アニメ

夏目友人帳 | ファンタジーとしての妖怪たち

 ←亜人 第二期 | 今年一番の好きなアニメ! →うどん国の金色毛鞠 | 君の名は。













夏目友人帳
コミックシーモア
新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】 コスプレ
Amazon.co.jp(アマゾン)
DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!


「夏目友人帳 伍」



今回は「夏目友人帳」です。
このアニメも根強い人気があり、今回でシーズン5の制作です。


「夏目友人帳(なつめゆうじんちょう)」は、「緑川ゆき」さんによる
日本の漫画作品。



概要───。


初出は『LaLa DX』(白泉社)2003年7月号。同誌2005年1月号から読み切り
のシリーズとして隔月連載され、一部作品は『LaLa』(白泉社)に掲載された。
2007年9月号から『LaLa』で連載中。2016年10月時点で単行本は第21巻まで刊行
されている。2009年以降は、一つのストーリーが読み切りではなく、前後編や3話
から4話に渡って描かれる傾向にある。






あらすじ───間を開けて制作されているので初めて見る方にも分かるように
少し詳しく内容を記載しました───。



夏目 貴志は幼くして両親と死別し、幼少期から親戚をたらい回しにされてきた。
貴志には普通の人には見えるはずのない妖怪(妖 あやかし)が見えてしまい
そのためにトラブルに巻き込まれることが多かった。藤原 滋は妻の塔子と相談
の上で貴志を自宅に引き取ることにする。子供もなく夫婦二人きりの藤原夫妻は
貴志を実の子のように想い、貴志はようやく落ち着いた暮らしを送れるようになる。

そんなある日、貴志は妖怪たちに襲われ逃げ回る際に祠に封じられた妖怪斑
の封印を解いてしまう。貴志を見た斑は「夏目レイコじゃないか?」と尋ねる。
レイコは貴志の母方の祖母だった。貴志はレイコの数少ない遺品の中から「友人帳
」を見つける。
天涯孤独だったレイコが妖怪たちから奪った名を集めた契約書の束だった。
やがて、友人帳は「多くの妖を従え、使役出来る宝物」として妖たち
の間に噂として広まっていた。斑は貴志から友人帳を奪おうとするが、貴志は斑と
「俺が死んだら友人帳はお前にやる」という約束をし、かわりに斑は貴志の用心棒
となる。依り代である招き猫と強く結びついてしまった斑は普通の人間には
「頭の大きな猫」に見えるためニャンコ先生と呼ばれるようになる。
様々な出来事を通じて妖たちとの出会いと別れを繰り返し、彼らの抱えた事情や想い
を知ってゆくのだった。





この「夏目友人帳」はメインのストーリがあるわけではありません。
「友人帳」にまつわるエピソードが主で、特定の敵対するものがあるわけ
ではありません。


「あやかし」と人間との物語ですが、ホラーではなくファンタジーな作品
となっています。

少し寂しい物語が多いですね。

頭皮エステ<スカルプD メカノバイオ>購入はこちら
困ったときの救世主!【端末レスキュー】










◆心の隙間に潜むあやかしたち。



この「夏目友人帳」は個人的に好きなアニメです。

「あやかし」と言われていますが、早い話が「妖怪」であり「オバケ」の
たぐいです。

なぜ「夏目友人帳」が好きなのかというと、妖怪たちをホラーのように怖い
人間と敵対する存在として扱っていないからです。
妖精的な存在として描かれています。



この傾向は昔のアニメとは大きな違いですね。
昔のアニメでは「ゲゲゲの鬼太郎」のように少しユーモラスな妖怪はいましたが、
多くは恐怖の対象である怖い「妖怪」でした。

これが昔から好きではなくて、「妖怪」とはと考えた時、この「友人帳」のように
人の心の隙間に住むような存在に思えて仕方ないのです。
時には人は嫉妬や妬み憎しみや恨みによって「鬼」になる瞬間もあります。
孤独やさみしさから見えない友人が現れ慰めてくれる場合もあるでしょう。

そういう意味から、主人公の夏目貴志が親戚中をたらい回しにされていたりと、
そういう不思議を感じ取れる境遇にあったといえます。


人の精神のあり方によって、見えるものが違ってくると思うのです。
ですからホラー作品というのは、とにかく怖いという一辺倒なものはあまり
ぴんとこなくて、むしろ怖くてもその中に安らぎや悲しみがあるというタイプ
が昔から好きでした。


こういうとらえ方は短編などにはありましたが、昔は「妖怪」「オバケ」はやはり
恐ろしいだけの存在として描かれる場合が多かったですね。


その点、最近では「蟲師」など独特の存在も出てきて面白いと思います。
こういうもっと広い意味での感じ取り方があっても良いと思います。


ただ作る側から言わせていただければ、人気は出ても大ヒットにはつながり
にくいのではないかと想います。
ファンタジー色が強いと一定の安定的な人気は得られると思うのですが、
「君の名は。」のような久しぶりの大ヒットにはつながりにくいでしょうね。


大ヒット作品にはどこか定番的要素が色濃く反映されています。

個性的で凄いと思える作品がカルト的人気を得られても、定番作品とは
なりにくいのもそのためです。
作家性が強いと万人向けにはなりにくい。

ある意味、個性を殺したような作品になってしまいます。



同人でも作られていますが、やはり「BL」ばかりでした。
同人人気はあるようです。
キャラクター的に、腐女子が好みそうなキャラですからね。


また舞台が都会ではなく地方なので、アニメファンの聖地巡礼も行われて
いるようです。

最近といっても、すでに10年以上にもなりますが聖地巡礼を見越して最近の
アニメ作品が作られている面があります。

ベクトル公式通販サイト ブランド古着通販ベクトルパーク
機動戦士ガンダムオンライン









◆ファンタジー作品としての友人帳。



少し話題が外れますが、「友人帳」のニャンコ先生。
我々にとってニャンコ先生といえば、「いなかっぺ大将(原作・川崎のぼる)」
の「ニャンコ先生(声・愛川欽也)」を思い出します。

ギャグアニメでしたが、昔にこういうアニメもあったのです。


昔は本当に、ファンタジー系のアニメなどは殆ど作られていませんでした。

一部短編であったかも知れませんが、アニメ作品になるには既存のフォーマット
から外れるような作品は作られませんでした。
今の方が遙かに多彩で面白いですね。


ファンタジーと言えば基本「童話」のようなものばかりで、対象を幼児に特定
していたようなところがあります。
それも大人が子供を都合良く諭すためのものが多かったように思いますね。

こういう大人の押しつけは、子供であっても敏感に気付くものです。

むしろ日々の生活や生きていることそのものに疲れてしまっている「大人」
の方がファンタジーを必要としているかも知れません。


「宮崎駿」監督が東日本大震災後にあれを見ると「ファンタジー」作品は
作れないと言っていました。
そして「押井守」監督は、人間はそんなに強くない、だから今こそファンタジー
が必要なんだというようなことを言っていましたね。


個人的には押井監督と同じ意見です。



勝手な想像ですか、「銀河鉄道の夜 作・宮沢賢治」を「ますむらひろし」さん
の猫キャラクターでアニメ映画化された頃から純粋なファンタジー作品が作られ
始めたような気もします。


昔はアニメは子供向けであって、大人が見るものではないという決めつけが強
かったですが、むしろ現在は「学生」や「大人」が見るものといった感もある
ほどです。

そういう違いがあるのだと思います。



昔のフォーマットで言えば、「友人帳」ももっとバトル色が入ってきたと思います。
「友人帳」にも退魔師のような「祓いや」の人々が出てきますが、そういう
「祓いや」たちと「あやかし」たちのバトルとなっていたかも知れません。

こういうストーリーの方が食いつきが良いですからね。


でも、この「夏目友人帳」も「フライングウィッチ」もともに今のままの
作品であってほしいと思います。


それでは、次回でまたお会いいたします。

長年欧米市場で愛されている人気総合通販サイト【DinoDirect】

安価なレンタルサーバー





 




  



同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【亜人 第二期 | 今年一番の好きなアニメ!】へ  【うどん国の金色毛鞠 | 君の名は。】へ