実写化作品

デスノート NEW GENERATION | 地上波では観られないドラマ

 ←彼岸島 | ホラー漫画の系譜 →亜人 第二期 | 今年一番の好きなアニメ!













デスノート
コミックシーモア
新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】 コスプレ
Amazon.co.jp(アマゾン)
DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!


「デスノート NEW GENERATION」


今回は、前回の「彼岸島」を紹介した影響でまた実写化作品です。

「彼岸島」に関しても補足記事があります。


まず先に「彼岸島」のドラマから補足しておきます。
このドラマ「彼岸島 Love is over」は映画「彼岸島 デラックス」へと続く
物語のようです。

そのために短く、四話という短い話数で終わっています。

最近このように、番線的ドラマも作られてきていますね。


でも逆に、短いゆえに密度の濃い作品ができる可能性があって、新しい
方向性を産み出していくのかも知れません。

phantom4 衝突回避、4Kカメラ搭載ドローン
激安中古パソコンショップ【junkworld】











◆デスノート NEW GENERATION。


さてここからが本番、「デスノートNEW GENERATION」というドラマを見る機会が
ありました。
地上波では放送しないものらしいのですが、全部で三話あったのです。

1話三島編、2話竜崎編、3話紫苑編と登場キャラクター別に作られています。
「デスノート Light up the NEW world」の前日譚としての物語でした。



「Hulu」独占ドラマだったようですね。






このドラマも「彼岸島 Love is over」と同じ映画版へと続く物語です。

でもこのドラマ、とても面白かったのです。
Lの後継者やデスノート対策室など個別に焦点を絞って描き、濃密な
作品となっています。


どの作品も密度が濃いものばかりでした───。



内容は以下に引用させもらいます。

この後の続編があるのかどうか分かりませんが、期待したいですね。




前作と今作『デスノート Light up the NEW world』までの10年間を繋ぐ
huluオリジナルドラマ。三つ巴の頭脳戦を繰り広げる捜査官・三島、
世界的名探偵・竜崎、サイバーテロリスト・紫苑の3名がそれぞれ主人公と
して描かれる3部作です。佐藤信介監督をはじめ、脚本・真野勝成、音楽・
やまだ豊ほか映画スタッフが再集結して制作。香港ロケも敢行し、映画
本編同様のハイクオリティな映像美で映画に至るまでの各キャラクターの
「真相」が濃厚なドラマとして描き出されます!





このドラマを見て再確認したのは、やはり実写の前にアニメがないのが最大の
効果を発揮しているように感じます。

実写の前にアニメ作品があると、無意識にでもアニメと比較している時が
あって実写をそのまま受け取れない気がしますね。



原作はありませんが、「勇者ヨシヒコ」なども新作が放映されますがこれ
などもしアニメ作品を初めに作っていたらこれほど根強い人気が得られた
かどうか。

このゆる~い、コメディ作品の「勇者ヨシヒコ」もまた楽しみにしています。
コメディ作品はセンスですね。



過去の作品でも同じで「のだめカンタービレ」のうよに実写が先に来ていれ
ばヒットした実写は多いのではないかと思います。
実写とアニメは相容れないところが多いように思います。


今、「シン・ゴジラ」も「君の名は」もともに大ヒットしていますので
先行作品が多いので果たしてどれだけヒットするかは分かりませんが、
10月29日公開の映画「デスノート Light up the NEW world」も期待
できると思います。


また、今回のように漫画原作もアニメもない状態での実写化がどれだけ
作品に影響を及ぼすのかとても興味あるところです。


ドラマもですが、続編があるならばぜひ作ってほしいものですね。

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
入居決定でキャッシュバック!お部屋探しの【door賃貸】










◆地上波以外の作品発信。


「仮面ライダーアマゾンズ」もそうなんですが、地上波よりも、見応えのある
作品が作られています。
テレビは毒にも薬にもならないどうでも良いものになっていくのかも知れません。

単に無難なものばかりになるのかも。


もっとも今やテレビはお茶の間のコミュニケーションツールではなく、ましてや
地デジへの転換といい全てが無理矢理のごり押しである政策に付き合ってやる
必要はないと考えます。

日本の社会は不平等を一方的に押しつけておいて、それを公平という誰の
ための政策かわからない歪な奴隷制度のようなものが息づいている社会ですから、
テレビなどもう見る必要もないと思います。



優秀な監督ならばクラウドファンディングでお金を集めて、ネット配信
するドラマもこれからは作られてくるかも知れません。
ネットでは短編が主流になってもっと作られているかも知れないと考え
ていました。

CGアニメですが、「キャットシットワン」という「小林源文」さん原作
のアニメ作品がありました。

良くできた作品だったのですが、これはネット配信だったのです。


この方法は面白いなと注目していたのですが、後に続く作品がなくて残念
に思っています。
既成の方法ではなくもっと新しい制作方法があっても良いと思うのですが、
現実は予想していたほど活発ではありません。



実写も同じで、最近時々ネット配信されている自主作品を見ることがありますが、
インターネットの普及でもっと沢山出てくるかと思っていました。


アメリカの場合、「トレッキー」という言葉があるほど人気のある「スタートレック」
ですが、ネット配信されているものを見るとどうも作りが荒いものがある。
それにこの物語を知らないという話があって、最後のエンドロールで「Fan movie」
と出てきました。

面白いのは特撮がけっこうしっかり作ってあるし、出ている役者さんも
プロの方であったりと日本の自主映画とはベースが違っています。


ネット環境が整いだすともっと個人発信の作品が多く作られてくるかも
知れないと思っていました。

このブログでは時々書くのですが、IT技術の進歩も期待していたほど
進んでくれていません。

つい最近、人と自分たちの学生の頃から見た今の科学技術のことを思い出しながら
話しあったばかりです。
それから考えると、今の技術などまったく進んでいるなんてことは言えないと
話していました。


当時はパソコン一台あれば実写に見えるような映像作品が作られるのでは
ないかと思っていたのですが。
どうしても怪獣映画を、特撮作品を作りたかったのです。


でも、不思議と若い世代が羨ましいという意見はでなかったですね。

むしろ自分たちがやりたかったことができるはもっとずっと先であることが
分かったからです。
それにもしできるようになったとしても、もろもろの社会経済体制などを
考えた時オープンで自由なものにはなりそうにない。


もし本当に「デスノート」があったなら、間違いなく権力を握っている奴ら
の名前を書き込むでしょうね。
それこそ膨大な数に上るかも知れません。



ちょっと脱線しました。

それでは、次回にまたお会いいたしましょう。

【いーあきんど】のらくらく宅配買取

ベクトルのアパレル古着宅配買取サイト フクウロ












  



同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【彼岸島 | ホラー漫画の系譜】へ  【亜人 第二期 | 今年一番の好きなアニメ!】へ