アニメ

はんだくん | 笑っていられない勘違いと噂話

 ←コスプレ事情の今昔 | コスプレイヤーの本音はどこに──? →モブサイコ100 | 超能力テーマの根強さ












はんだくん
ばらかもん
コミックシーモア
Amazon.co.jp(アマゾン)
DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!


「はんだくん」


今回はアニメ「はんだくん」を取り上げたいと思います。

少年ガンガンで連載している「ヨシノサツキ」さんによる漫画作品です。


それも『ばらかもん』の主人公である半田清舟の高校生時代を描いた外伝作品で、
主に半田と、彼を取り巻くクラスメイト、そして同級生で友人である川藤の日常
を描いている作品ですね。

つまりスピンオフ作品です。



ストーリーは、某都立高校2年の若き天才書道家・半田清は、校内の有名人。
人を寄せ付けぬクールな佇まいから孤高の男と呼ばれ、人々は遠くから羨望
を送っていたが、それを当の本人は悪口を言われていると思っていた。

徹頭徹尾、全て誤解と曲解によるユーモラスな展開の物語です。



ですが、なぜか素直に笑えずいつも後に残る物を感じています。


これがスピンオフ作品であるというのは頷けますね。




作る側からすれば、この年代の学生たちの誤解が誤解を生むような展開を初めから
作品化しようとはなかなか思わないからです。


もし同じアイデアで作品化を考えるとしたら、「中二病でも恋がしたい」
みたいにもっと大げさなものになっていたと思います。



ただ、「ばらかもん」がなかったらこの「はんだくん」はなかった
かもしれません。

前作の人気があってこそのものだったかもしれません。

デジタルでイラストやマンガを描く!Intuos シリーズ
【古着買取王国】は買取20%アップ実施中
Microsoft Store for Education









◆作品の狙い。


この「はんだくん」の面白さは学生たちの誤解や曲解、思い込みの連鎖に
よる展開の面白さです。


これは作者自身が学生の頃に感じたかも知れないことが作品化により現れて
いるかもし知れませんね。


「中二病」が思春期の頃の妄想を作品化したものならば、この勘違いは実に
リアルです。
「中二病」が妄想世界へ行っちゃっている人の話だとすれば、この勘違いは
言わば前段階にある人たちと言えるでしょう。


実際、個人的にも学生時代に何度か経験がありますし、他にもいくつも似たような
話を知っているからです。



ここからは全て実話です。

他校の不良に絡まれて、どうすれば良いか分からずにただただ笑っていたら、
相手が大物と勘違いしてくれてなにもなかった。
これに似たことはとても多くあります。


笑ってしまうのは「チェリーボーイ」を「ナイスガイ」のように勘違いしていて
自分から言いふらしていた者もいました。
それが面白くて、誰も真実を教えなかったという話があります。

──今はどうしているのやら──。



男子生徒の場合はこの程度でまだ収まっていますが、女生徒の場合はもっと
深刻です。

数名の女の子から呼び出されて行ってみると、ある女の子からフラれてし
まったという話があります。
それも好きでも嫌いでもなく、興味すらない相手から、いきなりフラれる
という理解できない事態に遭遇したそうです。


どうもその女の子のことをよく見ていたとか見ていないとか、それを周りの
女の子がその男子生徒がその女の子を好きなんだというふうに話を大きく
してしまい、さらには気持ち悪いから早くフッてしまった方が良いという
風に話が進んだようですね。

言われた男子生徒はなんの話かさっぱらり分からず、その場ですぐには
怒れなかったそうです。

きっと、理解するのに時間がかかったんでしょうね。



思い出すとここまでひどくはなくても、勘違いを拡大解釈するなどは
無数にありました。
今では笑い話になっていますが。

この時期に、ボタンの掛け違いのような勘違いが続くと病理にまで発展する
こともあるので笑ってばかりもいられません。



緘黙症と言うものがあるのですが、この病理の一つに黙っていることで周りの
人が気を使ってやってくれたりすることで一つの適応方法として定着する場合
もあるのだそうです。

思春期はとかくこの勘違いというものの多さと、その振り幅の大きさを改めて
感じますね。


引きこもりの一つの原因もこれがあって、周りの人たちからすればなにが原因
であるのか分からない。

そこをかってにいじめがあってとかいろいろねつ造しているような面も感じます。


ただ大人になってからもこれに近い人はいると思いますよ。
近い人をけっこう多く知っています。



個人的な感覚では、緘黙というよりも自分にはこんな才能が隠れていると
いう勘違い野郎は多かったと思います。
ただそれが周りの人間に知られていないだけで勘違いしていた本人が後で
気がついて恥ずかしくなるとか傷付くとかは沢山あったでしょうね。


男の場合は本人だけの問題ですむ場合が多いのですが、女性の場合は先の
ようにどうも話が大きく広がる傾向が強いのです。
つまり他人を巻き込む迷惑な場合が多い。

まったく関心のない女生徒からいきなりフラれた男子生徒もそうなんですが、
とにかく根拠なき「噂」話が事実であるかのように語られていて驚きます。


痴漢冤罪の話を良く聞きますが、それは確かに多いだろうなと思うことが
ありますね。
これは学生を卒業してからの話なのですが、女性は痴漢に遭ったことがなく
てもあったことがあるという人がかなりの数いるそうです。

女の子同士の話で「痴漢」にあったことがないというのは話しにくいのか、
とにかく学生の頃は痴漢に遭ったことがなくてもあったことがあるという
女生徒が多いそうです。


実は逆に男子生徒の場合、そのときは話さないのですが、「痴女」にあった
という者がけっこういて、正確に数字では表せませんが男女ともに「痴漢」
「痴女」ともにあった経験数は近いのではないと思うのです。


ただ男子の場合は大騒ぎもしませんし、むしろ人に話したりしません。
大抵、学生を卒業してから、昔話として聞くことになります。
そしたらけっこうな数がいたのです。


差別するわけではありませんが、女性の言葉をそのまま信じることはでき
ません。

今はやりの脳科学ならこの男女差を説明できるのかも知れませんが、女性の
「噂」好きは年齢を問いませんね。
男性と根本的な部分で違うように感じます。

それもかなり重要度が高く、以前、女性の刑務所内での体験を語るのを見たこと
あるのですが一番の楽しみはこれらのおしゃべりでした。



同人のサークル活動をしていたとき、同人関係の人たちの噂話がさまにそれで
妙に近いものを感じたことがありましたが、今の学生は不幸なことにスマホと
いう電子デバイスで我々が学生であった時よりも数倍も「噂」話が大きくなって
います。

これが原因で転校した人を知っているだけにこのねつ造された「噂」話はシャレに
ならないなと感じています。


今のネット社会はまさにこれで、どこまで続くんだというウンザリ感がついて回り
ます。
ちょっと稚拙すぎるんじゃないかと感じます。


昔、SFでテクノロジーの進歩は人間の意識を退化させるというようなものが
ありましたが、真実みをこの頃は強く感じています。
我々が学生頃に夢見たSFのような未来が、色褪せ腐敗して行くような気が
してなりません。


それでは、また次回でお会いいたしましょう。

U-NEXT
中古パソコンショップ ジャンクワールド
カスタマイズができる、ナンバー1のスマホ・PCケースショップ!














英会話

  

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【コスプレ事情の今昔 | コスプレイヤーの本音はどこに──?】へ  【モブサイコ100 | 超能力テーマの根強さ】へ