アニメ

ID-0 | アニメ業界の理想と現実

 ←仮面ライダーアマゾンズ | Season2 →皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ | イタリアのアニメ人気









ID-0
【コスプレ衣装のエクシー(EXC)】でコミケはばっちり!

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

Amazon.co.jp(アマゾン)


『ID-0(アイディー・ゼロ)』


今回は「ID-0」というアニメについて少し書いてみたいと思います。

このアニメの制作は「サンジゲン」という会社で、個人的にはあまり
詳しくないところです。
2006年に設立されたところですので、新しい制作会社ですね。


アニメ制作会社がこうやって一つの作品を元請けからできるのはごく僅か
で、多くが下請け業の会社が主です。
昔からの日本の産業界の定番とも言える零細企業が殆どなのが日本のアニメ
制作現場の現実です。

また、有能な方はフリーランスで活動する場合が多くて、出たり入ったり
するのが普通の業界です。

これについては後でもう少し解説しておきたいと思います。



監督は「谷口悟朗」さん。
シナリオは「黒田洋介」さんです。

バンダイビジュアルと世界コスプレサミットの共同プロデュースによるオリジナル
アニメ作品として2016年に制作が発表されたそうです。



ストーリーは───。


オリハルトと呼ばれる特殊な鉱石の発見により、技術革新で人類が飛躍的
な進歩を遂げた世界。人々の居住域は太陽系を超え、宇宙各地に広がっていた。
また、人間の意識を転送して操縦するIマシンという人型ロボットが開発され、
民間・軍事用を問わずにその利用が進んでいた。

ある日、白鳥座アルビレオ二重連星を訪れていた惑星連盟アカデミーの学生・
ミクリ・マヤは、Iマシンを使ったオリハルトの採掘作業中の事故に巻き込ま
れたうえに教授たちに見捨てられ、置き去りにされてしまう。まもなく、
その場に現れたオリハルトの民間採掘業者「エスカベイト社」と名乗る者たちに
より、マヤは彼らの母船「ストゥルティー号」に救助されて九死に一生を得るが、
自分が不正取引の容疑で指名手配されていることを知り、社長のグレイマンの誘い
に仕方なく応じてエスカベイト社で働くこととなる。




───と、言うような内容です。


このブログでは何度も書いていますが、子供の頃からSFや特撮といったもの
をずっとみて育ってきましたので、SF作品は好きなので一応チェックしています。

しかしながらこの作品はオリハルトの秘密が滅びた異文明と関係してきて
SF的な要素を持っていても宇宙を舞台にした活劇なのか、それとも隠れた
ファーストコンタクトなのかどちらにも振り切れていない感じがします。


SFという面でいうと、「カドの正解」が出色の作品となっていますので
比べると無理があるかという気がします。
ただ「カドの正解」も映画「メッセージ」を意識していると思いますのでどれ
だけオリジナルの展開があるのかわかりにくいですが。

映画「メッセージ」はSF映画としてみた場合、久しぶりの名作です。

木製キャラクター家具専門店plusalpha

登山用品・アウトドア用品の通販サイト 好日通販

送料無料!壊れていてもOK!!パソコン&家電回収が0円











◆アニメ業界についての迷走解説。


ここからはいつものように迷走解説です。

先にも少し触れましたが、このアニメの制作会社が「サンジゲン」というあまり
馴染みのない会社であったり、宮崎監督が引退を撤回して長編アニメの制作を
するためにアニメーターを募集したりしていますので、タイムリーかと思い業界の
ことを少し書いてみたいと思います。


記事をそのまま引用して掲載いたします。

「スタジオジブリによると、今回募集する制作スタッフは、「動画」と

「背景美術」それぞれ若干名。条件は18歳以上で性別・国籍は不問。
雇用形態は10月1日から3年間の契約社員で、給与は「月額20万円以上」、
賞与は「年2回」とある。また、今回の募集はアニメーション業界での
業務経験を問わないが、「研修期間〔6ヶ月〕を経て、一定のレベルに
達した後に制作に加わっていただく、新人育成を前提としております」
としている。」




海外へもこのニュースは報道されていて、日本のアニメーターの給料事情の
悪さに驚いているようです。
このブログでも何度か書いていますが、日本のアニメが繁栄しているのは
優秀なアニメーターが多いからではなく、安い賃金でも仕事をしてくれる人
たちが多くいるからです。

海外のように自分の技術を正当に評価して、さらにグレードの高い生活を目指
す文化が定着していると日本のように低賃金でアニメーターを働かせる
ことはできないのです。

だから日本のアニメのように大量生産がきくわけで、同じ条件で制作した
場合今のような日本のアニメにはなりません。
言わば日本のアニメは半世紀も前の経済常識で動いているわけで、今のような
経済常識で動くとなると今の制作本数は維持できないどころか殆どなくなって
しまうでしょう。



また、世間の人々がアニメ業界をどうみているかという点ですが、テレビで
のある貧困特集があったそうでネットでも話題になりました。
すでにどこかで見た方も多いかと思います。

それによると貧困から抜け出したい女子高生がアニメの専門学校へ行きたい
けれど入学費がないと言うことでした。
内容的にどこまでが本当なのか嘘くさい話ではあるのですが、ここから言える
のはアニメ業界へ就職できれば貧困から抜け出せるほど稼げる業界だという
認識です。


この情報に対する反応がTwitterやらネットニューなどにも取り上げているの
ですが、多くは批判的なものです。
なかにはアニメ業界は右肩下がりの斜陽業界で貧困から抜け出すことは困難
という指摘もありました。



しかしながらこの女子高生の親世代、いえもっと昔のサークル活動をしていた
1990年以前から世間はだいたいアニメ業界というところは華々しくて稼ぐこと
のできる業界だと思い込まれていました。
それは今でも変わりません。


このブログではことあるごとに書いていますが、超がつくらいのスーパー
ブラック業界です。
先の記事のように、右肩下がりの業界ではなく一度も右肩上がりになったこと
のない業界なのです。
アニメの本数が多くあるとかは、業界の経済的な目安にはなりません。


某有名アニメ学院の第1期生のアニメーターから業界の人を知っていますが、
アニメーターの生活は悲惨です。
昔は良かった業界ではなく、昔は生活保護を受けながらアニメーターを
やっていた人を知っていますので、今のアニメーターの方がまだまし
かも知れません。

こういう現実を専門学校へ入る前にいろいろと忠告をしたこともありました。



ある程度の年齢が来ると経済的にも暮らしていけなくなるのです。
ようは好きだからなんとか生活していけるだけで良いと思える人でないと
続けていけない業界です。

ですが多くのと言うよりも、殆ど全てですがこの業界へ入ってくる人たちは
華々しい業界だと信じている世間の人たちよりももっと強く信じています。
彼らの話を聞いていると、まるで日本版ハリウッドと呼べるようなアニメ
ドリームの話を聞かされているような気がするほどです。

業界から去って行く人はさすがに身にしみて分かりますが、これから業界に入る
人間が一番この現実を認識していないという面があるのです。
一番身近な人々が一番現実をみないのです。
まったくの妄想かと言いたくなったことは一度や二度ではありません。



ですがちょっとここでこれらの背景を説明すれば、この「アニメの専門学校」
そのものに大きな原因があります。

これはもう最近の有名大学も同じ傾向なのですが、とにかく諸々の設備が
素晴らしい。
少子化の影響もあってとにかく学生を引っ張ることに躍起になっています。

生徒いうよりもお客様扱いです。
これはなにも授業に関係することだけではなく、まるで商業施設かと思える
ほど内容が充実しています。

実際の授業時間は長くありませんので殆どが楽しく遊ばせてもらっているよう
なものです。
真剣に、技術を磨こうとしている人を見たことがありません。
毎日が学園祭とは言いませんが、楽しそうでしたね。


こういう所で過ごしていると自分たちの未来は希望に満ちあふれているよう
に見えるのでしょう。
そして現実に業界に就職してみるとその落差の大きいこと。
殆どが一日二日でやめていきます。

残って数年働いたものに話を聞いたことがあるのですが、どうも自分だけ
はこの業界で成功できると根拠もなく思い込んでいたらしいのです。
もちろんそんな人はいませんし、業界そのものが成功している業界では
ありませんから。

このブログでは何度も指摘していますが、クールジャパンなど妄想の産物です。
景気の良い数字が踊っていますが、あれはまさに水増しに次ぐ水増しの
数字だといって良いと思います。



どうも現実否認の力が並の人以上だった人間だけが業界に残っている
ようですね。
現場の人間が一番現実をみていませんから、今後も業界として良くなるとは
思えません。


実際に沖縄でこの試みがありました。
他の業界なみに定時で帰れて平均的な給料を稼げるアニメ制作を目指す
試みが行政の旗振りで行われたのです。

ですが結局──今年だったと思います──潰れてしまいました。
労働基準を守っていては成り立たない業界ですから。

これが現実です。


ちなみに新しい元請け制作会社ができるからといって新人が沢山育ってきている
訳ではありません。
この業界は出たり入ったりフリーになったりする人が多いですから新しい制作会社
も成り立ってくるのです。

能力のある人はフリーになったりいろいろな制作会社を渡り歩きますね。
いつも書くのですが、アニメ関係に関しての理想と現実はあまりにも広く離れ
過ぎているのです。

大変残念なことではありますが改善されてくる要素を見いだせません。



それでは、次回でまたお会いしたいと思います。

トミカ買取専門【コムズトイ】

マットレスを変えると姿勢も変わる。エアピーク誕生【あんみん】

サイクルベースあさひ
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com







スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【仮面ライダーアマゾンズ | Season2】へ  【皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ | イタリアのアニメ人気】へ