ロボットアニメ

【 ロボットアニメ 】 記事一覧

クロムクロ | ロボット兵器の実在感

ロボットアニメ









  

  




DMM オンライン英会話。
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
ブランドバッグやデジカメなどをDMMで楽々レンタル!今なら送料無料!
DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
DMM.R18 同人やAVなど。


「クロムクロ」


今回は前回の「マクロスΔ」からのロボットつながりという
ことで、同じロボットアニメである「クロムクロ」について
書きたいと思います。

本作は「P.A.WORKS 15周年記念アニメーション作品」かつP.A.WORKS初の
ロボットアニメ作品です。
このアニメはまったく気にしていませんでした。


ありそうなストーリーにどこかで見たキャラクターとメカ類といった、
飽き飽きしたようなアニメの一つにしか見えなかったからです。
また、ロボットで斬り合うというのも決して珍しくはありません。


だからまったく期待していませんでした。

そして物語そのものは決して面白いとは思えなかった。

あらすじは───。

「2016年。日本の富山県には国連主導の「黒部研究所」が置かれ、
過去に発掘された「アーティファクト」と呼ばれる遺物の研究や、
人型兵器の「ジオフレーム」の実験が行われていた。ある夏の日、
研究所所長の娘である白羽由希奈は、母が忘れた携帯端末を届け
ようと友人の荻布美夏と二人で研究所を訪れる。だが、突然現れ
た謎の飛行物体が富山周辺へと落下。落下地点から多数のロボット
が出現し、研究所を襲撃する。守備隊が相手を迎撃する中、由希奈
が触れたアーティファクトの一つから正体不明の男が飛び出し、彼女
を「姫」と呼んで敵に立ち向かうのだった」


ですが、それだけのアニメでなかったですね。
画が良いというか、映像が良い。


すごく基本的なことなんですが、巨大ロボットをどうすればその
存在を際立たせられるかというのがあると思うのです。

宇宙空間ならば問題ないのですが、地上で巨大なロボットが動くので
すから、どうやってその大きさやもしそんなものがあったらという点
がいつも引っかかっていました。


特撮好きとしては、とくにそういうものがとても引っかかるのです。

それに丁寧に作っていますね。
水の描写などはアニメではいやがる部分なのですが、これもしっかり
作っていますから。

たいていはそういう部分はさけるんですけどね。


ロボットが街を歩くシーンなども、角度なども良いと思います。
モブシーンも描いていますし、人とロボットの対比などもちゃんと
描いています。

実際にロボットが街中を歩くとこんな感じになるのではないかというような、
人が見ている視点で描けていました。

また動かなくなったロボット──ジオフレームと呼ばれています──を
どう動かして運ぶかなど、実際にどのように対処するであろうかと
考えてリアルな演出もしています。


また、本作は富山県を舞台としており、本編中には黒部ダム、立山連峰、
新湊大橋など富山県内の観光名所や富山県庁、富山市役所、北日本新聞社
本社ビルなどの実際にある建築物が登場してさらにリアルな作りとなって
います。

これはもう、実際にある建物や場所を登場させるのは、「ガールズ&パンツァー」
初め、最近の人気アニメのトレンドですかね。
聖地巡礼にも使えそうです。


そして隕石の落下──未知の「鬼」と呼ばれるロボットの襲来──なども
実際の大型隕石の落下の映像のように描かれています。

もっともそれは最近の実写映画でも同じですが。
CG映像が進歩していますからね。

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!
機動戦士ガンダムオンライン





◆ロボットの実在感。


昔の「マジンガー」などは別ですが、やはり映像が進歩している
今ではどうやって二足歩行兵器の存在感を出すかというのはとても
大事なことです。


これは特撮では特になのですが、もともと存在しないそんざいを
どうリアルに見せるかという問題があります。

このブログではすでに触れていますが、「ガメラ」が対空ミサイルで
墜とされるならば七四式や九〇式の戦車砲で倒すことができるのです。

対空ミサイルというものは、弾頭部分が直接標的にぶつかるのではなく、
接近すると爆発して破片を飛び散らせるのです。
その破片効果で機体にダメージを与えるのですが、ガメラは映画ないで
は地対空ミサイルで撃ち落とされています。


つまり破片を食らってダメージを受けるのであれば、MBTの主砲を
使わないでも、20ミリや30ミリ機関砲弾の方がダメージは大きい。

つまり戦車砲でも、対戦車ミサイルでも倒すことができるということに
なってなってしまいます。

ウルトラ警備隊や科学特捜隊のビーム兵器でなくても、通常兵器
で倒すことができることになります。
これをアニメ「Gate 自衛隊彼の地にて斯く戦えり」では「炎龍」
を退治する時に通常兵器でどう対処するかと説明しています。

ファントムからの空対空ミサイルや20ミリバルカン砲では炎龍を倒す
ことができないから、上空へと逃がさないためのけん制用兵器として
もちい、とどめは戦車砲や対戦者誘導弾ということでしたから。


こういう現実の兵器を使った場合どうなるかというリアルなシミュレーション
はこのような作品にはとても大事です。

この「クロムクロ」でも二足歩行の欠点である重量物を二点だけで
支えることについても、重量制御技術が利用されていることが示唆
されていて、ちゃんとした理由がありました。

「ガンダム」でもホワイトベースが大気圏飛行できるのが「ミノフスキー粒子」
の存在です。

もちろん架空の粒子ですが、そういう設定があって初めて重量物が
重力に縛られないで動けることが納得できるのです。


些末なことのようですが、怪獣というものも二足歩行兵器も存在しません。

その実在しないものに存在感を持たせるのは、こういう部分をしっかり
とくみ上げておかないといけないのです。
つまりいい加減にしてしまうと、架空の存在がさらに絵空事になってしまう。


あり得ないものを存在しているかのように感じてもらうのは、こういう
細かいことまで気を配らなければないのです。

とても基本的なことなのですが、アニメにせよ特撮にせよすでにあるもの
として考えてしまいすぎてしまい、あまりにも無関心になりすぎているのが
現実です。

これを見てくれている人たちが明確に、何々だから面白くないとか、どうも
この部分がとかぱ言いません。
でも、なんとなく面白くないとか見なくなるとか子供だましに感じる裏には、
こういう理由も潜んでいると思いますよ。


自分が子供の頃に感じていた不満を、今思い返して見ると明確に
説明できるし、その理由も分かるのです。

コミックシーモア
詰めて送って直ぐ入金♪古着宅配買取








◆日常系アニメにロボットを。


実は以前から、ロボットアニメは日常系アニメを得意としている制作者
が作るととても素晴らしいものを作るのではないかと思っていました。


これを体現したが「新海誠」監督です。

日常の特にあまり会話を交わさない物語を描く場合、どうしても周りの
景色であるとか光の加減や色。
そして空気感のような微細な描写が必要になります。

そうやってキャラクターたちの心象風景を伝えて、言葉以上に気持ちを
伝えて来るわけです。


「新海誠」作品だけではなく、日常系アニメを描く場合街の細かい
描写などをしっかりするのもそのキャラクターが実際にその場所で
生活しているリアリティが出てくるからでもあります。

このブログでは「新海誠」監督は「ボーイミーツーガール」作品しか
作っていないと書きました。
単なる青春ものとしての「ボーイミーツーガール」ならばこれだけ
で物語は成立します。


ですがそれらの繊細な心象風景──学生たちが踏切で電車の通過を待っている
現実にありそうな風景描写の向こうに、異質な巨大な宇宙船が空をゆっくりと
移動しているシーンなどが必ず登場してきます。

それによってこの宇宙船の存在感が強く感じられるのです。
宇宙船のデザインなどは決して良いとは思わないのですが、デザインの良い
他のアニメの宇宙船よりも実在感を感じます。


「クロムクロ」でのロボットの存在も同じで、特別ロボットのデザインが
良いとは思えません。
物語もSFとしては凡庸です。

また物語やキャラクターにも目新しさも強い個性も感じません。
それほど凡庸な作品であるにもかかわらず、思わず「なに?」と
目をとめてしまうのはすべてこの描写にかかっています。

このアニメを見ていると、こういう詳細な描写をすれば昔の巨大ロボット
アニメも新しく作れるのではないかと可能性を感じます。

「新海誠」作品も同じで、作品そのものは凡庸を通り越してかなり
無個性とも言える物語です。
それでも他と際だって違って見えるのは、またファンの心をとらえて
離さないのこの繊細な描写力によるところが大きいのです。


果たして「クロムクロ」の制作側がどこまでそれを意識して作っている
かは分かりませんが、今のところ意識しているように感じられます。

この描写力をおろそかにすると、この物語は途端につまらなくなって
くるのではないかと思えます。

どちらにせよ、しばらくは注目のアニメ作品です。


それでは、次回は久しぶりに実写化作品を取り上げたいと思います。

新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】 今週の激安品
駐車場予約ならakippa。1日500円?!空き駐車場の掲載多数











見放題chライト


  

  




同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






スポンサーサイト

▲PageTop

マクロスΔ | 伝説のロボットアニメ

ロボットアニメ














マクロスシリーズ
DMM オンライン英会話。
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
ブランドバッグやデジカメなどをDMMで楽々レンタル!今なら送料無料!
DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
DMM.R18 同人やAVなど。


「マクロスΔ」

今回はがらっと変わって、「マクロスΔ」。

今更説明の必要のないほど有名なロボットアニメです。


超がつくほど長く続く、「ガンダム」シリーズと同時期に作られた
ロボットアニメですが、「マクロス」スリーズも長く続いています。

「ガンダム」ほど沢山の作品は作られていませんが、「マクロス」も
根強い人気がある作品です。
個人的には「ガンダム」よりも「マクロス」が好きですね。

ただテレビシリーズはとても少なくて、今作で4作品目となる貴重な作品
です。
アニメ作品を全て含めても、全7作品とわずかです。

これはもう、「ガンダム」シリーズとは比べものにならないほどわずかの
作品数です。


マクロスもアメリカでの実写化は何度も噂されていますが、いっこうに
実現しません。

確実なのは今のところ「攻殻機動隊」だけです。
これはすでにキャストが発表されていますし、ちゃんとたハリウッド作品
です。

それでも、「アキラ」のように流れる可能性はまだ残っています。


「ガンダム」に関しては、B級作品で名前は違いますが作られています。
まったくの駄作ですが。

「マクロス」も当初いわれていたハリウッド作品ではなく、B級作品で
ならあるかも知れませんが、ハリウッドの大作ということにはならい
と思います。

確か、「ロボテック」という題名でアメリカでは「超時空シリーズ」を一括りに
して放送されていたはずです。


一部、「パシフィックリム」のようなロボットものは映画で作られる
でしょうが、実写でロボットものはまだ難しいですね。

CG作品での方が自由度がありますから、期待できますしたぶん
作られていくと思います。
戦隊ものなどの着ぐるみとミニチュアセットでの撮影はもともと無理が
ありますからね。

今回の「シン・ゴジラ」もCGですし、ますますCGを使った特撮に
拍車がかかっていくことになると思います。

CG技術はもっと進歩が早いと思っていたのですが───。


さて、「マクロスΔ」のあらすじですが───。

「西暦2067年、とある銀河の辺境では感染者が自我を失い凶暴化する
謎の奇病(ヴァールシンドローム)が蔓延し、深刻な社会問題となって
いた。これを受けた組織『ケイオス』は、ヴァールを鎮静化する歌声
を持つ女性戦術音楽ユニット「ワルキューレ」と、最新鋭可変戦闘機
『(バルキリー)VF-31 ジークフリード』を主力機とするし護衛部隊
「Δ小隊」を各地に派遣し、その美声とパフォーマンスで感染者たち
を鎮静化していく。しかし、辺境惑星「アル・シャハル」で活動中だった
ワルキューレとΔ小隊は、黒いバルキリー「Sv-262 ドラケンIII」で
構成された謎の部隊の襲撃を受ける」


───と、いうような物語です。


そして「マクロス」では定番設定である、「アイドル」「歌」「三角関係」
の三要素はしっかりと引き継がれています。

主人公は「ハヤテ・インメルマン」。

ヒロインは「フレイア・ヴィオン」と「ミラージュ・ファリーナ・ジーナス?」
の二人のようです。

「ミラージュ・ファリーナ・ジーナス」は最初の作品である「超時空要塞マクロス」
の天才パイロットである「マクシミリアン・ジーナス」と「ミリア・ファリーナ・ジーナス」
の六女ミランダの娘という設定です。

つまり天才マックスの孫になるわけですね。


こういうキャラクターの設定も引き継がれており、作品世界がしっかりと
そして緻密に構築されています。

これも「マクロス」シリーズの魅力の一つです。

ですがこれでは多作しにくいでしょうね。

コミックシーモア
新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】




◆世界観の継承。

この「マクロスΔ」だけではなく、「マクロス」シリーズは一つの
世界観に統一されているだけではなく、設定もいくつか踏襲され
続けています。


これは「ガンダム」シリーズとは一番の違いです。

「ガンダム」シリーズだと、ファーストガンダムを起点とした宇宙世紀
だけではなく、全く世界観の違う「ガンダム」シリーズが多数存在しています。
テレビシリーズだけではなく、OVAもかなり数が制作されています。

それだけに人気のある作品でもあります。


それらを全て含めると、かなりの作品数になり数の上では「マクロス」シリーズ
は勝負にさえになっていません。

テレビシリーが四作品、あとはOVAシリーズが三作品あるだけで、
ガンダムシリーズとは比べものならないほど作品数が少ないのです。

ですが人気がないわけではなく、自分のように心待ちにしている
ファンもいるわけです。


ただ、設定の縛りなどがしっかり決まっており、世界観を壊すような
作品は存在しません。

それだけに多作しにくい作品シリーでもあるのです。

その反面、マクロスらしさといいますからクオリティーをしっかりと保って
います。
これはOVA作品でも同じです。

ただ今作の「マクロスΔ」は派手さのない作品のように感じます。


SFという点では、「マクロス」の方がSFしています。
それもあって、好きなのです。

「マクロスΔ」の戦闘は、今回は宇宙空間ではなく大気圏内での
戦闘がメインになるようです。

バルキリーが急激な反転などしたとき、機首などに激しく飛行機雲のような
ものが発生するのですが、これは実際にあることで、現実の戦闘機でも
起こる現象です。

大気中の水蒸気よって起こる現象なのですが、音速を超えた瞬間の
ソニックブーム発生時でも起こる現象なのですが、それらの細かい
現象をちゃんと描いています。


また、前作「マクロスF」では未知の宇宙生物である「バジュラ」
との戦いを描いていましたが、今回は植民惑星の独立戦争です。

毎回、広く宇宙に進出しているため戦う相手が違ってきます。

そしていつも、兵器ではなく「歌」がもっとも強力な武器となって戦闘を
左右します。
ここらへんは、SFをよく知る「スタジオぬえ」ですね。


このシャレの効いた設定がとても面白いのです。

その時代の社会情勢なども作品に取り入れられています。

年間買取点数1000万件の実績!古着宅配買取
オンラインバイクショップWiggle








◆可変戦闘機バルキリーの変遷。

これはもうロボットというか、メカアニメの最大の売りです。

可変戦闘機(ヴァリアブル・ファイター、VF)、通称「バルキリー」
です。

主人公は変わっていっても、この可変戦闘機は変わりません。
絶えず新型が現れてくる、もう一つの主人公です。

これも「ガンダム」シリーズが、まったく世界観や設定の違った作品が
作られても、「モビルスーツ」が兵器として登場してくるのと同じです。

ただし作品間の設定などは引き継いでいませんので総称としての兵器の
名称だけです。


「マクロス」は世界観が統一されているので、数年前に作られた作品では試作機
として登場していた機体が、新しい作品では正式採用されて配備されていたり
と物語だけではなく設定そのものもつながっていきます。

「マクロスプラス」で試験中であった戦闘用ドローンが実戦配備されて
いたり、さらに改良されていたりと作品内の年月も経過した分だけ
進歩していたりします。


そして「F22」や「F35」が現実世界では実戦配備されてきていますので、
今回はどのような「バルキリー」が登場してくるかも「マクロス」ファンに
とっては大きな楽しみの一つです。


「VF-31 ジークフリード」は、戦術音楽ユニット「ワルキューレ」の護衛
とサポートを担う機体です。
PlayStation 3用ソフト「マクロス30 銀河を繋ぐ歌声」に登場する
「YF-30 クロノス」の制式採用型という設定だそうです。

バルキリーはアメリカ海軍機である「F14」を元にデザインされていますが、
この「ジークフリート」はロシア戦闘機の「Су-47」ですね。

「マクロスΔ」は主人公側の「ケイオス」と、敵側である「風の王国」
の2陣営が戦う物語になっていますが、両陣営の機体を新規にデザインする
には時間が足りないと判断した河森さんは、新規の機体を風の王国側の
「Sv-262 ドラケンIII」のみとしたそうです。


「Sv-262 ドラケンIII」は上に書きました、敵側の機体。

銀河辺境国家「ウィンダミア王国」のVF部隊「空中騎士団」が運用する
機体です。

この機体のモデルはわかりにくいのですが、「ドラケン」はスウェーデン語
で「竜(ドラゴン)」を意味し、デザインモチーフとなった実在の戦闘機
「サーブ 35 ドラケン」にちなんで名付けられたそうです。

ですが機能面では「ユーロファイター・タイフーン」だと思えます。


Sv-262に付属するゴースト系列の無人支援戦闘機を二機搭載していて、
それが分離時にジャミングをして機体が三機あるように見せることが
できるなどから。


こういう「マクロス」シリーズを通してメカなどは新旧あっても一環
していますので、今回はどんな新型が登場してくるのかといのもファン
の楽しみの一つです。


個人的には「美少女キャラクター」もアイドルもどうでも良いですが、
キャラクターも以前の作品の子供が成長した姿で登場したりと、キャラ
の関係性も引き続き存在しますので気になるところです。


「バルキリー」を最初見た時、あれがプラモデルでもちゃんと「ファイター形態」
「ガウォーク形態」「バトロイド形態」と三形態にに変形できるのには驚きました。

どうやってデザインしたのかと思っていたら、はじめから実際にプラモで変形
させるものを作って、それで初めてアニメの二次元へと移していったそうです。


ですから二次元でデザインされたものを、後で三次元で動かして変形
できるようにしていったのではなく、もともと三次元で変形できるもの
をデザインして、それで二次元のものを作った訳ですね。


そのために新作にあわせて次々と、新型メカをデザインすることが困難なの
で、今回は一機種のみ新デザインを投入することになったようです。

いや、すごい。

でも、だから面白い──。


個人的に、今期のアニメの最大の注目作品でした。
毎回、期待しながらしっかりと見ています。


それでは、次回またお会いいたしましょう。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

ガンプラ・他 週間ランキング

DMM mobile
機動戦士ガンダム
オンライン/公式










  





同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






▲PageTop

シドニアの騎士 第九惑星戦役 | Knights of Sidonia

ロボットアニメ











シドニアの騎士
弐瓶勉 作品
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
Yahoo!ショッピング
ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】

DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!


「弐瓶勉」

少し古い作品ばかりを扱ってきてきたので、最新のアニメ作品を
取り上げてみたいと思います。


「シドニアの騎士」は現在放映中のアニメですが、第一期の放映が
終わってからしばらく間をおいて第二である「第九惑星戦役」が制作
されています。

第一シーズンの「シドニアの騎士」よりも、第二シーズンである今作
の方がクオリティー的にもよいできであるように見受けられます。


作者の「弐瓶勉」さんは新しい漫画家の方なので自分はよく知りません。
最近は漫画雑誌を手に取れる機会が本当に少なくて、新しくなれば
なるほど疎くなっています。

昔から、漫画の黎明期から漫画を読み続けている自分たちのような人間
からは、電子書籍も含めてですがこれだけ漫画が氾濫しているというのに
どんどん遠ざかっていく気がいたします。


以前は立ち読みなり人に借りて読むなりして気になった作品は文庫本
で購入というのが普通だったのですが、今やその機会もどんどんなくなって
います。
以前は、古本屋巡りが習慣の一つだったのですが、あれだけあった多く
の古書店が次々と閉店してしまいました。

大手のチェーンなどに負けてしまったのかとにかく本を手に入れにく
い状態です。

こういう古くからある古書店は時々、とんでもない本があって、安く
手に入れられて喜んでいたのですが。
時代の流れなのかとてもさみしく感じますし、大きな痛手となっています。


パソコンが壊れてネットにつながる環境がなくなったとき、ネットカフェ
を活用しようかと後で思いついたので、そういう場所で新しい漫画を
チェックするのも一つの方法かもしれないと思っています。

ですが古い漫画はないだろうし。
どちらにせよ、なにかと便利という言葉ばかりを耳にする世の中ではあり
ますが、我々にとっては非常に不便になっていくだけのようにも感じますね。


話が脱線しましたね。
もとにもどしましょう。



この「弐瓶勉」さんの作品はこの「シドニアの騎士」以外では、
BLAME!(1997年 - 2003年、月刊アフタヌーン掲載、講談社) 全10巻
NOiSE(アフタヌーンシーズン増刊掲載、講談社) 全1巻
ABARA(2005年 - 2006年、ウルトラジャンプ掲載、集英社) 全2巻(上下巻)
BIOMEGA(2004年 - 2009年、週刊ヤングマガジン掲載、講談社→ウルトラジャンプ
掲載、集英社) 全6巻、などがあります。


まず初めて見て思ったのは、この方はイラストレーター出身ではないかと
いうことです。
これについてははっきりしたことはわかりませんが、昔からSFに親しんで
いるとSF作品のイメージイラストのように見えるのです。

作品の世界観もさまにSFのイメージイラストのそれだったからです。
内容的にはハードSFなのですが、シドニアの艦内都市の風景がまさに
イメージイラストそのままの風景でした。

このイメージイラストはそれだけでも人気があって、時々、画集なども
昔から出版されています。
いわばSFの世界観をもったファンタジー画集のようなもので、自分
もファンの一人ですが、残念ながらもっているのはごくわずかです。

スマホ/タブレット/PCで。もっと広がる読書体験【ひかりTVブック】
人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!
コミックシーモア



◆イラストレーターと漫画の違い。

実は、イラストレーターから漫画家へ転身しようと考える方は少なく
ありません。

ですが成功している方は少ないですね。

イラストレーターの方はデッサンなどの基礎がしっかりしている方が
多いのでとても絵はうまいのですが、漫画となるとるこれが違って
くるのです。

サークル活動していた時、モーニングだったかアフタヌーンだった
か忘れてしまったのですが、短期連載をしていた方を知っています。
実際にお会いして話もしているのですが、作品掲載もそれきりで
お名前も忘れてしまいました。

本業はイラストレーターで商品イラストなどを手がけていた方でした。


サークルメンバーにも美少女を描かせたらとてもうまい者もいたのですが、
場面を切り取って描くのはうまくても物語のつながりとして描く漫画となる
と力が発揮できないのです。

このメンバーも一度はプロで仕事をしましたが、結局、仕事を失って
います。

どちにもいえることですが、どこかでみたキャラクター、どこかであった
ストーリーで個性も特徴もないものでした。
悪い意味で可もなく不可もなくでとにかく印象に残らないのです。


既存作品の二番煎じが悪いわけではありません。
よいとこ取りでヒット作を生み出している方もいらっしゃいますし、ヒット
する作品は自然と似てくるところもあるからです。

かもあり不可もあってよいから印象に残らないと、人を引きつける作品
にはなりません。
そういうことができない小さくまとまってしまう作品になると、
印象に残らない作品になりますね。

同人作品で18禁の作品が時にはこれらのプロのうまい絵を押さえて
売れてしまうことがあるのですが、単に絵のうまさではプロと比べて
勝負にならないほど下手でも同人作品が売れてしまうのはこれがある
からです。


うまいだけにとても残念だと感じました。
せっかくの才能がもったいないのです。


不思議なものでうま下手の絵が生き残れるのもこれがあるからです。

何でもそつなくこなすうまい人は、結局、生き残っていないので、
原作をつけてあげるとかしないと難しい。
でも、なまじ絵がうまいだけに原作をいやがる人もいてここら辺が
非常に難しいところですね。


その点、この「シドニア騎士」はうまく描かれています。
単にハードSF、たとえば「星野之宣」さんですが、この方も絵がすごく
うまい方ですがハードSF作品が多い。

ですがハードSFを元にしながらも、「弐瓶勉」さんはSFから連想する
イメージを元に描かれているところがあって、艦内都市が積層型の
都市であったり、宇宙船なのに畳の部屋があったりと独自の世界観
を構築して描かれています。

これがこの「シドニア」の特徴でもあり、よいところであると思います。

CROSSクラウドファンディング
【同人ファクトリー】同人グッズ製作専門サイト
カーテン魂



◆イメージイラストの世界。


漫画家の発想としては、あくまでも勝手な想像ですが、イラストで
SFを描いても、漫画にする時は修正してくるのではないかと言う
気がします。

それは宇宙船内の都市も、こうあり得るであろというリアリティをもって
描くと思うのです。


また、畳のある部屋が普通にあるようなごみごみと込み入ったアジアの
スラム街のようには描かず、いったん未来都市を描いてから、長い航海
で荒廃したような部分も付け加えてくると思うのです。

「シドニア」にはこれがなく、リアリティーを度外視したイメージ先行
で作られていてそれがこの漫画の個性でありよいところだと思われる。


「ガウナ」という宇宙生物もある種のカビようですし、人型兵器・衛人
の操縦士である宇宙服も内部にカビを使うなど、一貫してリアリティで
はなくイメージが先行してその後を理由付けが設定という形で後を追い
かけている感じがします。

これは勉強になりますね。
いろいろと考えながらアニメも見せていただいております。


自分のようなようなものが知ったかぶりして述べるのもなんですが、
イメージ先行型が「宮崎駿」さんだとすれば、ストーリー先行型が
「手塚治虫」先生ではなかったかなと思われます。

「宮崎」作品はこの物語にこのシーンは必要かという思うところが
時々あります。
簡単に言ってしまうと、見せたいシーンとシーンをつなぐためにストーリー
がある印象がするのです。

それだけに制作中はストーリーに苦しむのだそうで、発想がイメージ
先行ならば納得できる。



逆に「手塚」作品はストーリー先行で手が早い。
量産が利くのですが、これといった強いインパクトを残すことが
少ない面があります。

それ故に、漫画作品も文庫化する時に改稿して手を入れるという
ことをしていたのではないかと思いますね。
でもこれをやっていてはまさに命を削るような労力であったはずです。

ストーリー先行で作ると、最後まで作って、それを見返してみてこの
シーンはこうではなくこうであるとか、とにかく手を入れたくなるのは
よくわかるのです。

また、作品もある程度の長さがないと見る人を引き込めないという面が
ありますね。
その点、イメージ先行はシーンとシーンを切り取っているようなところが
強いので、短くても見る人を引きつけるところがあります。

ただイメージが見る人の好みにあわなければ強く嫌われるという面も
あるのですが。


それぞれの個性ですから、どちらがよいとかはいえませんが、
昔の漫画家さんにはこのイメージ先行型は少なかったように思います。

最近はイメージ先行型の漫画家さんが増えてきているように感じて、
それがすごいところだなと感じています。
ただイメージ先行型は自分のイメージに縛られますので、多作しにくい
ですし、作風が多方面な作品を描くには不向きです。


一つ例を出せば、非常に評価が高いですが、アニメの「深海誠」さんがもし
綿密な風景描写と、ボーイミーツーガールな展開を作風からとっても作品を
作れるかというとかなり困難ではないかと思えます。
これと同じようにイメージ先行型は多彩な作品を描くのには向きません。


作者の発想の違いですのですので、こればかりは簡単にいえる問題
ではないのですが。



最後に、同人マークについて少し触れて今回のブログを締めくくり
たいと思います。

同人マーク(どうじんマーク)とはは、原作者が自身の作品に付して、
その作品の二次創作による同人誌の作成と、同人誌即売会での無断配布
を有償・無償問わず許可する意思をあらかじめ表明するためのマーク
として作られました。

漫画家の赤松健さんが発案したものですが、この赤松さん以外には
「シドニアの騎士」に初めてつけられて注目されていました。
今は少しずつ広がってきているそうなんですが。

では、同人作品である「シドニアの騎士」の二次創作はどうかというと
あまりというよりも、ほとんどみかけませんね。

もともと同人ファンが好む絵柄ではないのもあって、多くは二次創作され
ていないようです。
この同人マークというのは、TPPに対応して作られたものですが、
イベント主催者やごく一部の同人関係者だけが問題視しているだけで、
ほとんどの同人ファンや同人作家たちは意識していないように感じます。


我々がサークルで活動して時にちょうど今の18禁規制が始まりました。
当時は同人バブルのような時代で人気は今よりもすごかったのですが、
この時規制が始まると反対のデモをするとか署名運動をするとか同人
ファンたちの多くは息巻いていましたが、いざ始まってしまうと雲隠れ
したように誰も何もしませんでした。

我々は石ノ森章太郎さんが立ち上げた「コミック表現の自由を守る会」に
参加させていただきましたが、同人関係者と同人ファンの意識の低さを思い
知った時でもありましたね。

そのときから二十年近くが経過していますが、同人制作者もファンの問題
意識もまったく変わっていないのではないかと思います。
残念なことではありますが。


それでは、また次号でお会いいたしましょう。


※分室である「オタドジ」ですが、PCのトラブルからまだスムーズ
に制作できる状態になっておらず後回しとなっております。


絶版・品切れ本を皆さまからの投票で復刊させる読者参加型のリクエストサイト

復刊ドットコム

ミリタリー・アウトドア用品なら【FRONTLINE】

オンラインで学ぶ、ビジネス英会話【BBTオンライン】








Doujin manga and game download shop - DLsite English






  


  

  

  

   

  





▲PageTop

富野由悠季 | ガンダムGのレコンギスタ

ロボットアニメ







 【予約】 ガンダム Gのレコンギスタ 1
ガンダム DVD・Blu-ray
ガンダム CD
ガンダム 本・コミック
ガンダム ゲーム
ガンダム ホビー
ガンダム 動画
ガンダム DVD/CDレンタル


「Gのレコンギスタ」

すでに始まっていますが、「Gのレコンギスタ」。
良い意味でも悪い意味でも富野監督作品ですね。

内容についてはあまり触れないでおきます。
いわゆるファーストガンダムを色濃く継承した作品というよりも、
「ターンAガンダム」のような名前はガンダムだけれど、独立
した作品といった作品です。

……今のところは……。

富野監督のことですから、たぶんこのまま完結するのでしょう。


富野作品には一貫したテーマのようなものがあり、それは
世の中の欺瞞を暴き糾弾したいという面があると言えましょうか。
それは「ガンダム」だけではなく、初めて制作した「海のトリトン」
から一貫しているといって良い気がします。

今回の「レコンギスタ」でもやはり同じ展開になっていますね。
「ニュータイプ」はどうなったのやらですが。


そこで今回は「迷走エッセイ」らしく、作品そのものには触れないで
富野監督について書きたいと思います。

富野由悠季監督と、宮崎駿監督は同じ年齢です。
それもあって、富野監督は宮崎監督をかなり意識しているようです。

自分が宮崎駿になれなかったのは、やはり才能のなさというような
ことを言われてさえいます。
しかし同じアニメといっても、扱っている作品傾向が違います。

宮崎監督と富野監督を比べた場合、日本のアニメとディズニー
アニメーションのような違いを感じてしまいます。
ディズニーといえば言わば王道であるファミリー層向けの作品です。

宮崎監督の作品も「ナウシカ」以外はだいたいこの層に向けた作品
と言えるのではないでしょうか。
そして富野監督はやはり日本アニメの王道ともいえるロボットアニメ
が主ですし、ファミリー層に向けた作品とは言い難いですね。

日本国内の興行成績だけを見ても、ファミリー層に向けたアニメは
やはり強いです。
ロボットアニメのような作品はいろいろなところで良く目にしている
せいでファミリー層向けアニメよりも人気が高いと思われがちですが
実際はそれほどでもありません。

長くなりますので詳しくは書きませんが、これはそのまま海外での
日本のアニメ人気にもつながります。
日本人が思っているほど海外での人気は高くないとは、このブログで
ずっと言い続けていることです。
クールジャパンというのは、一部の人たちの熱狂であって、全体では
ないのです。

ガンダムオンライン
ガンダムの商品ならララビットマーケット



◆ 王道アニメと非王道アニメ。

ここからは便利上、王道アニメと非王道アニメに分けて考えたい
と思います。
少し乱暴な分け方ではありますが。

また個人の独断と偏見の混じった考察ですので、あしからず。

やはり王道アニメというのは子供向け作品と言えると思います。
つまの夢や冒険や友情といった、ポジティブな作品群です。
基本といいますか、源流は児童文学と言えると思いますね。

この方が説明しやすい。

非王道アニメは基本的に漫画から動画へと発展して来ているので
子供向けとはいいがたいものです。
少年ジャンプや少年サンデーが子供だけでなく、大人も大勢読んでいる
ことからも理解していただけるものと思います。

王道アニメはあまり人が死んだりしません。
また、リアルに描いてもいませんよね。
当然、セックス描写などもなくエロい表現はありません。
全てが善という前提があり決してこれを崩しません。

いわばきれい事の世界です。

これに対して非王道アニメは人も死にますし暴力シーンも多く
ありますしリアルです。
また政治的な問題やら人が抱えるネガティブな問題も扱います。
色も欲もありで、つまり普通のドラマや映画と同じものをアニメ
という方法で描いている。

宮崎監督はご自身でもいわれていますが、児童文学が基本にある
んですね。
たいして富野監督にはこれがない。

宮崎監督はこの児童文学というフィルターを通して作品作りをしている
ところがあって、富野監督はこれに負けている気がします。
ある意味、いつまでも青い気持ちのまま作品作りをしているところが
あって、このきれい事を許したくないという面がある気がするのです。

宮崎監督を嫌いクリエーターはけっこう多くいます。
共通しているのはやはりこの「きれい事」が許せいないと感じている
ようです。

最近はすっかり世界的な映画監督というイメージが定着していますが、
北野武さんも、「アニメが嫌い。宮崎駿が一番嫌い。でも、あれだけ
売れるというのはすごい」と、相手を認めながらのコメントをしています。

アニメの世界では、富野監督や押井守監督は北野武監督のような立場
にあるといえると思います。
北野武監督も世界的な映画賞を受賞したり今さらいうまでもなく、
大変評価が高い方です。

でも映画興行的に見た場合、宮崎監督と比べるどころか勝負にさえなって
いません。
押井守監督もハリウッドの有名監督、ジェームスキャメロン監督が自ら
ファンであると公言するくらい評価されている監督です。
でもやはり、興行成績と言う点ではまったく太刀打ちできていません。

同じアニメでありながらも、土俵が違うのです。
海外の日本アニメのファン達に共通するのが、日本のアニメは子供向け
ではない点を必ず上げます。
海外のアニメは主に幼児向けであり、それがたまらなく嫌なんだそう
です。
子供向けでないアニメが、クールな訳なんですね。

ことさらアニメの内容が良いとかではなく、やはりこれがある。
だからトランスフォーマーやアバターのような、アニメのような
それでいて実写のクールと思える作品が出てくるとそちらに
人気が移っていってしまう。


話を戻すと、富野監督が宮崎監督のような児童文学を基礎に置いた
ような作品を作ったらどうなるかです。
同じ土俵で闘ってみないと分からないのではないかと思えますが、でも
たぶん無理ではないかとも思えますね。

「風の谷のナウシカ」を見ていれば分かるのですが、宮崎監督がきれい事
だけを信じているとは思えない。
でも、あえてそれらを拒否するような作品ではなく、世間的にどう受け止
められるかということを考える、老獪さがあると思えるのです。

才能ではなく、富野監督はこの「老獪」さに負けているかも知れません。
世の中、政治の世界でもそうですが、そんな都合の良いだけのきれい事
ができる分けないというようなことを、平気で公言する人がやはり勝っていま
すからね。

【Yahoo!ショッピング】新作ゲーム予約受付中。PSP、DS本体も大量入荷
売りたいをヤフオク!で



◆ 理想化されたきれい事の世界。

このきれい事の世界。
つい最近なのですが、思った以上に世の中では力を持っていると
感じることがありました。

女子大生の話なのですが、「サマーウォーズ」がけっこうに人気が
あることを教えられました。
そこには田舎の豊かな自然や、大家族への憬れがあるようです。
まさかこの年代の人たちがこうまで信じているのかと、いささか
ショックでもあったのですが。


ですがこれらの人たちが、本当に大家族のことを知っているかという
もちろん違う。
田舎の自然もまた、まったく現実を知らない。
全てがアニメで描かれているような理想的な憧れで作られています。

では実際の自然と接してみれば、金切り声を上げて逃げ出します。
自然の中には虫も沢山いまし、蛇もトカゲも沢山いる。
雨が降るとぬかるみますし、場合によっては川も氾濫して家まで
流される。

こういう憧れだけで見ている人たちの自然は、造花と人工芝で作ら
れた完全な偽物です。
河まで水道水が流れていそうです。

また田舎の暮らしも同じで、あの閉鎖的な人間関係を知らなすぎる。
今の若い人たちにも、ある程度の年配者も、田舎暮らしに憧れている
人はけっこう多くいます。
身近にもそういう人がいます。

一時期、定年退職した人たちが憬れの田舎暮らしをするために田舎に
移住するというのが流行ったときがありました。
でも数年でUターンして都会のマンションで暮らしています。

それはなぜか──田舎の人たちとの人間関係が、という場合が
多かったします。
でも世の中はそういうマイナス面を報じてくれませんし、むしろ
そういうマイナスな情報には蓋をします。

どんなに残酷な事件が田舎で起ころうとも、田舎は良いところでそこに
暮らす人々は全て善人なのです。
大きな土砂崩れや自然災害が起ころうとも、自然はあくまでも
人に優しく素晴らしい物なのです。
これは世間の常識といえるくらい強いイメージです。

自分たちが子供の頃、当時のテレビドラマはホームドラマが一世を
風靡していました。
大人達は我々ガキどもに説教を垂れるとき、よくこのホームドラマ
で描かれているような理想的な家族関係などを持ち出していました。

当時はまったく言葉知らずでボキャブラリーなどありませんでした
から言い返せませんでしたが、自分たちガキどもはそんなホームドラマ
のような家族どこにあるんだといいたかったのです。

友人にも近所にも学校内の生徒達の家庭にも、そんな理想的な家族は
いなかったのです。
でも世間はこれを一つの基準としてあると思い込み信じていました
し、我々に押し付けてさえいたのです。

これと同じことが言えると思えるのです。
ジブリ作品はこの理想化された自然や、これまた理想化された
善意の人々を描くことによって多くの人々に支持されていると
いっても良い気がします。

ですが、富野監督は人の残酷さや世界の歪みといった世間一般から
は嫌われる現実に近いものを作品としています。

……まあ、ロボットは現実的ではありませんが……。

こうしてみてくると、富野監督は宮崎監督に勝てなかったのではなく、
世の中のイメージに勝てなかったのか知れませんね。













GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム(覚醒仕様)
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム(覚醒仕様)



▲PageTop

アルドノア・ゼロ | 王道ロボットアニメなのか?

ロボットアニメ


 【予約】 アルドノア・ゼロ 1
【予約】 アルドノア・ゼロ 1 【完全生産限定版】
【予約】 アルドノア・ゼロ 2 【完全生産限定版】
【予約】 アルドノア・ゼロ 3 【完全生産限定版】
【予約】 アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック



「アルドノア・ゼロ | 新たなロボットアニメか?」


いきなりですが、基本的にメカもののアニメは好きです。
本当は特撮関係をもっと沢山ご紹介して行きたいのですが、
アニメに駆逐されてしまったように国内ではご紹介できる
作品がないのが現実です。

どうしても海外作品になってしまいます。
これからは、少しずつですが「海外特撮作品」も紹介してい
きたいと思っています。


さて、メカものアニメ見られる限り見ています。
そしてこの「アルドノア・ゼロ」も同じ感じで見ていますが
「おや──?」と感じさせるロボットアニメですね。

(それにしても、メカものアニメはどうしてこうもロボット
一辺倒なんでしょうね。作品にバリエーションが少なすぎる)

どうやら原作はなく、オリジナル作品らしいのですが、
今までのロボットアニメの王道を作っているのかと思って
見ていましたが、少し違うような感じです。
制作側のコメントでもロボットアニメの王道という言葉がある
のですが。

ストーリーはまだ1クール目の中盤ですし(2クールの予定だそうです)、
これからどうなるのかが分かりません。
なにか仕掛けが待ってといるのかも知れませんね。
興味を持たれた一度見てください。


物語は、火星で見つかった古代火星文明のテクノロジーを巡って
火星が独立することになり、地球と争うことになった。
一時休戦をしていたが、火星からの親善大使でとして地球にやって
きた火星の皇女である「アセイラム・ヴァース・アリューシア」が
テロによって生死不明なり、地球と火星が再び戦闘状態になるという
ものです。


面白いのは火星側の兵器であるスーパーロボットと、地球側の
リアルロボットの対比ですね。
火星側のスーパーロボットは圧倒的に強く、また同じメカが存在
しません。
地球側のロボットは工業製品的なリアルロボットでスーパーロボット
には太刀打ちできないほど弱く、大量生産の同じ形のロボットです。


今までの王道であるならば、火星側のスーパーロボットに太刀打ち
できなかったけれど、地球側の主人公である「界塚伊奈帆」がそろそろ
火星側のスーパーロボットに対抗できる地球側のスーパーロボット
を手に入れて新たな局面に物語は発展するのですが、それがこの
アニメにはないのです。

むしろスーパーロボットの欠点をつくなどして、非力な地球側の
ロボットでスーパーロボットを倒したりしています。
今のところ、スーパーロボット対スーパーロボットの図式が現れ
ていません。

地球と火星の戦闘に学生達が巻き込まれて闘うことになるという
王道パターンはそのまま踏襲されているのですが。


それに「界塚伊奈帆」ですが、ガンダム始め主役ロボットの
パイロットたちはニュータイプであったりとある種ちょっと違う
ところをもっています。

また、感情的に動く未熟さも併せ持っていて、それが魅力でも
あったのだと思います。
また、皆、「伊奈帆」と同じでだいたいが少年ですしね。

「界塚伊奈帆」もまた、過去のロボットアニメの設定を踏襲しており
少年です。

同級生の仲間たちと一緒に戦火を逃れようとしている。
ですが、少年のわりにはいつも冷静で、百戦錬磨のパロットなみの
行動をいともたやすくやってのける。
これが今までのロボットのパイロットと違う点ですね。
特殊な能力を秘めているとかではなさそうですし。

今までの王道ならば、彼にはある秘密があってこれが物語を
動かす大きな鍵になったりするのですが、どうもそういう
展開でもないようですし。
今までの黄道ならば、本人も気付かない才能なり能力が眠って
いたりするのですが。

そういう意味でも、少しずつですが王道からずれた設定になって
いるようです。

個人的には少年でないパイロットが登場するロボットアニメが
見てみたいとは思うのですが。
アニメの世界は大人を拒否する世界でもありますから、難しい
でしょうね。
ライトノベルの「ダイナミックフィギュア」はアニメには向か
ないのかもしれません。

国内最大級のフィギュア通販
サバゲーグッズ売るならヤマトク




◆ 2クールの予想。

とくに主役メカというものが存在せず、テンポ良く進んでいる
のも好感がもてます。
だいたいが一年間も続くロボットアニメは昔の「マジンガー」
のような一話完結にするとかしないと、苦しいですし。

「富野」監督も「ファーストガンダム」が予定よりも短い話数
で終わって、それがかえって良かったのだというようなことを
話しておられました。
一年続くというのは、作品的には決して良いことだけではないですから。


このまま順当にいけば、2クール目は地球側の反撃があるかも
しれません。
その時に「界塚伊奈帆」もスーパーロボットに乗っているかも
しれませんが、王道といいながも少しずつ設定を変えたりずらし
たりしているので本筋としては王道でも、今までと少しちがう
ことをしてくるかも知れませんね。

これがこのアニメの面白さであり、魅力でもあって次はどんな
展開が待っているのかと期待しながら見ています。

このアニメの楽しみは、これだったりするのですが、王道を
踏襲してくるのは人気を外したくないということからなんで
しょうね。

でも今のところ成功していると思いますし、愉しみにしています。
下手に今まで誰もやらなかったことをすれば、見事に外して
しまうことがありますからね。

決して斬新ではないけれど少し違う。
これがコンテンツの世界では力を持っているように感じます。
斬新なものや意欲的な作品は今までいくつかありましたし、成功
もしています。

昔の話しですが、石森正太郎さんの「ジュン」なんかもそうでした
が、それが大ヒットした分けではありませんから。
「アルドノア・ゼロ」もまたすでに先達たちがひいた路線の上に
物語を運びなら少しずつ、先行作品とは違ったことをしている
ようにも感じます。
これは勉強になりますね。

個人的には現在注目のロボットアニメです。
ストーリー的には、これからは「アルドノアドライブ」を巡って
の物語になってといくようにも感じます。
キャラクターもだいたい出尽くした感じですね。

安心して、かつ楽しめるロボットアニメが、この「アルドノア・ゼロ」
ではないでしょうか。

パソコン買取りのライズマーク

ゲーム買取ヤマトク




◆ アニメと特撮作品。

このアニメを見ていて思うのは、新しいアニメは次々と作られている
のに特撮作品は少なくなっているなということです。

戦隊ものや変身ものは見るべきものがすくなく、記事にする
にも同じようなものばかりです。

少し前になりますが、「MM9」という特撮、怪獣ものがあった
のですが、話題にものぼらず忘れられていきましたね。
海外では「バトルスターギャラクティカ」などヒットしたSFドラマ
も多いのですが、日本では一部でしか放送されませんでした。

「フォーリングスカイズ」もそうなんですが、海外ではSFもの、
特撮ものは多いのですが、日本はアニメが力を持っているので
映画以外は普通に入ってきません。
CSやBS、またはDVDでしか見ることができません。
なんとも辛い現状です。

大人から子供までアニメは幅広い人気があるといってしまえば
それまでなんですが、いつのまにか特撮は子供向けというような
傾向が作られてしまっています。
逆に海外ではアニメが子供向けのもので、特撮映画などは大人が
見ている。

文化的に真逆な傾向があるのですが、特撮ファンとしては苦々しい
ものを感じますし、人気があればアニメにすれば良いというのは
違うと思います。
世界的なマーケットでいえば実写の方がはるかに大きいわけですが、
いつまでも日本のアニメが世界的とかいって歓んでいるだけでは
世界的なマーケットに参入できないのではないですかね。

アニメにしても、日本のアニメは「スタジオジブリ」以外は、
「ディズニー」アニメにも、「ピクサー」アニメにも勝負でき
ていなのが現実ですから。

前回、ご紹介した実写版の「黒執事」や、実写映画版「進撃の巨人」
さらには「寄生獣」や押井守監督の実写版「パトレイバー」には
とても期待しています。
急に、実写版が増えてきましたが、特撮作品の反撃というか、
アニメには辟易している人たちも多くいたのではないでしょうか。

アニメも好きですよ。
でも何でもアニメにすればよいは違うと思います。
頑張れ特撮作品と強く思いますし、このブログでも応援していき
たいのです。

















▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

最新コメント

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
622位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
43位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR