特撮

パワーレンジャー | アメリカで成功したヒーロー戦隊

 ←潔癖男子!青山くん | 潔癖症のメカニズム →異世界食堂 | Web小説で花開いた作品










パワーレンジャー

dアニメストア

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

Panasonicのパソコン直販サイト


『パワーレンジャー(英語: Power Rangers)』


今回は日本の戦隊ものの特撮ドラマのアメリカ版である、
「パワーレンジャー」です。

現在、公開中の映画作品です。

この映画は、テレビシリーズ第一作目の「マイティ・モーフィン・
パワーレンジャー」を原作としたリブート作品。

「パワーレンジャー」シリーズの映画作品としては通算で3作目で20年ぶり
の新作だそうです。


今作のロボットが恐竜だったことから、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」
がその元ネタではないかと思われます。



──ストーリー。


恐竜が君臨していた太古の地球で、邪悪なリタ・レパルサを倒すためゾードン率
いる初代パワーレンジャーたちは壮絶に戦い、ギリギリでリタを封印し、正義の力
が宿る5色のパワーメダルを未来に託して息絶えた。 

現代のアメリカの海岸にあるエンジェル・グローブという街。エンジェル・
グローブ高校に通う五人の若者。
不登校など様々な理由で落ちこぼれる問題を抱えている生徒たち。その
生徒たちが街外れの金鉱に遺跡を探しに行くことになった。
発掘により、5色のパワーメダルが岩壁から現れ、各自1枚つづ手にすると不思議
な感覚を襲われた。
その日以来、五人は常人ではない肉体の異常を感じていた。

自分たちが超人のような力を得たことを確認し、渓谷の川底に異様なUFOの内部
みたいな空間を見つけた5人の前に、おしゃべりなアンドロイドアルファ5と、
肉体を失い壁の大顔と化したゾードンが現れた。
ゾードンは邪悪なリタ・レパルサとそれを倒すために宿命的に集められたパワー
レンジャーについて語り、半信半疑でヤル気のなかったティーンエイジャーの5人
も、地球の危機に渋々戦闘訓練を受けることになる。

そのころ漁船が海底よりリタのミイラ化した遺体を引き上げた、エンジェル・
グローブの港でリタが生き返り、復活するため金塊を求め殺戮を開始する。




──と、いうような物語です。



トランスフォーマーとモンスターものが合体したような内容でした。

ちょうど少し前に「マミー」の記事を書きましたが、ミイラから復活する
モンスターですし、それを倒すのが五人が乗るトランスフォーマーといった
感じですね。


日本の戦隊ものを意識して見ると完全に的外れなものとなるでしょう。

ゴジラもそうなんですが、あくまでもアメリカ作品であるということを
忘れないで見てください。

全国対応!不要・壊れたMacの処分は【Mac無料回収センター】

日帰りツアー・体験イベントならポケカル

【デジアナ専門店AMTワールド】











◆迷走解説。



ずいぶん昔からですが、「パワーレンジャー」のことは知っていました。

日本語版でも数年間出版されていました、「スターログ」というアメリカのSF映画
雑誌があって(現在はウェブ版へと移行しているらしいです)、それにも特集されて
いたからです。


ただ今回いろいろと調べて見て、これほど長くそして毎年テレビドラマシリーズ
として作られていたのかと驚かされました。
完全に定着していますね。

どうやらアメリカでは子供向けの実写作品がなかったらしく、それが今の人気に
つながったようです。


一応、合体ロボットも出てきますが合体した姿は日本版とは大きく異なります。
日本のように積み木がいくつもつながったようなロボットではなく、初めから
一体であったようなスタイルです。

また五人の戦隊ヒーローの戦闘服への変身も、なにかのアイテムを使って変身
するのではなくて、仲間との意識のつながりのようなもので変身します。
変身ポーズもありませんし、液状金属のようなものが全身を覆っていって変身
するパターンです。


昔のパワーレンジャーのユニホームは日本の戦隊もののユニホームそのものでし
たし、ヘルメットを外している写真なども見たことがあります。
日本の戦隊ではヘルメットだけを外す姿は滅多に見かけませんが、パワーレンジャー
の写真ではよく見ましたね。

今回の映画もロボットに乗って戦っていても顔だけ見えるなど、日本のヒーロー
ものよりもキャラクターが顔を出す場合が多い気がします。
ここら辺は文化の違いですね。

今のパワーレンジャーはスタイルなども含めて独自の進化を遂げているようです。



もともと戦隊ものは好きな作品ではないものであまり今まで関心を払ってきません
でした。
それもあってアメリカでの具体的な扱い方が分からないのですが、どうやら当初は
戦闘シーンなどは日本の映像をそのまま流用していたようです。

言わば日米のハイブリッド作品なのですが日米両国ともに──日本の特撮ドラマ
が原作で、また、日本も戦隊ものが海外で作られていることを広く公表してい
なかったようです。


ですから日本の特撮ドラマであることをアメリカの子供たちは知らなかったよう
ですが、これは良くある話で、昔の日本のアニメなどずっとアメリカ作品だと
思われていたりしています。

これはヨーロッパでも同じです。
親の海外への転勤で着いていった子供が海外の学校でこのアニメは日本製だと教える
と嘘を言うなと虐められたという実話があるほどです。

今はインターネットもあるので昔ほど無知ではないと思いますが。


もともともアメリカのヒーローものは単身悪と戦うヒーローが殆どで、こういう
集団のヒーローは珍しい。
ですがその今までにないスタイルがかえって良かったものと考えられます。

今やアメリカの単独で戦っていたヒーローたちが一つにまとまりアベンジャーズ
となっていたりしますから。
これも時代の影響かと思いますが、スタートレックなどヒーローではないですが
それに近いものはあったと思います。


これから先はどうなっていくのか分かりませんが、昔のアメコミのヒーロー
はアホかと思えるほど何も考えていなかったですからね。
最近のヒーローはそれぞれにダークな部分や複雑な事情なども描かれるように
なりました。

もともとヒーローものは、ダークヒーローが好きなので個人的には好きな方向へ
向かってはいるのですが。
デスノートもアメリカ版が作られていますのでこれが受ければさらにその傾向は強く
なって行くのかも知れません。


近いうちに「デスノート」のアメリカ版を記事にしたいと思います。

それでは、今回はこれで、次回でまたお会いしたいと思います。

自然素材の寝具・インテリア【い草屋さんこたつ屋さん本店】

自転車売るならサイクルパラダイス

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【潔癖男子!青山くん | 潔癖症のメカニズム】へ  【異世界食堂 | Web小説で花開いた作品】へ