アニメ

【 アニメ 】 記事一覧

ルパン三世 PART5 | 安定感を増す長寿アニメ

アニメ










ルパン三世
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『ルパン三世 PART5』



今回はルパン三世PERT5です。

少し前にテレビシリーズのルパンをこのブログで紹介したばかりのように
感じています。



概要──。


PART4から2年ぶりとなる本作は、ルパン三世の祖父ルパン一世が活躍した国・フランスが主な舞台となっており、PART4に関わった監督などが中核として引き続き起用されている。また、PART4と同じくアニメ制作をテレコム・アニメーションフィルムが担当している。クレジットは、TVシリーズでは初となる製作委員会表記が用いられている。

シリーズ構成・脚本には大河内一楼が初起用され、設定考証は『Lupin the Thirdシリーズ』にて設定考証を務めた白土晴一が務める。ルパンがデジタルガジェットを駆使して「お宝」を盗み、本作のキーキャラクターにも「天才ハッカー少女」が登場するなど、「デジタル」や「サイバー」が物語の重要な要素になる。また、これまでのシリーズは1話完結が基本だったが、本作はいくつかの中編と1話完結型のエピソードで構成されており、中編では各話のラストで次回への引きが入るクリフハンガー構成になっている。そのため、各中編の冒頭に「EPISODE○○」、最後に「EPISODE○○ Fin」の表記が入る。「EPISODE I」は大河内一楼、「EPISODE II」は雑破業が脚本を務めている。

1話完結型のエピソードでは副監督の酒向大輔をはじめ、雑破業、野島一成、大倉崇裕、綾奈ゆにこ、時雨沢恵一、西田シャトナーが脚本で参加しており、それぞれのルパン像が描かれる。そのため、TVシリーズでは各シリーズごとにルパンのジャケットの色が変わっていたが、本作では過去のシリーズの歴史を全肯定する意味で基本となる「現代のルパン」はPART4と同じ青系統のものと設定しており、脚本に合わせてTV第2シリーズ風の赤ジャケットやパート3風のピンクジャケットなど、過去の作風のルパンが登場する。また、キャラクターデザインや背景イメージも当時のスタッフが参加するなど、エピソードに合わせて異なる演出を盛り込んでいる。


あなたがヤセない本当の理由は?→今すぐ遺伝子検査で判明!

野菜をMotto!!レンジカップスープ

世界初ニオイ見える化チェッカー Kunkun body










◆迷走解説。



最近の「ルパン三世」はとても安心感があります。

それは前回のPERT4でも感じましたが、アニメ作品としての安定感が回を
重ねるごとに増している気がします。

一番の原因はルパンの声優をつとめる「栗田貫一」さんにあると思います。

元々のルパンの声だった「山田康雄」さんが亡くなってから、急遽、
「ルパン三世」の声を物まねタレントである栗田さんが代役されてから
随分と年数が過ぎました。

初めの頃はとてもルパンの声とは言いがたかったですが、今や完全に
栗田ルパンになっていますね。


そのルパンの声優としての声が回数を重ねるごとにますますハマっていると
感じさせられています。

今や「栗田」ルパンの声は動かしがたいと感じます。


そのせいか昔のように一年間の長さのテレビシリーズではありませんが、
深夜アニメとしてわりと早い期間に何度も制作されているし、これからも定期的
に作られてくるアニメシリーズになってくるものと思われます。

元々「ルパン三世」というアニメ自体が、原作漫画の「モンキーパンチ」作品
から離れた作品でもあったので、言わばアニメオリジナルが続いている訳です。

時代や旧作なども取り混ぜて色々と自由にできるところを最近は上手く活かして
いるなとも感じています。

これはさらに長く続くシリーズになると予感させられますね。


すでに、「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」「クレヨンしんちゃん」と
並ぶ長寿シリーズですからこの先も頑張ってもらいたいと一ファンとして
は願っています。


また、長寿アニメは殆どが子供向けアニメですが、この「ルパン三世」
だけは違います。

だから正義の味方でもなくて、たまたま善行もしてしまうアウトロー
な訳です。

お色気もありますし、「峰不二子という女」ではさらに一歩踏み込んで
います。
ちなみに原作漫画のルパンでは、濡れ場の描写もありますしかなりエロが
入っています。

それだけ貴重なアニメ作品でもあるわけですから、大事に制作を続けて
ほしいと思います。

なによりも「ルパン三世」はその時代の面白いものを取り入れることが
できますから、いくらでも変化していけます。

つまりキャラクターさえしっかり作っておけば、いくらでも長く続けて
いけるお手本のような作品です。


先に書いた、「ドラえもん」のような長寿アニメとなる作品の秘密といささか
違っていて、その時代の息吹やトレンドを取り入れて、ルパンのジャケットの
色が変わるようにいくらでも変化させていけるのが最大の強みです。

舞台も世界ですし、場所にとらわれることもないですしね。

対して「ドラえもん」や「ちびまる子ちゃん」は初めてアニメ化された時
から、アニメの舞台のとなる年代が言わばノスタルジーを感じさせるような
時代設定(明確にはされていませんが)で、元々が古いのです。

ですからいくら何十年も時代が経過しようとも、元々が古いのですから
古さを感じさせようがないという強みがある。

これはテレビの時代劇と同じで、もともと過去を描いているわけですから、
劣化しようがなくて何度も同じ作品がリメイクされるのと同じでもあるわけ
です。

作る側からの視線で見ると、こういう強みがこれらの作品にはありますね。


個人的には第一回目のシリーズである「ルパン三世」が全ての点で一番
好きなのですが、この先はそれを超えるようなルパシリーズが出てくるかも
しれないと期待しています。

そしてこれからもさらに長く続くシリーズであってほしいと願っています。



それでは今回はこれくらいで──次回にまたお目にかかりたいと思います。

タミヤならではのオンライン限定商品!!

漫画全巻セット一括購入

自転車通販サイト【cyma】












同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト

▲PageTop

メガロボクス | あしたのジョー50周年記念作品

アニメ










メガロボクス
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『メガロボクス』


今回はアニメ「メガロボクス」です。

アニメ制作はトムス・エンタテインメントです。







概要──。


身体能力を向上させる強化外骨格ギアを身に着けたメガロボクサーたちによる、ボクシング以上に激しい格闘技メガロボクスが行われている近未来。超近代的な摩天楼が屹立する「認可地区」と、市民IDを持たない貧民が生きる「未認可地区」という2つのゾーンを抱えたとある都市では、メガロボクス世界王者決定戦メガロニアが開催されようとしていた。
非合法地下闘技場のメガロボクサーであるジャンクドッグは、ほかのボクサーを圧倒する強さをもつことから、相棒の南部贋作に八百長試合を強いられる鬱屈した日々を送っていたが、最強のメガロボクサー勇利に地下試合で敗北したことを契機に、メガロニアへの出場を決意。ジョーという新たな名前と共に、勇利へのリベンジを果たすために動き出す。
しかし、正式なメガロボクサーとして早くから研鑽を積んだ強敵ばかりでなく、市民IDを持たない無力な貧民を無価値な屑と見なす社会的な偏見さえその行く手を阻もうとしていた。


あしたのジョー

梶原一騎・原作作品

体臭チェッカー Kunkun body










◆迷走考察。



このアニメを初めて見た時、違和感がありました。

時間を短くするために、オープニングを見ないでいきなり本編
から見る場合も多くあって、このアニメも同じでした。

この違和感があってオープニングを見るとさらに違和感が増しました。

それは「あしたのジョー50周年記念」ということで作られたらしいからです。



その違和感の正体は、どうして近未来のそれも機械を装着して戦うボクシング
の物語なのかでした。

凄く有名な作品ですから記念作品はあっても当然ではあるのですが。

旧作の「あしたのジョー」を知っていればこの発想で新しいアニメを
作ろうとは考えないからです。


それでもある程度の人気はあるようですね。
なにかとても認識というかそういう食い違いを感じる違和感でした。

この作品そのものがわるいとかではありません。



そこでちょっと原案の、「あしたのジョー」について解説いたします。

「あしたのジョー」は「巨人の星」と並んで「故・梶原一騎(高森朝雄)」
原作の漫画で、アニメ化もされて大ヒットした一時代を築いた超がつくほど
有名な作品です。

「あしたのジョー」は梶原一騎原作・ちばてつや作画で「週刊少年マガジン」
に連載されていました。

1968年~1973年まで連載されていたのですが社会的にも大きな反響のあった
漫画作品です。


※評価

「週刊少年マガジン」連載中から社会的反響は大きく、ジョーのライバルである力石徹が作中で死んだ時には、架空の人物であるにも関わらず、寺山修司の提案で天井桟敷のメンバーにより東由多加演出による葬儀が行われた(1970年3月24日、講談社講堂にて)。また1970年3月31日に発生したよど号ハイジャック事件では、ハイジャック犯が「われわれは明日のジョーである」と声明を残している。
これら社会的反響の大きさから、「戦後最大のヒットマンガ」の1つに数えられ、劇画路線にシフトした昭和40年代の「週刊少年マガジン」を「巨人の星」とともに支えた。本作以降のボクシング漫画は、全て本作の影響下にあると言われている。



──と、いう位の評価のある作品です。



当時は各家庭に、まだカラーテレビもエアコンも普及していなかった時代でした
が、古いものが壊されて急激に近代化が進む反面、公害のように多くの弱者が
捨てさられて犠牲になって行った時代でもあります。

そんな時代背景のなかに、孤児である矢吹ジョーは拳一つで成功していく物語は
子供だけではなく、むしろ青年や大人たちの気持ちを強く掴んでいました。

これは「巨人の星」でも同じで、当時はまだ文庫本を当たり前のように購入
するという人はとても少なくて、知っている大人の人でしたが、アニメを見て
漫画の文庫本を全巻揃えた人がいました。


昔は大型書店も少なくて、出版社に直接通販で申し込んだのですが、その
住所を知りたいと持っている週刊少年マガジンを貸してほしいといってきたので
良く憶えています。

おそらく「あしたのジョー」の人気は当時の我々子供よりも、大人たちや
大学生に強かったものと思います。

余談になりますが「カムイ外伝」も大学生や大人の方に人気でした。


そういう時代背景の中で作られたボクシング漫画でもあった訳です。

ボクシング漫画という点においては、この「あしたのジョー」を超える
ヒット作はいまだにないのではないかと思います。



個人的には当時は漫画は社会的に弾圧を受けていた時代でもありました。

また学生運動もあり、それらの学生紛争のただ中にいる大学生たちが漫画
「あしたのジョー」にどハマりしていたのを憶えています。

大学生にもなっても漫画を読んでいると当時の大人たちを嘆かせていたものです。
今振り返ると、当時の大人たちに未来に待っている「クールジャパン」の存在
を教えてやりたいものですね。

どんな反応が返ってくるのかとても興味深いです。


いまだに当時のことを思い出すと、怒りがこみ上げてくるほど漫画にたいする
弾圧は理不尽なものでした。

ある意味当時の漫画は、今と違って、当時の世相に対するアンチテーゼでも
あったように感じます。



原作者である「梶原一騎」さんはなにかと問題もある方でしたが、スポ根ブーム
を作り出した「巨人の星」とこの「あしたのジョー」、それと「タイガーマスク」
という大ヒット作品を作っていて凄い勢いでもありました。

我々からすれば、当時は漫画家さんと比べると原作者の地位がとても低くて
殆ど使い捨てにされているようなものでしたが、原作者の「梶原一騎」さん
により今の漫画家と原作者の関係が対等であるという関係を作り出した方でも
ありました。

ある意味、まさに時代を作った原作者でもあったのです。


矢吹丈と丹下段平の声を(元来アニメ声優ではない)「あおい輝彦」さんと
「藤岡重慶」さんが担当し、そのハマリ具合の絶妙さから、続編や劇場版に
おいて他の人物の声の配役が大幅に変更される中でも、この両名だけは常に
不動とされていました。

元々歌手であった「あおい輝彦さん」がアニメの声優を務めたことがあるのを
知っている人は、今の世代ではあまり知られていないかも知れません。
この矢吹ジョー役しか声優の仕事をしていませんから。

また当時の虫プロがアニメ制作していましたが、虫プロは大勢のアニメーター
を抱えて赤字で、手塚治虫さんが望んでいなかった自分の作品以外のアニメ制作
を引き受けなければならず、その第一作でもあったと記憶しています。


こういう諸々の経過がありますから、作品の善し悪しではなく制作側の世代の違い
のようなものが強く感じられます。

時代が違うというか、なにか「あしたのジョー」の時代が風化しているのか
もしれません。

時の経過を強く感じます。


個人的には、この作品、「メガロボクス」を見て感じたのは「あしたのジョー」
ではなく、身体の欠損から通常以上の能力が追加される作品がもっとあっても
良いのではないかというものです。

設定は「あしたのジョー」の表面をなぞっていても、本質は魂のない別物
のアニメであると言うことですね。


話は少し外れますが、SFの世界では義眼や義手に凄い能力があって、それを
利用して活躍するというパターンはけっこうあることです。

一種のサイボーグですが、アニメではコブラのサイコガンやゴクウの義眼
くらいであまり多くない気がしますね。

ベルセルクの義手は小型の大砲ですが、特別に強い兵器に化けているわけ
ではなので物足りなさもありますし。

ただリアルの競技世界では健常者よりも競技用の義足をつけた選手の方が
成績が良かったりしますので、こういう生身ではないプロスポーツが本当に
現れてきてもおかしくはない気がします。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

iPhone・iPad専門宅配買取【iPhone55】

ネスレオンラインショップ

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




▲PageTop

ウマ娘 プリティーダービー | 追記・女児殺害事件

アニメ











ウマ娘 プリティーダービー
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『ウマ娘 プリティーダービー』


今回はアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」です。


原作 - Cygames。
監督 - 及川啓。
監督 - 太田知章。

ということですが、原作はゲームです。

Cygames・TOHO animation・ランティスの三社共同プロデュースによる
テレビアニメ作品として制作されています。



概要──。


異世界(我々の住む現実世界)の競走馬の名前と魂を受け継いで生まれて
きた少女たち。馬の尻尾と耳を生やし、超人的な走力を有するが、それ以外
は普通の女の子である。
トレセン学園に在籍し、国民的スポーツ・エンターテイメント「トゥインクル
・シリーズ」への参加に向けて特訓に励んでいる。
過去にJRAまたは地方競馬に在籍した実在の競走馬の名前が付けられており、
誕生日も実在馬に準じている(アニメ版では一部例外あり)。
髪色は実在馬の毛並みの色とほぼ同じで、顔に星や流星を持つ馬がモデルの
ウマ娘は、前髪の一部にメッシュが入る。また、メンコやシャドーロール
などの馬具については耳覆いやリボンやマスクなどのアクセサリーで表現する
など、一部例外を除いてモデルになった競走馬の外見的特徴を受け継いでいる。


ネスレオンラインショップ

楽天のでんき まちでんき【楽天エナジー】










◆迷走解説。


このアニメは知ってはいましたが、見ていませんでした。

「萌え」アニメにも、「美少女」アニメにもウンザリしていますので、
見るのはいつも後回しにしています。


それがアニメとかまったく関係ないサイトで、サイレンススズカがどう
とか、現実の競馬馬とのなんとかと何の話だか分からないけれどアニメ
と競馬の話で盛り上がっていました。

どうやらこのアニメ、「うま娘」のことらしいので見てみたのですが、なるほど
と感じました。


正直、このアニメの発想はありませんでした。

擬人化のことはサークル活動をしていたときメンバーとの雑談で何度も
出ていましたが、競馬馬、それも現実にいる馬を擬人化、美少女キャラ
にするという発想はなかったですね。

「ガールズ&パンツァー」はもう少し本気で考えていれば自分たちが作って
いたかも知れない発想だったのですが、この発想はなかったです。


調べて見ればなるほど、ゲームの配信に先立つ形で、コミックやCD、テレビ
アニメなど多角メディア展開が行われており、各種漫画がCygamesのWEB
コミックサイト「サイコミ」で掲載されているそうです。

このテレビアニメはゲームのために作られているようで、今までのアニメ
とアプローチそのものが違いますね。

こういうバックボーンあってのアニメですから、いきなりアニメ化の発想
はしにくいと思います。


動物を擬人化するのはEasyというか、定番なんですが、それが競馬馬で
あるのがこの設定の肝ですね。

競馬はないですねぇ、これはちょっと盲点でした。

作った人たちがえらいと思います。

ゲーム関係に関わっていると、この角度の発想が出てくるのかも知れません。
自分にはこの発想をするための土台がない気がします。

まだゲームがどれだけ人気があるかは分かりませんが、すでに盛り上がって
きていますので人気がでるのではないでしょうか。


付け加えていえば、「クールジャパン」の影響もあって、アニメは収益が良い
と思い込まれていますが、実際は違います。

それに引き替え、ゲームは本当に収益が良い。

桁が違う利益がありますが、制作するのも大変です。

それ故にソニーもマイクロソフトまでもゲーム機を作ったりしているのですから。

アニメ学院なんかに入って、アニメで成功しようとする人たちはこれが分かって
いないの点ですね。


アニメも定番を集めたような設定です。

女の子たちの努力や競争、そして学園生活と「萌え」「美少女」アニメの好きな
ものばかりが集まっています。

これもすでに人気があるでしょう。


今回は発想という点で、色々と勉強になったアニメでした。

ロリータファッションなら【ユー&ミーキャット】

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】












◆追記。



今回はこの記事とは関係ないですが、新潟市で女児が殺害され線路内に遺棄
されたいたましい事件のことについて少し付け足してみたいと思います。

14日夜、死体遺棄と損壊の疑いで容疑者(23)が逮捕され、さっそく
「定番」の動きが始まっているという反応を目にしました。

つまりネットでは「容疑者にアニメ/オタク要素を盛り込みたいという強烈
な意思」であるとか、「また、マスコミのゲームバッシングが始まるよ」といった
批判の声が集まっているようです。


オタクイコール同人やコミケといった図式も世間一般にありますし、また
このブログではそれらの内幕を記事にもしていますので若干触れておき
ます。


変な話ですが世間はこういう話題だけではなく、最近では「TOKIO」の
メンバーのセクハラによる脱退などの報道を見ると、特に真偽を疑うような
過激な内容であればあるほど飛びつく傾向にあります。

現実にあろうとなかろうと好奇心を満たせればそれで良いというとても貪欲な
欲求を感じます。

ですから「TOKIO」の事件などはドンドン広がり話が膨らんでいるようにも
感じます。


簡単に言ってしまうと、この「女児殺害事件」も同じであるということです。

ただ違うのは受け取る側の反応です。

同人ファンやアニメファン、これを総じて「オタク」と呼んで良いかどうかは
わかりませんが、この人たちの反応です。

「宮崎勤」事件の時からこれらに関する反応は生で見ていますが、だいたいが
被害妄想的な反応が強いですね。

これはもともと普段からそういった心理的なベースがあって、小さな心の
振幅を繰り返していたところに、こうした事件があると過剰な反応を示すこと
を繰り返しています。


大雑把な見方をすれば、「中二病」な人たちだと思います。

思春期の自意識過剰さをこじらせたまま引き摺り続けている──そんな
感じの人たちです。


これも大雑把に言うと「オタク」な人たちには絶えずついて回ることで、
自分たちはいつも差別されていると思い込んでいるようなところがあり
ます。

こう人間は身近にもいましたね。


漠然とですが、それでも強い被害者意識がこいうタイプの人にはあります。

小さな世界、例えば学校内であるとこかまでは知りませんが、職場や
ふつうの生活で特別に差別されるようなことはなかったです。
また、どんな差別をされたのかと話を聞いても具体的に言えない人しか
いませんでした。

こういう人たちの心理は共通していて、世間は自分たちに注目していると
勝手に思い込んでいるとところがあって、絶えず自分たちが世界の中心に
いるかのように思い込んでいます。


付け足していえば、とても我が儘でこれには苦労させられました。

この我が儘な要求が満たされないから差別されているという被害者意識を
持っているようなところがあって、差別しているのは周りの人間ではなく
差別されていると思い込んでいる本人がしているのです。


正直、「宮崎勤」事件の時もそうでしたが、世間はオタクに特別関心が
あるわけではなく、そんなものに長くこだわっているほど暇ではないと
いうことです。

また色眼鏡を何十にでもしたような好奇な関心を満たすような話題は、
「TOKIO」もあればつい最近では「アメフトの反則行為」など話題に
は困りません。

「幼女」事件はすぐに忘れられると思いますし、それほど強い猟奇性
と病理性を感じません。

詳しいことは分かりませんが、報道されていることが本当だとすると、
ペドフィリアではあるけれどボーダーラインに近いところにいる感じですね。


それでは、次回でまたお目にかかりたいと思います。

人気コミックを全巻セット

ゲームソフト









同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




▲PageTop

ひそねとまそたん | 怪獣好きの発想したアニメ

アニメ










ひそねとまそたん
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『ひそねとまそたん』



このアニメは最近では非常に珍しいオリジナル作品です。

原作 - BONES、樋口真嗣、岡田麿里。
総監督 - 樋口真嗣。
監督 - 小林寛。
シリーズ構成 - 岡田麿里。
キャラクター原案 - 青木俊直。
キャラクターデザイン - 伊藤嘉之。
メインメカニックデザイン - 河森正治。
モンスターコンセプトデザイン - コヤマシゲト。



概要──。


航空自衛隊が管理する「軍用機に擬態するドラゴン」と、新人の
女性搭乗員たちの交流を描く物語。

2017年12月3日に開催された東京コミコン2017にて、映画「シン・ゴジラ」
の監督として知られる樋口真嗣による完全オリジナルテレビアニメとして、
本作の制作が発表されました。

樋口さんが「日本沈没(2006年)」を撮影していた頃、成田空港で飛行機の
写真を撮る航空ファンの様子を見て、「その中に飛行機じゃないものも
紛れ込んでいるかもしれない」と妄想したり、また、撮影や取材で自衛隊
基地を訪れる際、機密上撮ってはいけない建物があり、「そこに何かが隠
されているのではないか」と妄想したりしたそうです。
樋口さんと脚本家の岡田磨里さんが参加していた実写映画企画が流れて
しまったあと、岡田さんから何か一緒にやりませんかと誘われ、そうした
温めていたアイデアを話したところからこの本作の構想がスタートした
そうです。



電気代を節約したいあなたへ【楽天エナジー】

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

夜塗るだけで全身サラサラ【デオエース】










◆迷走解説。



オープニングやエンディングを見ないで、本編だけ見るというとを良く
やっています。

無駄は省くか早送りで時短するのがふつうです。

このアニメもいつものように見ていたのですが、「あれ?」と思って
オープニングからちゃんと見なおしてみました。
なんと、樋口真嗣さんが総監督と知って、思わず納得でした。

この発想、自分にはなかったのですが、特撮好きというか怪獣ファンでは
あり得る発想だったからです。

怪獣が好きだから、なにも無理に怪獣にしなければならないことはないのです。
ドラゴンでも神獣でも良いのですから。

ましてや「河森正治」さんがメカニックデザインですから、すべて納得
できます。

擬態生物といっても、変形してますからね。

もう少しバルキリーに寄せても良かったのではないかと思えました。
ガオーク形態が完全擬態前の姿にするとか。


「MM9」もそうだったのですが、怪獣好きの発想なんですよ。

怪獣イコール自衛隊との戦闘。
マッドサイエンティストなどの登場。

という今までの定番の発想を持ってくるのは、怪獣好きの発想では
ありません。

映画でいえば「クローバーフィールド」や「世界侵略: ロサンゼルス決戦」
もそうなんですが、侵略宇宙人やクリチャーの研究やそれを解説する科学者
は登場しません。

昭和の怪獣では定番の配置ですが、我々怪獣ファンにはこういう発想そのものが
ウンザリものでした。


怪獣ファンも特撮ファンもそうなんですが、もし本当に怪獣がいたらや
本当に異星人がやってきたらと真剣に考えるようなところがあります。

果たして異星人が侵略しにきたのか友好関係を築きにやってきたのかと
考えた場合、そもそも沢山ある可能性から僅かな可能性だけを選択して
物語を作るのは無理があると気付くのです。

異文明と接触するのですから、まったくコンタクトすらとれないかもしれ
ないし、何の関心も示さず地球を素通りしていくかも知れません。


実際に日本に怪獣がいるとしたら、政府はどういう扱いをするのかとか
真剣に考えてしまうのです。

「MM9」も「ひそねとまそたん」も、今の日本の体制から考えた場合
はどうなるのかと真剣に考えてしまうのです。
そう考えてくると、政府は怪獣という存在をどの官庁が扱うのかとか
色々ででくるのです。

だから我々のような特撮ファンは、どちらの発想にも納得ができるのです。


この実際にいたら、あったらという発想がないと、昔の特撮作品をそのまま
踏襲しようとするのです。
それでは二番煎じ、三番煎じになってしまうので面白い作品にはならないと
思います。

昔の邦画の衰退はまさにこれで、見る側がなにを見たがっているかではなく、
映画会社や有名俳優や監督などとの都合と好みで作られていたようなところが
あって、それを指摘する人はいたのですが結局、衰退して初めて転換しはじめたと
言えると思います。

今のように漫画原作を多数実写化するようなことは考えられなかった
ですからね。

だから洋画に負けるのです。
原作ありを実写化するようになってから邦画は蘇りましたから。


実はアニメも同じようなところがあって、日本のファンが好きなものを
海外へ持って行けばヒットすると思い込んでいるところが強くあります。

前回の「クールジャパン」の時にも書きましたが、足下が全く見えて
いないようでは発展がないと思います。

押井守監督がおっしゃっていましたが、一度完全に衰退してしまった方が
良い気がします。

これはアニメ業界から時々聞く話です。

でないとアニメに関わってる人々が人並みに生活できる環境など作りようが
ない気がします。


話戻って、この発想の転換は、なぜか海外でも同じようにおこっています。
こういう転換は海外の方が速いですね。

日本はいつも後追いです。

ですから「J・J・エイブラムス」なんかの考えはとてもよく分かるのです。

今日本でも海外でも特撮作品が大躍進していますが、背景にはこういう考え
方をする人たちが増えているからではないかと思います。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

人気コミックを全巻セット

アニメコラボ・アクセサリー

タミヤならではのオンライン限定商品!!















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




▲PageTop

銀河英雄伝説 Die Neue These | ロングセラーの田中芳樹作品

アニメ









銀河英雄伝説
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル



『銀河英雄伝説 Die Neue These』


今回はアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」です。

原作は1982年に書かれたSF小説で、原作者は「田中芳樹」さんです。
今回のアニメ作品の監督は「多田俊介」さんですね。

すでにアニメ化も漫画化も舞台化もされいて作品展開ではされていない
ものがないほどの作品です。
また、原作は累計発行部数が1500万部を超えるベストセラーSF小説です。

今なお売れ続けている作品でもあります。

それに「田中芳樹」さんの作品はだいたいヒットしているように思いますね。



簡単なあらすじ──。


遥かな未来、銀河に進出した人類は、二大陣営に分かれて戦っていた。
皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、帝国から脱出した人々が建国した自由
惑星同盟である。戦争は150年間膠着していたが、ラインハルトとヤンという
若き英雄が相次いで両陣営に登場することで、歴史は大きく動き始める。

遠未来の銀河系を舞台に、数多くの英雄たちによる攻防と権謀術数を、
ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーのふたりを軸に
描くスペースオペラである。



漫画全巻ドットコム

自転車通販サイト【cyma】

宝くじ購入代行サービス










◆迷走考察。


非常に有名な作品ですので、いまさらという感じもあります。
ですがアニメ作品を見るのは、今回が初めてです。

すでにアニメ化されていますからこのアニメ作品どうするのかと思って
調べて見ると、全てをシリーズ化で作るのではなくて、映画化作品も
加わるようです。

アプローチが新しいようですね。


今回、映像化された作品を初めて見るのですが、ではなぜ知っているかは
昔の、初版の頃にリアルタイムで読んでいました。
当時はまだ映像化されるような動きはありませんでした。

ですから詳しく知っていいるのですが、記憶はとても古いものです。
ところどころあやふやになっているところもあると思います。

当時のことも交えて書きたいと思いますが、時間の経過もあって色々と
複雑な気分です。

時の経過に無情を感じながら、記事を書き進めてみたいと思います。


今ならばこの、「銀河英雄伝説」は完全にライトノベルとして分類され
ていたでしょうが、当時はまだ「ライトノベル」というジャンルが作られ
ていませんでした。

そういう意味ではSF色の弱い、ライトな感じのアニメのような小説作品
だなと感じていました。
また、海外と違ってスペースオペラが少ない日本SF小説界の中で、
宇宙を舞台にした作品とは珍しいと感じていました。

そういう意味では従来のSF小説とは一線を画する先駆的な作品でもありました。
後に「ライトノベル」というジャンルが作られた時、この「銀河英雄伝説」も
一役買っていたのではないかとぼんやりとですが思ったものです。


なかには、自分のようにはじめてアニメを観る人もいるかも知れませんから
念のために指摘しておきますが、このアニメには人形機動兵器のようなアニメ
ではお約束のロボットは出てきません。

またSF作品のような科学的考証が加わるような作品でもあります。

宇宙戦艦であるとかのこだわりもありませんし、異星人であるとか
超生命体てあるとか、そういうSFやアニメでは定番のお約束は一切
出てきません。

狙いがまったく違うものです。

それがこの作品の良いところでもあるのですが。


三国志であるとかフランス革命であるとか、そういう史劇、群像劇です。
今も多くありますが、少女漫画なんかにありそうタイプだなと当時は
少し感じていました。

実際に女性のファンが凄く多い。
男性よりも女性人気に支えられています。

アニメを見ると分かるでしょうが、とにかく女性の好きそうな美形キャラクター
が沢山出てきます。


当時この原作を読んだときにすぐに分かったのは、宇宙船での艦隊戦
は頻繁にあるのですが、モデルになっているは1800年代のフランス革命
の頃の地上戦です。

まだドイツがプロイセンとよばれて分裂していた時代ですね。
ナポレオンが活躍していたころです。
各個撃破戦術というはナポレオンの得意の戦術でした。

ですからライハルトとヤンのどちらがナポレオンなのかと考えたことが
ありました。
どちらも卓越した天才指揮官ですからね。

ちなみにナポレオンは戦術の天才で、彼が指揮した戦場では最後まで負け
はなかったのです。
ですが戦術ではなく緻密な戦略で戦場を広げられると全てを指揮することは
できませんから、結果的にナポレオンは敗北することになります。

ここから現在の戦争のフォーマットが作られてきます。


おそらく「銀河英雄伝説」の宇宙海戦はこの頃の戦闘をモデルにしていると
思われますね。
この戦場の変化以後、戦場での天才というものは出る幕を失います。

戦術ではなく戦略という大きな視点で戦争が行われるようになってくる
からです。

「クラウゼヴィッツ」の「戦争論」もこれらの経験から書かれていますし、
この頃から、「地政学」という学問が出てくるのです。


面白いのはナポレオン以後、いわゆる貴族制度は急速になくなっていく
わけですが、「銀河英雄伝説」では「自由惑星同盟」は貴族が支配する
「銀河帝国」に最終的には負けてしまうことです。

ここらへんは現実の歴史と逆転させるなど、現実の歴史を作品内へと巧みに
取り入れています。


人気の秘密の一つに、文章の読みやすさがまずあります。
あまり個性を出さないで読みやすさを第一にされているものと思います。

もう一つは先ほども指摘した女性人気、ライハルトを取り巻く人間
模様が「ベルサイユのばら」のような女性が好きそうな展開にしている
ことです。

美形男子が沢山出てきますからね。
内容も、すぐに「腐」展開へと脱線させられるものばかりです。


対してヤン・ウェンリーの「自由惑星同盟」は「キングダム」や「三国志」
といった歴史作品の面白さを巧みに取り入れて演出していることです。

「三国志」も「キングダム」も男性が好きな作品ですが、男性、女性どちら
のファンをも取り入れることができる内容です。
ただし我々SFファンはスペースオペラと考えていましたが。

意外だったのは、アニメのような作品と思っていましたがすぐにアニメ化
されなかったことですね。
今なら作品が完結する前にアニメ化されていたと思いますが。


この後、似たような作品が出てくるかなと思っていたのですが、後を追い
かけるようなタイプの作品は出てきませんでした。

その代わりというか、ライトノベルというジャンルが出てきましたが。

そのライトノベルでも「銀河英雄伝説」のような作品はないかと思います。

ライトノベルというジャンルができてからは、これは比喩ではなく実際に
アニメの原作のような作品が大量に作られるようになってきました。

人形機動兵器、ロボット、美少女、学園、超能力、異世界といった定番揃い
の作品が主です。

ただ最近は、「パシフィックリム」などの影響か、アメリカでも巨大
ロボットが出てくるようなSF小説が増えてもいるのですが。


どちらにせよ、もともとロングセラーであったこの作品ですが、今回の
「銀河英雄伝説Die Neue These」がどれだけ再ヒットするのかとても興味
あるところです。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

着る防虫素材・スコーロン

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】

ギフトにおすすめ!【Caffarel】のチョコレート
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com







▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

最新コメント

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
45位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR