アニメ

リルリルフェアリル~妖精のドア~ | 実在する妖精のドア

 ←ブギーポップは笑わない | 上遠野浩平 →だがしかし | 郷愁を呼ぶ駄菓子屋。







9cm/3.5 インチ 丸いマジカル妖精のドア小 - フィドルヘッド妖精のガーデンコレクション

新品価格
¥1,199から
(2016/3/17 00:46時点)






妖精関連。
DMM オンライン英会話。
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
ブランドバッグやデジカメなどをDMMで楽々レンタル!今なら送料無料!
DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
DMM.R18 同人やAVなど。


「リルリルフェアリル~妖精のドア~」




最近、このようなアニメが少なくなっているのではないかと感じ
今回は取り上げることにしました。

昔は少しですがかならずあったタイプのアニメではないかという気がします。

それが今や殆ど見ていないような感じすらあって、妙に新鮮な感じで
見てしまいましたね。


これは幼児向けのアニメなのかそれとも大きなお友達を狙ったアニメ
なのかと、少し首をひねってもしまいましたが。
「プリキュア」のシリーズは今でも続いていますが、一時期はこの枠は
幼い子供と大きなお友達が共有する放送枠だったように思います。


ですが今や「ブリキュア」も幼い子供ではなくむしろ大きなお友達
へと大きく舵を切りすぎてしまっているような感じがします。
まるで戦隊もののような展開がずっと続いていますね。

ですがそれが受けて、今までのシリーズよりも長く続いています。

これ以前の「おジャ魔女どれみ」までは幼いお友達にむけたアニメ
だったように思います。
正当な魔法少女アニメであった気がしますね。

ですが最近はどんどんそんなアニメは減っている気がしていました。
あとは「アンパンマン」のような完全に幼児向け作品くらいしかない
のかも知れません。


こんな中で「リルリルフェアリル~妖精のドア~」というのはとても
貴重なアニメではないかと考えます。
ただどの程度の人気があるのかはまだよく分かりません。

いつ始まったアニメなのかも分からないほど話題にもなりませんでした。
ですからやはり「大きなお友達」とは関係ないところで作られているのでは
ないでしょうか。

変な話ですが、こういうアニメもあってくれて少し安心しています。
あまりにバトルであるとかにアニメが傾きすぎている気がしていたからです。
確かに「日常系」アニメはバトルとは無関係ですが、見ている対象者が近い
人たちだったというのがあって、つながっている気がしていました。


で、どういう経過でこのアニメが作られたのとか調べて見ると原作が
あるとかアニメがあるとかではありませんでした。

どうやらこれは、、サンリオとセガトイズが共同開発したキャラクター群で
あるようです。
つまりアニメを作るような作品がまずあったわけではないと言うことですね。
やはりというか、昔からのこの種のアニメは減っているということかも。


もともとは「だがしかし」か「実写版、天才バカボン」について書こう
かなと思っていたら、たまたま見る機会があって書き始めました。
でもいざ書き始めて調べて見ると、こういう顛末。

今回はなんともいきなり躓いています。

何でもバトルになっているようで辟易させられていたので、なにかほっと
する気持ちがあって、記事にしたかったのですが残念です。
キャラクターを作ること自体は悪いことではないのですが、どこか見え透いた
企みが見え隠れしているように感じます。

でも、良い意味で「キャラクター」であって欲しいとも思うのです。


せっかく書き始めてましったので、この後の記事は脱線したまま続け
たいと思います。

年間買取点数1000万件の実績!古着宅配買取
機動戦士ガンダムオンライン



◆妖精のドア。


このタイトルにもありますように、角度を変えて「妖精のドア」について
書いてみたいと思います。

実はこの妖精のドアというのは、海外で流行っているものです。
もちろん本当にこのドアから妖精が出てきたりしませんが、実際に
あるものなのです。

最近はやっと日本でも一部で流行りだしているようで、いわゆる少し
ファンタジーで可愛いものが大好きな女子に人気があるようです。
あくまでもごく一部での話ですが。


もともとはアメリカ、ミシガン州のアナーバーという町で「ジョナサン・
B・ライトという童話作家が自分の家に作ったことが始まりで、その町全体
に妖精のドアが広まっていつたということらしいのです。

ですがなにがどうやって広がっていったものかまでは分からないのですが、
イギリスでも広まっており、ある公園ではこの「妖精のドア」が増えすぎて
しまい、強制的に撤去されるという事態にまで発展しています。

もともとこういう子供たちの遊びのようなものが下地としてあったのかも
知れません。


実は大昔にイギリスで妖精の写真を撮ったという事例があって、それが
幼い女の子たちだったのです。
当時は子供が嘘をつくはずがないということで信じられていたのですが、
この方もう高齢でお亡くなりになっています。

このなくなる前に、実はあの妖精の写真はトリックであったと告白されて
いますので、イギリスの子供たちはずいぶんと昔から森などへ妖精を
探しにいくという遊びをやっていたようです。


ですから日本で暮らす我々には分からないのですが、メジャーであるか
マイナーな遊びであるかは分かりませんが、妖精探しのような遊び文化
があるのではないでしょうか。

もちろん妖精がいそうな森があったりと妖精がいてもおかしくない
風景も文化もありますから。
そういう背景があってのことですが。

また海外の建物やドアにこの「妖精のドア」の小さなドアが取り付け
られていたりしていてもおかしな感じがしませんでした。
まさに向こうの生活文化そのものに根ざしたものではないかと思います。

それらの下地があって、一気に広がっていたのかも知れませんね。
そもそもこのアイデアの、「ジョナサン・ライト」さんがすべてまったく
オリジナルで考えたのかどうかも分かりません。

近い物語や遊びがもともとあったかもしれませんし、その方が納得できます。
それくらい自然なものでした。


ちなみにこの「妖精のドア」最近は、通販で購入できます。
いわゆるファンシーグッズのようで、ネット通販できるようです。
ネイティブアメリカンの「ドリームキャッチャー」のような扱いなのか
も知れません。

この「妖精のドア」もやり方によっては、「クリスマス」や「ハロウィン」
のようになっていたかもしれませんね。
アニメはこれらの「妖精のドア」からイメージしたものとは思いますが。

むしろ作品化されるのが遅いとさえ思いました。


日本での「妖精」のイメージはアニメなどの妖精のイメージですが、
やはり文化の違いで自然に根付いたものとは言えません。
それがあって子供たちには広がらないのでしょうね。

逆に日本の「妖怪」などのイメージも海外では根付くことはないでしょう。
「水木しげる」先生などが描いていた妖怪のイメージも、今のマンション暮らし
の生活が当たり前になってしまった世の中ではなかなかイメージしにくいものと
思います。

ですが、昭和の頃の下町などでは長屋などが当たり前に存在し、今のように
街灯が沢山あって明るくもありませんでした。

そんな中で暮らしていると、あの「妖怪」たちが潜んでいるような場所も
実際にあって、これらの文化背景があって妖怪のイメージが作られてきた
のだと納得できるのです。

「座敷童」などもその伝承をもっている地方に行けば、確かにそういう
ものがいそうな大きな家があったりします。
なによりも木造の古い家は、湿度や気温などの影響だと思うのですが、
本当に人が歩いているようにしか聞こえない音が鳴ったりと、そういう
事例に事欠きません。


西洋の森に潜む妖精もおそらく何かの小動物と関係すると想像できる
のですが、妖精が本当に隠れているような感じに思われるのでしょう。

phantom4 衝突回避、4Kカメラ搭載ドローン
中古パソコンショップ ジャンクワールド








◆現代の不思議のイメージ。


現在の不思議のイメージとはなんだろうとかと考えた時、
やはりデジタル環境と密接に関係していくるものなのかもしれません。

今やスマホは一部の人たちが利用しているツールではなく、文化も国境も
関係なく世界中で使われています。
ニュース映像で難民たちの戦果から逃げている映像でも、逃げる人々の
中にスマートフォンを使っている人もいるくらいですから。

おそらくこれのデジタル環境がもっともイメージしやすい土台になるので
ないかと思われます。

ですから「ファンタシースターオンライン」や「ソードアート・オンライン」
のようなアニメに人気が集まるのでしょう。
中国でも人気で、中国や韓国の方がネットゲームは盛んですから、
これらの国々でも大変に人気があります。


アニメの「ペルソナ」などもそうなんですが、デジタルディバイスや
ゲームなどが作品のモチーフとして沢山もちいられています。

そのうちに「アトム」ではないですが、コミュニケーションロボット
などが日常の生活で当たり前にもちいられてくると、当然これらもまた
都市伝説のようにいろいろな物語が語られてくるだろうと思います。

「人工知能」の開発もめざましいので、いずれは電話応答やネットの対応
は人工知能がするようになっていくと予想されます。

そうなってくると、スマホが話し相手になってくれるサービスができ
たりと、これまたいろいろな物語が出てくるでしょうね。


これは自律型の無人兵器と同じでほぼ確実に出てくるでしょう。
とくに日本の高齢化社会はすでに「老害」という言葉が当たり前に出てくる
ほどひどい状態ですから、これらの環境にはコミュニケーションロボット
やソフトなどが大活躍するのものと思います。

これを押しとどめることはできないのではないでしょうか。

「手塚治虫」先生が予見していた「アトム」とは違ったリアルな
未来は、現実になりつつあるということかも知れません。


「デジモン」や「ポケモン」のような存在が次の「妖精」や「妖怪」のような
存在となっていくのかも知れませんね。


最後に一つ、自然発生的に広がっている不思議な噂を一つご紹介して今回の記事を
締めくくりたいと思います。

これはどうやら大学生位の年齢、とくに女子の間で広がっているようなのです
が、「小さなおっさん」を見たことがあるという人がけっこういるのです。
そういう噂から「こびと図鑑」などが作られたのではないでしょうか。

コロボックルのようなのですが、いろいろとバリエーションもあって一口に
いえなのですが、芸能人の方も見たことがあるといったことから「小さなおっさん」
という風に話していますね。

これは一部の地方というわけではなく、かなり広がりのある「噂」です。
男性もいますが、正確な調査がなされたわけではないのではっきりとは
言えませんが、男性よりも女性の方がこれを見たという人は多いですね。

個人的に知っている限りでは、男性からの目撃例は聞いたことがありません
から。

これは心理的には「イマジナリーコンパニオン」の一つの現れ方では
ないかと思いますが、「フィギュア」が沢山あったり、大量の「ゆるキャラ」
たちもいることですから、それらのが付喪神のように魂を持っても
おかしくないのかも知れません。


それでは、また次号でお会いいたしましょう。

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
査定額を比較したいと思っているあなたへ。査定バンクが無料で代行します。



















ケイベリー34060妖精ようこそドア

新品価格
¥4,482から
(2016/3/17 00:42時点)




妖精を呼ぶ本

新品価格
¥1,404から
(2016/3/17 00:48時点)





同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ブギーポップは笑わない | 上遠野浩平】へ  【だがしかし | 郷愁を呼ぶ駄菓子屋。】へ