FC2ブログ

特撮

【 特撮 】 記事一覧

BRAVE STORM ブレイブストーム | 実写版巨大ロボット作品

特撮










ブレイブストーム<BRAVESTORM>
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『BRAVE STORM ブレイブストーム』



今回は応援していた実写版巨大ロボット映画である、「ブレイブストーム」
です。

巨大ロボットものが続きます。


1970年代に放送された宣弘社制作の特撮テレビドラマ『シルバー仮面』と
『スーパーロボット レッドバロン』を1つの作品として再構成したリブート
映画です。


製作は、元円谷プロダクション副社長の「岡部淳也」さんが設立したブラスト
が手がけ、プロデューサー・脚本・編集・監督を岡部自身が務めたそうです。
制作体制も、現在の映画業界の主流である製作委員会方式をとらず、岡部さん
による自己資金調達が行われたということです。



ストーリー


西暦2050年、地球はキルギス星人の侵略により滅亡の危機に瀕している。
人類滅亡を回避するため、春日光二・はるか・光三の兄妹3人はキルギス星人
が襲来する以前にタイムスリップする。

西暦2018年、天才ボクサーの紅健は地下格闘技場で人間離れした対戦相手と戦い、
さらにチグリス星人に殺されそうになるが、春日兄弟によって助けられる。

西暦2013年にやってきた春日兄弟は、健の兄であるロボット工学者の紅健一郎
に巨大ロボットの建造を依頼し、そのパイロットとして選ばれたのが健であった。



話題の最新曲から懐かしの曲まで豊富なラインナップ【ひかりTVミュージック】

漫画全巻ドットコム

自転車通販サイト【cyma】










◆迷走解説。



この作品は何度かこのブログで紹介しております。
制作開始される前から期待していた作品でもありました。

特撮好きとしては、「トランスフォーマー」や「パシフィックリム」の実写化
の大ヒットを見ると苦々しいものを感じていたからです。


まったく話題にもなっていなかったので出来のほどはと思っていましたが、
悪い作品ではなかったです。
好感の持てる作品でした。

ある意味、ハリウッド作品ように世界的な大ヒットを意識せず独自の路線
を進むのも一つの選択ではないかと感じました。
変に大ヒットを意識してどちら付かずになってしまっては面白い作品になら
ないからです。



主人公たちが未来から異星人の侵略を防ぐためにやってくるというのは、
「リターナー」と同じ設定ですが、この設定は良くSF映画では
多用される設定です。

アニメでももっとも多用される設定ですし、有名な「ターミネーター」
は今更いうまでもなく未来からやってくる殺人アトンドロイドです。

タイムスリップものでは一番多用されている設定なのかも知れません。
「ドラえもん」もそうですし、それだけ使いやすい設定なのだと思います。


未来はどうとでも描けますが、過去は史実としてあるものですから制作する側
の都合で勝手に設定することはできません。
現代から200年前にタイムスリップしているのに、その時代の人たちが携帯電話
を使っているなんてことを描けませんからね。

対して未来は未確定な出来事ですから、宇宙人が地球征服していても世界大戦
で人類が滅亡しかけていてもいくらでも作り出すことができます。
ですからどうしても過去ではなく未来を設定する方が都合が良いのです。


そしてこの「ブレイブストーム」も未来から主人公たちがやってきます。

この設定ではあまり物語の破綻は見られない作品が多くて、この作品も悪い
展開ではありませんでした。

ただ一点、「シルバー仮面」が必要であったのかというとこれは必要
なかったと感じました。
特殊な戦闘用スーツなんですが、これを使うのであれば巨大ロボットは必要
なかった気がします。

ただ昔の「レッドバロン」は紆余曲折あった作品で、初めの作品では巨大
ロボットだけの戦闘に絞った作品ではなく、等身大の人が戦うシーンも多く
撮られていたと記憶しています。

「レッドバロン」から「マッハバロン」へと続くのですが、当時の特撮ドラマ
はあまり面白く感じなくて、子供向けにするのかもっと年齢層を高く設定
するのか明確にできなくてどちらにも振り切れていない作品が多かったように
記憶しています。

そのせいかしっかりと見ておらず記憶が曖昧です。



今作ではそれらの作品を知り抜いた上で作られている気がして、上手くまと
まっていると感じさせられました。
そういう意味では好感の持てる作品ではありましたが、やはりどうしても
「パシフィックリム」などと比べて見てしまいます。

侵略テーマとしての今作の「シルバー仮面」は良かったので、これはこれで
別に作っても良かったのではないかと思います。

正直なところ、実相寺監督の「シルバー仮面」は昔から好きではないのですが、
派手なアクションSFとしての活かし方はもっとあるだろうにとずっと
思ってました。


漫画「ULTRAMANN」がオールドファンからも支持されて人気を得たのは、
巨大ではなく等身大の戦闘スーツだからです。
戦闘スーツはもっといかせる設定だとずっと思っているのですが、仮面ライダー
のように変身ものばかりにとらわれていて新しいものを作ろうとしてきていません
でした。

巨大ロボットや怪獣に縛られないで柔軟な発想がないとダメだと思うのです
が、日本の特撮人は先入観ばかりにとらわれていて、良いキャラクターなど
をいかせていないと感じていました。

見ているとこのシーンはお金をかけないで苦労しているなと言うところが
随所にあって、良い意味で自主映画的にも感じました。
とにかくエキストラを使わないモブシーンがカットされていて、必要な
ところだけにお金をかける方法でした。

これはこれで良いと思います。
下手にお金をかけてしまっても良い作品ができるわけではないですから。

次の作品も期待したいですね。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

ノートパソコン購入おすすめ、海外工場委託生産でいつも低価格提供!
ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
手ぶらバーベキュー!食材、ドリンク、道具全てご用意可能です!★手軽にBBQ.com★















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題



スポンサーサイト

▲PageTop

散歩する侵略者 | 予兆散歩する侵略者

特撮










散歩する侵略者
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『散歩する侵略者・予兆 散歩する侵略者』



今回はあまり知られていませんが、「散歩する侵略者」です。

それほど話題にもなっていませんが、一部では人気があって
「予兆 散歩する侵略」というスピンオフドラマも作れています。

今回はこの二作品を取り上げたいと思います。


監督は映画通の間ではよく知られている「黒沢清」さんです。
原案、原作は「劇団イキウメ。作・演出 前川知大」です。

「散歩する侵略者」の出演者は、「長澤まさみ」さん、「松田龍平」さん。
「予兆」の出演者、「夏帆」さん「染谷将太」さん「東出昌大」さん。



概要──。

宇宙からの侵略者が人の肉体に入り込んで、人々から思考の概念を
奪って地球侵略の準備をしていた。
月の軌道を狂わせるほど、見えない巨大な宇宙船から侵略攻撃を始め
るがなぜか侵略途中で、侵略者は地球から去っていく。

ホビーサーチ

漫画全巻ドットコム

★手軽にBBQ.com★










◆迷走解説。



この作品は先に「予兆」の方を見て、面白かったので本編である
「散歩する侵略者」を見ました。
ですがやはり「予兆」の方が面白かったですね。

もともと舞台ようの作品らしい、大掛かりな特撮映像を必要としないタイプ
のSF作品です。
もっともどこまでSFとして作られているかは分かりませんが。

こういう肉体を持たない宇宙人が人間の体に中に入ってしまうとか、いつの間
にか人間そっくりの宇宙人が人間と入れ替わってしまっているというSFは昔から
あって、映像的にもお金のかからないタイプの作品です。



この作品は長澤まさみさんや、松田龍平さんで映画を作っているようなところ
があって、正直、お二人ともこの作品に合っているとは思えませんでした。
SF作品には似合わないお二人でしたし、またもっと作品もSFに寄せてもらった方
が良かったですね。

舞台用の作品を映画にしたという面が強いのかも知れません。
もっと原作から離れてくれた方が良かったです。

単にSF作品での侵略を描いている訳ではないのは分かるのですが、
やはり人気のある主演のお二人を意識しすぎているような作品の展開で
そういう部分が好きではなかった。


対して「予兆」の「東出昌大」さんはとても良かったです。
「デスノート Light up the NEW world」に出演されていましたが、これが
とても良くこの作品からずっと注目していました。

こういう不気味な感じの作品に向いています。


さて、この「散歩する侵略者」ですが、SF作品ではとても古いテーマで、
昔はSFイコール宇宙人の侵略のようなストーリー展開が多く、ウルトラシリーズ
の多くも宇宙人の侵略をウルトラマンたちが防ぐという物語です。

侵略テーマもこういう宇宙人が地球人を調査するという形にすると、お金を
かけないでも侵略テーマを描くことができるので面白いし、ある種の魅力が
あるのですが、もう一歩侵略を進めて武力による侵略ではなく別のアプロー
チがあっても良い気がします。

アメリカでも昔、「インベーダー」というすでに地球人と入れ替わっている
侵略宇宙人のテレビドラマがありましたが、これもSFというよりもホラー
色の強かった作品です。

また大掛かりな特撮も必要としませんでした。


自分もこの侵略テーマは色々と考えていて、異星人の考える侵略と人類の
考える侵略が違うのかも知れない。

さらに言うと侵略されてしまった方が地球は平和で幸せであるかもしれないし、
もしかすれば「ウルトラセブン」の「ノンマルト」のように実は人類が侵略者
であるかも知れないと色々とアイデアは広がっていきます。


扱ってみたいテーマの一つなのですが、こういうこだわった展開にすると
たぶん人気は出ないでしょうね。

単純に悪い異星人が攻めてきて、地球の正義を代表する戦士に撃退されると
いう展開がやはり一番わかりやすくて受けるのだと思います。
個人的には一番作りたくない展開ではありますが。


ただ異星人の存在は昔から科学者の間でもずっと論争があって、有名な方で
は理論物理学者の「スティーヴン・ホーキング」博士がいます。
残念ながら3月に亡くなられてしまいましたが、この方はAIについても、異星人
に関してもコメントされており、異星人との接触は不幸を生むだろうと予測
されています。

またAIにも危険を感じておられて、テクノロジーに関してもシビアな洞察を
される方でした。

個人的にもこの方の意見に大賛成で、むしろSFではとても有名な「アーサー
Cクラーク」のような友好的な異星人やテクノロジーにバラ色の未来を描く
楽観主義は好きではありません。

テクノロジーは人類に幸福ばかりををもたらしてくれないのは、すでに現実の
世界では半世紀も前から事実として積み上げられ続けられています。
ですが亡くなる最後までテクノロージーに夢を見続けていたSF作家でもありま
した。

テクノロジーの発達が、現実の世界では新しい不幸を生んでいると指摘
する人はいたと思うので、ご本人はどう答えていたのでしょうね。
なくなる前には色々と訴えられたりもしてもいた方でもありましたし。


最新テクノロジーの伝道師のようなことをずっとやっていた方でもありました。
フィクションであるSF作品と現実は違うと切り離していたのか、それとも現実を
拒絶しながらひたすらバラ色の夢だけを追いかけていたのか、詳しいことは
分かりません。

少なくとも「ホーキング博士」のようにリアリストではなかったと思います。
そこら辺は作家ですね。


最近は宇宙に生命があるかどうかとあまり言わなくなっていますが、我々の
子供の頃は宇宙の生命イコール宇宙人でした。
特にアメリカでは──今でもですが──異星人の存在は絶対にあるという
一種の信仰のような強い信念で信じられています。

それが地球にすでにきていると今でも多くの人々が信じています。
面白いのがカルト集団がオカルトや神様ではなく宇宙人なんですね。

自分もある意味このテーマに関してはリアリストで、まずもって宇宙の生命
が文明を持っている異星人という飛躍はおかしいとずっと昔から言い続けて
います。


SF好きはこういう話を良くされるのです。
SFが好きだから異星人はすでに地球へきているや、各地で噂されるUFOの目撃談
などは絶対に信じていると思い込んで話してきます。

これをいうとムキになって言い返してくる人が殆どなのですが──予想していた
答えと違うので──そもそもどんな生物か分からないのに、意思の疎通すら難し
いし、機械文明を持っていても人類と接触しようとするかどうかも分からない
と答えてきました。

では、異星人はいないのかと言い返される場合が多いのですが、それは
ないと答えています。

だって、地球という惑星には人類を含めてこれだけの生命体がいるだから
どこかにたぶんいるだろう──だが、どうしてSF映画が描くように
友好的にせよ攻撃的にせよ目撃されている異星人はあまりにも、人間に
都合良すぎる存在として目撃されていると言い続けています。

多分まだ地球にはきていないし、それだけ宇宙は広いと思うと話します。
もっとも近い恒星系でも3光年以上はなれていますし、ハビタブルゾーンないの
惑星もまだあるかないかも正確なところは分かっていないというのに。

生命居住可能領域をハビタブルゾーンと言うのですが、その領域内に適す
惑星が存在するのかというのがありますし、存在しても生命が発生するか
しないかわからない、さらに生命が存在しても科学文明を築くかどうかも
わからないなど可能性はあまりに多すぎるのです。

その無限かとも思えるような可能性の中で、どうして人類に友好的な異星人
が地球に来るんだという単純な疑問があります。
異星人云々の前に「ET」のような展開を信じている人間側に問題があるし、
いたらいたでそのときにまた考えれば良いだけと話します。



この「侵略テーマ」はとても古いのですが、最近少し復活してきています。
もう一つ、最近は殆ど作られなくなったテーマに「新人類」というテーマが
あります。

これは別の生物が進化して人類にとって変わるというわかりやすい物語から、
人類ないから一気に進化して新しい人類が現れ旧人類は駆逐されていくという
物語もあります。

先に少し触れた「アーサーCクラーク」の作品である「幼年期の終」もこれに
あたりますし、短編が多いのですが日本のSF作家もこの新人類をテーマにした
作品は多く作ってきました。

ですが今は殆ど見かけません。

次はこの「新人類」がテーマとして新しく作られてくるかも知れません。
この「新人類」も大掛かりな特撮を必要としない作品として制作できますので
お金がかからないで良いのですが、たぶん人気が出ないでしょうね。

結局、作られなくなったのはこれにつきる気がします。
人気がなければ面白いテーマでも作られ続けられることはありませんから。

ただ形を変えて、なにかできないかとずっと考えています。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。
 
これ1本で薄毛を完全カバー

防災士厳選の防災グッズ39点セット

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題



▲PageTop

パシフィック・リム: アップライジング | 巨大ロボット映画の続編

特撮










パシフィック・リム
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『パシフィック・リム: アップライジング』



今回は特撮映画である「パシフィック・リム: アップライジング」です。

大ヒットした「パシフィック・リム」の続編です。

原案・監督、スティーヴン・S・デナイト。
脚本 エミリー・カーマイケル。



ストーリー



西暦2035年の地球。 太平洋の海底の裂け目から異世界より襲来した異種族「プリカーサー」の操る怪獣と人類の人型巨大兵器「イェーガー」との激戦が終結して10年が経過した。 世界は平穏を取り戻したが、怪獣の再来への不安を残すPPDC(環太平洋防衛軍)は新世代のイェーガーを開発し、若いパイロットたちを訓練していた。

10年前の怪獣との最後の戦いで戦死した、人類の英雄と称えられるスタッカー・ペントコスト司令官の息子ジェイク・ペントコストは優秀なパイロットだったがある理由で軍を除隊し、違法転売行為に手を染めていた。 そんなある日、戦地から集めたパーツで小型の一人乗りイェーガー、スクラッパーを自作していた孤児の少女アマーラ・ナマーニと出会ったことから、ジェイクの運命は変わる。 右余曲折を経て逮捕されたジェイクは、10年前の最後の戦いで英雄的な活躍をした元イェーガーパイロットで現在はPPDCの事務総長である義姉の森マコより無罪放免と引き換えにパイロット訓練生の教官として指導を命じられ、同じく逮捕されたアマーラもその非凡な才能を見定められ訓練生となる。

時を同じくして中国企業、シャオ産業は社長であるリーウェン・シャオの主導の下、元PPDCの研究員であったニュートン・ガイズラー博士の協力で新型の無人巨大兵器、ドローン・イェーガーの開発を急ピッチで進めていた。PPDCはシャオ産業のドローンを採用するかどうかの会議をオーストラリア、シドニーで開こうとするが、その会議場に突如、所属不明の漆黒のイェーガー、オブシディアン・フューリーが会場を襲撃する。 警備に出動していたジェイク、ネイトの駆るジプシー・アベンジャーが迎撃し、フューリーは撤退するが戦闘に巻き込まれたマコが死亡してしまう。

完成したシャオ産業のドローンは各拠点に輸送されるが暴走し各所で破壊活動を始める。 ジェイクたちの基地に輸送された2機のドローンも攻撃を開始し、チュアン司令が戦死。基地のイェーガーもまともに応戦する暇すら与えられず、次々に大破させられる。

一方、シャオ産業にてハーマンは10年前に怪獣の脳とリンクしたことが原因でニュートンがプリカーサーの手下になっていたという衝撃の事実を知る。ニュートンはシャオ産業の開発ラインが殆ど自動化しているのをいいことに怪獣の細胞を培養するなどして組み込み、リーウェンらの知らない間に独自にプリカーサーの地球侵略計画を続けていたのだった。 ドローン群はエネルギー波を放って地球各地に裂け目を作り、大量の怪獣を地球に運び込もうとするが、ニュートンの凶行を知ったリーウェンの協力によってドローンはすべて活動を停止。裂け目を閉じることに成功するも、3体の怪獣の地球への侵入を許してしまう。



フィギュア予約最大25%OFF+ポイント5%還元!ホビーサーチ

メーカー直販サイト・エンスカイショップ

ガチャガチャ・ガチャポン通販サイト【あミューズ】










◆迷走考察。



この作品は「パシフィックリム」の続編ですが、監督は前作の
「ギレルモ・デル・トロ」ではなく、「スティーヴン・S・デナイト」
となっています。

今回の作品内へ、中国色が入っていますが、制作会社の一つが中国企業に
買収されたりした影響もあったようです。
「パシフィックリム」は中国で大ヒットしていますから、その影響も
あっての買収だと思います。

バブル期の日本でも同じでしたが、今や至る所で中国マネーの影響を
感じます。

映画会社の買収はバブル期の日本企業もやっていましたが、今残っている
のは「ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント」だけだったと思います。

ハリウッドでは制作会社の買収は頻繁ですから良くある話ではあるのですが、
いつまで続くのかという面はありますね。
いったい誰が儲けているんでしょうね。



ところでこの続編ですが、評価は分かれています。

巨大ロボット同士の戦闘シーンもあるのですが、そのスムーズに動く
ロボットが嫌だという意見も日本では見受けられます。

そういう人たちは巨大ロボットの重量感のある動きが好きだったようです。
分からないことではないですが。

四月から映画公開されて、現在も映画公開が続いていますので興行成績
はまだ分かりませんが、ヒットしていることは確かでしょうね。
すでに海外での興行成績はわかっており、前作ほどではないようですが、
大ヒットには違いないようです。


巨大ロボットといえば日本でも、去年、「ブレイブストーム」という
巨大ロボットの特撮作品が公開されていますが、話題にすらなってくれ
ませんでした。

もともと巨大ロボットは日本が原点です。
その本家はまったく奮っていないのが現実です。

「鉄甲機ミカヅキ」という巨大ロボットドラマが2001年に作られていますが、
これも一部のファンだけで結局、広く知れ渡ることもないままに終わっています。

いつも制作費の違いを指摘されますが、確かにその違いは大きいと思います。
ですがこれだけのヒット作を出せるのは、やはりハリウッドの底力を認めない
訳にはいかないと思います。


昔、「山城新伍」さんがまだ若かった頃、今ハリウッドでは子供向けのような
話を大まじめにお金をかけて作っている、日本はそういう作品を子供だまし
といって相手にしないと、いうよなことを話していた記憶があります。

よく制作する側の事情と視点だけで、観客無視の映画制作に苦言を呈して
おられましたね。
まったく同感でした。

それが「スターウォーズ」だったのですが、これは確かに言えるのではないかと
感じます。
「パイレーツオブカリビアン」シリーズも同じで、本当にこれらを大まじめ
にお金をかけて作っています。



そして最近、「アベンジャーシリーズ」の大ヒットから感じるのは面白さと
いう観客目線へのこだわりです。
自分は作品の世界観にこだわるのでこの「アベンジャー」シリーズのように
別々の作品であるものが一つにまとまるのは嫌いです。

ですが「仮面ライダー」シリーズも、アベンジャーズと同じように戦隊ものと
のミックスをすると興行成績は良くなっています。
また、テーマパークなどでもUSJのように日本のアニメを取り入れると集客
がディズニーを抜くなどしています。

結局、作品の世界観のこだわりは作り手側のこだわりだけであって、見る側に
すれば面白ければどうでも良いのだということをリアルに突きつけられている
ような気がしています。


この「パシフィックリム」でも怪獣と戦うのは人形の巨大ロボットで、
日本のゴジラシリーズのようにゴジラと戦うのはメカゴジラやモゲラであって、
アニメの巨大ロボットのように人形メカではありませんでした。

際物的にジェットジャガーという人形ロボットは登場してきましたが、人が
搭乗して操縦するタイプではありません。

どちらかといえば怪獣対怪獣であって人形メカとの戦いではありません。


見る側からすれば、ガンダムのような人形メカが怪獣と戦っても良いでは
ないかというのがずっとあったのかも知れません。

我々のように生まれる前からすでに映画ゴジラがあった世代にとっては、
やはり人形ロボットと怪獣は別物という先入観があった気がします。

でもそんなものは面白ければどうでも良いことで、最近の日本のロボット
アニメはロボット対ロボットよりも、怪獣のような超生物と戦っている
場合が多いのです。


こういう見る側の視線にこだわっているのがハリウッド作品なのかもしれま
せんし、大ヒットの秘密なのかも知れません。

最近、こういうことをよく考えるようになりました。

自分は怪獣作品が大好きなのですが、こだわり抜いたような作品は逆効果
なのではないかと強く感じています。

クリエイターのこだわりがクリエイター殺すという言葉を聞いたことが
あるのですが、これを知ったときなにか剣先を突きつけられている
ような気がしました。

確かにそうかも知れません。
同人をやっていても下手なプロよりも上手い漫画家を知っているのですが、
結局、商業誌で続かなかったのはこの見当外れのこだわりでもありました。

後で考えればこだわるほどでもないものも多くあり、なににこだわり、
どれを捨てるかの見極めが大事なのかもしれません。

この巨大ロボット映画を見て、また色々と考えさせられました。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

1杯で20種類の栄養が摂れる!新マルチ栄養食『バランサー』

ネスレオンラインショップ

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題






▲PageTop

ロスト・イン・スペース | Netflix配信の特撮ドラマ

特撮










SFテレビドラマ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『ロスト・イン・スペース』



今回は「Netflix」配信の特撮ドラマです。

1965年のテレビドラマ「宇宙家族ロビンソン」のリメイク作品で、2018年
に「Netflix」で公開されたSFテレビドラマシリーズです。



概要──。


2046年、天体が地球に衝突する危険が迫り、選別された家族は植民星
アルファ・ケンタウリに向かう。だが恒星間宇宙船レゾルートを異星
のロボットが攻撃し、植民者たちはジュピター型宇宙船に乗って緊急避難
する。
ロビンソン家の乗るジュピター2号と他のジュピター型宇宙船は、時空の
裂け目に遭って、見知らぬ惑星に着陸する。異星の環境に直面し、
ロビンソン家と他の植民者たちは惑星から脱出しようとする。



新作映画にも登場のライトセーバーレプリカ

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】

人気コミックを全巻セット










◆迷走解説。




今回の特撮ドラマはまた「Netflix」配信です。

「スタートレック・ディスカバリー」といい、今回の「ロストインスペース」
といい、本当に目が離せなくなってきました。

テレビドラマである「宇宙家族ロビンソン」はもちろん見ていますが、あまり
面白くなかった記憶があります。
そのせいか、今回の「ロストインスペース」ももう一息という感じですね。


この作品の前に、映画版でリメイクされています。
これも見ましたが、やはりもう一つでした。

それでも映画版も含めて、今回のドラマシリーズが最高ではないかと思います。
また、初期作品とは大きくストーリーなども変更されていました。

当時はアメリカの作品はファミリードラマというスタイルを取る作品が多
かったと思います。
「奥様は魔女」なんかもそうなんですが、そういうスタイルのドラマが
多かった気がします。

もっともこれは日本でも似たようなものでしたが。

そういうタイプの作品をなにもSFに持ってこなくても良いだろうというのが
子供心にもあった気がします。

ファミリードラマが苦手な訳ではないのですが、特撮ドラマに絡ませないで
ほしいと思っていました。


一番の変更点は「ロボット」日本版では「フライデー」が異星人のロボット
になっている点です。
デザインだけではなく、性質そのものが変更されています。

昔、アメリカ作品でも「フライデー」という名前があるものと思い込んでいま
したが、現実にはただの「ロボット」とよばれていることを知ったときにはいささ
驚いた記憶があります。

日本には「鉄腕アトム」があって、アンドロイドなどには特別な気持ちがあるせい
か、名前があって当たり前だという気がしていましたね。

でもアメリカではただのロボットと冷たいものだと感じたものです。

今回のロボットも絶対的な味方ではないようです。

そしてDr.スミスも今回は男性ではなく、女性に変わっています。

昔は小狡い悪党で愛嬌もあるキャラクターでしたが、今回は愛すべき点の
ない悪党として描かれています。
本格的なサイコパスですね、それもけっこうリアルにいるタイプです。


今作では「アルファ・ケンタウリ」が移民星となっていますが、太陽系
から一番近い恒星系です。
昔からこの恒星系に生物がいるのではないかといわれていました。

ですが時空の裂け目に入って見知らぬ惑星へと不時着しますから、話が
たんなる移民星の冒険開拓ではなくなっています。

Season2があるかどうかは分かりませんが、ありそうな気もしますね。

ただ宇宙開拓というか、そういう作品は他にもあったのですがあまりヒット
していなかったと思います。

「アース2」という宇宙移民の特撮ドラマもあったのですが、Season1で
終わっていますから。

そういう意味では先行きはあまり良くないかも知れません。


ただ、もしかすれば、1960年代の他のSFドラマである「原潜シュービュー」や
「タイムトンネル」なんかもリメイクされて「Netflix」で配信されてくる
のかもしれません。

できれば昔の作品だけではなく、オリジナルも作ってほしいですね。


「スタートレック・ディスカバリー」も今までの作り方と大きく違って
いました。

あれは「24」と同じドラマの作り方なのですが、それよりも本来
「スタートレック」には禁止事項があったのです。

「ディスカバリー」では、それを許可したということになります。

それを撤廃していますから、「Netflix」だからなのか、それともネット配信
だからなのかが分かりません。

ここら辺は日本も見習ってほしいところですね。


「アマゾンプライ」も「仮面ライダーアマゾンズ」いこう、注目している
のですが、どうもお笑いやバラエティー番組に力を入れているようです。

もっと特撮にも力を入れてほしいのですが。


以前から日本のアニメ制作会社とはどうなのかと気になっていたので、調べて
みるとやはり「Netflix」と契約しているアニメ制作会社がありました。

思った通りです。

「プロダクションI.G」と「ボンズ」が包括的業務提携契約を締結したそうです。

ボンズが「A.I.C.O. Incarnation(アイコ・インカーネーション)」という
アニメを、「B: The Beginning(ビー・ザ・ビギニング)」を「プロダクションI.G」
がそれぞれ第一弾として制作していました。

一応見てみましたが、海外の反応は分かりませんが日本ではヒットしないと
思います。

オリジナル作品だったので期待したのですが、これはいささかですね。

悪くはないのですが、ですがこのタイプの作品だと物足りないのです。

ここら辺は長い間オリジナル作品を作ってこなかった弊害かも知れません。

それにアニメ制作会社だからといって脚本などは別問題ですからね。
原作を探す必要はないですが、もう少し小さくまとまるのではなく、マニアック
に振り切った方が良いかも知れません。

もともと日本アニメは原作ありきで始まっていますから、もしかすればオリジナル
制作は未知の分野なのかも知れません。


どちらにせよ、テレビは一部の人たちだけが見る、ますます時代遅れのコンテンツ
になってきたように思います。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

全国格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー
ノートパソコン購入おすすめ、海外工場委託生産でいつも低価格提供!
ロリータファッションなら【ユー&ミーキャット】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題






▲PageTop

本能寺ホテル | ジュブナイルとの接点

特撮











本能寺ホテル
作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『本能寺ホテル』



今回は映画「本能寺ホテル」です。

「プリンセス トヨトミ」の「鈴木雅之」監督と「綾瀬はるか」さん・
「堤真一」さんが再びタッグを組んだSF映画です。

この映画の原作はなくて、脚本は「相沢友子」さんです。
原作があるのかと思っていました。



あらすじ──。


倉本繭子は勤めていた会社が倒産し、あてのない生活を送っていた。
そんなある日、繭子はかねてから交際している吉岡恭一からプロポーズされ、
流されるままに婚約する。

繭子は恭一の両親の金婚式の祝賀パーティーに出席するため京都を訪れる。
しかし、予約していたホテルは手違いで泊まることができず、途方に暮れ
ながら街をさまよった繭子は、路地裏にひっそりと佇む「本能寺ホテル」
なるホテルに辿り着く。出迎えた支配人に導かれるように中に入り、
エレベーターに乗った繭子は不思議な世界へと迷い込む。

気が付くと、繭子は戦国時代の京にタイムスリップしていた。しかも、彼女
の前に現れたのは、天下統一を目前にした織田信長であった。
繭子は訳の分からないまま、“本能寺ホテル”と戦国時代の京を行き来しながら、
信長とその小姓・森蘭丸との交流を深めるうち、次第に信長の人間性に惹かれていく。

しかしやがて、繭子は迷い込んだその日が、1582年の本能寺の変が起きる
前日であることに気付くことになる。



アニメ・コラボアクセサリー

ブロッコリーオフィシャルストア

【なんでも買取!リサイクルネット】










◆迷走考察。



どうやら「ブリンセストヨトミ」がヒットしたので、同じヒットを狙って
同じスタッフとキャストで制作されたようです。

ですが「プリンセストヨトミ」は「万城目学」さんの小説が原作としてあり
この「本能寺ホテル」は原作がなくオリジナル脚本です。
そして原作の力はやはり強いようで、オリジナル脚本では興行成績で肩を
並べることは出来なかったようです。


ですがこの作品、個人的には好きな作品です。
好きなタイムスリップものだったということもありますね。

この映画を観て一番に感じたのは、作りが昔の「ジョブナイル」小説と
同じだということです。
実は「ジョブナイル」は好きな作品群なのです。

「ジョブナイル」というのは、今のようにSFという言葉がまだ一般化される
前に当時のSF作家たちが、学生用の雑誌などに掲載していたSF作品を主に
さします。

当時はSF関係の仕事がなく、今ではどの方も大御所になられたビッグネーム
ばかりなのですが、アニメの脚本やら学研雑誌の掲載作品やらをしなければ食べて
いけなかった苦しい時期でもあります。


有名で何度も映像化されている「時をかける少女」も「ねらわれた学園」も
「なぞの転校生」もともに原作は「ジョブナイル」小説です。
今で言えばライトノベルに近いのですが、登場人物が学生であることや
あまり過激なことができないなどの縛りの多いものでした。

これらの当時の禁止されていた制約を全て取り去ってしまうと、今の「ライトノベル」
になると思います。


そういう意味では、今は仕事のしやすい環境にはありますが、だからといって
制約がないからといってそれがそのまま売れる、ヒット作品にはなりません。

また、ライトベルはこのブログでは何度も指摘していますが、アニメ原作用
みたいなところもあるのも事実ですし、求められてもいますね。

そういう意味では違った制約があると思います。
また制約があった方が面白い作品ができるという側面もあります。


「ジュブナイル」は当時の学生の空気感というか、生の学生生活をリアル
に感じられる作品が多いのも特徴の一つですね。
大掛かりな特撮や激しい戦闘シーンがあるわけではないのですが、それが
かえって「ジュブナイル」らしさをだしています。

この「本能寺ホテル」のストーリーを、そのまま学生の修学旅行に置き換える
と「ジュブナイル」になります。


例えば──。

京都に修学旅行にきた学生たち、一部の学生たちが何かのミスでホテルの部屋
がなくなってしまう。
そこで急遽ホテルを探すと、本能寺ホテルと言うものが偶然見つかり部屋が
とれた。
主人公たちが属する学生グループだけがこの本能寺ホテルへ宿泊することに
なり、そこでタイムスリップという不思議な現象に出会う。
初めは何かの映画の撮影かと疑っていたが、やがて現実のことだと分かってくる。
学生たちの持つスマホなどの現代のテクノロジーを見てよろこぶ信長。
新しいものが好きな信長によろこばれて歓待される。
やがて本能寺の変が近付いてくるに従って、史実を伝えようかどうしようかと
悩む学生たち。


──と、言うような流れになるでしょう。



これは映画「本能寺ホテル」のだいたいの流れと一緒です。
また、場所を大きく変えないでホテルを拠点として、物語がまわります。
映像の撮り方も良い感じです。

これも「ジョブナイル」向きの映像でしたね。

またタイムスリップするための道具が、古い壊れたオルゴールというも
いかにも「ジョブナイル」に良くあるアイテムです。

古道具屋で買った壊れた機械がタイムマシンであるとかは良くあるのです。
これは、脚本の「相沢友子」さんがジュブナイルに詳しいとしか思えません。


ですから、「本能寺ホテル」はとても好感の持てる作品でした。
何度も言うようですが、タイムスリップと言うのが好みでもあります。

この「ジュブナイル」のフォーマットはこの作品を見て他にも使えるのでは
ないかと思っています。
すでにこの作品でやっていますから。


タイムスリップものはタイムパラドックスの破綻という制約はつきますが、
色々とやりようがあると思います。
なにも大掛かりなセットや特撮を使わないでも作品化できますし、ある意味
お手頃SF作品を作れる素材だと思っています。

萌えアニメ全盛で、あまりにもライトノベルはその原作へと傾きすぎている
ように感じますので、こういう古い「ジュブナイル」の手法を見なおしてみるのも
一つの方法としてあって良いかと思いますね。


それでは、次回でまたお目にかかりたいと思います。

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

サイクルベースあさひ

プレミアム ティー メゾンクスミティーの公式オンラインブティックがオープン 税込5,400円以上のお買い上げで送料無料

詳細を見る














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

最新コメント

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
610位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
39位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR