アニメ

潔癖男子!青山くん | 潔癖症のメカニズム

 ←ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 | アクション映画のようなモンスター映画 →パワーレンジャー | アメリカで成功したヒーロー戦隊










潔癖男子!青山くん

dアニメストア

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『潔癖男子!青山くん』


今回はアニメ、「潔癖男子!青山くん」です。

原作は漫画作品で、集英社の「ミラクルジャンプ」から、「週刊ヤングジャンプ」
へ掲載誌を移して連載されている漫画作品です。

作者は「坂本拓」さんで、あまり詳しくない作家さんです。


タイトルから分かるとおり、主人公の名前は青山くんです。
高校生のサッカー選手で、これが潔癖症とも呼べる癖を持っている
のです。

学園もののコメディ作品で明確なストーリーとかはありません。


主人公の青山くんは日本でも屈指の天才サッカー選手で、そんな選手が
なぜかサッカーの強豪校ではない高校へ進学しています。

そこには学園の誰も知らない理由があって、潔癖である青山が選んだのは
サッカー部ではなくそこで使われているトイレにウォッシュレットがある
からでした。

これくらい潔癖を持つ選手ですから、とにかくサッカーをやっていても
汚れるのを極端に嫌っています。

ヘディングなどもっての他で様々な難題を持ち前の天才的な才能とテクニック
で乗り切っていきます。
イケメンでもある青山は勉強も何でも完璧にこなし、学園ないの女子にも大人気
です。



まあ、この青山というキャラクターの説明だけで作品の内容が分かるほどです。
スポーツ漫画である「キャプテン翼」とは同じサッカーを題材にしながら、まった
く違うタイプの漫画作品ですね。


これはこれで大変面白く、良いところに着目して作ったなと言う気がします。

この「潔癖症」に関しては、「進撃の巨人」の「リヴァイ兵長」が人類最強
の男と言われながら、実は病的なきれい好きという性格がありそれ故に
大変人気のあるキャラクターとなっています。

魅力的なキャラクターを造形する場合、そのキャラのイメージとは違った
癖や趣味を持たせるのが一つのセオリーとしてあるのですが、これも一つの
成功作だと思います。


物語を創造していると設定や世界観、ストーリーにばかり意識が行きすぎて
しまい、ときとしてキャラクターの個性を失うときがあります。

「進撃の巨人」もこの「潔癖男子!青山くん」もこれを思い出させてくれる
良いテキストになる作品だと感じました。

個人的には、作品の世界観と設定にこだわる傾向が強いのでキャラクターの
魅力の重要性を思い出させてくれる作品です。

ネット回線セットのパソコン【advent】

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

スピード査定・即日入金をお約束!【本買取アローズ】











◆迷走解説。


ここでちょっと「潔癖」について少し解説してみたいと思います。
簡単に説明しますので、そんな考え方もあるのか程度に思ってください。

病的となってくる「潔癖症」は広い意味での「潔癖」とは少し違っています。
ただし、「潔癖」なども酷くなりやすい癖の一つだと言えると思います。

強迫神経症へと発展する人の性格には完璧主義的傾向が強いですね。


病的──神経症の場合はドンドン酷くなっていって、あらゆるものが汚く
感じ触れないとか、日常生活を送れないところにまで発展することがあります。
この種の不潔恐怖症は強迫神経症の一つですのでなにかと恐怖症の対象が
広がり普通の生活ができないようになるまで発展しやすい面があります。

また、脅迫神経症は不安神経症と症状が重なるところも多いので似ている
とも言えます。


ですがこのアニメのような「潔癖」と呼ばれるれる人はかなりの数いますね。
実際に、幾人かこの「癖」を持っている人を知っていますが、共通するのは
この「潔癖」の現れ方です。

潔癖なんだけど自分の好きな釣りであるとかならば、釣りをしない人なら少し
躊躇うような餌を釣り針つけたり平気ですし、そんな手でおにぎりなどこれも
平気で食べたりします。

趣味以外だと人が握ったおにぎりなどとても食べられないというのにです。


ただこの「潔癖」は増えていると感じます。
それは世の中の動きがこの「潔癖」を助長させるようなものの動きが多いのも
あるからです。

例えば除菌スプレーや除菌シート、とにかく清潔を売りにする商品の多いこと。

それに「菌」をとにかく体を害する危険なものであると過度に強調するような
風潮にあります。
空気清浄機やマスクなども毎年のように新しいものが発売されていますし、
一年を通してずっとつけている人もいます。

つまり「清潔」「除菌」ビジネスが成り立っています。
世の中のビジネス的にも、「潔癖」を助長するビジネスが存在している
ので少なくなってくるとは思えません。


もう一つはもっと根深いものですね。
このブログではよく「中二病」的な部分を取り上げるのですが、これも
いささか関係しているように思われます。

自分たちの経験でも思春期の頃からこれらの恐怖症なり強迫観念というものが
発症しやすく、だいたい一過性の場合が多かった。
ですが最近の若い人の傾向としてこれを長く引き摺っている、または強く
拡大させて定着させてしまっている場合が多いと感じています。


さて、この思春期ですが簡単に説明すれば、人間は成長にともなってある時期
から自我の組み替えが必要になってきます。

肉体的にも子供ではなくなってきて、また、進学も親元を離れたりする場合も
あって、今までのように子供としての関係性だけでは生活できなくなってくる
からです。

この時期は人間にとってはかなりの精神的苦痛を伴うもので、文化、人種を
超えた人類という種のライフサイクルとして大きな通過点としてあるようです。
この時期を上手く通過できる人は少ないのではないかと思えるほどです。


この時期になると自他の区別が大変気になる時期でもあって、他者からどう
見られているかなど自己イメージに対して脅迫的なとらわれ方も現れます。
だからこの時期に他者の視線が気になり格好を極端に気にするようになった
りもします。

自意識過剰な精神状態です。


個人的にも経験していますが、ブランドなど全く気にしなかった友人たち
が急にブランドを気にしたりオシャレしたりしていましたね。
女子などはなにかが流行ると異常なスピードで広がるという現象も起こり
ます。

理想とする自己イメージと現実のイメージが分裂してこの葛藤で悩む時期
でもあるわけです。

この分裂は自己イメージだけではなく未来に対する予測や様々なものにも
広がりますから、この時期は「子供だまし」が本当に通用するほど精神的に
はもろく危ういものになっています。
子供には「子供だまし」はあまり通しません。

殆ど妄想世界で生活しているようなものですね。


この自我の分裂ですが、これはもう自意識が目覚め始める幼児の頃から
始まります。

幼児心理学では、ウンチの存在は自己と異物の分離を自覚することも一つの現れです。
ですから幼児はウンチを汚いものとは感じておらず、それ故に幼稚園児くらいの
年齢の子供たちには「ウンチ」「オシッコ」といった話題が大うけする訳です。

これが年齢が上になってくると「汚いもの」「不潔なもの」といった認識が
芽生えてきます。


さらに年齢が上がってくるとこの範囲が広がってきます。

家族のものはきたなくないと思っていたものが、ここで紹介している「中二病」
の年齢になってくると──例えば女性の場合、父親のものは全てが汚いと
感じるようになってきたりするのです。

つまり脅迫的に不潔に感じる範囲が広がるのは、インナースペースが狭く
なってきておりある意味防衛的な姿勢だとも言えます。
また、誰もが「潔癖」と認めるような人でも、自分の好きなことだったら
汚く感じず何でも触れてしまえるメカニズムもここにあります。

ですから心理的な現実としては、潔癖の「青山くん」は普段のことには
潔癖でもサッカーでのことでなら平気であるとなって来るのですが、それでは
物語としては面白くなくなってしまうでしょう。


また「潔癖」が若い人たちに増えている背景に少子化があると思われます。

他人と接することが苦手という人は昔から日本人の場合は多いのですが、若い人
たちにはスタンダードなほどの悩みとして広がっている背景には同じ問題が
あると思います。

今の有名大学には食堂に仕切りをつけて隣の人と顔を合わせることがない
ように工夫されていたり、ますます人と接することを回避させるようになって
います。

世の中の動きを見た場合、これからも「潔癖」は増えることはあっても減ること
はないのではないかと思えます。


最後に、この「潔癖」は拡大されて強まっていく傾向があります。
これを押さえたいと思うのであれば、早めに手を打っておくことが肝心です。

それは例えばドアノブを触れなくなってきたと感じたら、あえて自分から
触ってみるとか、小さなゴミを見かけたら掃除したくなってもあえてその
場は放置するようにしてみください。

でないとますます酷くなってくる可能性が高くなりますから。

それでは次回でまたお会いしたいと思います。

ファンによるファンのための「トミカ」買取サービス

セクシランジェリー専門店【セクシーアイズ】

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 | アクション映画のようなモンスター映画】へ  【パワーレンジャー | アメリカで成功したヒーロー戦隊】へ