アニメ

笑ゥせぇるすまん | 新しい喪黒福造

 ←リトルウィッチアカデミア | 時間帯を間違えたアニメ →ゴースト・イン・ザ・シェル | 攻殻機動隊











笑ゥせぇるすまん

【コスプレ衣装のエクシー(EXC)】でコミケはばっちり!

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

Web限定高額キャッシュバック SoftBank携帯

日本最大級の動画サイト【niconico】



『笑ゥせぇるすまん』



春のアニメが始まりました。

今期は「ベルセルク」や「進撃の巨人」などの期待大の作品があって、
チェックするのに忙しくなりそうです。
その中でも違った意味で注目している作品が、この「笑ゥせぇるすまん」
でした。


この「笑ゥせぇるすまん」である「喪黒福造」は多くの人が知っていると
思います。

人差し指を突き刺し、「ドーン!」と叫ぶ呪文はとても有名ですね。


一応説明しておけば、現代のストレス社会に生きる人々の心の隙を見つけて
謎のセールスマン「喪黒福造」が破滅の誘惑とも癒やしともとれる方法で
つけいってくる物語です。



特に年代が上がれば知っている人は増えてくるでしょうね。
アニメファンにはあまり馴染みのないキャラクターかも知れません。

原作は「藤子不二雄A」先生の大人向けのブラックユーモア溢れる
漫画作品です。
アニメの監督は「小倉宏文」さんです。


このアニメがなぜ気になっているのかは、もともとが1989年から
始まった「ギミア・ぶれいく」という人気バラエティー番組
の中で10分アニメとして作られていた作品だったからです。

そういう意味ではアニメシリーズではなかったので、今回はシリーズ
として制作されるで果たしてどういうものになるのだろうという興味
がありました。


見てみましたが、率直に言うと旧作の方が我々には良かったですね。

一話完結作品が二作品で構成されているアニメです。
やはり少しシリーズものとして見た場合の違和感のようなものを旧作
を知っていると感じてしまいました。

そしてなぜ今シリーズ作品として作られるようになったのかなどと
考えてしまいましたね。


内容ですが、旧作にあった物語のリメイクと新作の物語とをそれぞれ一作品
ずつ組み合わせる構成でした。

確かに前回紹介した「リトルウィッチアカデミア」のように深夜アニメで
ある必要のないアニメ作品ではなく、むしろ深夜アニメ向きの作品では
あるのですが。


この「笑ゥせぇるすまん」も同人作品としては見たことがないですね。

遊びキャラとして描かれていたものがあったかも知れませんが、同人ファン
もサークルもあまり関心を示さなかったアニメです。

フィギュア予約最大25%OFF+ポイント5%還元!ホビーサーチ

壊れたパソコンが売れるんです!【ジャンク品パソコン買取ドットコム】

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード










◆時代の変化。



違和感を感じた理由を自分なりに探ってみたのですが、もしかすれば
時代の空気感のようなものが違うのかも知れません。

当時はバブル期であったように思いますし、そういう浮かれた時代に
「喪黒福造」が冷や水を浴びせるような存在であったような気がします。

バブルがはじけて長い不景気の時代を迎えているとまさに「喪黒福造」
の警告は当たっていたのかも知れないと思います。


そしてこの「笑ゥせぇるすまん」は当初狙っていた大人たちだけではなく
子供や女性にも大変人気が出たアニメでした。

「ドーン!」という台詞は、子供も良く真似していましたね。



なによりも大きいのが「喪黒福造」の声が違うことです。

前作は「大平透」さんで、これはもう勘違いのしようがない声でした。
また、はまり役でもありましたね。

「ハクション大魔王」の声でも有名な方ですね。

すでにお亡くなりになっているので、誰が声を当てるのかも気になって
いました。


新「喪黒福造」の声は「玄田哲章」さんが担当されることになりました。
これは生前に、「大平透」さんから指名があったそうです。

比べてしまっても仕方ないのですが、どうしても「大平透」さんの声を
探してしまいますね。
これは「ルパン三世」や「ドラえもん」の声が変わった時と同じです。

少し時間が必要です。



そして時代の空気感というものに一番違いを感じました。

先に書きましたように「笑ゥせぇるすまん」はバラエティー番組の中で
公開されています。

このバラエティー番組は「大橋巨泉」さん、「関口宏」さん、「石坂浩二」さん、
「ビートたけし」さん、「竹下景子」さん、「関口照生」さん、「森口博子」さん、
「藤子不二雄A」さん、「森光子」さんなどそうそうたるメンバーが名を連ね
ていました。

亡くなっている方も多くなってしまいましたが。


出演者も一堂に会するのではなく、週替わりでメンバーがいれ替わったり、
いろいろな企画を打ち出したりと野心的な番組でした。
その中の企画の一つが「笑ゥせぇるすまん」で、アニメ企画ありで始まった
番組ではありませんでした。

ですので他のアニメ作品の企画もありましたが、一番人気があったのがこの
「笑ゥせぇるすまん」です。


当時のこの番組とも一番マッチしていたアニメだったように思いますので、
アニメ単体で作られてしまうとやはり違和感を感じてしまうのでしょうね。



ついでに指摘しておけば、「喪黒福造」というキャラクターは「11PM」時代の
「大橋巨泉」さんから主人公の喪黒福造をデザインしたと後に明かしてい
ます。


我々にとって見れば、当時のことを思い出していろいろと考え深いアニメと
なってしまいました。

今のアニメファンがどうとらえるのか、今後の展開に興味があるところです。



それではまた次回で───。

自転車通販ならサイクルベースあさひ

ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】

中古パソコンショップ ジャンクワールド










同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【リトルウィッチアカデミア | 時間帯を間違えたアニメ】へ  【ゴースト・イン・ザ・シェル | 攻殻機動隊】へ