アニメ

ReLIFE | やり直したい未来

 ←甲鉄城のカバネリなど | 終了アニメ →ベルセルク | ダークファンタジー












国内最大級のフィギュア通販
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!

DMM mobile 通話SIMプラン ライト
定番のセキュリティソフト ノートン セキュリティ

新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】 今週の激安品



「ReLIFE」


今回は始まったばかりのアニメ、「ReLIFE リライフ」です。

原作は「夜宵草」さんによる漫画で、ネット配信の「comico」で掲載
されている作品です。


これは少しベタな物語のように感じましたが、大変興味も引かれたアニメ
でもありました。
そこで、始まったばかりのアニメですが今回取り上げることにしました。


受験や就職につまづき続け、ニートとなった主人公が社会復帰の実験として
高校生活をやり直す姿をコミカルに描く漫画なのですが、こういう物語は
ずっと昔からありました。



あらすじは───。

「前職を三ヶ月で退職し求職中の海崎新太。元々大学受験で二浪した上大学院
に進学していたため、現在27歳と若くもなく就活は難航する。いわゆるニート
状態に陥っていた。これからの生活に悩む新太の前にリライフ研究所の職員を
名乗る夜明了が現れる。夜明は「リライフ」、ニートを社会復帰させるとして、
新太に1年間の高校生活を送る実験に参加することを提案して参加することになる」


と、まあこういう物語ですが、題材はとても現代的なものですね。
近い生活をしている人も知っていますから人ごとのように感じない題材
です。


薬で若返って人生をやり直すというと、とても古いのですが「楳図かずお」
先生の「アゲイン」を思い出します。

こちらは65歳の隠居老人が薬で十代の頃に若返って無着をするという
ギャグ漫画なのですが、この頃から楳図作品はギャグ漫画が多くなりました。


「アゲイン」というタイトルを聞くと、「久保ミツロウ」作品を思い出す
方の方が多いとは思いますが、1970年代にこのような漫画作品があった
のです。

今思い出すと「アゲイン」で描かれていた65歳は本当によぼよぼの老人でした。

今、実際に当時を振り返ってみると、年齢を聞くとまだそんなに若かったのかと
思うような年齢の方がえらく老けていましたね。

今や70歳でも中年くらいに見える人さえいる時代です。
当時とずいぶん変わったものだと変なところで感心させられています。



「リライフ」は現在的な話題である「ニート」を題材にしているので
今の若者の生活を描いていますが、こういう若返りは昔から願望として
あったと思います。


ただこの「ニート」という問題は「老害」問題と同じように深刻で身近な問題
でもあります。

Amazon.co.jp(アマゾン)
中古パソコンショップ ジャンクワールド









◆学生生活という楽園。



先に紹介した「アゲイン」と「リライフ」の違いは、同じ若返りの薬
を呑んで十代の頃の若さに戻っても、学生であるかないかという大きな
違いがあります。

「アゲイン」でも勝手に学校へいったりするのですが、「リライフ」
は学生であり続けることが重要な要素としてあります。


このブログでは何度も書いていますが、10年近くも大学生(院生)だと言い
張っていた者を知っています。
また、あえて卒業せずに一年留年した大学生もいました。

かなりの数の大学生と接してきましたが、誰も学生生活から抜け出し
たがらなかったですね。


そしてアニメの世界では学生といえば、「高校生」です。
それはずっと昔から続いています。



どうして高校なのかははっきりとした理由を答えられませんが、大学でも
中学や小学校でもないのです。
義務教育でもなく成長という点でも、大人と子供の微妙な境目にあって、
これが大きなポイントになっているのかも知れませんね。

どちらにせよ、海外ドラマでもハイスクールものはありますが、日本ほど
学生時代にこだわって美化しているは少ないのではないかと思えます。


ただ実際に戻りたい年代となったら、高校時代ではないような気もします。
高校時代が楽しかったといった大学生は一人もいませんでしたから。

やはりアニメで描かれるのは、現実とはかけ離れた理想化された高校生活なの
でしょう。
特にアニメではこれは顕著です。

原作となるような漫画作品ですと、大学生活を描く作品も決して少なくは
ないのですが、アニメとなると絶対的に高校生です。


海外の場合、けっして学生生活を中心にしたものばかりではありません。
年齢的に学生であっても、学生生活は背景に隠れてあまり表に出ることが
ない。

それに比べて日本の作品は、実生活は背景に紛れてしまうほど希薄でも
学園生活が世界の中心であるかのように描かれている場合が多いのです。

ここらへんは文化の違いもあるのでしょうが、心理発達史的に一考にあたい
するかも知れません。


アニメでも黎明期にはこのようなことはありませんでした。
年齢的に少年や少女といったもので、鉄人28号の「金田正太郎」も少年探偵
でしたからね。


ただ当時を振り返ると「青春」ものというドラマのジャンルがあって、
若い頃の「夏木陽介」さんや「竜雷太」さんなどが新米教師としてやって
くるという、教師と学生たちのドラマが形を変えながらずいぶんと長く
制作され続けました。

今は千葉県知事ですが、「森田健作」さん主演の「俺は男だ」という
ヒットドラマもありました。

もっとも原作漫画があったのですが。


アニメが今のように学園ものばかりになる頃には完全にこれらの青春ドラマは
消えてしまいました。

青春というジャンルは実写ドラマではなく、今やアニメの中だけにあるような
気がします。

ベクトルのアパレル古着宅配買取サイト フクウロ
デアゴスティーニ









◆ニートを含めた今後の予測。


この「ReLIFE」ですが、今ひとつよく分からないです。

まだ始まったばかりのアニメですし、原作もよく知らないのでなにも言え
ないのですが、内容的になにを目的としているのかが分からないですね。

ニートですからもっと社会的なものにフォーカスしているのかとも思って
いるのですが、とにかくこれからが楽しみです。
ただ現実の「ニート」はもっとひどいですけどね。



ちょっと違うかも知れませんが、昔、「東京爆弾」という漫画がありました。
実写映画化もされていますが、あまりヒットしたとは言いがたい作品なので
すが、漫画は面白かったですね。

「東京爆弾」も薬なのですが、感極まらない、東京からでないという二つの
ルールを守っていれば服用した人間の能力を最大限に発揮して成功へと導く
ことができるという薬です。

ただし二つのルールに触れてしまうと、薬が爆発しその人間は粉々になります。


薬というアイデアは昔からありますが、どういうわけかあまり多くは
漫画にもアニメにももちいられてきてきませんでした。
とても古くは「ビッグX」も薬でしたね。


この「リライフ」の主人公はニート状態なのに友人たちには社会人の
ふりをして過ごしています。

アルバイトで生計を立てているのに、初対面のような人には正社員で
あるかのようにいう人はわりといます。
いちいち事情説明など面倒ですから分かるのですが、友人や親しい人に
ニート状態であることを隠すのだろうかとアニメを見ていて考えました。


ただし、いつまでも「大学生」ですと、時には「専門学校」もいましたね。
とにかく「学生」ですと言い張っている人は本当に多かった。

これらは実際に見てきて、途中から本当の話か嘘かをだいたい見分けられる
ようになりましたから。
その数は相当なものですよ。

そんな経験があるので、自分ならばずっと学生生活を続けるために薬を
使うとか、あくまで学生生活という点にフォーカスした作品にしてしまう
のではないかと思えます。


それくらい「学生」と偽っていたものが多かったですし、同人関係には
学生気分のまま社会人の生活を続けている人たちが大半でした。

アニメで描かれている主人公は、むしろかなりまともにさえ思えます。

作品が作りたいとかなにかを表現したいのではなく、学生気分でいたいが
ために同人活動をしているのではないかと思うほどです。
特に「コミケ」のようにイベントに参加したい人たちはサークルだけでは
なく、一般参加の人たちも殆どの動機がこれではないかと感じたほどです。

早い話、同人イベントイコール学園祭のようなところがとても強いですから、
嫌でも分かってきます。



「ニート」という問題はとても現代的ですが、世間がこの問題を取り上げ
て騒ぐ頃には、だいたい十年くらい遅れたタイムラグがあります。

最近のニュースですと、ハローワークに求人を出してくれといわれて出した
けど、実際は人を雇う予定もその気もなかったという企業がハーローワーク
の求人の半分ほどもあったことが分かりニュースになりました。


薄々分かっていましたが、ここまで多かったのかと呆れましたが、これなど
就職活動していれば嫌でも気がつくことです。

他にも、今のようにネットで収入を得ることができることが一般化する
前に、すでにネットで稼いでいた大学生がいました。

就職先も彼女もネットで見つけたという剛の者ですが、親世代はこの
ネットでということが理解できずに遊んでいると批判されていたそうです。
また、他にもいろいろありましたがそれらを総合するとだいたい世間で
ニュースになったり取りただされたりするのは現実の事象から十年くらい遅れて
やってきます。


今や、先のような「ハローワーク」問題だけではなく、働きたくとも
個人の努力では就職もままならないところにきています。

「ニート」という問題は働き口があるのに働かないものがいるを前提と
して取り上げられていますが、現実はすでにそんな生やさしいものでは
ないと感じます。


友人にも会社が潰れてしまってやむなくアルバイト生活を強いられたものが
いますが、アルバイトでさえ簡単に見つからなかった。
職業がエンジニアであってもここまで仕事がないのかと思いましたからね。



これから十年先は、今の「人工知能」の発達速度からしてロボットがまさに
普通の職場や普段の家庭生活に入ってくることが予想されます。
誰でもできるような仕事は、殆どが機械化されていると思います。

これはアルバイトでやっていた職種はだいたいがロボットに置き換わって
来るのではないかと思いますね。

そしてそれを実際の問題として認識できるようになるにはさらに十年
遅れるものと思いますので救いがありません。

こういう予測は外れてほしいのですが………。


高齢者になってくると、いまだに「終身雇用が終わって」というような
時代そのものが3、40年くらい遅れた論理と倫理観で話をする人が多く
いったい今は何年なのかと面食らうこともあります。

ですからこれらの対策も取られないままずるずるとさらに悪い時代へと
突入していくでしょう。
その頃には今どころではなく、「老害」が今のニート以上に最大の弊害と
して存在しているような気がします。


すでに「ニート」問題も、「ニート」の存在そのものが捨て去られる時代になって
きている。
「ニート」生活をしていた人たちもいずれ本当に命をつなぐためのサバイバル
生活をしなければならなくなるでしょう。

若者にも高齢者にも、等しく未来は明るくはないのです。



それでは、次の回では「ベルセルク」を取り上げようかと思っています。


ジャニーズオフはこちら♪≪ジャニーズグッズ宅配買取りサービス!≫

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
壊れたパソコン買取専門店【ジャンク品パソコン買取ドットコム】















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【甲鉄城のカバネリなど | 終了アニメ】へ  【ベルセルク | ダークファンタジー】へ