アニメ

アリスと蔵六 | ノスタルジーと日常系

 ←怪獣倶楽部~空想特撮青春記~ | 1970年という時代 →美女と野獣 | ミュージカルの威力










アリスと蔵六
コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』



『アリスと蔵六』


今期の深夜アニメもそろそろ最終を迎えています。

この「アリスと蔵六」も最終話を迎えております。
そこで今回はこのアニメ「アリスと蔵六」のご紹介です。


原作は漫画で、「月刊COMICリュウ」に連載されています。

作者は「今井哲也」さんです。



内容は───。


アリスの夢と呼ばれる超能者が現れるようになった世界。その中で途轍もない
能力を持った幼い少女・紗名は、あることがきっかけでアリスの夢の研究所を
脱走し、外の世界を初めて知る。

資質はあるが未熟が故、能力をうまく使いこなせず途方に暮れていた彼女の前
に現れたのは、日本の由緒正しき頑固爺・樫村蔵六だった。この出会いが紗名
の運命を大きく変えていくこととなる。



───と、いうような内容です。



まるで定番になってしまったような異能力ですが、ありがちな異能力者
同士のバトルが始まるのかと思いきや、実は日常系の展開になって行くと
いうと少し変わった作品です。

超能力ものなのに日常系という変わった展開でしたね。

そういう意味では少し異色な作品でした。


「蔵六」という頑固じいさんが、超能力を持ちながらも能力以外は何も
できないし知らない少女を大きな愛で包み込むようにして人としての道理
を説きながら家族になってゆくという物語です。



評判は良いようで、2013年には第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門
新人賞を受賞しています。

そしてシーズン2も作られるようです。

モニターアーム・TVスタンド専門店【FLEXIMOUNTS】

自転車売るならサイクルパラダイス

トミカ買取専門【コムズトイ】











◆迷走解説。



この作品は詳しくはありません。

そこで調べて見たのですが、業界では評判が良いですね。
第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞しているのも
頷けます。

こういう作品は文化庁のようなところからは賞を出しやすいと思います。


簡単にいってしまうと、大人たちやなんとか庁のようなところが大事に
しているような価値観を守っている物語ですから。
「亜人」のようなバトルだらけとなるとちょっとむずかしいですよね。

日本相手に戦争を仕掛ける亜人佐藤なんかもいることですから。
不死身のテロリストですからね。

でも好きですね、「亜人」。


これを見た時、今はなくなってしまった昔の「ホームドラマ」を思い出し
ました。
「寺内貫太郎一家」なんかまさに頑固親父の物語でしたし、人気もありました。


異能力者同士のバトルばかりのアニメの中では、ある意味好感が持てるとも
感じました。
バトルばかりのアニメはウンザリしていますし、違うアプローチがあっても
良いと思います。


ただ実際のところ、見る側の人気があるのかという疑問が残ります。
この作品も見る側の評判が聞こえてこないのです。

良いとも悪いとも評判そのものが聞こえてきません。


同じように「リトルウィッチアカデミア」も殆ど評判が聞こえてこなかった
のですが、最終話が放映されてからはある程度反応がありました。
ですがこの「アリスと蔵六」は見る側の評判が聞こえてきません。


もしかすれば見ている層が反応を発信するような人たちではないのかも
知れません。

アニメは得てしてダイレクトに反応するまたは過剰に反応する人たちばかりの
意見を鵜呑みにしているようなところがあるのですが、愉しんで見ていても感想
を伝えない層はかなりいますからね。

アニメに関しては反応が良い人たちだけを過大に見ています。


ただ、自分が思っている以上にこの「蔵六」のようなある意味美化された
キャラクターや、田舎や自然といったこれまた信じられないくらい美化さ
れた設定を本当にあるものと信じている人が多かったことを知ったときに
は驚きました。

こういう理想的な頑固じいさんというのをいてほしいと願っているかも
しれません。


ピント外れになるかも知れませんが、こういう人物はホームドラマ全盛の
時にもいませんでした。
こういう流れをずっと見ていると分かることがあって、言わば補償機能的
な要素があるのではないかと感じています。

ホームドラマが大ヒットしていたときは家族の絆という昔からあった神話が崩れ
始めていました。
それを実感したのは当時の大人たちがこのホームドラマにあるようなものが
現実にもあると信じ込んでいたことです。


また「3年B組金八先生」のようなドラマが大ヒットしたときも学級崩壊が
始まっていて学校が荒れていた時でした。
当時は分からなかったのですが、こういう不安をドラマによって補おうと
していたのかも知れません。

こういう現実にはあり得ない美化されたドラマは、現実から目をそらして暮ら
していくための一つの機能として働いているように感じました。


もっとも「アリスと蔵六」は大ヒットしているわけでもありませんので、
全体としての大きな動きがあるとは思えません。

それでもノスタルジーからなのかこういう作品を望むところもあるのかも
しれません。

案外、今ホームドラマを作るとヒットするかも知れませんね。


子供時代の憧憬と理想的な大人社会、そんなあり得ない夢を追いかけている
のかもしれません。


それでは、次回でまたお会いしたいと思います。

セクシランジェリー専門店【セクシーアイズ】

防災士厳選の防災グッズ36点セット

楽天カード















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【怪獣倶楽部~空想特撮青春記~ | 1970年という時代】へ  【美女と野獣 | ミュージカルの威力】へ