FC2ブログ

アニメ

【 アニメ 】 記事一覧

蜘蛛ですが、なにか?(くもですが なにか) | 異世界転生アニメ

アニメ











蜘蛛ですが、なにか?
TAMIYA SHOP ONLINE

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

日本最大のコミック全巻セットショップ

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『蜘蛛ですが、なにか?(くもですが なにか)』




今回はアニメ、「蜘蛛ですが、なにか?」です。
原作はライトノベルで原作者は「馬場翁」さんです。

このアニメも前回の「転生したスライムだった件」と同じく、
Web投稿サイト「小説家になろう」発信のライトノベルが原作
です。

「転生したらスライムだった件」と同じくコミカライズ化もされて
アニメ化に至っています。

2クール連続で放映されるそうです。

それだけ人気のある作品でもあるでしょうね。



あらすじ──。


地球人の知らない、スキルやステータスといったシステムに支配された異世界。そこでは常に勇者と魔王、人族と魔族が争いを続けていた。そこで勇者と魔王が放った魔法は世界の枠さえ飛び越え、勇者と魔王自身を滅ぼしても止まることはなかった。その力の一部は次元の壁をも突き抜け、日本のある高校の教室で炸裂してしまう。

そこにいた生徒と教師は全員死亡。しかし彼らの魂は、勇者と魔王がいた世界に逆流し、そこで転生することになる。しかも全員が、前世の記憶を持ったまま。ほとんどの者は人間に転生するが、人族でも魔族でもなく、本来なら知性を持たないはずの「魔物」に転生してしまった者も数人いた。

その中の一人、よりによって蜘蛛の魔物に転生してしまった少女は、生き延びるために必死の努力を重ねる内、異世界でも過大と言えるほどの力を手に入れ、その過程で世界の真実を目にすることになる。

一方で、王国の王子に転生した少年は、与えられた環境の中で悩み、理不尽に襲いかかった陰謀を前に仲間と共にあがく。やがて少女の足跡を追うことになった彼は、結果としてついに、世界の真実を知ることになる。



誰でも簡単に家庭やオフィスの抗菌・抗ウイルス!感染バリアコート

レゴランド・ディスカバリー・センター公式オンラインショップ










◆迷走解説。




今回のアニメも前回の「転生したらスライムだった件」に引き続き、
同じ「小説家になろう」出身の作品です。

この作品も「なろう」出身作家らしく、異世界転生ものです。

以前からこの作品のことは知っていましたが、アニメ化の話は知りません
でした。

物語はコミカルに描かれています。

単純に転生させてはありきたりなので、スライムになったり蜘蛛に
なったりとバリエーションをつけてきたなと妙に感心して書店で本を
手に取っていましたね。

ドラゴンの卵だったり聖剣へと転生した作品もありました。
そのうち普通に人として転生してくるのが珍しいと言えるようになる
のではないかと面白く考えていましたね。

転生ものをパロってコメディものにしてみたいなと少し考えていた
こともあります。


Web投稿サイトである「小説家になろう」には、このように多くの異世界転生
作品があります。

この中で書籍化されるのは多すぎて難しい状況になっています。

ざっと見てみてもこの中で突出した作品は大抵、書籍化または映像化されて
います。

またWeb投稿サイトは、「小説家になろう」だけではなく「アルファポリス」
や「カクヨム」などもありその中から多くの作品が書籍化、または映像化
されています。

異世界をテーマにした作品には、「転生」ものだけではなく、「転移」
ものも多くあり先に紹介した投稿サイトには「異世界」ものという
カテゴリーが作られているほど多くの作品があります。

個人的には「転生」ではなく「転移」ものの方が好きですね。


これらの作品の中で一番、「書籍化」や「映像化」されて成功している
のは「異世界」ものというジャンルではないかと思えます。

これはすでにこのブログでは何度も指摘していますが、いわゆる従来
通りの公募から審査して大賞をだしていくという書籍化へのプロセスでは
審査に選ばれにくいタイプのものでもあったからです。

Web投稿サイトには、こういう商業出版では見落とされてきた作品を発掘
できる場所でもあった訳です。

商業出版は先入観と固定概念がかなり強く支配している世界でもあり、
乱暴にざっくりと分類してみると「裏世界ピクニック」は商業作品的発想で
「転生したらスライムだった件」は非商業作品的発想ではないかと考え
られます。


投稿サイトは誰でも投稿できるので小説のイロハも知らない人達が何の規制
もなく投稿できるので小説の体さえなしていないものも多くありますが、
その分一般読者の嗜好や妄想などがダイレクトに反映されています。

そういう意味では今までの商業出版よりもよりダイレクトに人気のある
作品を、または未知のジャンルを発掘できます。

作品の出来そのものはまた別ですが。

平たく言えば「蜘蛛ですが、なにか?」や「転生したらスライムだった件」
もやはり小説としてのノウハウを持っている作者が描いています。

単純に今まで商業関係ではなかった発想だから書籍化や映像化されただけ
ではなく基本的なことがすべてできているからこそ映像化へとこぎ着けた
のだと思います。

ですから作品も長くなっていますししっかりと作られています。

「転生したらスライムだった件」も「蜘蛛ですが、なにか?」もともに
ボリュームがあります。

単なる思いつきや安易な発想では長く続かないものです。

別の投稿サイトですが「アルファポリス」出身の「ゲート自衛隊彼
の地にて、斯く戦えり」も今現在も原作は続いています。
こちらもボリュームがありますね。



話はまた脱線するのですが、ネット環境を手に入れてから同人活動を
ネット上で再開したとき、友人たちからネットを利用するとすぐに
本が出せるんだろうと良く聞かれていました。

Web投稿サイトのことを調べているとこの時の事が思い出されます。

ちょうどその頃、横書き表示のネット発信の小説が書籍化やドラマ化さ
れていた時期で誰でもがすぐに出版できると思い込んでいて友人と会う
たびに聞かれていた時がありました。

もちろんそんな訳はなくて、横書きのネット発信の書籍は今はなくなって
いますし、ドラマになった作品の原作者も素人ではなくもともとある小説
公募の受賞歴がある方でした。

またネットでと安易に考えていましたので、実際は名刺にURLを入れてサイトの
宣伝もしていて、アナログ的な地道な作業もあってのことであることを話して
聞かせたことがあります。

事実を教えてやるとなんとなく渋々納得していたようでしたが、彼らに
すれば素人が手軽に本が出せると都合良く思い込んでいたようです。

こういうことは何度も経験していていつも自分で調べるなり考えるなり
して疑問を持たないのかと考えます。


車でも基本的な運転技術を知らなければ運転できないように、小説も
何の技術も持っていなければ書けません。

Web投稿サイトに投稿してそこから書籍化されるのも基本的な技術を
持っているからで、この一番肝心な所がこれらの噂や思い込みには
ぽっかりと抜け落ちているのです。

これは他の話題でも同じで肝心なところが抜け落ちています。

もちろん投稿をくり返しながらこれらの技術を学ぶのは良いことです。

しかしながらいつもこれらの噂にはこの肝心なところがスポイルされて
おり、簡単に書籍化までこぎ着けると都合の良い解釈だけが一人歩き
しています。

少し前にありました「ビットコイン」のような儲け話も同じです。
そういう都合の良い話を信じている人はとても多いのです。

この時──これだけではなく諸々ありました──嫌な予想が頭に
浮かんでいたのですが、それが「京都アニメーション放火事件」
となって現実のものとして形になってしまいました。

こういう経過があるので、この事件の第一報のすぐあと位に遊びに
きた友人がいたのですが彼に自分がプロファイルした人物像を
話しましたが、今現在分かっている犯人像はだいたい自分が予想
した通りのものでした。

同人という世界で長く活動をしていると、近い人物を見ることが
あります。

素人のそれもまったくエンタティメントに関係ない人間たちで
さえ、先のようなあり得ない噂を信じているくらいですから、
投稿して一発当ててやろうという人間は尚更過大に信じ込んでいます。

犯人も一度、自分の作品を投稿サイトなどで試してみて自分の
身の丈を見極めれば良いのですが、こういう人物は投稿サイト内でも
問題を起こす人物でもありますね。

身勝手な主観と思い込みでしか物事を見ることができない人物です。
こういう人は本当にいて、自分も幾人かに痛い思いをさせられました。

今後、「コロナ」の後に来る不況でまたこうした一発逆転的な噂が
再度力を持って広がってくる可能性があります。
「新型コロナ」よりも感染力があるでしょう。

映画「鬼滅の刃」の大ヒットもあるので、アニメ関係に新たな危険
な人物が現れてくるかも知れません。

そんな悪い予感は当たってほしくはないのですが。

──またも大きく脱線しました。


今回はこれくらいで、また次回にお目にかかりたいと思います。


あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

iPhone修理の「ダイワンテレコム」
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








▲PageTop

転生したらスライムだった件(てんせいしたらスライムだったけん) | Season2

アニメ










転生したらスライムだった件
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『転生したらスライムだった件(てんせいしたらスライムだったけん)』




今回は以前に掲載したアニメ「転生したらスライムだった件」の
続編です。

原作はWeb投稿サイトの「小説家になろう」です。
原作者は「伏瀬」さん。

2014年5月よりマイクロマガジン・GCノベルズからが刊行されている
ほか、本作を原作とする漫画や外伝漫画、漫画版を元にしたアニメなど
のメディアミックス展開が行われている。



概要──。


突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。



※小説家になろうより──。
https://ncode.syosetu.com/n6316bn/


デザイン特許取得済み、蒸れないパンツ【KOBI-ONE(コビワン)】

インストールレスWeb会議システム【LFV】









◆迷走解説。




今回のアニメ、「転生したらスライムだった件」はこのブログ
では二度目の記事となります。

このアニメ「転生したらスライムだった件」の続編はもっと早く
作られると思っていましたが、二年以上あけてSeason2の公開と
なっています。

原作はまだ完結していないものも多く、いずれ続編が作られるであろう
作品は多くあります。
個人的にはどうでも良いような「美少女アニメ」ばかりがリピートされている
ような感じで何度も続編が作られています。

ここら辺が良くも悪くも日本アニメの現実のように感じます。


「転生したらスライムだった件」は異世界転生ものの代表格のような
作品で、ファンもとても多く作品の展開も幅広くおこなわれてます。

内容的にもボリュームがあり、それぞれの編に分けられて長く続いて
います。
よくは分かりませんが、物語が進んで行くたびに内容が増えていっている
ような感じですね。

いっけんするとお気楽な設定で描かれているようでも、回が進むと同時に
しっかりとした設定へと形を変えているようにも感じられます。

異世界転生ものといったジャンルを作ったような作品かも知れません。


今やWeb投稿サイトの「小説家になろう」は多くの異世界ものアニメの
原作提供先となっている気がします。

この先、異世界アニメがどれだけ続くかは分かりませんが当分の間
人気が衰えるような気配が感じられません。

今季のアニメも、同じような異世界転生ものに「蜘蛛ですがなにか」という
アニメがあります。

この作品も「小説家になろう」から発掘されておりその後、書籍化や
コミカライズ化がされています。


「転生したらスライムだった件」も投稿サイト「小説家になろう」掲載
とは若干違っているようです。
投稿サイトはプロット的な扱いにもなっているようで、書籍化され際に
編集者と打ち合わせをして変化しているようです。

投稿サイトの場合、編集者のような他者の視線を経ておりませんから当然作品
としては甘い部分があったものと思います。

同人でサークル活動していた時、読者に広く意見を求めていたときがあった
のですが正直役に立たないものばかりでした。
読者というものは自分たちのことを一番分かっていないという感じがあります。

なにを言いたいのか分からないものも多く、作品製作する場合役に立たなかった
ですね。

それとネット環境を手に入れてから同様のことを試してみましたが、
意見と現実が一致しない場合が多く、やはりここでも役に立たないと
感じました。

意見を述べる側が自分の好みをよく分かっていないではないかという印象を
強くうけています。

少年ジャンプなどのアンケートハガキは有名ですが、アンケートがどのように
役に立っているかは疑問に感じます。
それによって実際は人気があるのに、消えて行った作家などを知っているからです。

多くの返信があってこそ初めて役立つことでもあるでしょうし、アンケートを
読み解く技術のようなものが必要ではないかという気がします。


それにたいしてWeb投稿サイトはダイレクトです。
意見よりも閲覧数でその人気の程が分かります。

もともと日本の漫画や小説の賞は編集者なり下読みなど、専門の人間だけ
が選考する場合が殆どです。

ですがアメリカなどでは審査員は読者や視聴者という場合も多く、有名な
賞は専門の業界関係者が選ぶ賞と、一般の読者が選ぶ賞との二通りある場合
があります。

作品を購入する一般の読者の意見が反映されているのですが、
日本の場合は一般の読者が意見を述べられる場所がない。

ですから昔から良く言われているのですが、大賞作品ではなく佳作や副賞
の方が売れるという現象が起こります。

この読者賞に近い機能をWeb投稿サイトは果たしており、「小説家になろう」
発信の作品の多くが人気があり売れると言うわけです。
なによりもすでに人気がありますから広告費などの無駄も省けます。

もろもろ都合が良いことなのです。

これは作品製作する場合広く言えるのですが、作品の完成度と人気は関係
ないのです。

どんなに優れた作品であっても、面白さは別のものであるといえると思います。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

iPhone修理の「ダイワンテレコム」

スマホレンタルなら「みんなのスマホ」




※過去記事。


http://308338.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








▲PageTop

裏世界ピクニック(うらせかいピクニック) | 都市伝説と異世界

アニメ


 







裏世界ピクニック
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『裏世界ピクニック(うらせかいピクニック)』




今回はアニメ「裏世界ピクニック」です。

原作は小説で、原作者は「宮澤伊織」さん。
ハヤカワ文庫JA(早川書房)より2017年2月から刊行されています。



あらすじ──。

廃屋内の扉から〈裏世界〉を発見した紙越空魚は、くねくねを目撃し命を失う危機に陥り、仁科鳥子に助け出される。後日、大学を訪ねてきた鳥子に、〈裏世界〉の探索に協力して欲しいと請われ、共に〈裏世界〉を調査することとなる。



TAMIYA SHOP ONLINE

人を癒やすクッション










◆迷走解説。




今回の「裏世界ピクニック」はある程度原作を知っています。

本格的に読もうかどうしようかと考えていて、先にアニメが
公開されてしまいました。

躊躇っていたのは作者の「宮澤伊織」さんが「百合」傾向の強い
方で本格的に読むと望んでいたものとは違うのではないかと思って
ずっと先延ばしになっています。

作品設定は自分の好みにもあい、アニメでも同じかどうかは分か
りませんが異世界に迷い込んだ「米軍」が出てきたり「PMC(民間軍事会社)」
が出てきたりします。

またラノベのお約束のような学園ものではなく、主人公たちは大学生
であったりと悪いことはないのですが、先に読むものもあるしでと
躊躇っていました。

アニメを見ていると自分の想像していたとおりの作品でした。
今季の期待作品になりましたね。

最近は「コロナ禍」の懐事情もあるのですが、本が多すぎて置く場所
に困っています。

必要に迫られて電子書籍も考えなくてはと感じています。



「裏世界ピクニック」は我々には設定がとてもなじみ深いものでした。

今の異世界転生もののように異世界イコール中世ヨーロッパの世界観
には違和感が強くあります。
それは世代が違うというのもあるのでしょうが、一番はゲームをしない
せいだと思います。

ゲームそのものをやりたくなかったわけではないのですが。

ネタのために少しはとは思うのですが、これも今となっては懐事情
が許しません。

ゲームをしているとゲームで使われるお約束のような世界観にはなじむ
のでしょうが、我々のようにゲームとは縁遠い人間には「なぜ?」となって
しまうのです。

もっと沢山の異世界があっても良いじゃないかと単純に思います。


実は世代が違いますが、この「裏世界ピクニック」の異世界の世界観は
自分たちにはとてもわかりやすいのです。

サークル活動していた時ですが、18禁作品へと大きく舵を切らなければ
ならなくなる前に、この世界観で一作品を作っています。

子供の頃に神隠しで姿を消した人間の物語でした。
男性にはまったくだったのですが、女性には良い評価をもらった作品です。

異世界設定は男女によって好みが分かれてくるのかも知れません。

これはこれで興味があるところでもあります。

この作品のようにたんに不思議で不気味な異世界を描くのではなく、
トレジャーハンティング的要素を加味したことでぐっと作品の展開が
良くなっています。

この作品の成功はこうした点が大きく関係しています。

ファンタジーやホラー的要素だけで作られている同様の作品は
今まで何作もありましたが、アニメ化までいったものはありません
でした。

ゲーム性というかエンタティメント性があるかないかが人気の
分かれ目になっていると思います。



この世界観の元になっているのが都市伝説であったりするのですが、
そうした都市伝説は我々が学生の頃から脈々として続いています。

そうした伝説の中には「裏世界ピクニック」でも出てきましたエレベーター
の話もありました。

アニメではある階数を順番に押すことで異世界への扉が開きますが、
我々が学生の頃に聞いた話ではある時間にある階数を押すと存在しない
階へといけるというのがありました。

また我々が学生だった頃は都市開発がどんどん進んでいた時代でも
あって、新しく広げられた地下街と昔からある地下街が混在していました。

今は完全に開発されてしまってなくなってしまったのですが、レトロ感
溢れる時代に取り残されたような地下通路などが残っていました。

まるで迷路のようになっていて、この狭くて無人の通路の先にはなにが
あるのだろうかと自然と想像したものです。

不思議なことなのですが、こうした都市伝説はもっとネットでは流布して
いるのではないかと調べて見たことがあります。
ネタにも使いたくてだったのですが、新しいものがどんどん出回るかと
思っていたのですが目新しいものはなかったですね。

ネット環境などなかった昔の方がこういう都市伝説は豊富だったような
気がします。

転生して前世の記憶があるという一群の人達が昔はいたのですが
──今のゲーム設定のように光の戦士であったりしましたね──これなど
もインターネットがなかった時代に猛烈に増えました。

これもネタに使えないかとネット環境を手に入れてから調べたことがある
のですが、驚くほど情報がなかった。

こうした発信するのに想像力を必要する情報はネットでは少ない気がします。
なにかとても想像力に乏しいものばかりな気がします。

その半面、現実と妄想の区別がつかないような噂が力を持っています。


またもっと昔、子供だった頃ですが自分が住んでいたところには沢山の
工場などが密集してありました。

公害真っ只中の時代でした。

これらの裏道もまさに迷路になっていて、子供かネコしか通れない狭い道も
沢山ありました。

こういうところで遊んでいると子供心にも意外な場所へと飛び出すことがあって、
使われてない社宅や廃工場へと迷い込んだこともあります。
とても作品のモチーフになることが多くて、今でもこの世界観を大事にしています。

それもあって「裏世界ピクニック」のような世界観は好きなんです。

我々のようなものにはリアリティのあることでもあります。
中世ヨーロッパの世界観は、ゲームユーザーにとってはリアリティの
あるものだと思いますが。

「裏世界ピクニック」のような世界観は受け入れられないのかなと思って
いたのですが、このアニメに人気が出ることでまだまだ使える世界観
だとも思えますので、応援もしています。

頑張ってほしい作品の一つとなりました。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

1000万ユーザーの画像編集ソフト【Zoner Photo Studio X】

人気のおもちゃが勢ぞろい!【セガトイズ.com】















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








▲PageTop

魔女の旅々(まじょのたびたび、英語: The Journey of Elaina) | 魔女という職業

アニメ


 







魔女の旅々
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『魔女の旅々(まじょのたびたび、英語: The Journey of Elaina)』



今回はアニメ「魔女の旅々」です。

原作は小説で「白石定規」さん。

GAノベル(SBクリエイティブ)より2016年4月から刊行されている
作品です。



概要──。


本作は魔法が存在する中世に似た世界を舞台とし、その世界で旅する魔女イレイナが様々な場所や人を訪れる連作短編集であり、一つ一つの話は長くとも中編程度である。

基本的には一話完結だが、話と話に繋がりがある場合があり、第3巻では短編集でありながら各話に伏線を交え、見方によっては長編のようにも読めるという形式になっている。

物語は基本的にイレイナ、あるいはその他の人物の一人称で語られ、三人称視点は用いられない。



20万冊以上から選び放題!紙の本のサブスク「タダ本」

業界最安値宣言!高性能・低価格のパソコン通販は【UsedFun】










◆迷走解説。




今回の「魔女の旅々」は漫画化もされているようですが、
原作も含めてまったく知らない作品でした。

調べて見るともともとは自費出版である「Amazon Kindle」で発売
されており、そこからGA文庫の編集者の目にとまったようです。

最近のアニメの原作は漫画ではなくライトノベルが多くなっています。

そのライトノベルも小説の投稿サイトからのものが多く、とくに「異世界」
ものは投稿サイトからのものが多いのが現状です。

ですが「Kindle」からのものは今までなかったと思います。

あったかも知れませんが自分は知りません。

疑問に思っていた時があって、「Kindle」は読まれていないのかそれとも
ビジネス関係ばかりなのかなと思っていました。

そこに「Kindle」からのものがあると知ったので、少しは注目した
方が良いかと思ったのですが、もともと「Kindle」はPCで読めない
と思っていました。

調べてみると最近はPCでも読めるようになっていたらしくて、知ら
なかったです。


内容は短編なのですが物語が繋がっているものもあって、「キノの旅」
のようにも思えました。

魔女っ子や魔法少女ではなく、「魔女」ですね。
微妙なのですが、最近は「魔女」と言うジャンルも増えてきているように
感じます。

魔女というものは魔法を使う女子ではなく、魔女という職業です。

個人的にはこの「魔女」というものには好感をもっています。

今季のアニメも多くの美少女アニメがありましたが、この「魔女の旅々」
は見ていたアニメの一つです。
他の美少女アニメは何度も製作されている作品も多くて、殆ど見ていません
でした。

相変わらず「美少女アニメ」は人気がありますね。

最後に「魔女の旅々」の「旅々」は原作者の造語だそうです。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

1000万ユーザーの画像編集ソフト【Zoner Photo Studio X】

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(AppStore)















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com







▲PageTop

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 | 日本歴代興行収入一位

アニメ


 







鬼滅の刃
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット

復刊ドットコム

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』




今回は今ブームとなっている「鬼滅の刃」の映画版、「無限列車編」
です。

年始第一回、一月一日の元旦でもありますしちょうど「千と千尋の神隠し」
の日本歴代興行収入一位をぬいて、「鬼滅の刃・無限列車編」が興行収益
第一を獲得したので取り上げました。

映画公開日から73日目となる12月27日には観客動員数2404万人、興行収入
324億円を突破、『千と千尋の神隠し』を超えて日本歴代興行収入1位を
達成しました。

今現在も公開が続いていますから、この先まだ記録を伸ばしていくでしょうね。

スヌーピーやミッフィなどキャラグッズ10000点

息ラクラク、快適マスクご購入はこちら











◆迷走解説。




あけましておめでとうございます。
今年もこのブログによろしくお付き合いください。




そして今年初めの記事は、今ブームになっている「鬼滅の刃」の
映画版、「無限列車編」です。

「千と千尋の神隠し」を抜いて日本映画興収第一位に輝いた作品で
次々と記録を打ち立てています。
現在も進行中でコロナ禍のため他に話題もないこともあって、この
ブームの話題ばかりを目にします。

このブログではそれらのブームの話題とは違った視点でこの「鬼滅の刃」
のことを解説してみたいと思います。

ただし映画は見ていませんが……。

ですから内容ではなく今回のブームについて自分なりに考察してみました。


ネットニュースでは「鬼滅の刃」を絶賛する記事ばかりが溢れています。

それにたいして強く異を唱える気はありませんが、やはりその原動力は
「新型コロナ」によるところが大きいと思います。

それも強烈に──。

どこにも行けない、散歩に出るだけでも自粛警察が見張っている。
仕事にさえ行けない不満が膨れあがって爆発しそうになっているところへ、
映画を見ることができた。

カラオケすら営業していない時期があったところにガス抜きのような映画営業
再開はまさに天からの恵みのようなものです。
ましてや対抗するような有名映画作品は予定を変更してすべて延期になって
います。

「トップガン2」のような期待作もすべて翌年に延期になりました。

好き嫌いとかは関係なく、他に選択肢がないようなものです。
これは「無限列車編」がひとり勝ちしても全くおかしくありませんでした。

営業自粛していた映画館も客を呼べる「鬼滅の刃」を取り合うように映画
上映していって公開映画館も増えていきました。

もちろん「無限列車編」が優れたアニメ映画であったからこそ達成できた
興行成績ですが、こうした世界的な異常事態があったからこそ達成できた
ことでもあったと思います。


逆に今まで映画興行成績一位に君臨していた「千と千尋の神隠し」の
すごさをあらためて見せつけられた気がします。

「千と千尋の神隠し」はなんら社会的な後押しがないのに、実力だけで
だした興行成績であるからです。

やっぱり「ジブリ」作品すげえなと感じました。

また映画公開前から始まっていた「鬼滅の刃」ブームが本来のブームの
勢いではなく異常な力を発揮したとも言えると思います。

ここでちょっと今までブームとなって実際に見て経験した事を付け加えたい
と思います。

良くおぼえているのが「ルーツ」、それと「ハリーポッター」です。

若い方は知らないと思いますので少し解説すると──まだ1970年代か、
1980年に入ったばかりだったかも知れません──アメリカのテレビドラマ
で映画にもなりましたが「ルーツ」という黒人の自分のルーツを辿る物語り
がありました。

原作は「アレックス・ヘイリー」の同名の小説です。

このアメリカの人気が日本にも飛び火してブームになったことがありました。
テレビやラジオでも取り上げられましたし、映画公開でも人が入りました。

この時読めもしないのに原文の小説まで売れてしまうという珍妙な現象が
あり、これを実際に目撃したとこがあります。
日本語訳の本も買ったけれど読んでいないという人がどれだけいたか、
かなりの数になったものと思います。


「ハリーポッター」は自分にとっては新しく、またブーム当時には
以前にいた職場で学生アルバイトたちと接する機会が多かったのでこの話
をしたりしていました。

「ハリーポッター」シリーズは日本で有名になる前から知っており、児童文学
として認識していました。
あたらしい児童文学の流れだなと思うとともに、作者が生活保護を受けながら
書いたシングルマザーであることが記憶に残っていました。

内容も知っていたのですが、女性受けする作品であると感じていてあまり
──今でもですが──作品そのものに注目していませんでした。

それもあってテレビで公開されるようになっても最初の作品だけ見て、
後の作品は見ていません。

原作本も売れていたので、大学生のアルバイトたちにどこが
面白と感じたのかに興味があって、幾人かに聞いてみました。
こういう問題は創作をする場合、関心を払わずにはいられません。

ですがブームの勢いで買ってはみたものの読まずに古本屋に売った
ものまでいて結局、ちゃんと見てもいないし読んでもないことが分か
りました。

──一人もいなかったのです。

実際に調査してみないと分かりませんが、ブームというのはその作品の
ファンではない人たちを大勢取り込んでおり、核となったファンの数よりも
多いのではないかと考えられます。

雪だるま式に増えていく感じですね。


この「ブーム」による勢いが、「コロナ禍」での異常事態により加速装置
を使ったのではないかというような爆発的な勢いを作り出してしまったの
ではないかと考えられます。

でないとこんな短期間にこの興行成績はあり得ない。

そうなってくると、どこまでこの「コロナ禍」が続くか分かりませんが
コロナ終息の後に同じような興行成績が出せるのかとなってくるとこれは
むりであると考えられます。

アニメ業界は二匹目のドジョウを狙って次の作品を計画しているようですが、
これは今まで何度も見てきたように不可能だろうと予想されます。

次の作品はとなると、とても興味がありますが。

個人的には「鬼滅の刃」そのものがあまり好きではありません。
「呪術廻戦」の方が好きなのでこれがどこまでいくかと期待して見ています。

どちらにせよ映画公開など延期になっていた作品が公開されてくると
今の調子でいくとは考えられません。

「新型コロナ」によってもたらされた世界的な不況は避けようがありませんが
その中でこそ、不運がすべてプラスに変換されていったとても珍しい作品であった
と言えるのではないでしょうか。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(GooglePlay)

新品パソコンが2万円台~!






※鬼滅の刃。

http://308338.blog.fc2.com/blog-entry-301.html


















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com









▲PageTop

««

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化、アニメや特撮について広く迷走発信しています。リンクなどはご自由に。またURLを教えて頂きますと、こちらからもリンクさせて頂きます。

最新記事

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
26位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR