー」さんがインタビューを受けていた
動画がありました。
これによると「オダギリ」さんは仮面ライダーのようなヒーローものには
出演したくなかったようです。



再度見ていますが、放送当時は意識していなかったことがいくつもあって
その発見があって今回の記事となりました。

「仮面ライダークウガ」は昭和の「仮面ライダー」の疑問点などを作品ない
に取り込んで解決しています。
言わばオマージュでしょうね。

これは自分たちは子供でしたが──仮面ライダーは我々より年下に
人気がありました──素朴な疑問としてあったことばかりです。

時々ですが、ファンの間でも口にするものはいましたね。

一号ライダーが放映されたとき、なぜ怪人が爆発するのかという疑問が
ファンの間でもありました。
これを我々はギャグにしてネタにしていましたが、時々、熱心なファン
の間でも口にするものがいたのです。

ビームを放っていないのにライダーキックでどうして怪人が爆発するの
かという問題です。
もちろん子供でも映像的な演出とは分かっていても、素朴な疑問として
残っていたのです。

我々は当時、ヤンキーとの喧嘩で跳び蹴りを入れるとやられた不良は
爆発四散するというネタを良くやっていました。
こうしたギャグネタは多かったですね。

特撮ものはこういうネタには事欠きません。

これが「クウガ」ではダメージを与えた場所にクウガの模様が現れて、
未知の力で爆発四散するのです。
そのために被害がまわりに広がらないように、怪人である「グロンギ」
族を倒す場所を選んでいました。


また旧仮面ライダーでは悪の組織である「ショッカー」と単独で戦って
おり、警察や自衛隊といった組織はなにをしているのかという疑問が
ありました。

そもそも世界征服を企んでいる組織ならば軍組織が動くだろうと思うし、
単なる犯罪組織としか思えませんでした。

まるで社会とは関係なくライダー対ショッカーの怪人という世界観しか
なかったのです。

それもいつもスケールが小さい。

近くの公園で戦っているんじゃないかというものまでいました。
これで本気で世界征服するつもりなのかと仲間たちと話していた時もある
程でした。

ショッカーのペースで世界征服すると4、500年かかるんじゃないかと。

これも「クウガ」では解決されており、未確認扱いされていた「クウガ」
でしたが警察と協力し合って怪人と戦っていきます。


そして何より驚いたのは日曜日の朝の番組に、とにかく人がバンバン
殺されていきます。
それも今まで描けなかった鬱憤を晴らすかのように、何百人もです。

「グロンギ」の「ゲゲル」というゲームで一般の市民も警官も毎回次々
と殺されていきます。

これだけの犠牲者をだした作品は仮面ライダーシリーズだけではなく、
「西部警察」のような銃撃戦を売りにしたアクションドラマにもなかった
のではないかと思われるほどでした。

最初の出だしからこれですから、作る側の本気度というか子供向けを
意識しないその姿勢にこの「仮面ライダー」は今までと違うぞと思い、
最後まで見ることになりました。

個人的には拍手喝采です。

自分にすれば昔の子供向けの「仮面ライダー」しか知りません。
仮面ライダーが復活するのは業界関係者から聞いていて知っていたのですが、
まったく期待していなかった。

今どうしてという話をしていました。
それがこの展開に虚を突かれたような驚きがありました。


学生の頃、SF好きの友達と怪獣映画だけではなく、もし仮面ライダー
を撮るとしたらと話していた時、こんなシーンがあればと思っていた
ことが実現されていました。

この時期、日曜日は仕事があってこの時間帯は見ることができなかった
のですが、すべてビデオ録画して保存してありました。
ですがビデオデッキが製造されなくなって、修理もきかずやむなくビデオ
テープも処分してしまいました。

そういう意味でも「YouTube」での全話公開は朗報でした。
アニメも含めてですが、もっと公開して欲しいと感じています。

このやる気は、次の作品の「アギト」と「龍騎」までは感じられました
が、その後はただの仮面ライダーのローティションとなって面白くなくなって
いきましたね。

ただし昭和ライダーとは違い女子人気の高さは指摘するまでもない思います。

今はもう見ることもなくなっていますし、「YouTube」には公式チャンネルも
ありますしいつでも見ることができます。

これも昔、高校野球やプロ野球に好きなテレビ番組が延期されて見る
ことができず、こういう専門のチャンネルのようなものがあれば良いのに
と皆話していました。

ビデオ撮りできない時代でしたからね。

こういうコンテンツも今は色々と揃ってきています。
それはテレビ離れもしますよね。


先のいろいろな疑問点などを「日活無国籍アクション」のフォーマット
に落とし込んでパロディとして作られたのが「怪傑ズバット」でした。
これはもう50年くらい前の作品ですが、これをこえるギャグ作品は存在
しません。

このブログでは何度も取り上げていますが、無国籍アクションと仮面ライダー
のよなうなヒーローものの二つのパロディを、それもまともな作品として作って
います。

これが今までの特撮ドラマでは最高のギャグ作品でした。
制作する側のセンスに脱帽でした。

戦隊ものには「非公認戦隊アキバレンジャー」という作品があるのてすが、
これも面白かったですが、あくまでもコメディ作品として作られていました。
「ズバット」のようなシュールさはなかったですね。


最後になりますが「仮面ライダークウガ」は仮面ライダーシリーズを
通してみても出色の出来でした。

素晴らしいと思います。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

コスパ抜群!高性能のSSDやメモリが付くだけでなく、パソコンはすべて大手メーカーから選出!

スプーンラジオ















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








▲PageTop

君と世界が終わる日に(きみとせかいがおわるひに) | ゾンビドラマ

実写化作品










ゾンビ作品
DMM.com証券

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

日本最大のコミック全巻セットショップ

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『君と世界が終わる日に(きみとせかいがおわるひに)』



日本テレビとHuluの共同制作で2021年1月17日から毎週日曜22時30分
- 23時25分にSeason1が日本テレビ系列『日曜ドラマ』にて放送。

同年3月からSeason2がHuluで配信予定のドラマです。

主演は「竹内涼真」さんです。



あらすじ──。


自動車整備工の青年・間宮響は高校時代から交際して現在同棲中の研修医である恋人・小笠原来美にプロポーズしようと準備していたある日、トンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。4日後、崩落したトンネルから命からがら響が脱出すると外の世界は一変しており、交通網は崩壊して街中に血痕が残され、ラジオからは緊急避難指示が繰り返し流れていた。唯一取り残され、三浦市全域が警戒区域として封鎖されたことに気付いた響は、絶望的な状況の中で来美を探し始める。



360度Web会議システムの決定版 【KANDAO Meeting Pro 】

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(AppStore)










◆迷走解説。



今回は日本では珍しいゾンビドラマです。

原作があるのかと調べてみました原作はなくて、オリジナル
脚本によるドラマでした。
最近はオリジナルがすくなくて、これも珍しいのではないかと
思います。


海外、とくにアメリカではゾンビものは溢れるように大量に作ら
れています。

ドラマや映画だけではなく実際に、もし「ゾンビ」が発生したら
どうするかといったスクールまで存在していて、人気の程に驚き
です。

本気度が違っていて、ゾンビになったと思って人を殺した事件まで起こって
いますから。

対して日本では「バイオハザード」の影響などもあるので増えてはいま
すが、いまだにこの「君と世界の終わる日に」が珍しいと感じるほど
の数でしかありません。

まだ初めしか見ていませんが、他のゾンビものと大きな違いは感じません
でした。

個人的にも「ゾンビ」作品は嫌いではないですが、だからといってあまり好
きなジャンルではありません。


やはりこれは文化の違いだと思えます。

日本で住んでいると「ゾンビ」の存在感はそれほど大きくはありませんが、
アメリカのような土地では「ゾンビ」のような存在は大きいのだと思います。
元々が移民の国でしたし、いまだに不法移民が多くいます。

それはそのまま人種だけではなく多くの文化が共存することを意味します。
どんな人間が何をしているかそういう不安がバックグラウンドにあるという
ことでもあります。

ましてやドラッグで正常な状態の人間ではない人も多くて、人肉こそもと
めていなくても動きはゾンビそのものという人間すらいます。

「ゾンビ」はハイチの呪術から生まれていますが、それがバイオハザード
のウイルスや化学兵器といったものへと生まれ変わって広がって行きました。

今の世界的な「コロナ禍」では「ゾンビ」という発想もリアリティがある
のかも知れません。

日本の報道を見てみても、「新型コロナ」がとにかく危険であるという
情報ばかりが増えていてまるでもっと怖がらせて欲しいと望んでいるか
のようにも感じられます。

「情報」そのものがたちの悪いウイルスのようにも感じられるほどです。

それこそ「コロナ変異体」は人をゾンビにかえてしまうといわれると
誰もが信じ込むのではないかという気もします。


自分のまわりにはゾンビジャンルが好きなものはいません。

ゾンビ作品が好きな人は比較的世代が若いのではないかと言う気がします。
我々の場合、とくにSF好きはゾンビではないですが似たような──社会が
崩壊していく作品を知っているからです。

昔は新人類との戦いなんてのもありましたし、アメーバーのような異星人
に体を乗っ取られて入れ替わっていくというのもありました。
人類が滅びるなんてのも当たり前の設定でした。

そんな中で作られたこの「君と世界が終わる日は」はやはり今の
「コロナウイルス」を意識してではないかという気がします。

ちなみにですが、「ゾンビ」作品は自主映画でも作りやすいだろうと
初めて見たときから思っていました。
メイクだけで、特撮などは必要ないですから。

ジョージロメロ監督の作品です。

まだインターネットなどの言葉もなかった時代でしたが、今「YouTube」
では実際にゾンビファンが作った短編作品が多数登録されています。
昔に思ったことが今は目の前にあります。

漫画やアニメでもゾンビものは存在しますが、日本ではやはり人気は今ひとつと
いう感じがしますね。

それでも今回の世界的な「新型コロナ」の脅威から「ゾンビ」作品は
ジワジワ増えてくるのかもしれません。

それとも昔のように別の終末作品があらわれてくるのか、少し気になって
見ています。
同じウィルスでもゾンビ化ではなく別の影響を与えるとか、たんに人類
が死滅していくだけかも知れません。

我々のようなSF好きは、学生の頃に読んだり見たりしていたSF設定が
今現実のものとして体験しているのでとても興味深く、「コロナ」による
事象を観察しています。

終末テーマのSFは今は殆どなくなっていますが、もしかすれば蘇って
来るかも知れませんね。


それでは次回にまたお目にかりたいと思います。

UV除菌器【PEDIC】

中古スマホの激安販売ならダイワンテレコム














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








▲PageTop

蜘蛛ですが、なにか?(くもですが なにか) | 異世界転生アニメ

アニメ











蜘蛛ですが、なにか?
TAMIYA SHOP ONLINE

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

日本最大のコミック全巻セットショップ

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『蜘蛛ですが、なにか?(くもですが なにか)』




今回はアニメ、「蜘蛛ですが、なにか?」です。
原作はライトノベルで原作者は「馬場翁」さんです。

このアニメも前回の「転生したスライムだった件」と同じく、
Web投稿サイト「小説家になろう」発信のライトノベルが原作
です。

「転生したらスライムだった件」と同じくコミカライズ化もされて
アニメ化に至っています。

2クール連続で放映されるそうです。

それだけ人気のある作品でもあるでしょうね。



あらすじ──。


地球人の知らない、スキルやステータスといったシステムに支配された異世界。そこでは常に勇者と魔王、人族と魔族が争いを続けていた。そこで勇者と魔王が放った魔法は世界の枠さえ飛び越え、勇者と魔王自身を滅ぼしても止まることはなかった。その力の一部は次元の壁をも突き抜け、日本のある高校の教室で炸裂してしまう。

そこにいた生徒と教師は全員死亡。しかし彼らの魂は、勇者と魔王がいた世界に逆流し、そこで転生することになる。しかも全員が、前世の記憶を持ったまま。ほとんどの者は人間に転生するが、人族でも魔族でもなく、本来なら知性を持たないはずの「魔物」に転生してしまった者も数人いた。

その中の一人、よりによって蜘蛛の魔物に転生してしまった少女は、生き延びるために必死の努力を重ねる内、異世界でも過大と言えるほどの力を手に入れ、その過程で世界の真実を目にすることになる。

一方で、王国の王子に転生した少年は、与えられた環境の中で悩み、理不尽に襲いかかった陰謀を前に仲間と共にあがく。やがて少女の足跡を追うことになった彼は、結果としてついに、世界の真実を知ることになる。



誰でも簡単に家庭やオフィスの抗菌・抗ウイルス!感染バリアコート

レゴランド・ディスカバリー・センター公式オンラインショップ










◆迷走解説。




今回のアニメも前回の「転生したらスライムだった件」に引き続き、
同じ「小説家になろう」出身の作品です。

この作品も「なろう」出身作家らしく、異世界転生ものです。

以前からこの作品のことは知っていましたが、アニメ化の話は知りません
でした。

物語はコミカルに描かれています。

単純に転生させてはありきたりなので、スライムになったり蜘蛛に
なったりとバリエーションをつけてきたなと妙に感心して書店で本を
手に取っていましたね。

ドラゴンの卵だったり聖剣へと転生した作品もありました。
そのうち普通に人として転生してくるのが珍しいと言えるようになる
のではないかと面白く考えていましたね。

転生ものをパロってコメディものにしてみたいなと少し考えていた
こともあります。


Web投稿サイトである「小説家になろう」には、このように多くの異世界転生
作品があります。

この中で書籍化されるのは多すぎて難しい状況になっています。

ざっと見てみてもこの中で突出した作品は大抵、書籍化または映像化されて
います。

またWeb投稿サイトは、「小説家になろう」だけではなく「アルファポリス」
や「カクヨム」などもありその中から多くの作品が書籍化、または映像化
されています。

異世界をテーマにした作品には、「転生」ものだけではなく、「転移」
ものも多くあり先に紹介した投稿サイトには「異世界」ものという
カテゴリーが作られているほど多くの作品があります。

個人的には「転生」ではなく「転移」ものの方が好きですね。


これらの作品の中で一番、「書籍化」や「映像化」されて成功している
のは「異世界」ものというジャンルではないかと思えます。

これはすでにこのブログでは何度も指摘していますが、いわゆる従来
通りの公募から審査して大賞をだしていくという書籍化へのプロセスでは
審査に選ばれにくいタイプのものでもあったからです。

Web投稿サイトには、こういう商業出版では見落とされてきた作品を発掘
できる場所でもあった訳です。

商業出版は先入観と固定概念がかなり強く支配している世界でもあり、
乱暴にざっくりと分類してみると「裏世界ピクニック」は商業作品的発想で
「転生したらスライムだった件」は非商業作品的発想ではないかと考え
られます。


投稿サイトは誰でも投稿できるので小説のイロハも知らない人達が何の規制
もなく投稿できるので小説の体さえなしていないものも多くありますが、
その分一般読者の嗜好や妄想などがダイレクトに反映されています。

そういう意味では今までの商業出版よりもよりダイレクトに人気のある
作品を、または未知のジャンルを発掘できます。

作品の出来そのものはまた別ですが。

平たく言えば「蜘蛛ですが、なにか?」や「転生したらスライムだった件」
もやはり小説としてのノウハウを持っている作者が描いています。

単純に今まで商業関係ではなかった発想だから書籍化や映像化されただけ
ではなく基本的なことがすべてできているからこそ映像化へとこぎ着けた
のだと思います。

ですから作品も長くなっていますししっかりと作られています。

「転生したらスライムだった件」も「蜘蛛ですが、なにか?」もともに
ボリュームがあります。

単なる思いつきや安易な発想では長く続かないものです。

別の投稿サイトですが「アルファポリス」出身の「ゲート自衛隊彼
の地にて、斯く戦えり」も今現在も原作は続いています。
こちらもボリュームがありますね。



話はまた脱線するのですが、ネット環境を手に入れてから同人活動を
ネット上で再開したとき、友人たちからネットを利用するとすぐに
本が出せるんだろうと良く聞かれていました。

Web投稿サイトのことを調べているとこの時の事が思い出されます。

ちょうどその頃、横書き表示のネット発信の小説が書籍化やドラマ化さ
れていた時期で誰でもがすぐに出版できると思い込んでいて友人と会う
たびに聞かれていた時がありました。

もちろんそんな訳はなくて、横書きのネット発信の書籍は今はなくなって
いますし、ドラマになった作品の原作者も素人ではなくもともとある小説
公募の受賞歴がある方でした。

またネットでと安易に考えていましたので、実際は名刺にURLを入れてサイトの
宣伝もしていて、アナログ的な地道な作業もあってのことであることを話して
聞かせたことがあります。

事実を教えてやるとなんとなく渋々納得していたようでしたが、彼らに
すれば素人が手軽に本が出せると都合良く思い込んでいたようです。

こういうことは何度も経験していていつも自分で調べるなり考えるなり
して疑問を持たないのかと考えます。


車でも基本的な運転技術を知らなければ運転できないように、小説も
何の技術も持っていなければ書けません。

Web投稿サイトに投稿してそこから書籍化されるのも基本的な技術を
持っているからで、この一番肝心な所がこれらの噂や思い込みには
ぽっかりと抜け落ちているのです。

これは他の話題でも同じで肝心なところが抜け落ちています。

もちろん投稿をくり返しながらこれらの技術を学ぶのは良いことです。

しかしながらいつもこれらの噂にはこの肝心なところがスポイルされて
おり、簡単に書籍化までこぎ着けると都合の良い解釈だけが一人歩き
しています。

少し前にありました「ビットコイン」のような儲け話も同じです。
そういう都合の良い話を信じている人はとても多いのです。

この時──これだけではなく諸々ありました──嫌な予想が頭に
浮かんでいたのですが、それが「京都アニメーション放火事件」
となって現実のものとして形になってしまいました。

こういう経過があるので、この事件の第一報のすぐあと位に遊びに
きた友人がいたのですが彼に自分がプロファイルした人物像を
話しましたが、今現在分かっている犯人像はだいたい自分が予想
した通りのものでした。

同人という世界で長く活動をしていると、近い人物を見ることが
あります。

素人のそれもまったくエンタティメントに関係ない人間たちで
さえ、先のようなあり得ない噂を信じているくらいですから、
投稿して一発当ててやろうという人間は尚更過大に信じ込んでいます。

犯人も一度、自分の作品を投稿サイトなどで試してみて自分の
身の丈を見極めれば良いのですが、こういう人物は投稿サイト内でも
問題を起こす人物でもありますね。

身勝手な主観と思い込みでしか物事を見ることができない人物です。
こういう人は本当にいて、自分も幾人かに痛い思いをさせられました。

今後、「コロナ」の後に来る不況でまたこうした一発逆転的な噂が
再度力を持って広がってくる可能性があります。
「新型コロナ」よりも感染力があるでしょう。

映画「鬼滅の刃」の大ヒットもあるので、アニメ関係に新たな危険
な人物が現れてくるかも知れません。

そんな悪い予感は当たってほしくはないのですが。

──またも大きく脱線しました。


今回はこれくらいで、また次回にお目にかかりたいと思います。


あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

iPhone修理の「ダイワンテレコム」
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化、アニメや特撮について広く迷走発信しています。リンクなどはご自由に。またURLを教えて頂きますと、こちらからもリンクさせて頂きます。

最新記事

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
20位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR