FC2ブログ

アニメ

【 アニメ 】 記事一覧

ザ・ファブル | 漫画原作の殺し屋

アニメ



 






ザ・ファブル
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『ザ・ファブル』



今回は実写映画化作品の「ザ・ファブル」です。

原作は漫画で、作者は「南勝久」さんです。

「週刊ヤングマガジン(講談社)」にて2014年49号から
2019年51号まで第1部が連載されてまいした。

2020年夏から第2部が連載予定です。
2017年、第41回講談社漫画賞一般部門を受賞している作品です。

この実写化映画版では「岡田准一」さん主演で制作されています。



あらすじ──。

現代の東京。その伝説的な強さのため、裏社会の人間から「寓話」という意味を持つ「ファブル」と呼ばれる1人の殺し屋がいた。その男は幼いころから「ボス」の指導を受け、数々の標的を仕留めてきた。しかし、彼の正体が暴かれるのを恐れたボスは「1年間大阪に移住し、その間は誰も殺さず一般人として平和に暮らせ」と指示する。こうして彼は「佐藤明」という名前を与えられ、ボスと古くから付き合いのある暴力団「真黒組」の庇護の元、一般人として大阪での生活を始めるのだった。


≪防災安全協会認定 3WAYキャリーリュック採用≫ ものずごい防災セットシリーズ

アンケートに回答する











◆迷走考察。



今回の「ザ・ファブル」ですが、実写化されてもあまり漫画
との違和感を感じませんでした。

「殺し屋一」も面白かったのですが、実写化されるとあまり良い印象
が残らなくなってしまった作品でした。
そういう意味ではこの「ザ・ファブル」の方が良かった。

銃撃戦では、日本ではあまりヒットしなかったのですが「ジョンウイック」
の影響もあるように感じます。
アメリカではヒットしている作品で、三作品まで作られています。

作者の「南勝久」さんですが、車好きかも知れません。
映画の中で昔の「スカイラインGTR」が出てくるのですが、これは当時
から今に至っても人気のある「ハコスカ」と呼ばれる伝説の「GTR」です。

レース用のエンジンをそのまま市販車に乗せた伝説の車種なのですが、
今ではどれだけの数が残っているのやらです。

生産されていたのが半世紀も前ですので若い人たちは知らないと思いますし、
今や若い人たちの車離れも進んでいますから興味すらない人も多いと思います。
この「ハコスカ」の後にケンメリのスカG(ケンとメリーのスカイライン)が
来るのですが。


「博多豚骨ラーメンズ」もそうなんですが、「殺し屋」という題材で
作品作りをするとリアルに描けないのです。
もともとファンタジーなものなのですが、それをどこまで現実離れした
ものとして描けば良いかが一番気になってしまいます。

一番簡単な方法は「殺し屋一」のように振り切って描くこと。

変質者がやたら登場してきますし、「一」もまた殺人淫楽症なところが
あって、それらが面白い点でした。
「ファブル」も同じ文脈の作品ですがあまり偏向しておらず、それが
かえって良かった点でしょうね。

偏りすぎると嫌悪感を催す人も多く出てきて、カルト的な人気は生まれても
広い人気は得にくいというのがあります。

その点この「ザ・ファブル」の主人公も、「ジョンウィック」の主人公
もともに正統なアウトローなヒーローだと思います。

こういう殺人を生業にするキャラクターだと、個人的には「亜人」の「佐藤」
というキャラクターがとても好きですね。
昔からこの手の作品の主人公は個性が弱いと思っていたのですが、個性が
強いとバランスが悪いようにも感じられます。


この「ファブル」ですが映像では45口径にサイレンサーを付けたものを
使っていました。

しかし普通は専用の銃身でないとサイレンサーを取り付けることができません。
調べて見たところ、「ファブル」の使っているのは「ナイトホーク」
という銃で、アメリカのカスタムガンメーカーでは高性能高価格でとても
有名な1911(ガバメント)でした。

確かにここならという面があって、他にも「STI」や「ウイルソン」という
カスタムガンメーカーがあってこれもとても有名で、かつ政府関係御用達の
メーカーでもあります。

ここら辺からも車といい、メカが好きな作者なのかも知れません。

ただ個人的に突っ込ませ頂くと、FNX45-タクティカルという拳銃が
あるのですが、これだともともとサプレサー付きで販売されています
し、装弾数が15発と1911系のハイキャパよりもファイアパワーで勝り
ます。

これでも良かったのではと思ったりしました。

漫画では銃身を外して海に投げ捨てるシーンがあるのですが、ガバに
詳しい人なのかなと勝手に解釈していました。
画を見ても「ナイトホーク」と分からなかったのですが、アメリカでは
1911は凄い数が存在しています。

中古の銃も大変多くて、銃に詳しい人間ならば程度の良いガバメント
を数丁買って、良い部品だけを寄せ集めて一丁の拳銃にくみ上げます。
こうして仕事で使ってから銃身を換えていけば、拳銃の特定もしにくい
訳で、それが描かれているのかと思っていたら違いましたね。

この設定の方が殺し屋としてのリアリティはあると思うのですが。


基本的なメカニズムを無視した作品ではトンデモ殺し屋の「ゴルゴ13」です。
リボルバーにサイレンサーを付けていますからね。
リボルバーというものはシリンダーとバレルとの間に僅かな隙間があって、
ここから火薬の燃焼ガスが漏れるのです。

銃口からでる燃焼ガスをサプレサーで消しても、この隙間から漏れる
音は消せないので効果がないのですが、これを当たり前にやっているのが
ゴルゴです。

もう二十年以上も前になりますが昔の職場に「ゴルゴ13」の雑誌があって
自分よりも年上の人からこの漫画は面白いと勧められたことがあります。

ストーリーは現実の出来事を参考にして大人向けに作られていますが、銃器
などの設定は現実を無視した子供だましのトンデモ設定です。
今は多少ましになっていますが、昔のは本当に酷かった。

それでも先の職場の出来事のように影響力はとても強くある。
先の「ゴルゴ13」を勧めた人のようにそのまま受け取っている場合が
多いと思います。

いまだに続く長いシリーズですからね。

我々がこのテーマで作ってしまうと、「大藪春彦」作品のようになるかも
知れません。

作品を作る場合、こういうこだわりを押さえて作らなければならず、
ここら辺が難しいところでもあります。
いっそのこと、「菊地秀行」作品のように何でもあり的な世界観での
銃器のイメージだけの世界観で作った方が楽かも知れません。

それがあって「博多豚骨ラーメンズ」は単純に楽しめた訳です。
殺し屋ばかりが暮らす街などあるはずないですからね。
これは一つの突破口だなと妙に新鮮に感じたものでした。

アニメ「サイコパス」で使われているドミネーターのような銃を
作っても良いかも知れません。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

 
TAMIYA SHOP ONLINE

自転車通販サイト【cyma】


















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






スポンサーサイト



▲PageTop

バビロン(BABYLON) | 読む劇薬と言われた原作小説

アニメ










バビロン
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『バビロン(BABYLON)』

 


今回はアニメ「バビロン」です。

原作は小説作品で、「野﨑まど」さん。
「バビロン」シリーズ(講談社タイガ刊)。

監督 - 鈴木清崇。
文芸担当 - 坂本美南香。
キャラクター原案 - ざいん。
キャラクターデザイン - 後藤圭佑。



あらすじ──。


東京への一極集中緩和を目的として、東京都西部に新設された『新域』。その実態は、新法の試験運用を実施する「国家の実験場」としての役割を有し、政令指定都市を上回る権限が付与され、「第2の東京」と位置付けられていた。

アグラス事件発覚により、検事・正崎 善ら東京地検特捜部は、製薬会社の日本スピリから捜査資料を押収した。しかしそれらを検証する際、「睡眠薬セイレンに関する臨床試験」というファイル内にあった2つ折りの報告書の裏に、血痕や毛髪などとともに書かれた大量の「F」の字が綴じられていることに気付く。正崎はその報告書を作成した因幡という准教授を訪ねたが、彼は全身麻酔機を用いて死亡した状態で見つかった。

捜査を進めると、新域の域長選挙に出馬中の野丸の議員秘書と「謎の女」が、因幡の死ぬ2ヵ月前から彼のもとへ頻繁に通っていたことが判明する。政治と関与している可能性が浮上したため、アグラス事件よりも因幡の捜査を優先して「秘書の足取り」を追うことにしたが、その途中に正崎の部下である文緒が突如自殺する。因幡と文緒の死を皮切りにさらに捜査を進めていく中、正崎は謎の女・曲世 愛と出会う。

野丸の手駒である、新域の次代域長に当選した齋 開化は、個人が自殺を選択することを肯定する「自殺法」をアピールし、64人もの人間が高層ビルから飛び降り自殺をしてしまう。やがて齋開化のバックで動いている曲世愛こそが、自身の手を下すことなく「人を死に追いやる能力」により人々を自殺に追い込んでいる容疑者「F」であることが判明する。



ハーブティー甘酒

各方面のメディアに登場! おしゃれで高機能な防災セットLA・PITAシリーズ










◆迷走解説。



今回はアニメ「バビロン」です。

原作はサスペンス小説なのですが、知らなかった作品です。
アニメを見てから少しだけですが、読んでみました。

読む劇薬とか言われているそうなんですが、原作は読みやすく
ライトノベルのような作品だったのでそれほど劇薬的なものは感じません
でした。

原作が小説作品だったと分かった時は、納得できるものでした。
正直、アニメにむいていないという感じを初めに強く受けたからです。
個人的には、実写でやってほしかったですね。

アニメにすると深夜アニメ向けで、そういう意味では間違っていない
時間帯ではあるのですが。


この物語は「自殺」が大きなテーマとなっています。

小説の世界では「自殺」というものは時々ですが題材として広く扱われて
来ていました。

漫画作品で「自殺」を取り上げた作品があったかと考えた時、すぐには
思い浮かばないですね。

あったかも知れませんが……。

最新のものでは、「自殺」ではないですがアニメにもなった「虐殺器官」
と言うものがあります。
作者は亡くなっていますが、「伊藤計劃」さん。

これもライトノベルです。


内容はある文法を使うことで紛争を誘発拡大させることができる
テロリストを追いかけている米軍特殊部隊員の物語です。

どちらが先に書かれているのか分かりませんが、「虐殺器官」の影響も
あるかも知れません。

この「自殺」を誘発させる謎の美女というのが登場してきますが、
謎の美女は小説よりも漫画作品に多く登場してきました。

個人的には「澤井健」作品の「イオナ」という作品が好きでした。

「ビッグコミックスピリッツ(小学館)」にて、1990年から1993年
にかけて連載された作品です。

謎の女教師が小学校で巻き起こすドタバタギャグなんですが、
この美女の存在が謎だらけで正体を調べようとした人物が大けがをおったり
さらには戦時中の古い小学校の写真に、全く同じ女教師が写っていたり
と色々と謎が提示されていました。

結局正体は分からないのですが、連載終了から25年くらい経過していますが
ファンの多い作品です。

ホラー作品では謎の美女は多かったですね。



おそらくですが、このアイデアの元になっているのは「タナトス」という
概念からでているのかも知れません。

これは精神分析学から出てきた考えで、死に向かう本能があるという
考え方です。

日本では殆ど行われていませんが、精神分析医の一つの仕事として
終末医療をどう穏やかに迎えさせるかという問題があって、人の死
というものを学問的にとらえている側面もあったりします。

本能論はこれは専門家でもまた個人的にも支持できるものではないですが、
連続殺人などの犠牲者の反応などを調べると、このような考え方が
あっても良いのかと思わせるところもあります。

これは本能とかではないですが、そうした側面はあるとおもいます。


またこの作品で大きなキーワードとなっている「自殺法」ですが、
海外を見ると「オランダ」や「スイス」などけっこうな数の国が安楽死
を認めています。

今や日本は高齢化社会です。

このままさらに加速していくと高齢化の問題の一つとして安楽死と
言うものが出てくるかも知れません。
この問題に関しては一概に否定的には考えられないですね。

ある種の解決策して「安楽死」はあってよいと感じています。
かなり身近な問題として、このアニメの「自殺法」はリアリティーを
伴っているといえます。



今回はこれくらいで、次回にまたお目にかかりたいと思います。

楽天スーパーポイントプレゼント!

タミヤならではのオンライン限定商品!!















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






▲PageTop

旗揚!けものみち | コメディ設定の異世界原作漫画

アニメ










旗揚! けものみち
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『旗揚!けものみち(はたあげ けものみち)』




原作 - 暁なつめ。
漫画 - まったくモー助、夢唄。
監督 - 三浦和也。

「月刊少年エース(KADOKAWA)」にて連載中。




あらすじ──。


ケモノ好きな覆面プロレスラー、「ケモナーマスク」こと柴田源蔵は、試合開始前(アニメ版では試合途中)に突然異世界に召喚される。源蔵は姫巫女に魔王と魔獣を退治して欲しいと頼まれるが、ケモノ退治を依頼されたことに怒った源蔵は姫にジャーマン・スープレックスをキメて城から逃亡する。

街で狼獣人の少女シグレを借金取りから救い、魔獣を殺さず手なずける魔獣ハンターとして資金をためて、レスラー時代からの念願であったペットショップ「けものみち」を開店した(アニメ版では開店前の資金集め段階)。しかし異世界ではペット文化が無く、また源蔵がなついたペットを手放そうとしないので店は赤字続きである。大食いドラゴン娘の花子を腹いっぱいの食事を給料として店員に雇い、その従者でヴァンパイアのカーミラも居候することになる。



【話題のSoftBank Air】工事不要!コンセントに差すだけで高速インターネットが実現!

【パソコンダスト】










◆迷走考察。




今回はアニメ、「旗揚!けものみち」です。

もはやアニメでは定番となった「異世界」ものですから、
てっきり原作はWeb投稿サイトである「カクヨム」か「小説家になろう」
からの作品だと思っていました。

ですが調べて見ると漫画が原作でした。
もっともこの漫画も原作があり、原作者はライトノベル作家ですので
Web投稿サイトからの作品とあまり変わらないものでした。

それにしても「異世界」ものは強いですね。


前にも書いたことがありますが、漫画ジャンルだけのなかではたぶん
今のように大量に産み出されてこなかったジャンルですね。

編集者やアニメ制作側の企画や考えからは多くは産み出してこられな
かったジャンルです。

人気を得ようと企画すると視界に入ってこない作品で、Web投稿サイト
ないでの人気があって初めて成立するものだからです。
それ故に制作する側の思い込みや固定観念などが排除されたジャンル
でもあります。

またアニメジャンルに適した作品傾向で、読み手と書き手が上手く
マッチングしたジャンルだと言えると思います。

視聴者目線がそのまま反映されているジャンルだと言えます。


今や「異世界」ものは新作目白押しで誰もがまだやっていないことを
先にするかというような、先を競うようなことをしている感じですね。

異世界コンビニや異世界獣医と言うものまであってとにかく誰も
手を出していない設定を探しているようなところがあります。
ただし原作となる作品がこれほど多くなってくると、当然多くの
作品がふるい落とされてきます。

つまり「異世界設定」ならば何でも良いというわけではなくなって
来るわけです。
そんななかで、この「旗揚!けものみち」はありそうでなかった設定
だったように思います。

この設定、異世界へプロレスラーが召還されてしまうというコメディ
設定ですが、召喚者へいきなりジャーマンスープレックスをするなど我々
が学生の頃にギャグとして話していたこともあって、案外広い年齢層に
受け受け入れられるのではないかと思えます。

内容的には特別なひねりや目新しい設定はありません。
あらすじにあるとおりのものです。

見ていれば分かるとおり、異世界でプロレスラーが「ムツゴロウ王国」
のようなことをする話ですね。

やはりコメディ作品が異世界ものでは効果的です。


この「旗揚!けものみち」も70歳近い人から大笑いしたときいて、
見始めました。
深夜アニメは数が多すぎて正直、チェック仕切れませんから。

こういう耳に入ってくる情報があれば、見るようにしています。

このアニメだけではないですが、深夜アニメは年齢層が広いというか
高齢者の方もかなりの数が視聴しています。

アニメイコール若い視聴者という図式が固定観念として定着している
ようにも感じられますが、我々が同人に関わっていたのは約30年前から
で、そのとき我々よりも年上だった人たちももう70歳を超えている人まで
います。

「コミケ」でも評論ジャンルに孤独死した場合のコレクションの処分方法
などを取り上げている同人誌が増えているそうです。
同人も高齢化の問題が顕在化してきているわけです。

つまり多くの高齢者のアニメファンが存在している訳です。
異世界ものはそんな中高年のアニメファンにも受けが良いジャンル
であると思えます。


昔から少しでも新しいもの、個性的なものをと考えていて、面白さは
目新しいもののなかにはないんだなとあらためて感じさせられるジャンル
でもあります。

実は文学作品などでも新しいものや個性的な作品はけっこうあって、
作品的には成功していたりするのですが、それが定着しないのは結局
面白くないという側面があるのです。

面白さを求めると使い古されたものへと回帰していきました。
使い古された定番は結局面白いから生き残っているのだということです。


まあ、余計なことはさておき、「異世界」ものをもう少しシリアスにしたら
魅力は半減するのかもとも思えます。

視聴者目線で投稿するサイトの異世界ものはシリアスなものも決して
なくはないようですが、人気があるかと言えばアニメ化されるほどでは
ないようです。

「日本国召還」のように国そのものが異世界へ転位する物語や、異世界
召喚された人間を救出する自衛隊とか色々あるのですが、これらは漫画化
されてもアニメ化それるまでは至らないようです。

アニメ化までにこぎ着けるには登場人物の設定など、アニメのフォーマット
を押さえておく必要があるのかも知れません。
つまり美少女の存在が必要であると言うことです。

この「旗揚!けものみち」にも多くの美少女キャラクターが登場してきます。

アニメ化されない異世界もの原作には、自分が調べた限りではやはり美少女
キャラの登場が少なかったように思います。

つまり日本アニメは美少女キャラクターが肝だとも言えるかも知れません。
これが好きではないのです。

自分が同人サークルにいた頃から、とにかくアニメは美少女というところが
あって、それがもともと好きだったアニメに辟易させられる要因でもありま
した。

もういい加減にしてくれという感です。


ある程度、ゆるい作品かコメディ作品の方がやはり人気なのだと思います。
異世界設定と同じようにゆるい物語そのものに魅力を感じているのかも
知れません。

それは美少女がらみのアニメの殆どがシリアスではないからです。
アニメは一部を除いて「ゆるさ」を売りにしているところがあります。


今回はこれくらいで、次回は新年を迎えていると思います。

今年一年お付き合いくださいましてありがとうございました。
また次回にお目にかかりたいと思います。

子どもの絵で作る一点モノ。キッズコレッチオ

お名前.com















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





▲PageTop

放課後さいころ倶楽部 | アナログゲーム

アニメ









放課後さいころ倶楽部
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『放課後さいころ倶楽部(ほうかごさいころくらぶ)』



今回はアニメ「放課後さいころ倶楽部」です。

原作は漫画で、「ゲッサン(小学館)」にて連載されています。
原作者は「中道裕大」さん。



概要──。


作者によれば、アナログゲームのみをテーマとした漫画は知名度が低いとの理由から編集部の反応が悪く、一旦不採用になっていた。そのため女子高生のコンビが毎回様々なホビーを体験する漫画としてネームを作り始め、第1話で綾と美姫が出会い、第2話でアナログゲームが登場したものの、第3話の内容が定まらず、ボルダリングや茶道、カラオケなど様々なテーマで何度も書き直したもののことごとく没となったという。結局編集長より「君が好きなアナログゲーム一本で」との許可が出たため、タイトルも『放課後さいころ倶楽部』と決まった。第1話ではアナログゲームが出てこないのはその名残とのこと。

基本的に実在のゲームが1話につき1本登場。登場人物がゲームをプレイするシーンがあり、簡単なルール説明とそのゲームを通じて浮き出る登場人物の友情や恋愛感情といった心情が描かれる。単行本では話の後に作者の知人である丸田康司(アナログゲームショップ「すごろくや」店主)による登場したゲームの解説コラムが掲載されている。

当初は綾と美姫、翠の3名がメインだったが、第30話でアナログゲームの本場であるドイツから来日したエミーリアも加わり4人組となる。そして綾たちが進級して2年生となる直前の第45話(7巻ラスト)でいったんストーリーに区切りがつき、第46話以降は新1年生である奈央と環菜が新たに加わり、2年生に進級したそれまでの登場人物も交えた群像劇となっている。



お名前.com

TAMIYA SHOP ONLINE












◆迷走解説。



今回はちょっと変わった題材のアニメです。
正確には今までネタが使われていなかったものでした。

原作は漫画ですが、このネタで良く作品化するだけではなくて、
人気が出たなと思う作品ですね。

ゲーム機やPC、スマホなどを使ったゲームなどは定番のように
アニメや漫画のネタとして使われてきました。
ですがアナログゲームは殆ど使われていません。

そういう意味では未知のネタなのですが、これでどこまで物語を
作れるのか、また面白いものになるのかです。

ですがネタはアナログゲームという使われてこなかった題材ですが、
作品そのものは定番です。

女の子たちの放課後の青春ものです。
このパターンを踏襲していれば、どのようなクラブ活動でも描けます。
そういう意味ではオリジナル性はあまり強くありません。


自分のようなものがアナログゲームでなにか作品を作れと言われると、
疲れたサラリーマンが裏道にあるお店に入ると、そこでは命をかけた
アナログゲームが行われていたというようなものになると思います。

そういう意味ではアニメ的な作品になる青春ものだと思います。

おそらくですが、このアニメ作品のファン人たちはアナログゲームその
ものでは、女の子たちの青春劇を楽しんでいるのだと思います。
つまり女の子たちの学園生活さえ描くことができるならば、戦車道
でもキャンプや自転車ツーリングでも良い訳です。

果たしてアナログゲームがどれだけ受けているのかでしょうね。


ここからはいつものようにこの作品から脱線します。

何度も書いていますが、ゲームに関してはまったくやらないので
上辺の知識しかありません。
どちらかと言えば冷ややかにゲームの黎明期から現在に至るまで
を見ているようなところもあります。

個人的にはネタ作りのためにもやってみたいと思うことはあったので
すが、貧乏生活でゲーム機を買うよりもワープロ機であるとかPCだと
か、時には資料関係に資金を回していました。

特にPC関係にはいまだに痛い思いが続いています。
そのせいか、今では無料でできるゲームでも手を出す気持ちが失せて
います。


ですが実は「ボードゲーム」は一つ持っています。
「ウォーゲーム」なのですが、これはもともと二次大戦までは戦略
シミュレーションとして使われていたことから興味があり、購入し
たことがありました。

「ウォーゲーム」は一人でできるわけではないし、相手にルールを教え
たりしていると手間がけっこうかかったりで、結局一度もできないまま
何十年も経ちました。

子供の頃ですが、長屋に住んでいたのですが当時は長屋などには縁台
と言うものがありました。
昭和の古い時代を描いたドラマや映画などには、下町で将棋をうった
り夕涼みをしている映像があるのですが、そこにある皆で腰掛けている
大きな台のことです。

ここに当時の子供たちは集まって色々と遊んだりしていたのですが、
古くからある「人生ゲーム」をやったことがありました。

これは少し流行ったのですが、五、六人でやるととても面白いのですが、
二、三人では盛り上がらなくてすぐに飽きてしまいます。
アナログゲームの欠点で人数がある程度いないと面白くないのです。

こういう経験があるのでやはりボードゲームの方が馴染みがありますね。

ゲーム機が急速に流行、進歩していった背景には個人で完結できる
ゲームであったというものが重要だったかも知れません。
もともと「RPG」などはカードゲームでしたからね。
それを電子ゲームにしたのですから。

今の子供たちがあまり他の子供たちと関わらないで遊んでいるとしたら、
それが大人になると人と上手くコミュニケーションがとれないようになって
くるのも分かる気がします。

これを感じるのはいろいろなところで、若者の車離れとは良く言いますが、
自分が知る限りでは車に興味がないのではなくて、教習所へ行きたくない
という人たちが多いというのがあります。

教習所の上からものを言う教官の態度にたえられないそうなんです。

人間関係にとにかく苦手意識が強くあります。

「インベーダーゲーム」が出てきてから、爆発的に電子機器を使った
ゲームが浸透普及していったのですが、その人気の度合いも熱量も
古くからあるアナログゲームとは比べようもありませんでした。

まさに中毒性という言葉が似合うほどでしたね。
これがすべて個人でプレイして遊べるゲームで、見方によってはパチンコ
と大きな違いはない気がしました。

この後、ゲームセンターもギャンブル性のあるものまで現れて、
至る所にできていきました。
深夜でも営業している店も多く、人も大勢入っている、ですが誰も
が自分のゲームに没頭していて誰とも会話をしておらず電子音だけが
賑やかに流れていました。

こういう光景を幾度も見てきましたがそのたびにいいようのないない
背中が寂しくなるような空しい空間でしたね。
好きではなかったですね、あの空間は……。

今ではゲームは細分化してきていて新たな変化が待っているのかも知れ
ません。

ネタ探しのためにも、一度ゲームとは思っていますが、いまだにそこに
回せる資金が捻出できません。
ますます値段が高くなっているようにも感じます。

最近はアナログゲームも昔と違って紹介されたり、置いてある店も増えて
いるようにも感じますが、では実際にアナログゲームの話を耳にするかと
言えば一件もないのです。

マニアックなゲームとしてとどまっているようです。

遊戯王などから派生して広がって行くのかなと思ったこともあったの
ですが、ゲームそのものではなくグッズとしての広がりだったのかも
知れません。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

ハーブティー甘酒

大人のはちみつHoney Platinum
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





▲PageTop

慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ | カクヨム原作アニメ

アニメ











慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』



今回のアニメの原題は「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる
(このゆうしゃがおれツエエエくせにしんちょうすぎる)」です。

原作はライトノベルで、小説投稿サイト「カクヨム」にて連載されていた
作品です。

2017年2月からは同社のカドカワBOOKSより書籍化されています。
作者は「土日月」さんです。



ストーリー──。

救済難度S級レベルの世界「ゲアブランデ」を救済することになった新米女神・リスタルテは、チート級のスキルを持った勇者・竜宮院聖哉を召喚する。しかし、聖哉はその強さに反して慎重過ぎるほど慎重な性格をしており、スライム相手でも灰になっても攻撃魔法で完全滅却するほどの用心深さを発揮して、リスタルテを大いに振り回しながらゲアブランデの救済に奔走する。

聖哉とリスタルテが仲間を増やして、強敵を倒しながら少しずつ絆を深めていくうち、聖哉の過去や、リスタとの意外な関係が明らかになっていく。



キレボディを目指すあなたへ【すっきりフルーツ青汁】

送料無料!壊れていてもOK!!パソコン&家電回収が0円












◆迷走考察。



今回のアニメは最近特に注目している異世界アニメです。

このアニメですが、前回の記事でも少し書きましたが歴史物とは
対極にある作品です。
書く側からすると資料調べなど殆ど必要としない作品で、誰でも作れる
というハードルの低さが魅力のタイプです。

そのお手軽感がいやで今まで注目していなかったのですが、このお手軽感
が逆にファンを獲得している大きな原因であると気付いてからは積極的に
原作なども読むようにしています。

このお手軽感は同人作品にも繋がります。

作品を作る上でなにがしかの心理的なリアリティというものを考えたり
──怖くないホラーに魅力がないように──するのですが、そういう
リアリティとは無縁ものです。


かなりの労力を使って作った同人作品よりも、お手軽に労力を使わずに
作った作品が頒布数では三桁の違いがあって、その落差が今でも苦い想い
出として残っています。

アニメにせよ同人誌やライトノベルでも必ずしも読み応え見応えのある
作品を望まれていないのです。
この点を作品制作していると見落としがちになります。

作品の質の高さに人気が集まるわけではありません。
必ずしも作家の努力は人気に繋がらず、そういう意味では作家の努力は
報われないとも言えます。

補足すると作品の質が高くなればなるほど、好き嫌いがはっきりして
きます。

それは読む側も理解力などの労力を要するからです。

ですから質の高い文学作品は大ヒット作品というものが出にくい
とも言えるのです。


ただ異世界ものを読み始めたのは「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」
からで、これは資料なしでは書けません。

自衛隊の階級や組織などに詳しくないと制作できないですね。
これ切っ掛けに出来限り「異世界」作品を見たり読んだりして得たものが
お手軽さとアンリアリティが人気の秘密でした。

この「慎重勇者」はこのお手軽作品にあたりますね。
だいたいがコメディ作品が多いような気がします。
このお手軽感を一番活かせるのが、コメディ傾向のある作品かも知れません。

異世界ものというか、異世界ゲームのパロディですから。
いろいろな先行作品のパロディをやっていて、「女神」の性格設定
などは少女漫画をパロっているところがあります。


そしてこの「慎重勇者」もWeb投稿サイトからでした。

今や「カクヨム」と「小説家になろう」の二つのサイトは二大サイトと
言っても良いほど有名なサイトとなっています。
アニメ化された異世界アニメの殆どがこの二つの投稿サイトから生まれている
ような気がするほどです。

これは出版社の有名公募賞などで大賞を受賞しても、その実力がある作家
の作品が必ずしも大ヒットするわけではないのが普通です。

むしろ賞には引っかかってもそれほど高く評価されなかった作家の方が
ヒット作を飛ばせる傾向が強いですね。

いわゆるプロではない素人が手軽に投稿できるサイトから人気作品と
して出てくる作品はやはり注目すべき点が多くあると思います。

それは読者目線が活きているからで、公募作品は読者目線ではなくプロ
の編集者や選考するプロ作家の目線が優先されて読者目線はふるい落と
されしまうからです。

これは作家の技量や作品の善し悪しではなく、何が求められているか
という点です。
この何を求めているかはなかなか分からなくて、アニメやライトノベル
の読者でさえ具体的にいえる人はいないと思います。

何々のようなというすでにある作品の名前を出したりで漠然としたもので
これが例えアンケートをとっても分からないところですね。

明確にどんな感じのものであるとか説明できれば、大抵が作る側に回って
います。


視聴者のご意見を反映させてとかが失敗するのもこれがあるからです。

まったく見当違いかも知れませんが、今のテレビメディアの凋落ぶりも
どこかこういうところに繋がっている気がします。

傲慢というか、殿様商売というか、視聴者を性別年齢分けして分かった
ような数字を使って分析しているように見えますが、本質を見ずに自分
たちのメディアに都合が良いように自らを洗脳しているのではないかと
思える時があります。

自分たちが笛を吹けば視聴者は踊るという前提に全てが進められいて、
その傲慢さがそっぽを向かれていく一つの理由ではないかと思えます。


こういうことはメディアでは良くあって、昔の日本映画も同じだった
のではないのかと思えます。
今はアニメとアニメ原作の実写映画化作品などで邦画も息を吹き返して
いますが、昔は洋画に圧倒的に負けていました。

追い詰められた邦画がとった方法がお金をかけて文芸作品を制作する
ことで、まさに自滅の道をまっしぐらに進んでいた感がありました。

全く見る側の人のことを一考だにしていない姿勢でした。


漫画の実写化もあるにはあったのですが、わざとやっているのでは
ないかと思えるほど原作とはほど遠いものに仕上がっていました。

事実であるかどうかは分かりませんが、当時を知る人はわざと愚作に
作っていたと証言しています。
そういう圧力があったと言いますね。


こういう投稿サイトという、受け取る側が発信するとゴミのような
作品も多くなりますが、読む側の本音のようなものが感じ取れます。

そこからヒットする作品が現れてくるのは扱く当たり前とも思いますね。

大変勉強になっています。


自分も一つ、「異世界」もを作ろうと考えた場合、やはり資料なし
で作ることができるのが魅力に感じます。

今少し考えているのですが……。


今回はこれくらいで、次回にまたお目にかかりたいと思います。

【自分専用枕 Dr.Layer】

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
28位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR