アニメ

僕だけがいない街 | タイムループ

 ←亜人 | 不死身のキャラクター →シュヴァルツェスマーケン |ゲーム派生アニメ






  

  




僕だけがいない街
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
ハロウィン・お正月を盛り上げる季節用品から、着ぐるみ・コスプレなども楽々レンタル
ブランドバッグやデジカメなどをDMMで楽々レンタル!今なら送料無料!
DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
DMM.R18 同人やAVなど。


「僕だけがいない街」


このアニメの原作は、「ヤングエース」に掲載されている漫画作品
です。
原作者は「三部けい」さんです。


あらすじは──。

売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる
特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」
の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップ
してしまうというものだった。
自分の意思とは関係なく発動する上に、能力が発動した結果「マイナスだった
ことがプラマイ0になる、もしくは自分にとってマイナスになる」という
この能力に不満を持ちながら、悟はピザ屋のアルバイトをこなす日々を
過ごしていた。

北海道から出てきた母親、佐知子が殺され発見者である悟が犯人である
と仕立て上げられそうになる。この時リバイバルが発動し、悟が小学生
の頃にタイムスリップしてしまう。
悟が小学生の時、直後に起きるはずの連続小学生誘拐殺害事件を阻止しよう
とする。この事件では、クラスメイトの雛月加代と杉田広美が殺害され、
悟はこの時の事件で心に傷を持っていた。
この事件と同じ犯人であると確信していた。

───と、言うような物語です。


このタイムスリップというか、タイムループ能力。
小説や漫画、映画などでは非常に多いタイムスリップ能力ですね。

「戦国自衛隊」のように自分たちの意思とは関係なく、タイムスリップ
に巻き込まれてというタイプではなく、超能力としてのタイムりープは
とても多いですね。
戦国自衛隊 デジタル・リマスター版

「筒井康隆」さんの大ヒット作品である、「時をかける少女」もこの
タイムリーブです。
時をかける少女 角川映画 THE BEST

非常にドラマ化しやすいですし、作品として作りやすくかつヒット
させやすいのもこのタイプのタイムリープです。
ですがあまりタイムスリップという現象を強く感じさせないのもこの
タイムリープですので、安易な感じがする面も残ります。

個人的にはタイムスリップの方が好みで、タイムリープはあまり好み
ではありません。

たんなるファンタジーでいいではないかという感じがする場合が多く、
「時間跳躍」をSF的扱いとするか、ファンタジー的な出来事として扱う
かで作品の方向性が変わってきます。


タイムスリップは過去または未来にタイムスリップしても元の時間へ
戻れなかったり、またはどうやって戻ろうとするか。
タイムパラドックスをどうするかなど悩む面が多いのですが、タイムループ
はこの問題に気を使いません。

この作品の「リバイバル」でもそうですが、何度でもやり直しできる場合が
多いからです。
人生のやり直しがこのタイプのタイムリーブでもあるからです。

同じ繰り返しのタイムループからどう逃げ出すかというタイプですね。

これはSF小説では昔からありますし、最近の作品では「All You Need Is Kill
(オール ユー ニード イズ キル)・桜坂洋さんのライトノベル」も同じ
タイムループものです。
これは「トムクルーズ」さん主演で、ハリウッドで実写映画化されましたね。
All You Need Is Kill 1
オール・ユー・ニード・イズ・キル

ちゃんと見ていないので詳しいことは分かりませんが、確か海外のSF小説
を原案にした「君といた未来のために ~I’ll be back~」というドラマが
ありました。
ジャニーズの「堂本剛」さん主演でした。

また、今、なにかと騒がしいほどですが、「木村拓哉」さん主演のドラマ
で「安堂ロイド」という未来からアンドロイドが送り込まれてという
作品もありました。
安堂ロイド?A.I.knows LOVE?? Vol.1

アニメでは「夏のあらし」や「バディコンプレックス」という作品がありました。
最近の作品ですが──。
夏のあらし! ?春夏冬中? 01 (通常盤)
バディ・コンプレックス 1(完全生産限定) (ブルーレイディスク)

こうして見てくると、「タイムスリップ」ものよりも「タイムリープ」は
かなり多くあります。
作る立場から言わせてもらえれば、やはりネタが作りやすいからだと
思います。

なぜ作りやすいか、また人気を得やすいかは簡単で、もしあの時違う選択を
していたら今の自分はどうなっていただろうかと思うことの一つや二つは
誰にでもあることでしょう。

自分などは百や、二百などではききません。
なんとも後悔の多い時を刻んできたことか………。

もしあの時のあの時間に戻れたら、あの失敗をやり直したい──
そんな想いがある限りこのタイプの作品に人気がなくなることはありません。
先にも書きましたように、「人生のやり直し」がこの物語の主目的でり面白
さだからです。


タイムスリップものは、この時代にこんなものがあったら、こんなことが
できたらどうなっていただろうかという、「もしも」が面白さの核である
ならば、タイムリーブはあの失敗を「やり直したい」が核だと言えると
思います。

恋愛や青春、サスペンスやアクションにも向くのでいろいろな作品がこの
タイムリープという手段を作品内に施していますが、時間跳躍という面を
あまり強く感じさせないのも特徴ですね。

DMM mobile
コミックシーモア








◆アニメと実写。

先に説明したとおり、このタイプの作品は「恋愛」ものや「サスペンス」ものに
も向いているものです。

アニメ化よりも実写化の方に向いている面が強く、やはりというか実写映画化
されています。
「時をかける少女」も実写映画化で人気が出ましたからね。

この「僕だけがいない街」がどうなるかは分かりませんが、ヒットの可能性
は強いのではないかと思います。

ただアニメは子供時代の修正に動いていますので、この後どうなるのか。
また、実写映画版は違うのもになるのかなど分からないことも多いので
なんとも言えません。


主人公である悟の心の深い傷となっている「幼女連続殺人」を食い止め、
本当の犯人を明るみに出そうとするのは間違いなでしょうから、サスペンス
とするか青春ものとするかでしょうね。


実写化作品としては、このブログでも紹介していました「信長協奏曲」
が映画公開されたばかりです。
どうやら映画版が大ヒットしているようで、映画公開初日のランキングが
一位だったようですね。


この「僕だけがいない街」の実写映画がどうなるかはわかりませんが、
ヒットの可能性はありますね。
映画版がどういうものであるかは分かりませんが。

最近、こういうタイプの作品が多いです。

原作があって、アニメ化されて、さらに実写映画化という一連の流れ
です。


アニメ作品で勝負をしようとするのではなく、実写化作品のプロモーション
的な面も出ていますよね。

「信長協奏曲」が成功であるならば、この一連の流れも納得できるでしょうが
「進撃の巨人」のようにアニメの方が良かった場合もまたあるわけで、これは
やはり作品次第ではないかと言う気がします。
信長協奏曲 DVD-BOX
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

このブログでは何度も書いていますが、大掛かりな特撮を必要とする作品は
実写化させにくというのがあります。

その点、特撮をあまり必要としない作品であるならば、役者さんの演技や
演出で魅力的なものにできますので成功しやすいともいえますね。

駐車場予約ならakippa。1日500円?!空き駐車場の掲載多数
古着買取は便利な宅配買取。送料・査定料完全無料








◆ネグレクト。

ここからちょっとまた、話が迷走いたします。

この「僕だけがいない街」では、主人公、悟の小学生の頃が描かれて
います。

同級生であった「雛月加代」と「杉田広美」が連続犯に殺害されていますが、
それを防ぐために悟は加代と友達になります。
悟の心の奥に大きく引っかかっていた後悔の一つだったからです。

「雛月加代」はネグレクトを受けています。
それに薄々気付きながらも何もできなかった自分を悔いていたからです。
これは原作者の「三部けい」さんの記憶になにかあったかも知れません。


自分も「雛月加代」が雪の日に一人で暗い公園に佇んで家に帰ろう
としないシーンには、作り物の漫画であることは分かっても、読むのが
辛いと感じました。
こういうシーンは単なる想像だけではなかなか描けませんよ。


そういえば前回紹介した「亜人」の登場人物の一人である、「下村泉」
もまた、ネグレクト被害のある人物です。

このネグレクト、児童虐待ですが最近といっても、かなり前からですが
この問題をいろいろな作品内で扱われる場合が多くなっています。
この作品のように重要な扱われ方ではないにしても、良く出てきます。

これは小説作品よりも、漫画作品の方が敏感であるように思います。
小説作品は意外と時代に対して鈍感というか、レスポンスが鈍い感じが
あります。

その点、漫画作品は敏感というかレスポンスの早さと貪欲さは目を見張
るものがありますね。
まさに、今を反映しているといっても良いと思います。
小説作品も見習って欲しいところですが。

それでもこの問題を扱うようになったは、はやりここ14、15年くらいからで
しょうか。
……もっと前からかな………。


それでも我々が子供の頃には、さすがに漫画作品でも出てこなかった。

こういう記事を見ると、昔は「児童虐待」などなかったととられがちです
が、これは絶対にありません。
今のように「児童虐待」という言葉もありませんでしたし、通報制度など
もなかった時代だからです。

また家族が絶対という神話のようなものがとても強くて、これらの
問題はタブーであったのです。
ないどころか当時のクソ餓鬼であった我々でさえ分かるほど、多かった。
とても身近な問題であったと言えると思います。

ただ非常に強いタブーであったので、関わりたがらない大人しかいません
でしたし、殆ど表面に出なかったですね。
単に関わりたがらないならば分かりますが、事実をねじ曲げてでも
「日本の家族神話」を押しつけきた大人が全てであって、あの頃のそういう
大人たちに今でも憤りを持ち続けています。

当時は、ホームドラマが一時代を気付いており、そういう家族神話が大人
たちの間で都合良く信じられていたのです。
また都合が悪いことが分かれば、昔はこんなことがなかったと異口同音
に大人たちは口にしたものです。


このブログではすでに書いたと思いますが、1980年に入るかはいらない
かの頃に深夜ラジオでリスナーから児童虐待を見てどうして良いか分か
らないという相談の手紙がありました。

その手紙を紹介してから、次々と同じような手紙が殺到してしてしまって、
しばらくまるで児童虐待の相談コーナーのようになってしまった深夜ラジオ
があったのです。
もちろん「児童虐待」といってもいろいろありますが。

結局、この問題は手紙も含めて取り上げないことにして、今までもらった
手紙は警察に相談行くことにして終わったことがあったほどです。

それくらいやはり、昔から多かったのです。
どれだけの人が、幸せな子供時代を過ごせているのかと思うことが良く
あります。
日本のアニメが学園生活を多く描く背景には、幸福でなかった子供時代へ
の回帰があるのではないかとさえ感じます。
フィクションの世界の中だけでも幸せな子供時代でありたいと。


そしてそれらを見てきたはずの当時の子供たちが、大人になって自身も子供を
持ち、同じように昔はこんなことはなかったと平気で話す姿を見ていると、
人は何も学ばないものだということをいやでも痛感させられてしまいます。

今でもこの問題はとても身近な問題ですよ。
ご近所でも、また身近な人の間でも程度の差はありますがはっきりと
横たわっているのです。

家族関係が良いものであった方が良いのはいうまでもありませんが、
それはまさに美化された神話のような作り話です。

天使のような「子供」が現実にはいないのと同じように、「大人」と
いう生き物も想像上の作りものなのです。

現実の家族というものは決して良いものもばかりではありません。
この問題は、我々が生まれるずっと以前からありますし、これらもずっと
続くと思われます。
それこそSF映画のように、人の出産が機械により行われない限りは
決してなくならないものの一つだと思いますね。

家族や家庭は決して安らげる場所でも幸せなところでもないのです。


あまりこういう問題は取り上げたくなったのですが、「僕だけがいない街」
を語る上で、個人的にさけて通れないことでした。

それでは、次回の記事でまたお会いいたしましょう。

中古パソコンショップ ジャンクワールド
写真を撮って送るだけ。ペットそっくりのフィギュアが手に入る








  






同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【亜人 | 不死身のキャラクター】へ  【シュヴァルツェスマーケン |ゲーム派生アニメ】へ