アニメ文化

今年のまとめ | 残念なタイムスリップものなど。

 ←冬コミ | ジャニーズアイドル「嵐」 →スターウォーズシリーズ | フォースの覚醒。












DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
DMM.R18 同人やAVなど。


「今年の迷走作品紹介と解説」

これで今年の迷走エッセイの更新は終わります。

次は、ちょうど元日の更新となりますが、よくこれだけ続けられる
ネタがあったものだと思います。

それだけ多くの作品が作られているということもありますが、なによりも
このブログを書くことでいろいろと調べたりまとめたりするようになった
ことは大きかったと思います。


特に今までは見過ごしてきたことに気付くことも多くありましたし、忘れて
いたことも改めて思い出すことも多々ありました。

まあ、同人関係などあまりにひどいことは、あえて書かないこともあるのですが。

なによりもブログを書くことが勉強にもなっています。
これは一つの発見でした。
今までこうやって、体系的に、俯瞰して考えることはあまりなかったですね。


世の中にはあまりに一方的な情報ばかりが流通していることに対してある
種のアンチテーゼの意味も込めて書き始めたのですが(アニメやオタク関係
の情報を人から聞かれることが多く、かつ必ず一方的で間違った情報
ばかりに接します)、今や自分用の新しい発見ブログ的な要素が強く
なっています。

ですから多くの人が信じている情報とはいささか違ったものとなって
いると思います。


今回は今年このブログでご紹介した作品についてある程度感じたこと
をまとめてみました。

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
DJI Phantom 3 Advanced ? HD 空飛ぶカメラ



◆アニメ人気の衰退。

これは少し前から感じているのですが、アニメ人気が下火になってきた
ような気がしています。
はっきり言って失速している感じがありますね。

有り体に言えば、もともと空洞だった実態がむき出しになってきたという
感じです。
これは何年も前から、「押井守」監督が指摘されていますが、まったく
同感です。

「クールジャパン」と言い出した時からこれはまずいと感じていて、
正確な数字を数えていないのではっきりとは言えませんが、アニメ放送も
減ってきているように感じますし、なによりもヒット作自体がかなり減って
きているようにも感じます。

もともと日本のアニメは世間が思っているような華々しい業界ではなく、
アニメーターなどの犠牲の上に築かれたブラックな業界です。
そんな中で、「クールジャパン」の中心のような扱われ方で、異業種が
参入してくるなど一見華々しく見えてもいました。

ですがそれが今更ですが、現実にぶつかったと言う感じていろいろな
計画が頓挫したり、アニメスタジオやゲーム会社の倒産が相次ぎました。


そんな中でも「妖怪ウォッチ」のようなヒット作もあって、アニメファン
のボリュームはやはりファミリー層の方が大きいことを実感させてくれました。

もともと海外のアニメと日本のアニメは文化が違います。
同じコンテンツでも、内容が違うのです。

ピクサーもディズニーもともに、ファミリー層向けのアニメです。
日本の場合はファミリー層向けの作品は少なく、青年から大人向けへと
いって良いアニメが中心です。

また世界的なヒットアニメの殆どが、「ディズニー」や「ピクサー」
で、日本のアニメはスタジオジブリ作品意外は広く浸透していません。
そのジブリ作品でも、世界的なヒットは少ないですね。
どうもこの事実を、日本のアニメファンは無視し続けています。

アニメファンの近視眼的視点は、今に始まったことではないのですが、
非常に自己中的な情報だけを発信また受け取り増幅させています。

このブログではなんども書いていますが、「クールジャパン」は
中身のない空洞です。
アニメは良いように利用されているのですが、それを無視してとにかく
日本のアニメは世界を制するがごとく騒いでいます。

これはもう二十年以上も前から続いています。
彼らの言う、日本のアニメがハリウッドを制するというような事実は
いまだその影もないと言うのに。
そのメッキもどんどんはがれてきていて、ゲーム会社やアニメ制作スタジオの
閉鎖や倒産、地方への移転が続いています。

これらも来年さらに続くだろうと予想されます。
テレビアニメは、来年は「進撃の巨人」第二期や、「テラホーマーズリベンジ」
など人気作品が放送されるようですからある程度の人気は回復されてくるかも
知れません。

個人的には「マクロス」シリーズが好きなので「ママクロスΔ」に期待しています。
ガンダムもマクロスもともにファーストからリアルタイムに見ていますが、
ガンダムではなく「マクロス」の方が好きでした。

個人的にはあまり美少女アニメが好きではなく、アイドルというジャンル
も好みません。

ですが、文化というものを知らないゼントラーディにとって、アイドル
という存在は精神的な脅威とって、戦力差がありすぎるゼントラーディ
軍に勝利するというシャレの効いたアイデアやF14トムキャットのような
可変メカであるバルキーなど好みが多かったですね。

この「マクロス」もハリウッドでの実写化と言われてすでに20年以上
も経っています。
話が出るたびに次々と企画が流れているようですね。
「アキラ」と同じです。

実写にゴーサインがかかったと報じられた後から、次々と駄目になった
いう続報が届きます。
これらを見て、日本のアニメがハリウッドを制したと言うのでしょうか。

むしろ「スターウォーズ」や「ジュラシック・ワールド」、アニメでは
「アナと雪の女王」などが日本でも大人気です。
でもアニメファンはこれをわざと無視して、日本のアニメだけが人気で
あるかのように騒ぐのです。


果たしてこれらの人気アニメが放送されて、どれだけ人気が盛り返してくるか。
ですがそれほど盛り上がらないことも充分考えれます。
それはどうも、制作側が、実写に舵を大きく切り続けていような気がする
からです。

ただこれもアニメではずっと言い続けているのですが、なんでも実写化
すれば良い訳ではなく、アニメ化に向く作品と実写化に向く作品が
あると思うので、人気があれば何でも実写化していてはせっかくの原作人気
をそぐことになってしまうでしょう。

中古パソコンショップ ジャンクワールド
現役女子高生グラビア



◆実写化作品の多さと、タイムスリップものの弱点。

アニメ作品に引き替え、めっきりと実写化作品が多くなりました。

来年は映画で「テラホーマーズリベンジ」もありますし、なんと「珍遊記」が
実写映画化されています。

これはいったい誰が望んでいたんだと言う、疑問が噴出する映画化作品
です。

主演は「松山ケンイチ」さんです。
これは「ど根性ガエル」のヒロシ役でまだ記憶に新しいところですが、
どんな作品になっているんでしょうね。

期待よりも、「なぜ──?」という疑問が大きいのですが、作った
側は低予算でかつ面白いギャグ作品をと思っていたのかも知れません。
コメディ作品だけは、あまり予算がなくてもヒットを狙いやすいジャンル
でもあるからです。

山田孝之さん主演の「勇者ヨシヒコと魔王の城」が地味にヒットしたせいか、
とかいろいろと考えてしまいます。

「いかレスラー」「コアラ課長」「日本以外全部沈没」「ヅラ刑事」
「かにゴールキーパー」「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」
「地球防衛未亡人」などの一連のコメディー映画があるのでそういう
ものとして作ったのかといろいろと考えてしまいました。

それでも、あの少年ジャンプの「珍遊記」の実写化など誰も望んでい
なかったと思いますね。
普通のストーリー漫画ではなく、「ヘタウマ」の作品ですから。

まあ、低予算で脱力系でなおかつブラックでと考え合わせると作って
見ても良いかとなったのかな………。
それとも「HK 変態仮面」が予想よりもヒットした影響からでしょうか。


ただドラマだけではなく、映画も原作付きがヒットしているのです。
「永遠の0」もそうですし、最近の「下町ロケット」も原作があります
からね。
実写化の動きが、漫画ではなく小説原作に移っているような感じも
します。

漫画原作の場合は、ヒットはしないけれど良作が多い気がします。
「ど根性ガエル」も「エンジェルハート」もそうですが、大ヒットしなかった
ようですが、良作であったと思います。


そして残念なのが、「信長協奏曲」と「サムライ先生」です。
タイムスリップものはヒットしやすい要素を沢山持っていますので、
期待していました。

ですがこのブログでは、マイナス面もあることを書いてきたのですが、
見事にこのマイナス面が当たってしまいました。

タイムスリップものは好きなジャンルでもあるので残念です。

やはりタイムスリップものの最大の面白さは、今現在のテクノロジーや
知識を、過去のあの時代やあの場面にもしもあったらどうなっていただろう
かという点が、最大の面白さだと思います。

良い例が、「戦国自衛隊」です。
もし戦国時代に自衛隊が兵器をもってタイムスリップしてしまったらどう
なるのかといった点が、物語の中心であり面白さだからです。

大ヒットした「JIN 仁」もそうでしたよね。
もし幕末に、現在の外科医がタイムスリップしてその技術を奮ったと
したらどうなるのかといった点が物語りの中心であり、面白さでした。

これらの、もし現代の技術や知識があの時代にあればが、どちらもこれを
生かしておらず、「サムライ先生」は過去から現代へと逆タイムスリップ
してきていますので、どう処理するのかと注目していたのです。

いくつか自分でも方法を考えていたのですが、どれにも当てはまらず
盛り上がりにも欠けるまま終わっていきました。


特に「信長協奏曲」は、信長の性格を現在の高校生に置き換えれば
なるほどと思わせる部分もありますので、これはかなり期待していました。
洋物かぶれで新しもの好きなど、当時の常識をぶっちぎっている信長と
いう存在が、実は現代人だったとしたらという発想自体はとても高く評価
できると思うのです。

実写化された作品は恋愛というものに重きを置きすぎて、また「小栗旬」
さんなど人気俳優さんたちにこだわりすぎていると感じました。
あれではタイムスリップそのものの意味がなくなってしまう。
別に、信長と同じ顔の人間がその時代にもう一人いて入れ替わったと
した方が面白くなるのではないかとさえ思ったほどです。

これは実写よりもアニメの方が良かったですね。
もう不満がかなりたまってしまった作品でした。

期待していただけに───。

来年は、最後の映画化作品が公開されますが、どうも見る気になれません。
個人的にはいいたいところがありすぎて。


今年の更新はこれで終わりますが、来年は元日に更新できるかも知れません。
新年、第一回目は公開されたばかりの「スターウォーズ」から始めたいと思い
ます。


それでは、良いお年をお迎えください──。

DMM mobile 通話SIMプラン ライト
思わずニッコリな買取価格!ファッション売るなら【古着買取王国】
毎日のお買い物を便利に ローソンフレッシュ










  

  

  




ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【冬コミ | ジャニーズアイドル「嵐」】へ  【スターウォーズシリーズ | フォースの覚醒。】へ