実写化作品

仮面ライダーアマゾンズ | 大人向け作品の試み

 ←ばくおん!! |  ライダーたちのあるあるネタ。 →迷家─マヨイガ─ | 地図にない場所














仮面ライダーアマゾンズ
国内最大級のフィギュア通販
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!

DMM mobile 通話SIMプラン ライト


「仮面ライダーアマゾンズ」



今回はまた実写作品です。

たまたまなのですが、この「仮面ライダーアマゾンズ」を見る機会がありました。

アニメの「迷家」か「甲鉄城のカバネリ」の記事を書こうと思っていました。
ですが、「アマゾンズ」が思っていたよりも面白かったもので、急遽、実写作品
へと記事を切り替えました。


この作品は仮面ライダーシリーズのネット配信作品てす。

これは通販の「Amazon」のプライムビデオでのみ配信されている
「仮面ライダーシリーズ」で、今まで見ていませんでした。


テレビでは「仮面ライダーゴースト」が現在も放送中です。
これとはまったく関係なく、「Amazon」独自で制作されたオリジナル
動画ですね。

仮面ライダー生誕45周年にあたる2016年を「スーパーヒーローイヤー」
とした東映が、その一環として新たに制作する仮面ライダー作品だそうです。


内容は───。

「ある街に人知れずアマゾンと呼称され、人を喰らう異形の存在が解き
放たれた。その数、実に4000体。この元凶を生み出した野座間製薬は、
系列企業・ノザマペストンサービスの駆除班に「アマゾン」を秘密裏に
処理するように命じた。
これは、そんな状況下でとある清潔な家屋から一歩も外へ出ず穏やかに
暮らしている青年・水澤 悠と、野生のカンと戦闘力だけを頼りとして獣
のように生きている男・鷹山 仁が出会ったことをきっかけに、徐々に明
らかになっていく「アマゾンズ」の苛烈な生存闘争を綴った物語」


テレビシリーズとは一線を画した作品となっています。
つまりファミリー層を狙った子供向けではなくなっていました。

もともと仮面ライダーシリーズでも異色であった、アマゾンであったから
こそできたことだったのかも知れません。


話を内容に戻して補足しますと、巨大製薬企業が開発したアマゾン細胞が
全ての始まりで、逃げ出した実験体が4000体もいて、すてべて人に擬態して
います。

このアマゾン細胞は人の細胞を喰うと活性化されるために、逃げ出した
アマゾンズは宿命的に人を捕食するようになって行くのです。
ですが人間の生活に溶け込んでおり、アマゾンズへと覚醒せずに人と
して暮らしていこうと努力している実験体もいます。

からずしも凶悪な存在ではない実験体を駆除することで、「水澤 悠」
は悩み、「鷹山 仁」とも対立することになります。


駆除班はアマゾンズのことを「ムシ」と呼んでいます。
また覚醒したアマゾンズは虫のような姿をしており、いろいろな虫の
特徴も持っています。

「鷹山 仁」はアマゾン細胞の開発にも携わっていて、逃げ出したアマゾンズ
を斃すために自らの肉体にアマゾン細胞を移植して「仮面ライダーアマゾン」
となっています。

この時、アマゾン細胞を活性化させて戦闘力を高める装置(ベルト)が開発され
ていて「鷹山 仁」はこのベルトを使って変身します。

またもう一つ持っていたベルトを「水澤 悠」へと与えます。
このベルトのおかげて、無目的に暴走し変身していた「水澤 悠」は自らの力
を制御できるようになります。


また旧作の仮面ライダーアマゾンはベルトではなく、ブレスレットを使って
変身していましたが、逃げした実験体であるアマゾンズはブレスレット
をつけています。

このブレスレットは変身アイテムではなく、実験体の位置を知らせるのと同時
にアマゾンズへ覚醒するのを押さえる役目を果たしています。

そして現在はもと駆除班のメンバーですが、アマゾンズに殺された人間が
新たに「アマゾン」となって、二人の「仮面ライダーアマゾン」の前に現れます。


そして戦い方は肉弾戦が主で、テレビシリーズのように怪人が爆発して
消えてしまうというような子供だましはしていません。

また心優しくて気弱な「水澤 悠」も、「アマゾン」へと変身してへ攻撃衝動
を解放して戦闘に身を任せる開放感と高揚感を知ることになります。


駆除班も金に困ったも傭兵のような存在で、街中での駆除も別の作業
のように見せかけてアマゾンズを狩っています。
この駆除班にもアマゾンズがおり、「水澤 悠」は駆除班の欠員メンバー
の補充として参加することになります。


そして変身すると永遠に戦えるテレビシリーズのライダーとは違って、体力
を消耗すると変身がとけて戦えなくなってしまいます。

それを防ぐためにはアマゾン専用の高タンパク食品を必要としており、
「鷹山 仁」は卵を食べてから変身するシーンが必ずあり、また駆除班の
「アマゾン」も空腹で動けなくなったり、専用の食料である「ハンバーガー」
をむさぼり食うシーンが随所にあります。


また、アマゾンが相手を斃すときも腕がもげる、血しぶきが飛び散る噛みつき
食い殺そうとするなど、まさに人肉を喰らうものたちの戦いを描いています。
血肉を持って戦う「仮面ライダー」であることが強調されていました。


映像的にも、ブルーのフィルターをかけてあって全体に明るい画像では
ありません。

色調的にもややくらい雰囲気で作られていて、ここら辺も非常に素晴らしい
ものでした。

マニアックな映画グッズを探すなら「フェーマス サイン&ポスターズ」
中古パソコンショップ ジャンクワールド








◆平成仮面ライダー。



このネット配信専用の、「Amazonのプライムビデオ」というのは作品配信
としてもとても有望のように感じます。

ネット配信も最近は当たり前になりつつありますが、独自のコンテンツが
なさ過ぎるのです。

地上波と同じものを配信しているだけではネット配信の特性を活かしている
とは思えず、普及する前から頭打ちの感がありました。


こういうネット配信専用のオリジナル作品だと、テレビ放送という枠に
とらわれることもないですし、大勢ではなく、むしろ少数なコアなファン
へ向けて作品提供することができます。

ここが重要で、お茶の間に向けて、大勢の人に向けてではなく、こういう
作品が見たいと思っているけど見つからない人たちへという、ピンボイント
な配信がとても重要に感じます。

そういう意味でもこの子供向けではない「仮面ライダーアマゾンズ」
はとても面白く応援したい作品だと感じました。


この作品が成功すれば他の動画配信サイトでも独自作品を制作するように
なると、このブログで応援している「ウルトラマンスーツ」の等身大
ウルトラマンも実写作品として作られるかも知れません。

非常に可能性を感じる試みだと思います。


話を「アマゾンズ」に戻しますが、「平成仮面ライダー」シリーズでも、
「クウガ」「アギト」ともに子供向けとは言いがたい気合いの入った作品
でした。

「アギト」のギルスなど、アマゾンを連想させる野性的なキャラクター
でもありました。

今見返してみても、今の「仮面ライダーゴースト」などとは明らかに
違っています。

子供向けで終わりたくないという制作側の思いがあったものと思います。


個人的な話なのですが、もともと「仮面ライダー」はそれほど好きでは
ありません。

「ウルトラシリーズ」のように大掛かりな特撮作品が好きで、戦隊ものも
含めて等身大ヒーローは好きではないのです。
また特撮作品として一括りにされてしまうことに、子供の頃から違和感
を持っていました。


そういうこだわりがある人間の視点で解説させてもらいます。

「昭和仮面ライダー」よりも「平成仮面ライダー」の方が好きでも
あります。

それは学生時代、特撮が殆ど姿を消しているときに当時の友人たち
とどうやれば「仮面ライダー」を大掛かりな特撮なしでそれなりに
見せることができるかとか話し合っていた時がありました。

それが具現化したのが「平成ライダー」の「クウガ」と「アギト」のよう
な訳で、それがあって「昭和仮面ライダー」は全話見てないのですが、
「平成仮面ライダー」は見るようになりました。


ですが回を重ねるとやはり子供向けの作品へと変化していきました。
これでは戦隊ものと変わりません。

戦隊もののように、子供向け作品が悪いとはいいませんが、戦隊もの
があるのに同じような子供向けは必要ないだろうと思いますし、同じ
時間帯で初めて「平成ライダー」を作ったときのように子供向けではない
作品を作ったのは英断とも言えることだったと思います。


「クウガ」も「アギト」も作品世界に奥行きがありました。

例え作りものであったとしても、その世界には警察も自衛隊もあって
人々が暮らしている社会がある。
その世界観の中に脅威である存在が現れて、それと対抗するために
「仮面ライダークウガ」も「仮面ライダーアギト」も存在していたのです。

これは物語を作り出すときの基本で、例え描かれていなくても物語は
進行しているののです。

警察も動くし自衛隊も動く、当然マスコミなどもいろいろな動きしている
のが普通なのですが、今の「仮面ライダー」も、特に「戦隊シリーズ」
など初めから存在していません。


つまりヒーローと怪人だけがおり、そこに住む人々はすべて景色のごとく
背景へと追いやられています。

これは幼児向け作品と同じ構造です。

どことも知れない狭い世界と僅かの登場人物だけで物語は構成されています。
それだけでこれはこういう作品ですと断っているようなものですね。


ですが、「アマゾンズ」では巨大企業である「野座間製薬」の力で
情報操作されて逃げ出したアマゾンのこともそれ関わる事件なども明るみ
に出ないなどの配慮がなされています。

これが「戦隊もの」になってしまうと、どんな大規模な被害を出しても
作品内では物語にまったくなんの影響もありません。
そこには見せかけの人の世界があっても、社会が存在しないからです。


ウルトラシリーズでもそうなのですが、これは制作費の関係ではなく、
作る側の配慮の問題でもありますね。
なにも実際に映像で撮る必要もなく、登場人物の「台詞」でいわせて
も成立するからです。

質の良いホラー作品などはなにも「オバケ」を見せないでも恐怖感を
喚起できるのと同じです。

お約束になってしまうと駄目だと思うのですが。

DJI Osmo‐高精度スタビライザー付き小型4kカメラ
デアゴスティーニ





◆アマゾンズに不足しているところ。


この「アマゾンズ」でも物足りないところが所々あります。

まず「駆除班」ですが、これがどうも解せないのです。

逃げ出したアマゾンズを秘密裏に駆除するチームの存在はもちろんこの
作品には必要です。
それぞれに危険で汚い仕事を請け負う個人的な理由があるのですが、
武器に難があるんですね。


逃げ出したアマゾンたちは人間どころか猛獣よりも強い。
人を捕食する怪物でもあるのです。

それを斃すには強力な武器が必要ですが、銃弾が専用弾で高圧の電撃
のようなものを放つようです。
これがいけません。


これではせっかくアマゾン同士が血しぶきをまき散らして肉弾戦を繰り広げ
ているというのに、他の仮面ライダーのように斃した怪人が爆破するという
子供だましではない、リアルな肉弾戦を描いても脇が甘くなってしまいます。

高圧電流であれば、「Taser Gun(テイザーガン)」でよい訳で、どうして
M4カービンなどの通常の銃器が使われているのか分からなくなってきます。

通常弾でアマゾンズを撃ち抜くようにしなければ、ボルトアクションライフ
まで使っているのに意味がありません。

狙撃用の、たぶん「L96A1」ではないかと思うのですが、至近距離から発砲
するなどあまにも銃器の常識を無視しすぎています。

リアリティがなさ過ぎるのです。


ここで拳銃も「9ミリパラベラムでは奴ら相手には威力が弱い。チームは
45ACPを使っている」という台詞を入れるとか、アサルトライフルで
追い立てて広い場所へ出たところを距離を取っている狙撃手が対物ライフル
でアマゾンズを吹き飛ばすように狙撃するとか、なおかつそれでも立ち上がって
くるアマゾンズがどれだけ強靱な生命力を持っているかなどを見る側に
強く印象づけることができるのに、していない。


現在は三人目の「仮面ライダーアマゾン・シグマ」が現れたところまでしか
知りませんが、どうやら製薬会社は兵器としてのアマゾンに興味を
示しているようです。

駆除班にいた元メンバーですが、死体にアマゾン細胞を移植しなおかつ
人体を改造されたアマゾンです。

これもベルトで変身しますが、生体兵器として改造されているようです。


来年には、第二クールが作られるそうなんですが、まだ話が続くと
なると今度は巨大企業の陰謀に巻き込まれていくのかも知れません。


巨大多国籍企業はこういうことを本当にするのです。

フィクションよりもノンフィクションの方が先を行っていますからね。
昔ですが、実際にアメリカで、某国へ送られて活動するめに訓練されていた
傭兵たちがFBIに拘束されるという事件がありました。


また、アニメにもなりましたが、「エリア88」で描かれているようなことも
あったらしいのです。

「セブンシスターズ」と言われた石油関係の巨大企業が自分たちのプラント
を守るために「フリーダムファイター」を持って防空させていたなんて話もあって、
もし、現実に「アマゾン細胞」なんてものが見つかったら「仮面ライダーアマゾンズ」
で描くよりもひどいことをするでしょうね。

これが作品のもしこういうものがあったというリアリティなのです。

そういう意味からでも、他の「仮面ライダー」シリーズとは一線を画する
作品と言えると思います。


良く学生の頃に、もし自分たちで作れたらどんな作品を作りたいという
ような話をしていました。
自分は大掛かりな特撮ばかりで、等身大ヒーローは今でも作りたいとは
思いません。

ですがこの「仮面ライダーアマゾンズ」は作ってみたい作品ですね。


それでは、次回はアニメになると思います。

Panasonicのパソコン直販サイト
新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】 今週の激安品
アウトドアライフスタイルを提案するエイアンドエフオンラインストア















RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーアマゾン (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥16,480から
(2016/6/9 08:08時点)




【Amazon.co.jp限定】 仮面ライダーアマゾンズ 変身ベルトDXアマゾンズドライバー

新品価格
¥7,344から
(2016/6/9 08:09時点)






仮面ライダーアマゾンズ 予告編




同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ばくおん!! |  ライダーたちのあるあるネタ。】へ  【迷家─マヨイガ─ | 地図にない場所】へ