FC2ブログ

特撮

【 特撮 】 記事一覧

SPECサーガ完結篇 SICK'S恕乃抄 | 異能力と超能力

特撮











SICK'S恕乃抄
SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
DMM
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

退職代行「EXIT」

『SPECサーガ完結篇 SICK'S恕乃抄』



概要──。

「SICK'S」とは、1999年放送のTBSドラマ「ケイゾク」や2010年からスタートした「SPEC(スペック)」シリーズから続く、「SPECサーガ」の完結編に位置する作品で、恕・覇・厩の3部作で構成。木村が演じる、SPECと呼ばれる特殊能力を持つSPECホルダーの御厨静琉(みくりや・しずる)が、自らのSPECの存在に疑問を抱きつつ、SPECホルダーを巡る国家や権力者、宗教団体などの対立に巻き込まれ、その疑問と向き合っていく物語。松田は、SPECを巡る事件の巻き添えを食い、警視庁公安部を自己都合で退職した高座宏世(たかくら・ひろよ)を演じている。

御厨と高座が所属する「内閣情報調査室」内のスペックホルダー対策の特務事項専従係、通称「特務(トクム)」の係長・野々村光次郎(ののむら・こうじろう)には竜雷太が扮している。メガホンを取るのは、過去2シリーズ同様、鬼才・堤幸彦監督。今作でも独自の世界観に加え、コミカルな演出もふんだんに盛り込まれている。今回の地上波放送にあたり、再編集された全5話をオンエア。


【オンラインリアルクレーンゲーム】

TSUTAYAの動画配信サービス!










◆迷走考察。



今回はTVドラマ「SPEC」シリーズを取り上げました。

このシリーズは長く続くドラマで、全話は見ておりません。
ですのでこの作品そのものを深く掘り下げることはいたしません。

ではなぜこのドラマを取り上げたのかは、それはこの「SPEC」が
特殊能力者たちの物語だからです。



このブログでは何度か、最近のアニメのトレンドとして超能力ではなく
異能力というものが作品の大きな力となっていると解説してきました。

「SPEC」を記事にしたのは内容的にも「異能力者」そのものだったからです。

「SPEC」か「アニメ」かどちらが先にこの「異能力」を作品内へ取り入れて
行ったのかは分かりません。
こういう設定はたぶんアニメが先だとは思いますが、もしかすればテレビドラマ
が先であるかも知れません。

実は遠い大昔に、今見るとお笑いなのですが、こういう「特殊能力」を持った
キャラクターが作られていました。


「少年ジェット」というテレビドラマがあって、これは漫画が原作です。

このドラマは大変に古くて、我々も僅かにおぼえている程度です。
「幻探偵」や「スーパージャイアント」「七色仮面」「月光仮面」といった
テレビ黎明期の少年向けドラマの一つでした。

記憶にあるのは、おそらくは再放送で見ていてかすかにおぼえていたのだ
と思います。

それくらい古いドラマです。
このドラマにハマっていたのは我々よりももっと上の世代、すでにどっぷり
年金生活をおくっている年齢層です。


この「少年ジェット」の主人公が「ミラクルボイス」という特殊能力
をもっていました。

「うーやーたー!」と叫ぶと振動波を発生させて相手を失神させるという
ものですが、テレビで見ていると地震が起こっているように見えて、当時の
子供たちは皆地震を起こしているものだと思っていました。

自分もつい最近までそう思っていましたから。

敵である「ブラックデビル」も異能力を持っていて、稲妻を発生させる
能力でした。
「ブラックデビル」は山高帽に片目がね、マントを羽織ってステッキを
持っていました。

まるで怪人二十面相と同じような姿なのですが、このステッキを振り下ろし
て稲妻を発生させていましたね。


面白いのはこの頃はまだ本格的な週刊漫画雑誌はなかったはずです。
貸本屋が主流の時代でした。
「ゲゲゲの鬼太郎」の前作である、「墓場鬼太郞」や「鉄人二十八号」
も貸し本版があったはずです。

「少年ジェット」は調べてみると月刊誌の「ぼくら」──微かにおぼえて
いる程度です──でした。
古すぎてよく分からないのですが、今の漫画雑誌とはかなり体裁の
違うものだった──付録がものすごく多かったと記憶しています──
はずです。


漫画にせよドラマにせよ、この手の「特殊能力」は超能力とは違う
ものでした。
どちらかと言えばリアリティとは無縁な、エンターテイメント性の高い
ものです。

それが本格的に週刊の漫画雑誌などが次々と創刊されていって、漫画も
本格的なストーリー漫画へと進化していきました。
その頃から「超能力」というものが現れ始めて、我々が物心ついて最も
活動的であった子供時代では主流になっていった設定です。

一番印象に残っているのが「幻魔大戦」だったのですが、「石森章太郎」
さんや「横山光輝」さんという大御所の方々はすべて「超能力」でした。

そういう意味では「モブサイコ100」は超能力という設定で、言わば復活し
てきた設定が使われています。
今の設定の主流は「特殊能力」や「異能力者」である訳です。


この違いを考えていた時がありました。

それは「超能力」という設定はある種のリアリティを感じていたのでは
ないかということです。

実際に自分たちも、当時の仲間たちだけではなく当時の子供はだいたいが
超能力というものは人には使われない能力として潜在しているのではないか
と考えていました。

その根拠として脳の大部分が使われておらず、それがなんらかのショックなど
で使われるようになると「超能力」が目覚めてくると言うものでした。

これは漫画を読んでいた当時の我々子供たちだけではなく、描く方も信じて
いたところが窺えます。
それを最もはっきりと現していたのが大友克洋さんの「アキラ」でした。

この「アキラ」以後は超能力ものは作られなくなったように記憶しています。
真っ向からこの「超能力」のリアリティーを追求していたようなところが
ありました。


それがしばらくすると「異能力」であったり、「特殊能力」であったりと
する設定が現れてきます。
違いは「超能力」は万能でリアルなものであるのに対して、「異能力」は
限定的な能力でありリアリティのないエンターテイメント性の高いもので
した。

その特徴をもっとも良く現しているのが、「ONE PIECE」の「悪魔の実の能力者」
です。


実は学生の頃に、当時のSF好きな仲間と話していて漠然とですが感じていたこと
があって、それは「超能力」というものは作品展開する上では限界があると
感じていました。

後に「アキラ」でこの設定は復活するのですが、主流であったこの「超能力」
設定は半ば自然になくなっていったのはこういう欠点があったからではないか
と思っていました。

それは先にも触れたリアリティにあって、今でも「ムー」といったオカルト
雑誌などでは良く取り上げられていて、昔のソ連やアメリカでは極秘で研究
されていたとかの記事がありました。

また我々が学生の頃にはオカルトではなく、まともな考察として「超能力」
を研究している本が実際に出版されていました。

それらの背景があるので、「超能力」をエンターテイメントとして大きく
逸脱させにくいというのがあったのです。


対して「異能力」はもともとリアリティというものとは無縁です。
例えオカルト雑誌の「ムー」でも、「悪魔の実」が本当にあったなんて
記事を載せることはないですからね。

全て絵空事ですと誰でも分かる設定です。

今作る側から見てみると、「異能力」の方がエンターテイメント性が高いの
で作品を作る上では面白いし、とても使い勝手が良いのです。
「超能力」設定はなまじリアリティが伴ってくるので、エンターテイメント性
という意味では自由度がなく使い勝手が悪い。

今の「異能力」が主流になるのは分かりますし、自分も制作者側としてみた
場合、この設定を支持します。

この設定の良さはそのまま「ONE PIECE」「K」「文豪ストレイドッグス」や
「ジョジョの不思議な冒険」、ライトノベルの数々のキャラクターの能力として
登場して盛り上がっています。

この設定だけでも面白いですからね。

この盛り上がり方も納得です。

個人的にもいくつか考えていたこともあって、なにかで実現させたいとも
考えています。

これらの設定を実写化すると「SPEC」になってしまうのです。
面白いですし、長く続くシリーであるのも納得の作品でした。

時には見落としがちになるのですが、こうしてあらためて考えて見るのも
良いのではないかと思います。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

急な故障に…24時間対応の自転車修理保証付き。

空調服の品ぞろえも豊富!作業服のだいまつ













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト

▲PageTop

スタートレック:ディスカバリー | シーズン2

特撮










スタートレックディスカバリー
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『スタートレック:ディスカバリー』




今回は人気SFドラマシリーズである「スタートレック・ディスカバリー」
シーズン2です。



U.S.S.ディスカバリー・艦隊登録番号NCC-1031、クロスフィールド級、
全長750.5メートル。

◯マイケル・バーナム(ソネクア・マーティン=グリーン) / 日本語吹替 - よのひかり - 当初USSシェンジョウの副長(ナンバーワン)で中佐。反乱罪に問われて階級を剥奪され終身刑を宣告される。後に戦時徴用されてUSSディスカバリーに乗務しS1最後で中佐に復帰。かつて両親をクリンゴン人に殺された後サレクに救われて育てられ、バルカン学習センターおよび科学アカデミーに初めて参加した地球人。並行宇宙ではISSシェンジョウの前船長。

◯ガブリエル・ロルカ(ジェイソン・アイザックス) / 日本語吹替 - 咲野俊介 - 船長。天才的な戦術家であり、微妙に南部訛りがある。私室には多くの生物の標本を飾る。船長を勤めたUSSブランを失った思い出だとして、光過敏症の治療を避ける。実は並行宇宙出身であり、そこでは反逆者とされる。

◯ サルー(ダグ・ジョーンズ) / 日本語吹替 - 桐本拓哉- 中佐。当初USSシェンジョウでマイケルの同僚。後にUSSディスカバリー副長。宇宙艦隊初のケルピアン人。ケルピアンは被捕食種族であり、そこから発生した強い警戒心と死の到来を感知するリスク神経を備える。プロデューサーによれば「スポックやデータに相当するキャラクター」とされている。並行宇宙ではISSシェンジョウ船上の奴隷(名前はなし)。

◯ポール・スタメッツ(アンソニー・ラップ) / 日本語吹替 - 川中子雅人 - 大尉のちに少佐。宇宙菌類学者の科学士官、同性愛者。名前のモデルは、実在の真菌学者ポール・スタメッツ(英語版)。並行宇宙では皇帝旗艦(宮廷艦)乗務。

◯シルビア・ティリー(メアリー・ワイズマン(英語版)) / 日本語吹替 - 坂井恭子 - 乗組員。宇宙艦隊アカデミー最終学年の士官候補生のちに少尉。バーナムと同室になる。並行宇宙ではISSディスカバリーの船長。

◯アッシュ・タイラー(シャザド・ラティフ) / 日本語吹替 - 加瀬康之 - 大尉。クリンゴンの戦争捕虜であったがロルカと共に脱出した。




シーズン1──。


ディスカバリーはクロノスの洞窟内にジャンプし、ジョージャウ、マイケル、タイラー、ティリーは地図作製用ドローンを持ってオリオン人の街に入り込み、古のモローの神殿を探す。マイケルはかつて目の前で両親をクリンゴン人に殺された思い出をタイラーに語る。ドローンは実はクロノス全体を破壊するハイドロ爆弾であり、コーンウェル提督と取り引きをしたジョージャウが神殿地下からつながる溶岩道に仕掛ける。ディスカバリー乗員は惑星連邦の理念に立ち戻り、反乱を示唆してコーンウェルを翻意させて大虐殺を止める。マイケルは起爆装置をルレルに渡し、ルレルはその脅威の下に帝国を統一する。タイラーもルレルに同行し、ジョージャウは自由の身となる。マイケルは地球で養父母に会い、サレクがクロノス爆破計画を支持したことを知る。マイケルは功績により恩赦を与えられ、中佐に復帰する。スタメッツは少佐に昇進し、ティリーは少尉に任官し、サルーは勲章を授与される。ディスカバリーは新艦長を乗せるため、サルー臨時船長の下でサレクを乗せバルカンに向かうが、エンタープライズのパイク船長から救難信号を受け取る。






シーズン2──。


マイケルはエンタープライズに乗務するはずの弟スポックのことを思い出し、サレクと語り合う。スタメッツはカルバーの死に耐えられず、バルカン科学アカデミーへの転任を希望する。謎の信号源を調査中に大規模に故障したエンタープライズのパイク船長はディスカバリーに乗り込んできてサルーから指揮権を一時的に取り上げ、謎の信号源の調査に向かう。目標点に着いたディスカバリーは小惑星に不時着した医療船ハイアワサを見つけ、パイクとマイケルらは救助に向かう。小惑星でマイケルは天使のような存在を目にする。一行は負傷者とジェット・リノ中佐をディスカバリーに収容し、ディスカバリーは非バリオンの暗黒物質からなる小惑星を捕獲する。パイクとマイケルは互いの命を救いあい信頼を深める。マイケルはスポックの去ったエンタープライズで弟の日誌を見る。



もったいない本舗

スタートレックシリーズ










◆迷走解説。




この「スタートレック・ディスカバリー」はシーズン2です。
シーズン1がヒットしたので、公開中にシーズン2の制作が決定して
いました。

個人的にはとても期待していた作品です。

シーズン1では今までの「スタートレック」の規制をあえて破るという
おきて破りの作品を作りましたので、どうなるかと思っていました。

シーズン2も快調のようです。


シーズン1ではおきて破りの思い切った攻める内容でしたが、それを
受け継ぐ続編はどうなるかと思っていました。
シーズン2は少し本来の「スタートレック」に戻っています。

ですが展開は相変わらず早いのですが、前作のようにキャラクターの
めまぐるしい入れ替えなどはまだありません。


前作ではクリンゴン帝国との戦争が始まりから終結へと向かう道筋が
縦糸としてシーズを通して描かれていましたが、今回は銀河に現れた
七つのシグナルの謎を探ることがシーズンを通して描かれる縦糸として
存在します。

そして真打ち登場で、若かりし日の「スポック」が登場します。

今回はこの銀河に現れたシグナルと深い関係にあり連邦から逃走しています。
また、前作ではあまり登場しませんでしたが謎の超生命体がけっこうな頻度
で登場してきます。

ここらへんは本来の「スタートレック」の本筋に戻っています。


まだ前半ですので詳しい内容は分かりませんが、前作で登場していた人物も
やはり出てきます。

連邦でも表の任務ではなく裏の任務についている特別チームの存在があるようで、
そこで前作ではパラレルワールドで皇帝だった人物が属しています。
そこに前シーズンでは人間に偽装していたクリンゴンのスパイも混じり、これから
の波乱の展開の予感がします。

また人気があるらしくスピンオフ作品もあるようですが、これはまだ見ていません。


何はともあれ我々のように特撮大好き人間からすると、とにかく新しいシーズン
が作られたことにうれしさよりも安堵しています。

この「スタートレック・ディスカバリー」は人気シリーズだけに「Netflix」
専属配信ではありませんが、「Netflix」は不特定多数ではなく、ジャンル別に
好きな人たちに向けた特化した作品を配信しておりやってくれると唸らせて
くれます。

SFはじめ、特撮作品はネット配信に向いていると思います。


アニメも「HERO MASK」という専属配信のアニメがあり、制作が「魔法少女」で
おなじみのスタジオピエロでした。

それが海外を舞台にした、それも美少女も魔法も学園も関係ない大人のドラマ
のような警察アニメを作っていました。
作りが非常に丁寧で制作費がかかっているのが分かる出来でした。
大変に好感の持てるアニメに作品です。


こういうことをしてくれていますので、「Netflix」からはますます目が放せ
なくなっています。
まだ「カウボーイビッパップ」が作られたという話は聞いていませんが、そう
いう発表はありましたから作られるかも知れません。

「Netflix」専属配信の作品がヒットしていけば、さらに伸びてきますね。
これは以前にも書きましたが、もっと早くやるべきことでせっかくネットという
インフラがあるのに勿体ないとずっと思っていました。

やっとそれを実現してくれる企業が現れてきました。
ただこういう革新的なことは海外からで、日本発信ではないのがいつもの
ことで残念な気がします。

これを今まで何度見てきたことか。
考えはあっても、いつも海外から始まりその後追いでしかやらないのです。


今はまだテレビは王様ですが、この先はどうなるかかなり分かりませんね。

ずっと昔、子供の頃ですが「紅白歌合戦」をどの家庭も見ていた時代が
ありました。

物心ついてくると面白くないので全く見なくなったのですが、それは自分
だけではありませんでした。
学校の友達も大勢が同じで、「紅白」はその頃から親や大人が見るものと
思っていました。

初詣と同じで子供たちには関係ないもので鬱陶しくて嫌な番組でした。
民放は総出で「紅白」潰しの番組制作をやっていてこれが面白かった。
自分たちが大人になる頃には「紅白」はなくなっているんじゃないかと
思っていました。


それが今や、民放が「紅白」の話題を放送するくらいです。
テレビが衰退していくと言われて久しいですが、この一連の流れを見ている
と当然だと思えます。

なによりも「所場代払え」理論で金を取る放送局が存在し続けていられる
ことがおかしすぎる。

こんなテレビなら消えても良いと思えますね。

変われない、変わろうとしないものに残っている当然の結果で、むしろ
遅すぎる位だと思えます。
テレビ同士の競い合いではなく、そんなものに目もくれずに新しい
メディアが台頭してくるのかも知れません。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

もしもの時に備えて安心!蓄電池で電力確保【UPS搭載リチウム蓄電池セット】

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



▲PageTop

ザ・プレデター(原題:The Predator) | プレデターの四作目

特撮









ザ・プレデター
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『ザ・プレデター(原題:The Predator)』


今回は人気SFシリーズの「プレデター」の四作目です。

監督 シェーン・ブラック
脚本 フレッド・デッカー(英語版)
   シェーン・ブラック
原案 キャラクター創作
   ジム・トーマス
   ジョン・トーマス

出演者
   ボイド・ホルブルック
   トレヴァンテ・ローズ
   ジェイコブ・トレンブレイ
   キーガン=マイケル・キー
   オリヴィア・マン
   トーマス・ジェーン
   アルフィー・アレン
   スターリング・K・ブラウン


概要──。


監督のシェーン・ブラックは、シリーズ第1作でアーノルド・シュワルツェネッガー
演じる主人公率いる特殊部隊の隊員ホーキンスを演じた。
内容は第1作の続編であり、異種交配を経て進化したプレデターが登場する。





あらすじ──。

物語は、ある宇宙船がもう一隻の宇宙船より攻撃を受け、地球に墜落降下するシーンから始まる。

アメリカ軍特殊部隊のスナイパーであるクイン=マッケナは、南米にて仲間と共に麻薬組織の暗殺作戦に従事していたが、突如飛来した宇宙船墜落に巻き込まれ、パイロットである獰猛な宇宙人プレデターと交戦。 プレデターの攻撃で仲間を皆殺しにされてしまうが、証拠品として宇宙船からヘルメットとガントレットを回収し、命からがら逃げ延びる。 回収したプレデターの装備品はクインの自宅へ送られ、クインの息子であり発達障害を抱えながらも天才的な記憶能力を持つ(サヴァン症候群)ローリーの手に渡る。

その後アメリカに帰還したクインだったが、プレデターとの遭遇を握り潰したい政府はクインの主張に取り合わず、「気がふれて仲間を殺害した」としてクインを逮捕し軍刑務所送りにしてしまう。 尋問のあと護送車に載せられたクインは、そこで「チーム名:ルーニーズ[7][8]」と称する他の退役軍人受刑者で、ネブラスカ、コイル、バクスリー、リンチ、ネトルズの5人と知り合う。



ゲームパソコンブランド「G-Tune」

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗










◆迷走考察。



個人的にはこの「プレデター」シリーズは好きなシリーズです。
最初の「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演作品から、ずっと
見ています。

ただ、「エイリアンVS」になってしまってからは少し期待外れなものに
なっていますが。

それもあってか、「エイリアン」は初めの世界観へと戻されています。
「リドリースコット」監督は好きな監督なのですが、「エイリアン」は
あまり好きではなかった作品です。

ですがどうもスコット監督は「エイリアン」に強いこだわりをもっているようで
元の「エイリアン」の世界へと戻しています。
今後は、「エイリアン」VSは作りにくいと思いますね。


どうやら「プレデター」も第一作の続編のようで、今後はこの路線で行くように
感じます。
二作目も悪くはないと思うのですが、これも無視されています。
最後も次回作を予感させる終かたをしていますので、続編が作られるのは
間違いないと思います。


個人的な感想ですが、この「プレデター」のどこが良いかというと
質の高いSF作品を目指すとかの背伸びをしないことです。
凶暴な異星人が地球人を狩りの対象として暴れて、それに対抗する兵士たちが
武器を手にとってドンパチ戦うという単純な構図が良いのです。

ある意味B級作品のようなエンタテインメントを目指すぶれない姿勢が良いですね。
まるでしっかりとしたフォーマットが見えるようです。

この物語のシンプルさはとて重要に感じていて、いつもシンプルで面白い
ものを目指しています。


このシンプルさは「ターミネーター」の第一作にも感じました。
特別な演出をしないでも対立構造がそのまま物語の展開につながっている
のでいやでも分かります。
つまり見ていてもわかりにくさのかけらもないほど、単純でわかりやすい。

ある意味、このシンプルさはハリウッド作品の特徴の一つでもあります。
シナリオの世界ではハリウッドメソッドなんて言われたりしています。
映画の世界ではハリウッド映画が世界ナンバーワンですが、単に規模や
お金のかかり方が違うだけではないのだと思います。

世界を制するだけの理由があると言うことかも知れません。


ちなみにですが、第一作で登場してきた「ミニガン」ですが、この映画
以降いろいろな作品に時々登場してきます。
ですが人が持って射撃できる「ミニガン」は現実には作られていません。

ベトナム戦争の頃に試験的に作られたことがあったらしいのですが、とても
人が抱えて射撃できる代物ではなかったそうです。
それは当たり前で、バッテリーやモーターを含めると数十キロになる
ようなガトリング式の機銃は人の力では操作できるものではありません。

銃に詳しい人は皆知っているのですが、映画に時々出てくるので本当に
あると思っている人がけっこういます。
これは完全にステージガンだけの話です。

「ミニガン」とは通常車載機銃の一種で主に戦闘ヘリなどに搭載されています。
口径7.62ミリが主ですが、12.7や5.56ミリも存在します。
基本的には20ミリのバルカン砲と同じ構造です。

さらに蛇足を付け足せば、1980年代頃だったと思いますが、22LRを使う
ものでガトリングタイプのマシンガンが作られています。
これは弱装弾ですので人が抱えても射撃できました。
広まりませんでしたが、これならば撃てますが「プレデター」には通用
しないでしょうね。


ガンマニアにとっては「プレデター」は物足りないものですが、それでも
楽しく見ることができました。
ただ時々ですが「おっ!」と思わせるものが登場してきます。

「プレデターズ」では「AA-12」というフルオートショットガンがあるので
すが、これが登場しました。
映画の設定である傭兵が通常装備で使っているとは思えない銃器ですが、
光学迷彩で姿を隠せる「プレデター」には点ではなく、面で制圧できる
ショットガンは有効であると思われます。
たぶん制作する側もそれを考えてのことだと思います。

また「ブレイザーR93」というボルトアクションライフルが登場するのですが、
これはマニアックでした。
直動式というマイナーな作動方式のボルトアクションで軍用で使われている
かどうかはよく分かりません。
素早い操作ができるので軍用向きではあるのですが。
制作している側にガンマニアがいたんでしょうね。


50口径対物ライフルである「ゲバード」あたりを対プレデター装備の一つ
として持たせても面白いのではないかとずっと思っていました。
対物ライフルは大きくて重く、さらには反動がでかいので立射で撃つこと
を殆どしない銃器です。

ですが「ゲバード」の場合は銃身が後座しますから反動が軽減されます。
わりと撃ちやすいそうですし、銃身を後座状態で運べますから持ち運び
しやすいというメリットもあります。

もし「リドリースコット」監督が「プレデター」を撮るとどうなるんでしょうね。
個人的には「スコット監督」の銃器の使い方が好きなのですが、まったく
違うティストの「プレデター」作品ができるかも知れません。
個人的にはこのフォーマットをほかでいかせないかなと考えています。



好きな話に話題が脱線してしまいました。

今回はこれくらいで、次回またお目にかかりたいと思います。

【SoftBank Air】工事不要!コンセントに差すだけで届いた日から高速インターネットがすぐ使える!

ダイエットサポートコーヒー














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





▲PageTop

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 | 完結編

特撮









仮面ライダーアマゾンズ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』




この映画は「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズの劇場版です。

再編集版としての「劇場版 仮面ライダーアマゾンズSeason1 覚醒」
「劇場版 仮面ライダーアマゾンズSeason2 輪廻」も公開されいますが、
この「最後ノ審判」は劇場版として制作されました。


鷹山仁・ 仮面ライダーアマゾンアルファ・谷口賢志。
水澤 悠・ 仮面ライダーアマゾンオメガ ・藤田富。
御堂英之助・仮面ライダーアマゾンネオアルファ・ 姜暢雄。



ストーリー(映画)──。


シーズン2から2年が経過し、4Cによるアマゾン殲滅作戦は佳境を迎えていた。残るアマゾンはオメガ=悠とアルファ=仁の2人。 4Cの黒崎隊に追いつめられた悠は、悠を守るためにあえて4Cに身を置いていた美月の助けで何とか命からがら逃げおおせるも、黒崎の銃撃に遭い負傷した美月と共にある山林の川に呑み込まれてしまう。 次に二人が意識を覚ますとそこは切子村にある「切子聖園」という養護施設の中。施設に預けられていたムクという少女たちに助けられた悠たちは、園長である御堂の計らいで施設に身を隠すこととなるが、そこにアマゾンが出現。子供たちを守ろうとする悠だったが、その目の前で御堂がネオアルファに変身して圧倒的な力でアマゾンを撃退してしまう。

一方その頃、4Cの代表である橘は政治家に取り入り新たな計画を実行に移そうとしていた。それは何とアマゾンを家畜として生産し、富豪たちに最高の食材として提供する「アマゾン畜産計画」。 そしてそのアマゾンとは、まさに悠たちが身を隠している「切子聖園」の子供たちだったのだ。

悠と美月を保護するようにと令華から命令を受けた駆除班、悠たちを駆除しようとする4C、未だ行方の知れない仁。 やがて「切子聖園」の秘密が暴かれる時、悠と仁の最後の決着が幕を開ける。



ブロッコリーオフィシャルストア

自転車通販サイト【cyma】










◆迷走考察。




この劇場版は「アマゾンアルファ」の最後の戦いです。

この劇場版で「鷹山仁」は「オメガ」に倒されてしまい、二人の
長い戦いは今回終止符が打たれてしまいます。

ですが見ていると、「完結編」と銘打っていますが、完結している
ようには感じられませんでした。
続編が作られる可能は充分にあります。


また、劇場版として作れているわりには映画作品としては不十分です。
これは期待を裏切られました。

ドラマシリーズのスペシャル版のような、尺の長い作品といった感じの
出来でしたね。
ですから映画版としては役不足ですが、ドラマシリーズとしては期待通り
の作品といった感じです。


個人的には「鷹山仁」がいなくなってしまうのが残念です。
好きなキャラクターだったですからね。
ただ死んだと言うことになっていますが、実はとい方法はいくらでもあり
ますが。

なんとなくですが、制作側の事情で作られた作品ではないかと感じさせる
ものでもありました。
本当はシーズン3として作りたかったのかも知れません。

映画の作りではなかったですね。


仮面ライダー全シリーズの中では、この「仮面ライダーアマゾンズ」が
一番好きです。
もともとダークヒーローが好きなのもあって、肉弾戦そのものの腕や首が
もぎ取れるという描写が好きです。

そういう好きな作品であるだけに、今回の映画版は残念でした。
個人的には新たなシーズンが始まってほしいと願っています。



今回はあまり書くことがないので、このネタを自分ならばどう処理する
かを考えてみました。

まず「アマゾン細胞」ですが、今のように万能細胞の開発が進んでいる
現代ですから、もう少しリアルにそしてSF的に解釈していっても良いの
ではないかと考えます。

アマゾン細胞がどう人間の役に立っているのかという点を追求してみた
いですね。
アマゾン細胞が人の細胞を喰らうことで副作用として変身するとか、
そういう面をだしたしていた方がアマゾンを始末する理由になる気がします。

変身すると凶暴になり人を襲うというような理屈がほしいです。
そのためにアマゾン細胞を使って臨床試験を受けた試験者たちが人を
襲うので、それらを始末する必要に迫られる。


それらのハンターとして人の細胞を喰らう必要もなく変身できる装置として
ベルトなりが開発されたとしたいです。
アマゾンズが擬態した被験体が逃げ出すのではなく、夢の細胞であるアマゾン
細胞が持ち去れて使用されるというじたいがおこって拡大するとした方が
個人的には対立構造として納得できます。


産業スパイというのはあまりニュースになることもないのでドラマの中だけ
のように思えますが、最先端技術の世界では普通におこっていることでもある
ので、盗まれることもあると思う。

基本的には今作の「アマゾンズ」のような対立関係にはしないと思います。


昔、暴走族のような若い連中が強さを求めてクリスを使い、その乱用で
変身して理性を失っていくという設定を考えていたのですが、これが
使えると思います。

言わば違法な臨床試験として馬鹿な若者を利用して使うと言うのを描く
と思います。
そういう夢の細胞があれば軍事産業が黙っているはずがないですから、
兵器としてのアマゾン細胞移植者も描けますしね。

そのアマゾン細胞の活動を抑制する薬物を弾頭に入れて使える弾丸が
開発されるとかも作れますし、色々と構想は広がります。
大きな対立構造としては、危険な細胞の開発を葬り去ろうするものと
その細胞の開発を進めるものとの対立として描くと思います。


自分の考えはとにかくとして、この「仮面ライダーアマゾンズ」は
ここで終わってほしくないですね。
ぜひ、次の作品も制作してほしいと強く願っています。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

巻くだけ体感リセットウェア

動画配信ならTSUTAYA TV!




 









同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




▲PageTop

BRAVE STORM ブレイブストーム | 実写版巨大ロボット作品

特撮










ブレイブストーム<BRAVESTORM>
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『BRAVE STORM ブレイブストーム』



今回は応援していた実写版巨大ロボット映画である、「ブレイブストーム」
です。

巨大ロボットものが続きます。


1970年代に放送された宣弘社制作の特撮テレビドラマ『シルバー仮面』と
『スーパーロボット レッドバロン』を1つの作品として再構成したリブート
映画です。


製作は、元円谷プロダクション副社長の「岡部淳也」さんが設立したブラスト
が手がけ、プロデューサー・脚本・編集・監督を岡部自身が務めたそうです。
制作体制も、現在の映画業界の主流である製作委員会方式をとらず、岡部さん
による自己資金調達が行われたということです。



ストーリー


西暦2050年、地球はキルギス星人の侵略により滅亡の危機に瀕している。
人類滅亡を回避するため、春日光二・はるか・光三の兄妹3人はキルギス星人
が襲来する以前にタイムスリップする。

西暦2018年、天才ボクサーの紅健は地下格闘技場で人間離れした対戦相手と戦い、
さらにチグリス星人に殺されそうになるが、春日兄弟によって助けられる。

西暦2013年にやってきた春日兄弟は、健の兄であるロボット工学者の紅健一郎
に巨大ロボットの建造を依頼し、そのパイロットとして選ばれたのが健であった。



話題の最新曲から懐かしの曲まで豊富なラインナップ【ひかりTVミュージック】

漫画全巻ドットコム

自転車通販サイト【cyma】










◆迷走解説。



この作品は何度かこのブログで紹介しております。
制作開始される前から期待していた作品でもありました。

特撮好きとしては、「トランスフォーマー」や「パシフィックリム」の実写化
の大ヒットを見ると苦々しいものを感じていたからです。


まったく話題にもなっていなかったので出来のほどはと思っていましたが、
悪い作品ではなかったです。
好感の持てる作品でした。

ある意味、ハリウッド作品ように世界的な大ヒットを意識せず独自の路線
を進むのも一つの選択ではないかと感じました。
変に大ヒットを意識してどちら付かずになってしまっては面白い作品になら
ないからです。



主人公たちが未来から異星人の侵略を防ぐためにやってくるというのは、
「リターナー」と同じ設定ですが、この設定は良くSF映画では
多用される設定です。

アニメでももっとも多用される設定ですし、有名な「ターミネーター」
は今更いうまでもなく未来からやってくる殺人アトンドロイドです。

タイムスリップものでは一番多用されている設定なのかも知れません。
「ドラえもん」もそうですし、それだけ使いやすい設定なのだと思います。


未来はどうとでも描けますが、過去は史実としてあるものですから制作する側
の都合で勝手に設定することはできません。
現代から200年前にタイムスリップしているのに、その時代の人たちが携帯電話
を使っているなんてことを描けませんからね。

対して未来は未確定な出来事ですから、宇宙人が地球征服していても世界大戦
で人類が滅亡しかけていてもいくらでも作り出すことができます。
ですからどうしても過去ではなく未来を設定する方が都合が良いのです。


そしてこの「ブレイブストーム」も未来から主人公たちがやってきます。

この設定ではあまり物語の破綻は見られない作品が多くて、この作品も悪い
展開ではありませんでした。

ただ一点、「シルバー仮面」が必要であったのかというとこれは必要
なかったと感じました。
特殊な戦闘用スーツなんですが、これを使うのであれば巨大ロボットは必要
なかった気がします。

ただ昔の「レッドバロン」は紆余曲折あった作品で、初めの作品では巨大
ロボットだけの戦闘に絞った作品ではなく、等身大の人が戦うシーンも多く
撮られていたと記憶しています。

「レッドバロン」から「マッハバロン」へと続くのですが、当時の特撮ドラマ
はあまり面白く感じなくて、子供向けにするのかもっと年齢層を高く設定
するのか明確にできなくてどちらにも振り切れていない作品が多かったように
記憶しています。

そのせいかしっかりと見ておらず記憶が曖昧です。



今作ではそれらの作品を知り抜いた上で作られている気がして、上手くまと
まっていると感じさせられました。
そういう意味では好感の持てる作品ではありましたが、やはりどうしても
「パシフィックリム」などと比べて見てしまいます。

侵略テーマとしての今作の「シルバー仮面」は良かったので、これはこれで
別に作っても良かったのではないかと思います。

正直なところ、実相寺監督の「シルバー仮面」は昔から好きではないのですが、
派手なアクションSFとしての活かし方はもっとあるだろうにとずっと
思ってました。


漫画「ULTRAMANN」がオールドファンからも支持されて人気を得たのは、
巨大ではなく等身大の戦闘スーツだからです。
戦闘スーツはもっといかせる設定だとずっと思っているのですが、仮面ライダー
のように変身ものばかりにとらわれていて新しいものを作ろうとしてきていません
でした。

巨大ロボットや怪獣に縛られないで柔軟な発想がないとダメだと思うのです
が、日本の特撮人は先入観ばかりにとらわれていて、良いキャラクターなど
をいかせていないと感じていました。

見ているとこのシーンはお金をかけないで苦労しているなと言うところが
随所にあって、良い意味で自主映画的にも感じました。
とにかくエキストラを使わないモブシーンがカットされていて、必要な
ところだけにお金をかける方法でした。

これはこれで良いと思います。
下手にお金をかけてしまっても良い作品ができるわけではないですから。

次の作品も期待したいですね。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

ノートパソコン購入おすすめ、海外工場委託生産でいつも低価格提供!
ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
手ぶらバーベキュー!食材、ドリンク、道具全てご用意可能です!★手軽にBBQ.com★















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題



▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

最新コメント

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
476位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
27位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR