漫画

孤独のグルメ | 谷口ジロー

 ←うしおととら | 藤田和日郎 →水木しげる | 悪魔くん・千年王国













谷口ジロー作品
孤独のグルメ
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
MOVIEアイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】

DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!




「谷口ジロー」



「孤独のグルメ」シーズン5放送決定!五郎、海外へ───。

とうとう五郎さんは海外へ出ていろいろなおいしい食べ物を探すようです。
まさに「飯テロ」海外版です。
番組とは関係なく、おいしいものは沢山食べたいですね。

大食らいなので、いつも思います。
でも、願いはいつも願いのままですねぇ………。


これは漫画から実写映像化してもっとも成功した作品の一つです。
そして、もっともコミケなどで大きなお友達が話題で取り上げない作品
の一つでもあります。

ましてやこの「孤独のグルメ」の描いている「谷口ジロー」さん
はその存在があるかと思えるほど大きなお友達やアニメファンの話題
に上らない漫画家の方ですね。

同人サークルで活動していた時からまったく名前を聞いたことがありません。
当然、同人作品も作られたことがない方でもあります。


実写化されてヒットしても、漫画家である「谷口ジロー」さんが多くの
方に認知されることもありませんし、評価されることもありませんでした。
ですがこの方の漫画家としての評価は昔から非常に高く、こういう方の作品
にもっと人気が出てくれたらといつも思います。


とくに海外での評価は非常に高くて、フランス語圏での人気はすごい
ものがあります。
2010年には「遙かな町へ」を原作に、舞台をリヨン近郊としたフランス映画
「fr:Quartier Lointain」が制作・公開されました。

「谷口ジロー」さんの漫画はフランスを代表するブランドであるカルティエ
やルイ・ヴィトンといった高級ブランドの宣伝媒体としても使われています。

中国でも「孤独のグルメ」の中国版が作られているほど人気があります。
台湾などのアジア圏でも人気が高いですね。
でも殆どの方がこれらを知りません。


また受賞歴もそうそうたるものです。

1992年 - 第37回小学館漫画賞審査員特別賞(『犬を飼う』)
1993年 - 第12回日本漫画家協会賞優秀賞(『「坊っちゃん」の時代』)
 1998年
第2回手塚治虫文化賞マンガ大賞(『「坊っちゃん」の時代』シリーズ)
第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『遥かな町へ』)
2001年 - 第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『神々の山嶺』)
2002年
アングレーム国際漫画祭 最優秀脚本賞(『遥かな町へ』)
アングレーム国際漫画祭 優秀書店賞(『遥かな町へ』)
2003年 - ルッカ・コミック&ゲームス(英語版) ベスト・ロングス
トーリー賞(『遥かな町へ』)[
2005年 - アングレーム国際漫画祭 最優秀美術賞(『神々の山嶺』)
2010年 - ルッカ・コミック&ゲームス マエストロ・デル・フメット
(漫画の巨匠)賞。
2011年 - フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ章受章。



──すごい受賞歴ですよ──。

イタリア ミラノ香りのブランド【Millefiori】
写真を撮って送るだけ。ペットそっくりのフィギュアが手に入る



◆アニメ原作だけが漫画じゃない。

一見、漫画好きのように見える同人ファンやアニメファンですが、アニメ
という映像化された漫画原作でないとまったくといって良いほど感心を示
してくれません。

でもいまだに、コミケに一般参加するような人たちは自分たちが知ら
ない漫画などに大変詳しい人たちが集まってきているのだと誤解され
ています。
それはコミケに一般参加している人たち自身もそう思い込んでいますね。

当人たちが自分たちのこを知りませんから、救いがありません………。


ですが普通に漫画が好きで、良く漫画を読んでいるという人にこの
大きなお友達は負けてしまいます。
なぜならばこの人たちは、漫画好きなのではなくアニメが好きなだから
です。

それも「美少女」アニメであり、「萌え」アニメです。
その実態は単純に二次元アイドルの追っかけのようなところがあって、
アイドルオタクと大変というよりもまさに同じじゃないかと思うほど
近いですね。

こういう方たちですから、「谷口ジロー」さんの名前など出てくるはず
もありません。


同じように海外で有名な漫画家さんに「大友克洋」さんがいます。

「AKIRA」の米国版が、アイズナー賞最優秀アーカイブプロジェクト部門
および最優秀国際作品部門を受賞。
2005年フランス政府から「芸術文化勲章シュバリエ」を授与される。
2014年 アニー賞ウィンザー・マッケイ賞を受賞。
2014年 フランス政府から「芸術文化勲章オフィシェ」を授与される。
2015年 第42回アングレーム国際漫画祭・最優秀賞を受賞。



と、海外での評価は日本以上にすごいものがあります。
もちろん日本でも数々の有名な賞の受賞歴がありますね。

そういう意味では「谷口ジロー」さんに近いのですが、「大友克洋」
さんは「AKIRA」がありますので時々ですが、コミケ参加されるような
アニメファンの口に上ることはあります。

ただし「AKIRA」があったからで、他のアニメ「老人Z」や「ロボット
カーニバル」が話題に上ることは殆どありません。
また、同人作品で見たこともありません。

大友さんもまた、同人作品とは無縁の漫画家の一人ですね。
もっとも画力が違いすぎて、同人作家では太刀打ちできませんが。


「谷口ジロー」さんも「大友克洋」さんも大きなお友達が好む嗜好
とあまりに違いすぎているので、殆ど語られることがありません。
サークル活動して時はまったく話を聞くことがなかったですね。

ただ「AKIRA」がこんなにも海外で人気だというアニメニュースを
語るだけで、では熱烈な「AKIRA」ファンがいるかというと、同人
サークルにも一般参加者にもいなかった。

コミケとは関係ない人たちの方にはかなり熱心な「AKIRA」ファンは
いました。

そういう意味では「攻殻機動隊」の「士郎正宗」さんと同じです。
「士郎正宗」さんも「攻殻機動隊」がすごい人気だと熱く語る人たちは
いましたがでは「士郎正宗」ファンを自認(人からも指摘)する人たち
は会ったことも、話で聞いたこともないからです。

こういうことは同人では良くあって、アニメ化されて初めてこれらの
人たちの視界に入ってくるようです。
それ以外はまったく見えないというよりも存在さえしていないかの
ような扱いですね。


この「谷口ジロー」さんはサークル活動をしていた当時は映像化されて
いる作品もありませんでしたから、まったくお名前を聞くことも、作品
タイトルを耳にすることもありませんでした。

今は「孤独のグルメ」がドラマ化されていますから、若干、話題に上る
こともあるかも知れませんが、殆ど語られることはないでしょうね。

「AKIRA」でさえ、ファンと名乗る人物を知りませんから。


「コミケ」などで語られる作品は、「エヴァンゲリオン」であり、
「まどか☆マギカ」であったりするのです。

特に「エヴァンゲリオン」の「庵野秀明」さんに関しては、とてもと
いうよりも異常なくらいに大きなお友達には評価が高いです。
人気の殆どが事実に基づいておらず、ねつ造が多いのも特徴の一つです。

この方々の評価を聞いていると、「大友克洋」さんや「谷口ジロー」さん
など「庵野秀明」さんの足下にも及ばないのではないかと思うほどの
評価でした。

では、評価という点では「庵野秀明」さんは「エヴァンゲリオン」で
第18回日本SF大賞を受賞されたことくらいしか知りません。
また海外での人気もそれほど高くなく、評価もされほど高いという情報
を得ていません。

でも大きなお友達の話を聞いていると、海外でも人気が沸騰している
としか聞こえてこないほどです。

レコード会社直営の音楽聴き放題 【レコチョク Best】
現役女子高生グラビア



◆漫画オンチな同人ファン。

このブログでは何度も、同人ファンは漫画ファンではないと迷走解説して
きました。

ですが一般の方々も、当の本人である同人ファンの大きなお友達もともに
漫画などに精通したファンであると誤解しています。
この錯誤はほんの少しの違いではなく、とても大きいのです。


もうずいぶんと以前の話になってしまうのですが、「エヴァンゲリオン」
をそんなに無意味に評価せずに、ただ好きなアニメであるだけで良いでは
ないかと言ったことがあります。

同人、とくに「コミケ」人気に顕著なのですが、自分たちの好きなもの
は世間でも評価が高いと勝手に決めつけ思い込んでいるのです。
自分たちの好きなものが評価が高いと、自分たちも褒められているようで
鼻が高いのかもしれませんが、世間の評価は「コミケ」ってなに?──
程度のものなんですよ。

「コミケ」という言葉を聞いたことがあっても、実際のところなにをしている
ところか正確に知っている人は少ないですよ。
そもそも一般の人たちにすれば関心そのものがありません。

それは昔から同じです。
あったとしても悪い意味で「コミケ」は認知されています。


これは「クールジャパン」も同じで、空騒ぎが実態です。
このブログでは何度も迷走解説していますが、近いことは「小泉政権」
の時にやっており失敗しています。
それほど海外では人気の実態はないのに、一部の人気をあたかも全体
の人気であるかのように報じているのが実際です。

これに騙されて異業種の企業が同人業界へ参入してきて、小さなマス
を取り合うようなことをするから次々とお互いをつぶし合うことになって
しまって、迷惑しています。


最近では少しずつですが、著名な方々が海外で実際に経験したことを
発信していますが、それを裏付けていますね。
ですがこういうマイナスの情報はスルーされるか完全に黙殺されている
かのどちらかです。

もし言われているような人気があるならば、「アナと雪の女王」の一人勝ち
のような状態をどう説明するのでしょう。
そもそも日本のアニメは、例え「宮崎駿」作品でさえ、ディズニー作品に
興行成績で勝てたことがありません。

ですが、大きなお友達の熱を帯びた話しぶりを聞いているとすでに日本の
アニメはディズニー超えを果たしているかのような錯覚さえ起こします。

「アナと雪の女王」一作に、大きなお友達には大ヒットしているアニメが
十数本束になってかかっても興行成績を見れば一目瞭然、勝負になってい
ないのです。

興行成績とかではなく、自分たちは「萌え」や「美少女」アニメが好き
なんだ──で、なにが悪いのでしょうね。
この一言ですむことを、海外の人気がどうのうと次から次へと話を膨らま
し過ぎてねつ造へと至ってしまうのです。


こういう人たちと話をすると、けちをつけるつもりはないけれど、この
アニメが「好き!」というシンプルなことをどうしていえないのかといつも
思います。
だから何度か言ったこともあるのですが、明確に答えてくれた方は
いませんでした。

同じように「谷口ジロー」さんの海外人気をこの人たちは誰も認めよう
としないでしょう。
「大友克洋」さんも「谷口ジロー」さんももっともっと、国内で評価
されなければならない漫画家なのです。

上から目線で申し上げるようで申し訳ないですが、好きと評価は違う
という当たり前のことに気付いて欲しいですね。
アニメファンは本当に偏狭な、視野の狭い嗜好をしているのです。

「萌え」も「美少女」アニメも悪いとは思いません。
ですが、社会現象も海外の人気も関係ないではないですか。
なぜ「好き」なアニメという一言ですませられないのですかね。

世間一般では、他人の評価を気にしない我が道を行くかのように誤解
されている方々なのですが、実は普通の人以上に世間での評判を気に
する人たちでもあるのです。
「オタク」という言葉に敏感なのもこの方々です。

このブログを書くようになって改めてサークル活動などを振り返ると、
ねじ曲がったような強いエリート意識のようなものが同人の作り手も
受け手側にもあったことに気付かされました。
自分たちが好きで支持しているアニメ作品は社会現象を起こすほど
素晴らしい作品でなければならないと言いたいようです。

こういうまるで無名の漫画家さんのように、同人では扱われている
「谷口ジロー」さんのことを考えると、再度、改めてこれに気付か
されますね。


それでは、今回も迷走したブログ内容でした───。



DMM 電子書籍
DMMオンラインゲーム
ロードバイクなどのオンラインバイクショップWiggle
Panasonicのパソコン直販サイト
楽天市場・楽天ブックスでのお買物がいつでもポイント2倍!






  

  

動画配信









Doujin manga and game download shop - DLsite English






スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【うしおととら | 藤田和日郎】へ  【水木しげる | 悪魔くん・千年王国】へ