アニメ

刀剣乱舞 | 腐女子が好きなアニメ

 ←シン・ゴジラ | 美談VS不都合な真実 →幼女戦記 | 一線を画した魔法少女












刀剣乱舞

【コスプレ衣装のエクシー(EXC)】ならフルオーダーも作れます!

コミックシーモア
新品アダルトDVD通販の【DMS-NET】 コスプレ
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス



「刀剣乱舞」



明けましておめでとうございます。
昨年は「迷走ブログ」にお付き合いくださいまして、
ありがとうございます。
今年もこのブログをよろしくお願いいたします。



新年第一回目ですが、新作がまだ公開されていませんので昨年の作品から
「刀剣乱舞」を取り上げます。

昨年中に取り上げきれなかった作品の一つでもありますが、あまり関心を
ひきませんでした。
その最大の理由が思っていたほどのアニメ作品ではなかったからです。

見るところがない作品でしたね。


もともと「刀剣乱舞」はDMMのネットゲームです。
他にもゲームはたくあり、特に「艦隊これくしょん-艦これ-」とこの「刀剣乱舞」
は大ヒットしたゲームでもあります。

アニメ作品ですからゲーム作品とは違うものを作ってくるかも知れないと
期待していましたが、まったくそのまんまのものでした。


これは「艦隊これくしょん-艦これ-」と同じです。
悪いわけではありませんが、やはりアニメにしたのですからアニメ作品と
して独立した作品にした方が良い気がします。

それでないとゲームのファンは楽しんでも、ゲームをしていない人には
まったく見たくないアニメになってしまいます。


「艦隊これくしょん-艦これ-」も「刀剣乱舞」もゲームは大ヒットしましたが
アニメ作品はゲームのようにヒットはしませんでしたね。
「刀剣乱舞」もまた制作されますので一部のファンには支持されているので
しょうが、正直、同人ファンと「腐女子」の方々だけではないですかね。

これでも良いのでしょうが、やはりアニメとゲームは違うのですから
もっと違った方法もあったではないかと思います。



今更ですが、内容を説明しておきます。

簡単に言ってしまうと、ゲームそのまま「審神者(さにわ)」によって召還
された刀剣たち(有名武将たちが使っていた名刀)がイケメンとなって現れ
時間変革者と各時代の戦場で戦いこれを阻止する物語です。

アニメは戦場に重点を置いておらず、召喚された場所である待機所のような
所で過ごす日常生活を描いています。

そして「審神者(さにわ)」本人は登場しません。

パソコン初心者向けのノートパソコン【advent】

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~









◆これからのアニメと特撮作品。


今のところDMMゲームには新しく大ヒットしたゲームはありません。

ただ有名な「モンスターハンター」などの実写化やアニメ化の話もありますので
当然、作品化されてくると思います。

イメージ的にいえば、「モンスターハンター」は今の特撮技術だと良いものが
できるのではないかと思います。
ただここもゲームの世界観だけでいくのか、+映画としての世界観を確立する
かが大きな鍵となってくるでしょうね。

「バイオハザード」というヒット作品があるだけにここら辺は期待できるところ
でもあります。


ゲームではないですが有名作品では「ゾイド」のハリウッド映画化の話も
進んでいて、ハリウッド作品に関しては実現するかどうかは分かりませんが、
何らかの形で映画化するのではないかと期待しています。

ロボットイコール二足歩行ロボット偏重のアニメには辟易していて、
四足歩行ロボットのようにとにかく人形から離れたロボットを応援して
います。



また、「ガメラ」の映画も待っていますから、「シン・ゴジラ」の後だけに
どんな「ガメラ」を制作するのかととても期待しています。

アニメ作品である「銀魂」や「ジョジョの奇妙な冒険」も実写映画化もされます
し、批判が多いのにかかわらず相変わらず実写化されていくようです。

これらがヒットするかというとたぶん期待はできないでしょうが、注目作品が
待ち受けています。

クレジットカードに関するアンケート答えて、Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題









◆面白かった作品。



2016年の作品で良かったのは、やはり「シン・ゴジラ」ですね。

ただこれは予想していましたから驚きはしませんでした。


驚いたのは「新海誠」監督作品の大ヒットです。
おそらく、業界の人間だけではなくファンの人たちもあそこまでの大ヒット
を飛ばすとは誰も予測していなかったと思います。

まるで別人の作品のようでしたから。


そしてやはり同じく予測していなかったのは「亜人」でした。

これも実写映画化されますが、とにかく「佐藤」というキャラクターがとても
面白い。

魅力的でした。

第二期は原作と違ってアニメのオリジナルストーリーでしたが、ここで最後の
方の「佐藤」は少し魅力を失いました。
原作はまだ続いていますから、第三期も後で制作することはできるでしょうが、
アニメ作品は一応の完結をむかえています。


「ベルセルク」も二期が予定されていますから、これはこれで楽しみです。

「蒼穹のファフナー」もまた制作されるらしいのですが、これはあまり
期待していません。
続編が作られるたびに期待が薄れていきますので、どうでも良い気が
しています。


「夏目友人帳」も予定されていますので、期待している作品もありますが
今のところ目玉作品というものが見つかりません。


このブログでは何度も「ULTRAMANN(ウルトラマンスーツ)」のことは書いて
いるのですが、いまだ映像化の話を聞きません。
人気があって今か今かと思っているのですが、どうも本家「ウルトラマン」
ばかりが形を変えて作られていきます。

いい加減同じ巨大ヒーローではもう無理であることは分かっているだろうに。

視野をもっと広げてほしいと思います。

特撮、アニメに負けないでもっと頑張ってほしいですね。



それでは、新年一回目はこれくらいで。
次回にまたお会いいたしましょう。

ニチレイフーズダイレクト

家具家電付きのマンスリーマンションはレオパレス21
す・ご・い・Hな下着の通販 【チェリーのコスプレ屋さん】
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シン・ゴジラ | 美談VS不都合な真実】へ  【幼女戦記 | 一線を画した魔法少女】へ