漫画

望月三起也 | 追悼

 ←今期の終了アニメ | ゲート おそ松さん →ふらいんぐうぃっち | 日常系魔女のスローライフ












望月三起也作品。
DMM オンライン英会話。
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
ブランドバッグやデジカメなどをDMMで楽々レンタル!今なら送料無料!
DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!
DMM.R18 同人やAVなど。


「追悼・望月三起也」


2016年4月3日に「望月三起也」先生が旅立たれました。
77歳であったというこです。

「水木しげる」先生が旅立たれてその記憶もまだ新しいうちに
この訃報です。
またかという想いです。

大変に残念なのですが、それを受けてわずかばかりでも想い出を
語れたらと今回はこのような記事になりました。
こういう記事はあまり書きたくはなかったのですが。


下の「小沢さとる」先生のツイッターでのツイートを見て知りました。
原文を一部無断拝借して、転載させていただきました。

「地上の星が一ッ未知の星座えと旅立った逝ったボクが707 
三起也さんがワイルド7半世紀前の横浜で共に7付の作品に
燃えていた。心からご冥福を祈ります 」


「ワイルド7」で一時代を築いた方でもありました。

大ヒットした「ワイルド7」から前の作品と、後の作品に作品傾向
が大きく分かれるかも知れません。

「ワイルド7」以前にはアクション作品であっても、主人公はダーティな
面を持っていませんでした。
オーソドックスな正義の味方ですね。

ですが「ワイルド7」以降は主人公じたいが必ずしも正義の味方では
なくなりました。
そういう人の醜い部分なども描くようになりましたね。

これはこの作品以降、いろいろな作品で多かれ少なかれずっと続く
作品スタイルとなっています。


作品数ではかなりの数に上りますし、サッカー好きでも有名でした。
今では当たり前のようにあるサッカー人気はまったくその頃はありません
でしたが、「サッカー漫画」も描いておられましたね。

野球漫画が当時は主流で、望月作品の中に野球漫画はなかった気がします。
テレビもそうなんですが、昔は当時我々クソガキ共へ、半ば無理矢理、当時
の大人たちは野球を押しつけてきているようなところがありました。

昔の野球人気を語る方々は、この自分たちの好きなものを押しつけていた
という側面を見落としています。

そのせいか、妙に望月先生が描くサッカー漫画を憶えているのです。

この漫画は望月作品では珍しく、リアルでした。
アンリアルな作品が多いのですが、これはなるほどと思わせるところも
多かったですね。

古すぎてタイトルを思い出せませんが、高校のサッカー部の青春物語でした。
ラブストリーに関してははっきりとしませんが、いろいろな時代漫画なども
描いておられます。

DJI Phantom 3 Advanced ? HD 空飛ぶカメラ
DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!








◆代表作。

「望月三起也」先生といえば、やはり「ワイルド7」が代表作と
いうことになると思います。

これは連載当時にドラマ映像されていますし、後にアニメにも実写映画化
もされています。
ですのでやはり代表作となると思いますね。

連載が終了してからでも、何度も続編が描かれています。


ただ我々のようなオールドファンにとっては、「秘密探偵JA」や
「ケネディ騎士団」の「望月三起也」作品という印象が強いですね。
「ケネディナイツ」は映像化の予定があって、パイロット版だけは
存在しているはずです。

「ワイルド7」もそうなのですが、望月作品の特徴としてアンリアル、
つまり荒唐無稽さがあると思います。
当時から銃器といえば望月作品というくらい作中で使われることがあたまり
のうよに多かった。

ただし先に書きましたように、今の漫画とは真逆の荒唐無稽さがありました。
歴史物ののように剣豪などを描く場合、殺陣、または剣劇といういう言葉を
もちいたりしますが、これが荒唐無稽であるものなどをさす場合、「チャンバラ」
などとも呼びますよね。

つまり子供だしとかいい加減だとか、あまりに大げさであるとかを
示す場合です。

望月作品の場合、まさに銃器版の「チャンバラ」にあたります。
銃器ではなく鉄砲なのです。
これは「ワイルド7」でも同じです。

おそらく「望月三起也」先生の作品は第二次大戦を描く作品も多く、
その知識はあったと思います。
多分そう解説されている場合が多いと思うのですが、これがリアル
な知識かといえば違いますね。

物語の中では、あくまで加工されて大げさに作り上げられた知識です。


昔の「少年マガジン」や「少年キング」「少年サンデー」という漫画雑誌に
は、かならず大図鑑というものがありました。
怪獣やウルトラ警備隊の基地や兵器、時には妖怪からモンスターに
いたるまでの不可思議超常現象。
空想科学兵器から現用兵器にいるまでとにかく幅広く解説されて
いました。

今では完全になくなってしまいましたが。

とても荒唐無稽さがあって面白かったのです。
この面白い荒唐無稽さがあったのが望月作品でした。


「ワイルド7」の場合はまだ実在する銃器が使われていますが、それ以前
は存在しない銃器も多く登場していました。
ただ、この荒唐無稽さは「ワイルド7」でもまったく同じで、およそ現実
の威力とはかけ離れているだけではなく、その機能自体がおかしいものばかり
です。

少しは調べてから描いた方が良いといいたいところですが、それ以前から
望月作品を読んでいるとそもそもそういう突っ込みや指摘するのも馬鹿らし
くなってきます。

そもそも望月作品は、アクション作品ではなく活劇作品と表現するような
作品ばかりで、とにかくデフォルメが強いのです。
痛快活劇といいますか。

絵柄もアメコミ調のバタ臭いものですし。
これは年齢を重ねれば重ねるほどひどくなりましたね。


これに関してはいっかんしています。
これが望月作品のスタイルだと思います。


また、「夜明けのマッキ-」という戦場カメラマンの物語もあって、
今のようにテレビなどで戦場カメラマンが出てくる時代ではありませ
んでした。

確かに当時はベトナム戦争などが背景にあり、それ故に描かれた作品でも
あったと思うのですが、他にこのよう作品はありませんでした。
時代を先取りしていましたね。


ただ、今のように銃器や兵器といったものがアニメでも忠実に描写
されていますから、これらの古い作品群が受け入れられるかという
とこれは難しいでしょう。

この作品スタイルそのものが今では足を引っ張っているのかもしれ
ません。

コミックシーモア
詰めて送って直ぐ入金♪古着宅配買取








◆個人的に好きな作品。

望月作品で個人的に好きなものは、やはり「ジャパッシュ」だと
思います。

このブログではすでにご紹介していますが、一番好きな作品ですね。
http://308338.blog.fc2.com/blog-entry-44.html


実はこの「ジャパッシュ」、初めて読んだときは新鮮でした。
先にも書きましたように、望月作品は荒唐無稽さが作品のスタイル
です。

ですがこの「ジャパッシュッ」はそれだけではすまない、かなり日本の
タブーに踏み込んだ作品だったからです。
子供だましではない作品でした。

今の世相を見ると、この「ジャパッシュ」はとても参考になります。
予言的な側面を持つ漫画作品です。

まるで未来を見通していたというか、政治の本質などが変わっていない
というか、いろいろ考えさせてくれる作品でした。
もちろん日本に独裁者が現れるという物語ですので荒唐無稽なものではある
のですが、荒唐無稽といって笑ってばかりではいられないのが他の作品とは
大きく違っていました。


この社会の核心を突くような問題提起の大きさに、過去の作品を知っていると
同じ作者が描いた作品とは思えなかったですね。

今や大御所と呼ばれる漫画家たちが、次々と旅立たれていく
なかで、戦前を知っておられるだけにとても鋭い部分がありました。
どちらにせよ、望月三起也作品は、「ワイルド7」だけではないのです。

ぜひ他の作品にも目を向けていただきたいものですね。


今回は追悼記事となりました。

それでは、また次回でお会いいたします。

アウトドアライフスタイルを提案するエイアンドエフオンラインストア

ぐるなび無料登録で当たる!

中古パソコンショップ ジャンクワールド









  

  

  








同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【今期の終了アニメ | ゲート おそ松さん】へ  【ふらいんぐうぃっち | 日常系魔女のスローライフ】へ