ゲーム

【 ゲーム 】 記事一覧

弱虫ペダル | 刀剣乱舞

ゲーム














弱虫ペダル関連
DMMオンラインゲーム
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
Yahoo!ショッピング
ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】

DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!



「ロードバイク女子から刀剣女子へ」


今回はちょっと更新が遅れるかなと思って焦ってしまいました。
書き終わって完成したデーターがいつの間にか消えていたからです。

どうやら操作を間違えたようなんですが、ただパソコンの不調かも
しれずなにやらいやな感じです。
一応バックアップを気にしてやっていたのですが、そこで間違って
しまったのかもしれません。

パソコンの電源を落とす前にやりますので、半ば反射的にやっていて
確認していませんでしたから。
ただ操作していると今まで思っていなかったことがあって、なんだ
これは状態です。

パソコンも違えばOSも新しくなっている。
小さなことなのですが、今までと違うところがたくさんあってそれが
原因している気もします。

もし更新が大幅に遅れるようなことがあればパソコン関係でまた
トラブルかな位に思っていただきたいですね。
もっともこのブログを楽しみにしている方がもしいたらの話では
ありますが。

それにしてもPCはとても面倒な代物です。
少し文章が足らないかもしれませんがあしからずお許しくださいね。







さて、「弱虫ペダル」から発生した「ロードバイク女子」ですが
一時はかなりの数を見たのですが、今は全く見かけなくなりました。
昔からロードバイクに乗っているものからすると、とても珍しい現象
でなぜだと調べてみるとアニメの「弱虫ペダル」が原因であると
わかったのです。


「弱虫ペダル」はロードレースを題材にしたスポーツ学園アニメです。
それもあってこのブログではすでに記事してあります。

それらの記事を書くようになってから、ロードバイク女子の動向を
気にしていました。
ですが、昨年の暮れから現在に至るまでロードバイクに乗っている
女性の姿を一人も見かけなくなりました。

これは見事なくらいです。

外出しているときや、ロードバイクで走っているときはかなり注意
して見ているのですが。
あっけにとられるほど完全にいなくなりましたね。

ブログではママチャリしか乗ったことのない女性が、同じ自転車である
からといっても簡単に乗れるものではなく、すぐに乗らなくなるので
高価な無駄遣いになるのでやめておいた方が良いと書きました。

それが現実になったわけです。

そもそもロードバイクはレース用の自転車で、セッティングがとても
シビアで、なにも知らないで乗るとこれほど乗りにくいスポーツ自転車
はありませんからね。
値段も入門機でも20万くらいする高価なものです。

これもあって人からロードバイクのことを聞かれると勧めたり
しませんでした。


この「ロードバイク女子」のブームでショップが喜んで高いフレーム
を仕入れたりしていたようです。
ですがこれは絶対にやめた方が良い。
売れ残っているのではないですかね……。

そもそも女性にロードバイクが人気が出てブームになったのではなく、
アニメ「弱虫ペダル」の影響で女性がロードバイクを購入していた訳
だったからです。


つまり「ロードバイク女子」というものは初めから存在しなかった。
単なるアニメファンの女性が、ファン心理から作品内で使われていた
ロードバイクを購入していただけだったからです。
だから好きなキャラが乗っていたロードバイクである「ビアンキ」な
どが売れたそうなんですね。

これを間違って、女性にロードバイクが人気が出てきたというように
とらえられていただけだったのです。
女性の心変わりの激しさを揶揄するのは簡単ですが、そもそもロードバイク
ファンではなく、アニメ「弱虫ペダル」ファンであるので当たり前です。

そして「弱虫ペダル」そのものの人気はどうかというと、テレビアニメが
終わってもいまだに人気は健在です。
波及効果としての人気が落ち着いてきただけで原作の人気はまだ健在です
からね。

中古パソコンショップ ジャンクワールド
オリジナル・ペット(犬・猫)フィギュア制作サービス「3D PETSHOP」
国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!



◆刀剣女子ブーム。

そしてまったく同じような現象が「刀剣乱舞」と呼ばれる
オンラインゲームの人気から今現在おこっています。

それは「刀剣女子」というブームです。

これはDMMで公開されているブラウザゲームである「刀剣乱舞」
という「刀剣」育成ゲームから来ています。
すでにこのブログでも「刀剣乱舞」は取り上げていますが、ここでもう
一度簡単にゲームの説明をしておきます。


「刀剣乱舞」は歴史に名を残している名刀である刀剣を「審神者(さにわ)」
という物に眠る想いや力を目覚めさせる能力を使って「付喪神」へと成長さ
せて擬人化し、歴史を修正しようとする者たちと戦う刀剣育成ゲームです。


その刀剣が擬人化したものが「刀剣男子(全員イケメン)」で、これに
女子が食いついて爆発的に人気が出たものです。
このゲームは同じオンラインゲームである、「艦隊これくしょん」が
すごい人気で、その次のゲームであることから始まる前から注目して
いました。

先に、爆発的と書きましたが的ではなく、まさに人気が待ち構えていた
ように爆発しましたね。


ゲームが公開されるなりしばらくはサーバーが解放されないことが続いて
いて新規登録すらできなかったのですから。
あらかじめ予約登録を受け付けていましたが、そのときからかなりの数が
あったことになります。

「艦隊これくしょん」の人気から多くのゲームプレイヤーもこの
「刀剣乱舞」に注目していた模様です。
それが見事に当たったという訳ですよね。


この人気から「刀剣女子」という言葉が生まれたのですが、ここでも
「弱虫ペダル」と同じで、刀剣が好きな女性が増えたわけではないという
ことに注目していただきたいですね。

「刀剣乱舞」の熱烈なファンが行動を起こして、その波及効果として
「刀剣女子」と呼ばれる人たちが出てきているに過ぎません。
つまり「刀剣女子」ブームは波及効果としての二次ブームなのです。


ただその効果がすごくて、刀剣を調べるために博物館へ展示があるか
と問い合わせたり、急に刀剣関係の本が売れて増刷されたり、さらに
はこれら擬人化された刀剣を作った刀鍛冶(現代では包丁などを制作)
が残っているのですが、そういうところへ出かけていくという男性の
感覚ではちょっと信じられないような人気のでかたと行動力でニュース
にもなっています。

ただこの人気の爆発力がすごかった。
女性の行動力は侮れないと改めて感じましたね。


ニコニコ動画プレミアム
アニメ・イラスト痛カーテン
【同人ファクトリー】同人グッズ製作専門サイト



◆女子の暴走パワー。

「ロードバイク女子」の時もそうでしたが、この「刀剣女子」ブーム
で改めて女性のパワーに驚いています。
その行動力は驚異的です。

男の感覚からいうと、良い意味でも悪い意味でも、躊躇やこだわりと
いうものがないのかと思うほどの変わり身の早さで、驚くと同時に呆気
にとられてしまいます。

まるでスイッチが切り替わったように次のブームを作っていて、この人たち
のしたいことは本当はどこにあるんだろうと疑いたくなってくるほどです。


最近は脳科学の研究から、「男性脳」と「女性脳」という言葉が良く
使われるようになってきていますが、たぶん、それはあるのだと思い
ますね。
でないと、我々男性の感覚で考えた場合、理解不能なことばかりなの
です。


過去のブームですが、「Jリーグ」の発足と同時に起こったような
サッカーブームと、相撲ですが「若貴フィーバー」と呼ばれるほど
のブームになった時期が一部重なっていたりしていました。
このときもブームの火付け役は多くの女性ファンでした。

同じ女性が今まで相撲を応援していて、グッズは購入するは追っかけ
はするわで熱狂していたのに、今度は顔にペインティングして、
サッカーの応援に出かけて完全に「若貴」を忘れてしまっていた。

この人たちにいわせれば、もう相撲は「お腹いっぱい」で良いそうで
サッカーにしても最後までルールもしっかりわからないままという
女の子が多かった。

なにか好きな選手を通して熱狂することが目的であって本当は
サッカーも相撲もどうでも良いのかもしれません。


これと同じで、「ロードバイク女子」も「刀剣女子」も追っかけて
いるものについて詳しくありません。

ロードバイクのことは高価なロードバイクを購入しても、好きなキャラクター
が使っているメーカーだからですし、日本刀に関する知識も好きな擬人化
キャラクターの刀に関しては誰が使っていて刀鍛冶は誰でということは
知っていても刀剣そのもについては詳しくありません。


自分は銃器は詳しいのですが、刀剣に関しては興味がないのでまったく
知りません。
ですが身近に「刀剣好き」がいて話を聞いたことがあるのですが、
「なまくら刀」という語源の意味を教えてもらったことがあります。

切れない刀や刃物を「なまくら」といいますが、これは刀を作る時
鉄の板を叩いて伸ばすのですが、これを鋼を鍛えるといいます。
伸ばした鋼をさらに折りたたんでまた打って鍛えるのですが、こうして
できあがるのがあの日本刀にできる波紋です。

この鋼を打ち鍛えることを繰り返すことで切れ味の鋭い刃物ができあがる
訳なんですが、では何度も鍛えればさらに良く切れる刀になるかというと
そうではないそうなんです。
ある回数までが限界で、それ以上鋼を打ち鍛え続けると逆にまったく
切れない刀になってしまうそうで、それを「なまくら刀」というそう
なんですね。

これを聞いたとき、面白い話だなと思ったのですが、おそらくこういう
知識は「刀剣女子」は知らないでしょうし、もともと興味もないと思います。
それは先にも書きましたように、刀剣女子と呼ばれてみても本当はゲーム
である「刀剣乱舞」の熱烈なファンだからです。


そう考えてくると、「刀剣乱舞」の本当の意味での勝負所はここから
ではないかと思います。

それは「Jリーグ」のブームと、相撲の「若貴」ブームの違いです。

「相撲」ブームは横綱である「若花田」「貴乃花」の引退で相撲その
ものの人気がブームが去ると同時になくなりました。
今はまた人気を盛り返していますが、スター選手が現れるまでは人気
が低迷していた時期もありましたからね。

ですが「Jリーグ」はブームが過ぎ去っても、人気を維持しており、
これらの人気の陰には男性ファンの存在があったからです。
「相撲」は女性人気からブームになっても、それに触発されてファンに
なった男性がいなかったものと思われます。


ブームになるとある程度身近な人間からでもそういう噂は聞こえて
来るものなんですがこれがありませんでした。
「Jリーグ」に関してはけっこういろいろなところから噂が耳に
入ってきていて相当数の男性ファンがいることは確かでしたからね。

この違いから、ブームを作るには女性のあの爆発的なパワーが必要
なのかもしれませんが、その人気を維持しさらに発展させるために
は男性ファンの存在が必要不可欠であるということです。


そういう面から考察すると、「弱虫ペダル」よりも「刀剣乱舞」
の方に分があると思います。

「刀剣」の他に、「歴史」「武将」「お城」「忍者」というように
関連するファンがすでにたくさんいます。
むしろ「刀剣」に注目が集まらないのは遅すぎる位ですからね。

それに対して「弱虫ペダル」は原作の漫画とアニメ人気だけです。
その中でも「2.5次元」と呼ばれ舞台版「弱虫ペダル」はよく頑張って
いるなと思います。

ですがそれくらいで、せっかくの人気を本当の意味でのロードバイク
人気や、スポーツ競技としての「ロードレース」人気へと発展させる
ことができていませんからね。


人気の爆発力や発展性、ともに「刀剣乱舞」が上回っています。
「刀剣女子」と呼ばれるブームですが、男性人気もかなりあります
からね。
ニュースではよりインパクトのある「女性」人気だけを取り上げたがり
ますが、男性人気もすごいですよ。

ただ作った側もここまで人気が出ることを予想していなかったかも
しれません。
それは商品展開などが追いついていないからです。

暴走しているような「刀剣女子」の背中を追いかけるようにいろいろな
イベントを行っている感じがします。

惜しいと思うのは、これだけ人気がありながら、「刀剣」「武将」「歴史」
「忍者」というものが結びついていないというか、点と点をつなぐ
ものがないということなんですね。

このブログの「刀剣乱舞」のところですでに書きましたが、しばらくは
「刀剣乱舞」の人気から目が離せません。


それではまた次回、お会いいたしましょう。


楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

あの名店の美食をそのままお届け~東京カレンダーショッピング~

ミリタリー専門オンラインショップ【FRONTLINE】

絶版・品切れ本を皆さまからの投票で復刊させる読者参加型のリクエストサイト

復刊ドットコム









Doujin manga and game download shop - DLsite English





  

  

  

  

  

  

  















スポンサーサイト

▲PageTop

刀剣乱舞2 | 擬人化

ゲーム



   


   刀剣乱舞ONLINE オンラインゲーム




オンラインゲーム
R18 オンラインゲーム
エッチなアダルト美少女ゲームをダウンロード販売!
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
DMM 同人サークルのコミック、ゲーム、CGをダウンロード販売!
DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!


「擬人化ゲームの秘密」


今回は前回の続きです。

「刀剣乱舞」もスタートダッシュでこれだけの人気の爆発が
ありますが、ゲームの人気は一つの企業の運命を左右するほどの
力があります。

ゲーム関係に関しては守備範囲ではないので、見当違いのところも多々ある
かも知れませんがあしからです。
自分なりに考えたことを書いてみたいと思います。



さて、まず思いつくのはネットゲームの強さは「課金」よる収益の
大きさですね。
以前のように単にゲームを物販で販売するのとは比べものにならない
額です。

DVDゲームだとディスクが売れきってしまえばそれでおしまいですが、
ネットゲームの場合は人気が続く限り、新しいサービスを提供していく
限り収益を上げることができます。

一つの企業(ミクシイがこれで盛り返しました)が、ゲームの成功で
傾きが戻ったというのも話しには聞きますし、小さかったゲーム企業が
一躍誰でも知る大企業へと発展するというのもあります。

もっともここまで行くと、いろいろとその「課金」方法に問題が出たり
でニュースになったりもしていますが。

ちょっとというよりも、かなり「ギャンブル性」を感じます。


ただこれらのニュースを見ても驚きませんでした。
実は、ネットゲームはその黎明期のころから中毒者を生んできたのです。
確か海外で禁止になったものもあって、もちろん今と違って企業が
本格的にネットゲームを開発する前の話です。

この頃からこれらの中毒性に関しては指摘されてきました。
ですから驚きはしないのですが、違った意味で日本のネットゲームには
「オヤ?」と思ったことがありました。


それは海外、近い国では「韓国」や「中国」ではまさにネトゲー廃人が
沢山存在することです。

インターネットゲームのトラブルから殺人事件に発展することも
珍しくなく、「中国」では社会問題化しているので強制連行して
治療する矯正施設まで作られています。


では、「日本」ではと振り返ってみると、確かに「課金」問題が
社会問題化したり、一部ではかなり深刻な問題になっていることも
確かです。

ですが「韓国」「中国」にくべて廃人やホームレスを大量生産する
ほどではなく、そう言う意味では程度の差はありますが「健全」ではないかと
思えることですね。

ゲーム関連は守備範囲外ですので間違っているかも知れませんが、もしか
してアニメや漫画王国のような日本は、この先行漫画&アニメ文化によって
これらのゲームの進行を食い止める役目を担っているのか知れないという
ことです。


「中国」も「韓国」もネットを使って、大量の日本のアニメが入り込んで
います。
逆に海外のアニメが日本に入ってくることは殆どなくて、「ディズニー」作品
のように大ヒットした映画アニメがあるくらいです。

これは裏を返すと海外には日本のようなアニメがない、または少ないからで、
そこへ日本のアニメが入り込んでいったので海外で人気がでたとも言えるのです。

ですので、もし海外のアニメ事情が今と違って沢山作られていたら。

自国の人たちにあうアニメが多数存在したとしたら、今のような日本のアニメ
の人気はなかったと思いますね。
日本アニメが世界進出とかクールジャパンといわれるときにいつも欠ける
のがこの海外のアニメ事情です。

無批判に日本アニメが最高というのは他を見ていないから言える言葉
だと思えますね。


話しを戻しますと、この日本の独特のアニメ事情がネットゲームの中毒者を
減らしているのかもしれません。

日本のネットゲーム、とくに「艦隊これくしょん」や「刀剣乱舞」は
独特ではないかと思えのです。

月額業界最安値のモバイルルーター【Yahoo! WiFi】
Y!mobileのスマートフォンなら2,980円!
安心の修理実績12万台超!【iPhone修理あいさぽ】




◆日本のゲーム文化。
翠星のガルガンティアONLINE FLEET オンラインゲーム


一つには「擬人化」です。
日本のゲームやアニメは「擬人化」がとくに多いのです。

もちろん擬人化していないゲームも沢山あって、それも人気があります。

「擬人化」はゲームというよりもアニメやキャラクター単体として
独立しており、展開方法が広いのが「擬人化」の一つの特徴であり強み
だと言えるかも知れません。


欧米のゲームの楽しみ方はキャラクターを追いかけているといるという
よりも、自らがゲームキャラクターになってプレイしているそのものを
楽しんでいるように感じます。

つまり純粋にゲームのプレイに重きを置いている。


それが戦闘シュミレーションなどにも現れており、実弾を使わない
バーチャルリアリティによる戦闘シュミレーションなどがかなり
発展、進歩してきているのです。

それをアーケードゲームに取り込む動きがあって、日本のゲーム
業界は後発というよりも、あまり関心をもっているように感じられ
ません。


ネットゲームもプレイそのものが重要なのが欧米なのですが、日本の
ゲーマーはプレイよもキャラクターなどに関心が向いているようにも
思えるのです。

それが「ネット廃人」や「ネットトラブル」から発展した殺人の
ような犯罪につながりにくい要因かもしれません。


海外でもミッキーマウスなど「擬人化」は人気があるのですが、
あまり無機物を「擬人化」しません。
と、いうよも無機物を擬人化したキャラクターを知りません。

ここら辺は文化の違いが大きくて、日本のように何でもかんでも「擬人化」
すればよいというわけにはいかないのです。













日本の民間信仰には、長い年月を経て古くなったり、長く生きた依り代
(道具や生き物や自然の物)に、神や霊魂などが宿るという「付喪神」
という考えがありました。

ですのでそれが機械であろうとお城であろうと「擬人化」することに
抵抗がない最大の理由なのだと思います。
それにアニメやゲームの擬人化の場合、すべて「萌え」や「イケメン」
要素が入っていなければなりませんしね。


自分たちがサークル活動していた当時は、この「擬人化」作品
がありませんでした。
ですがその時から「擬人化」は人気が出ることが分かっていたので
しきりと「擬人化」の話しをしていたのを覚えています。

アニメでは「びんちょうたん」から始まっているともいわれていますが。

いまや「擬人化」作品は巷に溢れているといってよいほど多いのですが、
自分たちが先にやりたかったという思いは強く残っています。

──残念です──。


「擬人化」作品を成功させることができれば、18禁作品や二次創作
しなくてもオリジナル作品で勝負ができると思っていたからです。

今や当時と違って殆どのグッズが同人でも作れるというのにどこも
やっていないのは残念というよりも、当時と今と意識がまったく変わって
いないということだと思います。

業界といってよいほど整備されているのに、意識はまったく進歩して
ないのでしょうね。


当時はいかに18禁や二次創作作品を作らないで、オリジナル作品(創作系)
で活動を続けていけるかをいろいろと考えていましたね。
結局、実現できませんでしたが。

このもっとも強い武器になるのが「擬人化」キャラクターであった
訳です。
それを今実証したものを沢山目にしているわけです。

【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!
ヤフオク!
売りたいをヤフオク!で



◆文化の違い。
千年戦争アイギス オンラインゲーム


この文化の違いは実はとても大きくて、日本のアニメやゲームがこれほど
世界的に注目されても日本と同じように海外へ浸透していかない要因がここに
あると思います。


この「擬人化」や「萌え」化したキャラクターですが、欧米の
キャラクター事情は少し違います。

決して「キャラクター」が売れないわけではなく、その嗜好が
違うのです。


この「キャラクター」ビジネスですが、自分が知る限りではこの
ビジネスを成功させたのは「ジョージ・ルーカス」だったと記憶
しています。

古い話で記憶に自信がないのですが、「STAR WARS」シリーズ
の成功は映画興行の成功だけではなく、これらのキャラクターを使った
キャラクタービジネスの成功にもあったと記憶しています。

これ以前には、キャラクタービジネスそのものがなかったのです。
あるにはあってもビジネスモデルと言えるものではなかったと思いますね。

この成功でルーカスフィルムが一躍バカでかくなったとか。
巨大企業になったと思います。


ここら辺の記憶が曖昧で申し訳ないのですが、ルーカス・フイルムと
ドリームワークスが一緒くたになってしまっていたりして、かなり
あやふやです。

そのルーカスフィルムも今はディズニーに買収されてしまいました。
月日のたつのは早いものです。


この「キャラクター」ビジネスの成功が莫大で、ハリウッドがキャラクター
ビジネスに乗り出してきたと思います。

ですが欧米のファンの好きなオモチャは、「アクショントイ」なんですね。
日本では古くは「GIジョー」くらいしかアクショントイはありません
でした。

ロボットは超合金といい、数多すぎて名前を挙げられないほどですが。


またキャラクタートイといっても美少女フィギュアが大半で、これが
海外ではあまり受けない。
日本でもスター・ウォーズのキャラクターやアクショントイは販売
されていましたが、やはりそれほど人気がない。

最近になってやっと、それなりに売れてきたのではないですからね。
古くからあったのですが。


この文化の違いが大きく横たわっているので、「艦隊これくしょん」も
「刀剣乱舞」も日本と同じ考えで欧米に持ち込んでも人気はでないと
思いますね。

「刀剣乱舞」はキャラクタートイをメインにするのではなく、
模造刀やキャラクターが着ているファッション。

つまりコスプレに力を入れた方が良いでしょう。


日本の「クールジャパン」戦略は、日本のビジネスモデルを
そのまま欧米に持ち込もうとするまったく策のないやり方なので
成功できるとは思えないのです。

実際に、小泉政権の時にやっていて失敗もしていますからね。

次から次へとネットゲームを打ち出してくる「DMM」ですが、
しばらくは目をはなせないですね。


ここら辺は、昔にいろいろと話していてアイデアはあるのですが
使うチャンスはなかったですね。


話しがドンドン本筋が離れていきそうなので、これくらいにしたいと
思います。


スカイライダー・ドローンのデアゴスティーニ

※最近のカプセルトイはすごいですね。

すべてが揃うガチャガチャ・ガチャポン通販サイト【あミューズ】
詳しくはこちら

レッツノート直販サイト



HOUNDS オンラインゲーム




▲PageTop

刀剣乱舞1 | 超人気ゲーム開始

ゲーム





刀剣乱舞ONLINE オンラインゲーム



オンラインゲーム
R18 オンラインゲーム
エッチなアダルト美少女ゲームをダウンロード販売!
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
DMM 同人サークルのコミック、ゲーム、CGをダウンロード販売!
DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!



「やはりきたか刀剣乱舞!」

今回は、前々回でも少しふれていますが「刀剣乱舞」の記事と
なりました。

もともとこのブログでも取り上げるつもりだったもので、ブラウザゲーム
である「刀剣乱舞」がスタートしましたので記事にしました。


予想していた通り、すごい人気です。
スタートダッシュが早すぎる。

これほど爆発的に人気がでるとは恐れ入りました。


おそらくですが、「艦隊これくしょん」の成功があったのだと思います。
「艦隊これくしょん」でDMMゲームに注目していたファン達が一斉に
食い付いた気がします。

それでないとゲームファンの間に広がるまでの時間が短すぎる。
それでも影響力が半端ない。

すでに「百花繚乱 ~君の心を白刃取り~ 鍛刀準備」が幕張メッセで
3月8日にオンリーイベントの開催が決まっています。

このイベントを始め、要望が多いらしくすでに全国10か所での
オンリーイベントが決まっているそうです。
さらに増えていくでしょうね。


これだけではなく、「刀剣」に関する書籍も売れているらしく
増刷という出版社あるそうです。
また、東京国立博物館の公式ツイッターでは「刀剣」の展示に
関する問い合わせが激増していると報じられています。

波及効果がすごすぎる。

「風林火山」ではないですが、「侵掠すること火の如く」ですね。
──まさにです──。

枯れ葉に火を付けたように人気が炎を上げているかのようです。


今年の夏コミはこの「刀剣乱舞」が大活躍するかもしれません。
まだフギュアなどは発売されていませんが、申請は次々と来ている
そうです。

アニメ化に関してはまだなんの発表もありませんが、まず間違いなく
アニメ化するでしょう。
実写化も面白いとは思いますが、映像化は間違いないところですね。


「刀剣乱舞」を制作したのは「ニトロプラス」と「DMM」ですが、
さすが「ニトロプラス」といったところでしょうか。

Yahoo!ショッピング
売りたいをヤフオク!で
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!



◆刀剣乱舞とはどんなゲーム。



「刀剣乱舞」はプレイヤーが「審神者(さにわ)」となって、刀剣を付喪神
「刀剣男子」として蘇らせ、「歴史修正主義者」たちと戦うゲーです。

男女問わず瞬く間に多くのプレイヤーが押し寄せ、現在は新規登録ができ
ないほどらしいのですが、サーバーを増設するまで新規登録をストップ
していましたね。

すでに予告していたサーバーの増設期日は過ぎていますが、新規登録
ができるようにもなっても、おそらくログイン規制はかかっているもの
と思います。


「艦隊これくしょん」の人気も一段落しているものと思っていたのですが、
調べてみるとやはりログイン規制がまだかかっていたりで人気の衰えが
かんじられませんでした。

とうぶんの間は「刀剣乱舞」は好きな時間にプレイできないでしょうね。









※最近ゲームの実況というものに人気があるそうです。



ゲームですから当然キャラクターの商品化も制作段階で見据えています。
まだ「フィギュア」などが発売されていませんが、発売されればさらに
人気に拍車がかかるでしょう。

それにこれだけ人気が出るにはやはり作りが素晴らしい。

よく考えられているからですが、単に刀剣の擬人化というだけではなく、
キャラクターと刀の種類、そして歴史との関係性が作り込まれているか
らです。

登場する「刀剣男士」は刀の種類で少年か青年かが分かれます。
「短刀」は少年ビジュアル。
「脇差」は青少年。

刀が長くなるにつれ大人のビジュアルになるので、なんとなく名前と刀の
種類でその大きさがわかるになります(一部例外もアリ)。

また、刀派ごとに服装に統一感もあり、知らず知らずのうちに刀派まで
覚えることができてしまうのです。
さらに全てのキャラがイケメンです。

この手のゲームでは絶対条件ですね!


さらには、歴史上の有名人に紐付けて覚えられることもこのゲーム
の魅力の一つです。

刀剣=武士・侍の必需品ですが、名刀と呼ばれるものは歴史上の有名人が
所持していました。
逆に歴史上の有名人が所持していたから有名になった刀もあります。

歴史を好きになったらどんな細かいところも知りたいのがファンの心理ですが、
これらの歴史好きの人たちの心理もくすぐるすぐれた作です。


つまりゲームファンだけではなく、歴史好きや武将好き、そして刀剣好きと
関係するファンを巻き込みまくっているのです。

スマホで03発着信、固定電話不要!営業時間設定可能なスタートオフィス
今話題のSkyLinkMobileで月々のスマホ料金をお得に!
ヴィクティム公式通販




◆同人作品として。

さて、ここまで見てきた「刀剣乱舞」ですが、同人としてはどうするでしょうか。

もちろん二次創作化すること間違いなし。
すでに制作に入っているところもあるようです。

キャラクターが全て「イケメン男子」ですから、当然BL化させてしまう
でしょうね。


なにも18禁化させなくても良いものでも、とにかく18禁にしなければ
気が済まないお友達やお姉様しかいないところですから。
時々、いい加減にしろよといいたくなってくるのが玉に瑕です。

コスプレに関してはおそらく台風の目になるでしょうね。
「刀剣乱舞」のコスプレは、もっとも注目されるコスプレになると思います。
とくに刀剣ですから、海外からの注目度も高いと思います。


ただ、同人として「刀剣」の解説本や「武将」の同人誌がでるかどうか。
簡単にいうと、同人はブームになると何でも作ります。
ブームにならなければ見向きもしません。

我が道を行く世間で言うところの「オタク」な人たちはどこにもいない
からです。

アレこそまさにメディアが作り上げた虚像ですね。
ブームに乗っかって目立ちたい人間が自己顕示欲を満たそうとする場所
が同人ともいえます。


昔から、コミケ創設当時から、ミリタリーファンはおりました。
主に第二次大戦期の戦車や戦闘機、艦艇といった雑誌を作っていましたね。

ですが「刀剣」の同人誌は見たことがない。
あったかも知れませんが、殆どあるかないかくらいのものではないでしょうか。


もともと「刀剣」も「お城」も同人とは違った集まりである歴史ファン
の集いのようなところで、ごく僅かですが本なども作られていたようです。

鉄道模型始め、鉄道関係も昔はそうでした。
今や誰でもが知っている「フィギュア」もそうですが、孤高の趣味
で、まさに好きな人しか集まらない世界だったのです。

それが今では同人では欠かせないものになっていますから、出てくる
可能性はとても高いです。

一つ考えられるのが海外への飛び火です。
実は、「武将」や「刀剣」といったものは海外の方が人気が
あるほどマニアがいます。

とくにドイツではマニアが多くて、このマニア達のネットワークが
すごい。
これらがどう動くかなんですよ。

自分が「ニトロプラス」にいたら、たぶん海外へ、とくにドイツへ
仕掛けていますね。
向こうの刀剣愛好家は「オタク」ではなく「マニア」ですからすごいですよ。

ムチャクチャ嫌われるか、絶賛されるかのどちらかでしょうね。


どちらにせよ、しばらく「刀剣乱舞」から目がはなせません。
次回も、この「刀剣乱舞」をゲームという観点から解説してみたいと
思います。


【同人ファクトリー】同人グッズ製作専門サイト

デアゴスティーニ。毎号発売するマガジンには模型パーツなどの付録がつくことが多く、毎号買い集めると精巧な模型やコレクション、趣味のデータファイルなどが完成します。






▲PageTop

Menu

プロフィール

ステマβ

Author:ステマβ
同人やオタク文化について広く迷走発信しています。リンクなどはお気軽にお申し出ください。

最新記事

最新コメント

同人

同人ダウンロード

PR

DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
622位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
同人誌
43位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログ村

人気ブログランキング

アルファポリス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR