FC2ブログ

アニメ

メイドインアビス | Web発信の冒険ファンタジー

 ←海外版DEATH NOTE | Netflixが開く未来 →エイリアン: コヴェナント | リドリー・スコット監督











メイドインアビス
作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

Panasonicのパソコン直販サイト

『メイドインアビス』



今回はアニメ、「メイドインアビス」について思い付いたことを
書いていきたいと思います。

このブログでは良く書いていますが、昔のアニメと違ってイメージ
先行で作られたアニメが増えていると書きました。
数は少ないですが、そういうアニメも作られるようになりました。


このアニメもその少ない作品の一つですね。

作者は「つくしあきひと」さん。
竹書房のウェブコミック配信サイトである『WEBコミックガンマ』にて連載中
です。
http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/gamma/




ストーリー&概要───。


舞台であるアビスは約1900年前に南ベオルスカの孤島で発見された直径
約1000メートル、深さ不明の縦穴。アビスは特異な生態系を持ち、また
現世人類のそれを遙かに超える技術で造られた人工物である「遺物」を
数多く眠らせている。

その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う「探窟家」たちが暮
らしていた。彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の「遺物」、
そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。

ヒロインのリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。アビスへの憧れが人一倍強
い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。ある日の探窟で、
リコは謎の存在に生命の危機を救われる。その何者かが放った熱線の跡を辿ると、
そこには少年そっくりのロボットが倒れていた。

リコは母親が奈落の底で待っているという連絡を受けて、少年ロボットレグを
伴って無謀と言われる探窟へと降りてゆく。



──と言うような、秘境冒険ファンタジー作品です。



この「メイドインアビス」もそうですが、ファンタジー系の作品には
やはり「イバラード」の影響が色濃いなと改めて感じています。

いろいろなところへ影響を与えていますね。


このブログでも触れていますが、ライトノベルや漫画など一度Web公開されて
読者を獲得した方が出版されやすいと書きましたが、この作品もその一つ
と言えるかと思います。

個性的なファンタジー作品は昔からある程度ありましたが、アニメ化されたのは
少ないですから。

個性の強い作品は、いわゆる大騒ぎされるような人気は出にくいと言えると
思います。
また雑誌掲載の場合は読者がどれくらいるのか分からず、読まれているにも
関わらず打ち切りなど長く連載が続かないことが多かったと思います。

昔、好きだった漫画家さんにはこういうもっと評価されて良い方が消えていた
いったのを知っています。

ですがWeb発信の作品ですとどれだけ読まれているかは一目瞭然で分かります。
これは個性的な作品でも読者を獲得しやすくなっていると言えると思います。

制作側はアンケートやイベントやとにかく騒がしいファンばかりに目を奪われ
ますが、現実は静かに愉しんでいる人間の方が数は多いと思います。
そういう物静かな読者を獲得しやすいと思えますね。

ネット回線セットのパソコン【advent】

眠りの常識を変える、モバイルマットレス。寝心地を改善したいあなたに。

【ジャンク品パソコン買取ドットコム】











◆迷走解説。



ファンタジー作品は作者の描くイメージが強ければ強いだけ大勢の読者に
受け入れられにくいと言う側面があります。
個性が強ければ強いだけ好き嫌いがはっきりしますから。

ですからキャラクターは必ずネコである「ますむらひろし」さんなどは
好きな人はとても好きですが、アニメになっていても誰もが知る作者でも
作品でもないのです。


その点、この「メイドインアビス」のようにSF的要素などを加えることで
より広く受け入れられやすくなっているとも思います。

宮崎作品である「風の谷のナウシカ」が良い見本ですね。


世界的に人気のある「ムーミン」ですが、あれが日本で初めてアニメ化
されたとき、制作に「手塚治虫」さんの「虫プロ」が制作に関わって
いました。

ムーミンは「東京ムービー」と「虫プロダクション」の二つの制作会社の
制作です。


「虫プロダクション」は27 ~ 65話まで制作していたのですが、この虫プロ
制作の作品に人気が出た記憶があります。
若い世代は知らないと思いますが、「虫プロ」の「ムーミン」は大ヒット
しました。

「ムーミン」という名前を知っていてもどんな作品なのか知らない人が自分も
含めてとても多かったのですが、このアニメで「ムーミン」とはどんな作品で
あるか知ったのです。


ちなみに「あしたのジョー」も「虫プロ」だったはずです。
これも大ヒットしましたね。

この「ムーミン」なんですが、原作者が日本に来たときにどうやって見せない
で帰すかと苦労した話があります。
それは原作とはかなり違ったものになっていたからで、原作者は日本のアニメ
のムーミンを嫌っていました。


日本のアニメのムーミンは殆どオリジナルですから。

ですがもし仮に、原作通りの「ムーミン」であったならば間違いなくあれほどの
人気は出なかったと思います。

それは今のアニメの「ムーミン」は原作に近いのです。
今の「ムーミン」に昔ほどの人気はありません。

どこか昔の大ヒットした虫プロの「ムーミン」の人気を引き摺っている
ような感じがあります。


横道にそれますが、「虫プロ」が「あしたのジョー」のような手塚作品で
はない作品をアニメ化し始めのには理由があります。

大きくなっていった虫プロが倒産の危機に陥ってそれを防ぐために他の作品
の制作を受け入れることになりました。
多くのアニメーターをクビにしたくなかったそうです。


「宮崎監督」はことあるごとに手塚批判をする人だということはこのブログ
では良く書いています。
実際にそうなんですが、今のアニメーターの冷遇は全て手塚治虫の責任である
とまで言っているくらいです。

その批判している手塚治虫さんはアニメーターを処分したくなくて他の作品も
作っていたのに対して、宮崎監督の引退宣言でスタジオジブリは大量のアニメーター
をリストラしています。

個人的には宮崎監督の方が我が儘をとおしているだけとしか思えません。



話を変えましょう。

ファンタジー作品の強い要素の一つには、地下へと向かうというがあります。

「不思議の国のアリス」はウサギを追いかけて穴に入っていったのですが、
この「メイドインアビス」も地下へと潜っていきます。

個人的には地下王国へと旅立つよりも、「オズの魔法使い」のドロシーのように
竜巻に巻き上げられて不思議の国に飛ばされて行く方が好きではあります。
SF好きにはこの飛翔要求のような気持ちが強い人が多いのではないかと思うの
ですが、ファンタジーの王道には地下王国は欠かせません。

飛翔要求の強いファンタジーはSFへと形を変えていって行ったのかも知れません。


ただ、名作と呼ばれるファンタジーはだいたいが地下へと向かいますし、作者
の背景にはすむ国の政情不安などがあったりします。
政情不安などがなくても個人的な問題を抱えていたりしても地下を描く場合
が多い気がしますね。


心理学や精神分析では地下は抑圧された無意識の住処です。
この「メイドインアビス」は設定がそれを現すのに大変便利というか、適し
ている作品に感じました。

作者がそれを意図しているかどうかは分かりませんが、見方によっては
深層心理を暗示しているようにも思えます。

アビスの底は奈落の底と言われていますし、階層を下がれば下がるほど呪い
が強まります。
また、急激な上昇は水中と同じで負荷がかかるようです。

まいいろいろな恐ろしい生き物が沢山出てきますし、喰う喰われるの生々しい
描写も多くでてきます。
ファンタジーと言っても、お花畑ではないということです。


特に精神分析ではこれに近いことを行います。
治療中に起こる退行現象などはこれに近いと言えると思います。

奈落の底でヒロインのリコの母親が待っているというのも作品のストーリー
とは関係なく気になってしまうところです。

あまりこういう所に目が行ってしまうと楽しめない作品でもあるのですが、
他の作品と違ってそういう精神の深層へと降りていくような気がする作品
でもありますね。


ただ関係ないかも知れませんがアメリカでは昔、この精神の深層へと向かう
ことで新しい世界が作られていくかのような精神分析ブームのようなものが
あったのですが、あまり自分の精神の深層に強い期待を持つことはしない
方が良いと思います。

精神状態というものは深層意識と今の精神状態との相互の干渉で成り立って
いますから。
ややもするとこれらに神秘性を見いだして現実を見なくなる人がいますからね。

「ユング」の分析心理学を代表にけっこうこういう人がいるんですよ。
実際にそういう人間を知っています。

そういう人にはこういう作品を作られることを勧めたいですね。



それでは今回はこれで、次回またお会いしたいと思います。

運動せずにエクササイズできる?話題のEMS「スポパッド」

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
安心と信頼のお絵かきソフトはこれ【CLIP STUDIO PAINT】















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【海外版DEATH NOTE | Netflixが開く未来】へ  【エイリアン: コヴェナント | リドリー・スコット監督】へ