アニメ

迷家─マヨイガ─ | 地図にない場所

 ←仮面ライダーアマゾンズ | 大人向け作品の試み →ハイスクールフリート | 人気アニメの三要素












DMM オンライン英会話。
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!
ブランドバッグやデジカメなどをDMMで楽々レンタル!今なら送料無料!
DMMオンラインゲーム
MOVIE アイドルやアニメなど3万本以上の動画をダウンロード販売!スマートフォンにも対応!


「迷家」


今回はアニメ作品を取り上げたいと思います。


この物語は民俗学者・柳田國男などが遠野物語で記している伝承などから
アイデアを得ていいるようで、原作が存在しないようです。


こういう隠れ里といいますか、不思議な街や世界へ迷い込む話は世界中に
存在します。

ある意味、人の憧れの地の一つではないかとさえ思えるほどです。


またアニメの企画としては「クラウドファンディング」によって、資金が
集められて制作されており注目すべき点があるアニメでもあります。



内容は───。


「第一回人生やり直しツアー」に参加した30人の男女。彼らは行方不明者
になり人生をやり直すためバスに乗り込み、都市伝説として語られる「納鳴村
(ななきむら)」に向かっていた。そしてななきの本当の意味を知ることに
なる」




「クラウドファンディング」はアニメ制作だけではなく、いろいろ
企画を実現させるためにネットを使って資金を募るものです。

海外では非常に活発で、それが本格的に日本でも導入されてきている感じです。

その出資額に達したのですから、出資者にとっては魅力的な作品に感じ
られたのでしょうね。


そして完成したアニメを見て、出資者も満足しているのならばそれは
それで良いことであって、これらに関しては特別意見があるわけでは
ありません。


ただ、「クラウドファンディング」に参加していない一般のアニメファンが
見た場合、果たしてどう感じているのかはとても興味あることではあります。


そしてここからが個人的で独善的意見である、迷走解説です。

レアな映画グッズ専門店「フェーマス サイン&ポスターズ」
phantom4 衝突回避、4Kカメラ搭載ドローン










◆アニメに向かない作品。



このブログでは何度も、何でもかんでもアニメ化するのは良くないと
書いてきました。

これは何でもかんでも実写化するべきではないのと同じことで、アニメで
成功している作品が実写化に向かないのと同じことです。
特に「迷家」はアニメにしない方が良かったと思います。

もしアニメにするのであれば「影鰐」のような静止画を使ったモーション
コミックのようなアニメの方が良かった気がしますね。


このネタは「世にも奇妙な物語」のようなもので、わざわざアニメに
する必要を感じません。
また、アニメにするのならばもっとアニメ的な演出を必要とする作品としなけれ
ばその特徴を活かしていないと思います。

予告を見て「ひぐらしのなく頃に」のような作品を想像していた方も
多かったのではないかと思います。

アニメファンが好む「お約束」も、「美少女」も出てきませんからなにを
狙って制作しているのかがわかりにくいのです。


例えばアニメ「エンジェルビーツ!」ですが、これは非常にわかりやすい。

思いを遂げられず不幸な死をむかえた魂が転生前にその想いを満足させるた
めの場所としての「学園」がありました。

いまだに根強い人気があり、第二期の噂が絶えませんが、このアニメは
今のアニメ好き、それもなぜ学園生活ばかりをアニメで描く必要があるか
を雄弁に物語っている作品でもあると思うのです。


特にアニメファンの多くが、アニメというコンテンツに精神的な避難場所
を求めているようなところがあって、「エンジェルビーツ」はそういう
現実とも重なっているところがあるアニメでした。

このようにアニメにすべき必要があれば良いですが、「迷家」にはその必要性
が感じられず、いわゆるアニメファンが好む文脈とは大きく違うものです。



ただ題材は面白いと思いますよ。

これは「遠野物語」の伝承だけではなくて、都市伝説にも似たようなものが
沢山ありますし、小説の世界では昔から多数存在します。
また同じようなどこかしらない不思議な世界へ迷い込んでしまうという
のは、「オズ魔法使い」や「不思議の国のアリス」など世界中にあります。


自分も同じようなネタをかなり考えていたときがあったので、良く
わかります。


これは文学作品にも多くあって、有名な作品では「村上春樹」さんの
「海辺のカフカ」という作品でも描かれています。

支配的な父親から逃れて旅する少年が、ある山中へ迷い込みそこで太平洋戦争
時の兵士二人に案内されてある村に迷い込みしばらくそこで過ごすという展開
があります。


心に深い傷を持ったものだけが迷い込める村でした。



海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

新品価格
¥767から
(2016/6/17 09:17時点)






人気のある「村上春樹」作品ですから、もしかすればこの作品も影響を受け
ているのかも知れません。

「海辺のカフカ」は大変面白い作品でした。

そして「村上春樹」作品にはこのような不思議な世界がけっこう登場
してくるのです。

中古パソコンショップ ジャンクワールド
新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】








◆地図にない村。



実際にこの「納鳴村」のように、地図にない村は存在するようです。
ただしそれは地図を製作するときのミスであったりするようですが。

ですが地方の限界集落やバブル期に立てられたレジャー施設などは廃墟化
しているところも沢山あって、この物語の舞台になりそうなところは増えて
います。

実際にそういう場所を使って、「サバイバルゲーム」を開催したという
話がありますから。

さらにはその当時建てられたレジャーマンションなどは激安で売られている
らしく、都落ちした人たちがなけなしの最後の蓄えで購入して極貧暮らし
をしているそうです。


「人生やり直しツアー」ではないですが、経済格差は広がるばかりでいずれ
多く人たちがこういう見捨てられた地に逃げるように移り住む可能性が
あります。


今の若い人たちは未来に夢や野望を描くことはできません。

今やそれはどうしようもなく大きな現実として、目の前にあって、それでも
若者に夢を持てとか大志を抱けとかいう大人たちとの認識のズレは修復でき
ないほど広がっています。

楽観できるようなものではないことは誰にでも分かることです。
ですがいまだに古い考え方しかできない方も多く、認識の違いは広がる
ばかりです。


今、ものすごい勢いで「人工知能」が発達してきています。
すでに実用段階に入っており、その利用法は幅広く広がっていくのは必然でしょう。

単に音声などでの受け答えできるというだけの「人工知能」ではありません。
これによって様々な分野での利用法が待っています。

そうすると企業も真剣に「人工知能」を取り入れなければ生き残っていくこと
が難しいところへまで進んでいくでしょうし、導入していくでしょう。

それは多くの企業が求めているのは働いてくれる人間ではなく、労働する
奴隷を求めているからで、その理想型はロボットだからだと言うことです。
これによってスーパーのレジうちからタクシーの運転手など人間でなくても
良い職種はどんどん機械化されていくでしょう。


これはサークル活動をしていたときによく話していたのですが、いずれは
風俗産業でさえロボット化されてくるかも知れません。
そうなってくると日本の「アキバ」ブランドが世界中のシェアの大半を占め
るのではないかと笑い話に話していました。


そういう笑い話も現実味を帯びてきています。

こうなってくるとますます仕事がなくなってきます。

それでも旧態依然とした考え方しかできない人たちは、仕事が見つからない
人たちを怠けていると避難するでしょう。
これはもうすでに始まっています。

インターネットが普及してきたときに、いち早くネットを使いこなす大学生
とその親御さんの価値観のズレは相当なもので、ネットを使って仕事をする
とか仕事を探すとかも親世代からすればただの遊びにかしか見えず、見当外れ
の批判を受けていたのを実際に見ています。

この程度ではすまないほど「人工知能」の台頭は世の中を大きく変える
可能性があります。

その中で生き残っていくのは、自分で仕事を作り出していくようなタイプ
ではないかと思えるのですが、行政のシステムや世間の考え方も、日本は
個人の独立を求めておらず何者かに従属させようとするものばかりです。

ここに国民性というか悪い面が集約されているようにも感じるのですが、
なぜか海外へと生活の場を求める若い人たちがいない。


これは自分たちの世代やその上の世代とは一番大きく違っているところで
はないかと思えるのです。
学生の頃仲間と話しているときは、良く海外へ出ていく話もしていたからです。

今でも友人とはそんな話をしています。

上の世代ですが、実際に海外へ出て仕事をしようとした人も知っています。
アメリカですが、その後どうなったのかまでは知りませんが、当時は海外で
仕事するにもいろいろと許可など面倒なことがあって、見ているとそれだけ
で嫌になるほどでした。

今は昔と違って海外など旅行にせよ仕事にせよ簡単にできます。
でも逆に、学生や社会人でも留学や海外赴任をとてもいやがるのだそうです。

ここら辺のメカニズムが国民性だなと実感するところです。

そこから未来を予想すると、今よりも経済システムが変わって崩壊するのに
ますます旧態依然としたものにしがみつこうとするのではないかと考え
られます。


このブログでは何度も触れていますが、日本の若い人たちは学生生活から
抜け出そうとしていません。

これはなにも実際に学生であるとか、社会人であるとかではなく極端に
実社会へと出ることを拒絶していて、例え普通の社会人の生活を送って
いてもその実態はまさに学生気分のままに生活できるスタイルです。

それを心理的に支えているのが、嫌になるほど多い学園を舞台としたアニメ
ではないかと思えてきます。
つまりますますアニメ、それも学生が主人公のアニメが増えるのではないかと
思えます。

つまりアニメの必要性が今よりも増すかも知れません。


そして中高年層が、本当に「納鳴村」を探すようなことをするかも知れません。

もっとも現実になってほしくない予測ですが、これが一番現実的にも感じられ
ますね。



それでは、次号でまたお会いいたしましょう。

古着・洋服・ブランド品の買取ならフクウロの宅配買取へ!
ノートン セキュリティ、PCもMacもスマホもこれ一本!












  



同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【仮面ライダーアマゾンズ | 大人向け作品の試み】へ  【ハイスクールフリート | 人気アニメの三要素】へ