特撮

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 | アクション映画のようなモンスター映画

 ←Fate/Apocrypha | ノベルゲーム発信のアニメ →潔癖男子!青山くん | 潔癖症のメカニズム








ザ・マミー

dアニメストア

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(原題: The Mummy)』



今回は「トム・クルーズ」主演の映画、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
です。

現在、まだ公開中の映画作品です。
監督は、「アレックス・カーツマン」。


この「ザ・マミー」は1932年に公開された、「ミイラ再生」のリブート
作品です。
これ以前に作られて人気があってシリーズ化された、「ハムナプトラ/失われた
砂漠の都」も同じ元ネタのリブート作品です。


「ハムナプトラ」シリーズは好きなもので全部見ています。

どうやらユニバーサル・ピクチャーズからリブート作品が続くようで、
「ザ・マミー」はその第一弾だそうです。


「ハムナプトラ」の設定は第二次大戦前の物語ですが、この「ザ・マミー」
は現代です。



ストーリー。

古代エジプト。アマネット王女は王位継承順位第1位にあったが、父親である
メネプトレ大王に男児が生まれたため、女王として権力を握る夢が潰えてしまった。
王の座を諦められなかったアマネットはセトに魂を売り、自分の邪悪な精神を
具現化するためのダガーを入手した。一族を殺したアマネットは、自らが神に
なるために、自分の恋人の肉体に邪神セトを憑依させようとしていた。だが神官
たちに真相を見破られてしまい、神官たちはアマネットを永久に生き埋めにする
刑に処した。

現代のイラク。反乱軍の拠点を空爆した後、ニック・モートンとクリス・ヴェイル
は偶然にもアマネット王女の墓を発見してしまった。考古学者のジェニー・ハルジー
が調査したところ、その墓は監獄として設計されていることが判明した。
グリーンウェイ大佐はアマネットの棺をイギリスへ持ち帰る決断を下した。棺を
空輸する飛行機の中、墓で砂漠のクモにかまれたことが原因で、ヴェイルが
アマネットの邪悪な力に憑依されてしまった。棺を開けようとしたヴェイルを
何とか撃ち殺したニックだったが、グリーンウェイ大佐が銃撃戦で死んでしまった。
その直後、飛行機はカラスの群れに襲撃され墜落してしまう。事前にパラシュート
で脱出していたジェニー以外の全員が死んでしまった。数日後、霊安室で目を覚ま
したニックは、ヴェイルの幽霊から「アマネットがセトを現代に蘇らせるための
肉体を探している」と告げられる。

2000年以上にも及ぶ封印から解放されたとはいえ、アマネットの肉体はすでに腐敗
しきっていた。そこで、アマネットは墜落現場にやって来た救急隊員の生気を吸い
取り、自らの肉体を復活させると共に、彼らをアンデッドとして自分の配下に加えた。
その後、アマネットはニックとジェニーを罠に掛け、配下たちに2人を殺させようと
した。
しかし、あと一歩のところで、駆けつけてきたプロディジウム(ロンドン自然
史博物館の地下に本部を構える対モンスター組織)の部隊によって身柄を拘束され
てしまった。部隊を率いていたジキル博士は「君がアマネットの墓所を開放したとき、
彼女は君に呪いを掛けた」「私はアマネットが儀式を完遂するのを妨害しないつ
もりだ。セトが君に憑依したときこそ、あいつを叩き潰すチャンスになるからだ」
とニックに告げた。


クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

ゲームの買取なら【ゲーム買取ブラザーズ】

日帰りツアー・体験イベントならポケカル











◆迷走解説。


元ネタが「ハムナプトラ」と同じということで比較して見ていました。

時代設定の違いもありますが、ハムナプトラはB級感が溢れていてそれが
かえって良かったのです。
変にホラー感を出すよりも、ミイラがわんさか出てきて銃をバンバンぶっ放す
といった楽しさを優先した作りでした。


一方、「ザ・マミー」はさすがにトム・クルーズが主役だけあってB級感
はありません。
お金もかかっているんでしょうね。

ただ、ではホラー映画かと言えばどちらかと言えばそうではなくて、トム・
クルーズらしいアクション映画といった感じです。
そして悪い奴らをドンドン倒していくかと言えばそうではなく、そう意味では
アクション映画としても物足りないところも感じました。


ここら辺がアクション主体とは言え、やはりホラー映画なんでしょうね。
恐怖感というものはまったく感じませんでした。

ホラー映画というよりもモンスター映画ですね。
それは「ハムナプトラ」も同じです。

早い話が、モンスター映画版の「ミッションインポッシブル」です。
バイクが出てこないだけでアクションも展開も全く同じようなものでした。
トム・クルーズお得意の飛行機によるアクションシーンもありましたしね。


この「ザ・マミー」を見て思ったのは、最近のアメコミの影響を強く受けた
作品ではないのかということです。

それはこの蘇ったミイラを捕獲する対モンスター組織があるのですが、その
指揮官が「ジキル&ハイド」博士です。

この「ジキル&ハイド博士」も今更説明の必要ない人物ですよね。
善と悪の人格が薬の効果で入れ替わるあのジキル&ハイド博士です。
全く違う作品のキャラクターです。


最近のアメリカの特撮ものの一つの傾向として、アベンジャーズのように
ハルクやキャプテンアメリカ、アイアンマンにスパイダーマンという作品の
違うヒーローたちが一つの作品に共演するという映画作品が増えています。

それもこのタイプの映画に人気が集まっていて、映画会社も積極的にこの
ミックスというかクロスオーバーというかの作品作りに力を入れています。

それはもう米国最大のコミックス出版社である、「マーベル・エンタテインメント」
をディズニーが買収するなど、企業の買収にまで発展しています。
これによってアメリカンヒーローたちが自由にいろいろな映画に登場させられる
ことになるわけですが、このタイプの作品は日本でも人気があります。



個人的には作品の世界観を大事にするので、昔からこういうタイプの作品は
好きではありませんでした。
それは今でも同じです。

ですが、仮面ライダー同士が戦ったり、仮面ライダーと戦隊ヒーローが
一緒に戦うとかするようになって映画の人気も上がってきたことは確かです。

これは世界的な傾向としてあるようですね。

これはヒーローキャラクターに集中しています。


ですから「ザ・マミー」にも違う作品の登場人物であるジキル&ハイドが
登場してくるわけです。

まだアニメにまでは広がってきていませんが、戦国武将であるとか文豪である
とか世界観を無視してキャラクターは使われていますね。
もしかすればヒーローアニメなどはこの先アニメでも一つの作品に一緒に登場して
くる作品がつられてくるかも知れません。

ここら辺は最近注目している傾向です。


作る側のこだわりが、作品の人気の足を引っ張っているのではないかと最近
考えるようになっています。
作品を作る側のこだわりなど、見る人々にとってはただ邪魔なものなのかも
しれないからです。

だからといって、ガメラ対ゴジラはないと思うし、そこら辺のなにが面白い
のかどこまでが許されるのかがまだよく分かっていません。



最後になるのですが、トム・クルーズさんのアクション映画は高所や飛行機
そしてバイクが必ず登場してきます。
そして最近、ちょっと気になるのがトム・クルーズの使う銃器が「FN社」の
銃器が多いことに気がつきました。

今回の映画では、FNSCAR・Lでしたし、あまりアクション映画ではFN製の
銃器は使われていないのですが、どうも頻度が多い気がします。

ここら辺は、トム・クルーズさんの要望なのかそれとも制作会社の都合なのか
妙にマニアにとっては気なってしまいました。


もっともトム・クルーズさんくらいの一流の俳優になってくると、映画制作
にたいする要求も強くあって、例えば「トップガン」の続編にも出演されるそう
ですが、その際の条件が戦闘機などは「CG」ではなく、実機を登場させないと出演
しないという条件をつけたそうです。

それから考えると、銃器なども個人的な好みが反映しているのかもしれませんね。


それでは今回はこれくらいで、次回でまたお会いいたします。

ポリフェノールでポッコリ解消。ぽっちゃりの間で話題沸騰中!

モニターアーム・TVスタンド専門店【FLEXIMOUNTS】

セクシランジェリー専門店【セクシーアイズ】















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【Fate/Apocrypha | ノベルゲーム発信のアニメ】へ  【潔癖男子!青山くん | 潔癖症のメカニズム】へ