FC2ブログ

アニメ

ネト充のススメ | ネットゲームの不都合な真実

 ←実写映画版・破裏拳ポリマー | タツノコロプロ作品 →本能寺ホテル | ジュブナイルとの接点











ネト充のススメ
作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

Panasonicのパソコン直販サイト

『ネト充のススメ』


今回はアニメ「ネト充のススメ」を取り上げたいと思います。

原作は「黒曜燐」さんの描く漫画なのですが、この作品も今のネット
ならではの媒体である「漫画アプリcomico」にて掲載されていた漫画
作品です。

現在は作者の体調不良のために休載されているようです。


これも最近のデビュー方法ですね。
ネットはこのようにプロへのデビューの間口がドンドン広がっています。

昔のサークル仲間で一時期は商業誌でも仕事をしていたものがいましたが、
仕事がなくなって自ら新しい道を探ろうとしないダメ作家がいます。

今のようにネットデビューが華々しくなかった頃から、この可能性を指摘して
強く勧めていました。

今やアドバイスしていたことが全て実現しているのですが、まったく記憶に
ないのかこれらには触れず、画の仕事を探すよりもできない理由ばかりを探して
のべる手のつけられないそれでいてこの世界ではありふれた人間になっています。

こういう作家を見ると、いつも頭に浮かんできて腹立たしさが蘇ってきますね。

──話を戻しましょう。



あらすじ──。



主人公である盛岡森子は、会社生活に疲れ辞職、無職生活を送っている。
そんな盛岡森子が考えたのは、「2.5次元の充実生活」すなわち現実世界
では無職でコンビニに行くのも躊躇する引きこもりニートが、ネットゲーム
でカッコイイキャラクターを演じて充実した生活を送ることである。
ネット内の話と現実世界の話がパラレルに描かれ、少しずつネットゲームの
キャラと現実世界の人間との関係が入り組んでいくことになる。



オンラインでカプセルトイが回せる!colone(コロネ)

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

LA発テックアクセサリーブランド【Casetify (ケースティファイ)】











◆迷走考察。


このアニメは、もう定着しているネットゲ廃人などの言葉をネガティブな印象で
描かず、むしろ優しい視線で応援するように描く日本のアニメらしいラブ
ストーリーです。

日常系ではないですが、最近のお仕事系アニメに近いですね。
そして定番の主人公は女の子です。

ここら辺は最近のアニメのフォーマット通りですね。


このブログでは度々書いていますが、ゲームは知っていますが実際にプレイ
したことは皆無です。
ですので具体的なことは分かりません。

ただ知識としては持っています。

ですから的外れの場合もありますが、それをお断りして話を先に進めます。


ネットゲームの弊害は今のようにインターネットが普及する前から知って
いました。
それは海外ではこういう実験的なことが個人や民間組織で色々と行われており
その中でバーチャルな世界へ行ってかえってこない人間がいるということが報告
されていたからです。

実際にこれらのゲームが普及すると実際はどうなるのだろうかとそのときは興味
がありました。


しかしゲームをやっている人間は沢山知っていますが、そこまで酷い人間と
出会ったことがありません。
案外日本では、病理としての酷い依存症状を呈する人間はすくないのかも知
れないと思っていました。

ただそういう片鱗を見せた人間は後で考えるといましたね。

そのときはゲームにはまっていたことは知らなかったのですが、人との
コミュニケーションのとり方にある種の違和感がありました。
後で知ってなるほどと感じましたね。

日本ではこういう問題をあまり大っぴらにしないようなところがあります。

また「ニート」や「オタク」とかぶっているところが多くあるので、一緒に
してしまっているのかも知れません。

しかし海外、ネットゲームでは先を行く「韓国」ではネットゲームのトラブル
から、殺人事件まで起こっています。
日本と違って、その弊害の現れ方がはっきりとしています。

中国ではこれが大問題になっていて、大きな社会現象となりました。
「ニート」が親が止めても家の家財を全部売り払って全部ネットゲームに
課金するといようなことをするのです。

そしてここら辺が中国で、これらのネットゲーム中毒者を強制的に収容して
更生させる施設を作っています。
優しく諭すのではなく、力ずくで刑務所のようなところに収容してスパルタで
強制的に治すという方法が取られています。

これらの社会現象をテーマにした中国制作のアニメ「EVIL OR LIVE」という
作品があります。
これが言わば日本のアニメである「監獄学園」のような世界観で作られています。

同じ題材を扱いながら、日本ではこの「ネト充のススメ」のような作品が
作られていて海外との文化の違いを浮き彫りにしています。


ネットゲームの中毒性はかなりものがあることを知っているので、日本での
実態はどうなのかというと、「EVIL OR LIVE」のようにどぎつく実態を見せる
ようなことはしていませんが、現実はやはり悲惨なもののようです。

男性の場合は、気がつくと話をする人さえ誰もおらず孤立というよりも
世界から忘れ去られているということが良くあるそうです。


面白いのはゲームもオタクも皆、「男」におこる現象であるかのように世間一般
では思われていますが、それは違うということは同人の話題に触れるたびにこの
ブログでは解説してきました。

ネットゲーム中毒も同じで、課金することである種の満足を得ている女性が
多く、使う値段も半端ではありませんでした。
いわゆる破産している人までいて、一時期問題になったカード決済による買い物
破産ならぬ、ネット課金破産というのが実際にあるようです。

これらは詳しくないので正確な数字などは知りませんが、どうも女性の方が
多いようですね。
買い物依存症で破産する女性たちに近い印象を受けました。


依存症に関しては最近では様々なものが多く出過ぎているところがあって、
これらの依存症の男女比率では女性の方が多い気がします。

依存症を男女の違いで調査している心理関係の文献を知りませんので、
そういう形で研究されたことはないように思います。

個人的には依存性の強さは女性の方が強いのではないかと以前から
ずっと思っています。


日本では痴漢冤罪という一種の男女逆差別が一般化している社会ですので、
どうもこういう男女の違いがうきぼりにされにくいという面が強いと
思います。

痴漢冤罪は最近のニュースでは見ない日がないほど多いのに、なぜか
昔から痴女の存在は官能小説やアダルトビデオの中の絵空事だけです。

ですが友人知人含めて、学生時代にこの痴女と出会ったという話はけっこう
身近からも多く聞いていて発生件数は男性による痴漢行為よりも多いかも知れ
ません。

ただその被害に遭った男たちも──実際会ってみると気持ち悪いと話して
いました──別に被害を訴えたり、女性のように被害者意識を大きく膨ら
ませたような大げさな話題になったりすることもありません。

対して女性は、ある年齢以上になってくると痴漢に遭ったことがなくて
もあったと言い張る女性の数が多くて困りものです。
これはもうある種のヒステリーですね。

こういう女性も実は以前に見たことがあって、痴漢被害のどれだけ
の数が現実であるのかとても疑わしく思っています。

どちらにせよ、依存症の種類によりますが女性の方が多い気がしてしかた
ありません。

最近の世の中は、女性の方へと傾きすぎていると感じますね。

中国の諺に「雌鶏(めんどり)歌えば国滅ぶ」という言葉があるそうですが、
今やそれを感じない日はないですね。



今回はこれで、次回にまたお目にかかりたいと思いまする

京都の抹茶スイーツ【森半】

【ジャンク品パソコン買取ドットコム】

【BEST SPORTS】折りたたみ自転車DAHON・Tern認定ディーラー




















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【実写映画版・破裏拳ポリマー | タツノコロプロ作品】へ  【本能寺ホテル | ジュブナイルとの接点】へ