特撮

エイリアン: コヴェナント | リドリー・スコット監督

 ←メイドインアビス | Web発信の冒険ファンタジー →神撃のバハムートVIRGIN SOUL | 人気ゲーム発信のアニメ











エイリアン
作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

Panasonicのパソコン直販サイト

『エイリアン: コヴェナント(原題:Alien: Covenant)』


この映画は「エイリアン」シリーズの最新作です。


2012年公開の「プロメテウス」の続編であり、第一作の「エイリアン」
の前日談として制作された新シリーズの2作目です。

「リドリー・スコット」監督が制作した「エイリアンシリーズ」としては
三作目だったはずです。

「リドリースコット監督」は映画監督の中でも大変好きな監督の一人です。
今回みて思ったのは、なぜ好きな監督であるのかが分かりました。

今まで意識してみていなかったのですが、「リドリースコット」監督は、
「故スタンリーキューブリック」監督に影響を受けていた監督だと分かった
ことです。

SF好きですから「スタンリーキューブリック監督」はとても好きな監督なの
ですが、SFを多く撮っている監督かと言えば違うのですが。

個人的に言えば、あまり聞かない話ですが、「リドリースコット」監督の銃器
の撮り方が好きですね。

「ブラックホークダウン」なども監督していますが、リアルなんですよ。
普通はこういう戦闘ものというかアクションものは銃器の威力などを過剰に演出する
場合が多いのですが、それがなくてリアルでした。

他にもあるのかも知れませんが、アクション映画の銃撃戦で弾倉を交換する
際に「リロード」と仲間へ声をかけるのをみたことがありません。
これは軍隊では当たり前のことで、この声を聞いた仲間が弾倉を交換している
仲間をカバーするのです。

スタンリーキューブリック監督もリアリティーにこだわる有名な完璧主義者で
した。

リドリースコット監督が完璧主義あるかどうかは分かりませんが、リアリティー
を追求する監督だと思います。



──ストーリー。


プロメテウス計画の出発前、男性型のアンドロイドが起動し、ミケランジェロの
彫刻から自分をデイヴィッドと名付けるところから始まる。

2104年、宇宙船コヴェナントは冷凍休眠中の二千人の入植者とともに、人類の新天地
となる惑星に向けて航行している。アンドロイドのウォルターが船を管理し、他の
乗組員は休眠中だったが、ニュートリノの衝撃波を受け、船に甚大な故障が発生して
しまう。休眠カプセルの中で船長のブランソンは死亡、13人の乗組員が休眠から覚める。乗組員らが船の修理をしている最中、近くの惑星から人間が発信したと思しき信号を受信する。テラフォーミング専門家でブランソンの妻のダニエルズの反対を退け、船長代理
のオラムは調査隊を編成し惑星の地表に降りることを決める。


地表では麦などの地球由来の植物が自生しているが、動物や人間の姿は全く確認
できない。やがて彼らは、信号の発信源である朽ちた宇宙船を発見し、内部の探索
を始める。その最中、外で待機していた護衛隊員のレッドワードの耳に、黒い胞子
が侵入し、皮膚の下に潜り込む。レッドワードはやがて体調を崩して吐血し、
カリーヌとファリスは彼を診断するため着陸船に引き返す。時を同じくして、宇宙船
の内部を探索していたハレットの鼻孔にも、同じ黒い胞子が潜り込む。

着陸船ではカリーヌとファリスが、悶え苦しむレッドワードを必死に看護をしている。
彼の衣服を脱がせた時、ファリスは彼の背中の皮膚の下で何かが蠢いているのを見て、
それが未知の感染症であると瞬時に察した。恐怖に慄いた彼女は、全身を激しく痙攣
させるレッドワードと、彼の吐血を浴びてしまったカリーヌの二人を医療室に閉じ込
めてしまう。カリーヌはドアを叩いてロックを解除するよう助けを求めるが、彼女の
後ろでは、ついにレッドワードの背中を食い破ってエイリアン(ネオモーフ)の幼体
が出現する。ネオモーフはカリーヌを殺し、ドアのガラスを破壊してファリスにも襲い
掛かる。ファリスは武器庫からショットガンを取り必死の反撃を行うが、予備の燃料
タンクに弾丸が当たり、凄まじい爆炎が上がる。

その時、騒ぎを聞きつけた調査隊が帰還するが、その瞬間、彼らの目の前で着陸船
は大爆発を起こす。全身を炎に包まれたファリスが船内から転がり出てきて絶命し、
調査隊は絶望に包まれる。そこで、黒い胞子に身体を蝕まれたハレットが、喉を押
さえて苦しみ始め、やがて彼の口を突き破って二体目のネオモーフが出現する。
ネオモーフは耳障りな産声を上げ、素早く夜闇に消えていく。

一方、コヴェナント号のブリッジでは、待機していたテネシー、アップワース、
リックスの3人が、調査隊との音信が途絶えたことを不審に思うが、正確な状況
は把握できずにいる。

完全な夜を迎えた地表では、調査隊がコヴェナント号との通信を試みるが、通信状態
が悪く救助を要請できない。無線に向かって叫ぶダニエルズのすぐ傍の草むらが急
に揺れ始め、そこから成長したネオモーフが彼女に向けて飛び掛かる。ウォルター
は咄嗟に彼女を庇うが、ネオモーフは彼の腕を食いちぎり、いとも容易く彼を吹き
飛す。ネオモーフに向けて護衛部隊たちは発砲を始めるが、驚異的な俊敏性と凶暴性
に翻弄され、アンカーが一瞬にして頭を粉砕され殺されてしまう。どうにか一斉射撃
を行い倒すが、着陸船の爆発から逃れた二匹目のネオモーフがローゼンサルに襲い
掛かる。もはや絶体絶命と思われた時、一発の閃光弾が打ち上げられ、ネオモーフ
が退却していく。調査隊を助けたのは、かつてプロメテウス号に随行していた
アンドロイドであり、ウォルターと同じ容姿をしたデヴィッドであった。

デヴィッドはおびただしい数の黒い謎の死体が散乱する地帯を抜け、自身の研究施設
に調査隊を案内する。生き残ったダニエルズ、オラム、ウォルター、ロープ、
コール、ローゼンサルの6名は、コヴェナント号が救助に来るまでの間、彼と行動
を共にすることを決める。



──この後、果たして無事に脱出できるかのかといった展開となっています。

約200種類のライトセーバーがあなたの手に!

自然素材の寝具・インテリア【い草屋さんこたつ屋さん本店】

家電の高額買取、出張、宅配買取はおまかせください!!【リサイクルネット】











◆迷走解説。


この「コヴェナント」は本家エイリアンといいますか、正統エイリアンとも呼べる
「リドリースコット」監督のエイリアンシリーズの最新作です。

もともと第一作目のエイリアンはリドリースコットが制作して大ヒットし、その後
長く続くシリーズとなっています。

個人的には「リドリースコット」監督作品だと、「エイリアン」よりも
「ブレードランナー」の方が好きなので「コヴェナント」は直接監督してい
ますが、最新作の「プレートランナー2049」が制作総指揮のような立場なのが
残念です。


「プレートランナー」も「エイリアン」もともに大ヒットしており「リドリー
スコット」監督の代表作品となっています。
おそらく「リドリースコット」監督ファンの好みは、上の「エイリアン」か
「プレートランナー」かに分かれるのではないかと思います。

また、個人的には「エイリアン」も二作目の「ジェームズキャメロン」監督の
「エイリアン2」方が好きでもあります。
どちらも超がつくような有名な映画監督作品です。



「コヴェナント」をみると、最初の未来の物語である「エイリアン」シリーズと、
続編となる「エイリアンVSプレデター」とは根本的にシリーズとして時間軸が違う
ものだということが分かってきます。

それはこの「コヴェナント」がエイリアンの誕生の秘密を明かしているからです。

つまり「エイリアンVSプレデター」シリーズは現在であるのに対して、「エイリアン」
が誕生したのは地球人が他の惑星へ移民する未来の設定になってます。

設定にこだわれば「エイリアンVS」シリーズは今後作りにくいことになってきますが、
「VS」シリーズも人気がありますので今後も作られてくるのではないかと思います。
最近強く感じるのは、制作側のこだわりはみる側には関係ないと言うことです。



「リドリースコット」監督は「エイリアン」に関するこだわりが強いのかもしれ
ません。

それは「ブレードランナー2049」ではなく「コヴェナント」の監督をつとめて
いることもそうなんですが、一作目の「エイリアン」そのものの造形にも大変に
こだわっていたからです。

なくなってしまっていますが、デザインは「H・Rギーガー」ですがこれは当初
制作側が避けたかったデザインだったそうです。
それをリドリースコット監督が譲らなかったと言いますね。

もちろんそれが大成功につながるわけで、今や「エイリアン」はあのデザインで
ないと考えられないと思えるほどです。

確かにそうなんですよ、あの生理的に嫌悪感が伴うような感じがみる側の心に
割り切れない何かを残している気がしてそれがとても大事であるのが作る側に
たって考えた場合、分かるのです。

作品というものは何もかもがその作品に適しているというか、まとまってしまうとかえって
良くないというのがあります。

また「コヴェナント」には異星人の都市が出てくるのですがそのデザインが
エイリアンとマッチしたデザインでした。


エイリアンの好みにも二種類あって「ギーガー」のように生理的な不気味さ
を伴うものと、単なるモンスターとしてのエイリアンかの二つの世界観が
あると思えます。

「リドリースコット」監督は「生理的な不気味さを重視したのに対して、
「ジェームスキャメロン」監督はモンスターとしての世界観で映画を作って
いたものと想像できます。

この生理的な世界観をどうするかが方向性を分け所ではないのかと思えます。

「H・Rギーガー」の、あのエイリアンのデザインは男性器からきているそうです。
悪夢の中に出てきた怪物らしいのですが、「ギーガー」は同性愛者でもあったそう
です。



そして「リドリースコット」監督はアンドロイドにもこだわっているようです。
今回は「デイヴィッド」と「ウォルター」という二体の同型のアンドロイドが
登場してきますが、これが全ての謎を解く鍵になります。

またこのアンドロイドですが、複合材料やエレクトロニックの粋を集めた
ようないわゆる人形のロボットではありません。
むしろ人工生命体に近い人造人間でそれ故の行動が全ての鍵を握ります。

それは第一作目の「エイリアン」でも同じでしたね。
個人的にはエイリアンとアンドロイドが登場するのがエイリアンシリーズの
本筋のように思えます。


まあ、ここまで書けばエイリアンシリーズを見ている人やSF好きの方にはネタは
バレているでしょうが、一応、現在公開中の作品だと言うことで白々しくも
最後は書きません。

できればみてお確かめください。



それでは、また次回でお会いしたいと思います。

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~
プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド

結果を出すための正しいトレーニングアイテムはこちら















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【メイドインアビス | Web発信の冒険ファンタジー】へ  【神撃のバハムートVIRGIN SOUL | 人気ゲーム発信のアニメ】へ