FC2ブログ

実写化作品

実写映画 東京喰種 トーキョーグール | 実写に向く漫画作品

 ←バジリスク ~桜花忍法帖~ | 忍者作品の微妙な立ち位置 →銀河英雄伝説 Die Neue These | ロングセラーの田中芳樹作品









東京喰種
映像・DVD・同人作品などDMM
コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『実写映画化 東京喰種 トーキョーグール』



監督は「萩原健太郎」さん。
脚本は「楠野一郎」さん。
原作は「石田スイ」さん。
主演は「窪田正孝」さん。

原作は漫画で「週刊ヤングジャンプ(集英社)」に掲載されています。



概要──。


間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。

上井大学に通う青年カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、
直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り
留める。しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となって
しまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。



オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】

新作映画にも登場のライトセーバーレプリカ

漫画全巻セット一括購入










◆迷走考察。


この実写映画化作品は、まったく期待していませんでした。

それはアニメ作品が面白いとは思わなかったからです。

しかしアニメには適しているのか、人気がありましたね。
でも、それがありきたりで面白さは感じませんでした。

原作である漫画では良かったと思っていたのですが。


ここからはいつものように独断と偏見です。

今回の実写映画の作品を見て、やはりこの作品はアニメには向いてい
なかったものと感じました。
このブログでは何度も指摘していますが、原作が漫画でも必ずしもアニメ
に向いている作品ばかりではないと書いています。

アニメの方法論といいますか、要点を押さえて作っていればどの作品
もアニメ的な演出は可能です。

これをアニメ好きな人たちには、アニメが好きという一つの要因なのですが
これを押さえておくとたいていのものはアニメとして受けられるものになる
のではないかと考えています。


ですがこれがない作品、この作品のように実写化されると抜け落ちてしまう
ととたんにアニメファンからは顔を背けられます。

しかし個人的にはこれが良いのです。

実写になって俄然面白くなったと感じました。

これをただのホラーになってしまったと残念がるアニメファンがいて、
そこら辺の微妙な嗜好の違いを表しているように感じましたね。


主演の窪田正孝さんは原作者の石田スイさんの希望だったらしいのですが、
なるほどあっているなと感じました。
おそらくですが、石田さんもアニメとは違ったものを求めていたのでは
ないかと思います。

アニメでは全く存在感を感じなかった「グール」という存在が、実写化
されて存在感を強く持つものになりました。
正直、「デビルマン」もこういう感じで実写化していれば良かったのにと
思いました。

そしてこの「東京喰種」を見てあらためて感じたのは、「仮面ライダー
アマゾンズ」の良さでした。
映画版の「アマゾンズ」がありますが、もの凄く期待しています。


作る側から言えば、「喰種」というものはそもそもなんだということになって
きます。

ホラーの世界観で作るならばそういう怪物がいるで良いのですが、この作品
のように移植された臓器で「グール」になってしまったとしたら生物学的に
どういう存在であるのかという設定上の根拠がほしいのです。

「アマゾンズ」はアマゾン細胞により人間の細胞を必要としています。
ですから、食人衝動が起こるわけで、これらの根拠がしっかりと描かれて
います。


アニメの場合は、この根拠のようなものはない方が良いですね。
アニメ好きはそういうアンリアルなものを好んでいると思います。

例えば実際にある車の車種が作品ないで使われていたとしても、壁を走ると
かビルの壁面を上っていくとかの演出がゆるされるわけです。
ルパンにありそうなシーンですね。

また何でもかんでもキャラクターを「美少女」にしてしまうのもこれですね。

アニメにはこのリアルさを排除した演出が向いているし、受けてもいるのでしょう。
また、アニメファンにはお約束がないと受けない気もします。

この過剰すぎるようなお約束がどうも好きになれません。

もちろん、分からなくはないのですが、今やお約束だらけのようにも
感じます。


ここら辺は微妙なのですが、こういう部分を多かれ少なかれ気にしながら
制作する側は作っています。

こういうことを書くと、もともとフィクションなんだからなんでもあり
で良いのではないかといわれそうですが、絵空事である作品に存在感を
与えるにはこういう細かな作業が必要になってきます。

特に自分のように怪獣好きという、あり得ない生物を描く映画が好きな
ものにはまさに生命を吹き込む作業にも等しくなります。

ただあまりこだわりすぎると自由度がなくなりすぎて、作品そのものが
作れなくなってしまうのでマイナスなのですが、ただ安易に作ってしまう
と何の特色もないものになってしまいます。

ここらへんは難しいですね。


それでは次回でまたお目にかかりたいと思います。

カフェ・ホテル・空港の無料Wi-Fiから安全ネット接続【アバスト セキュアラインVPN】

水に浮かぶバッグ!プロードライバッグ2.0【SUBTECH】

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【バジリスク ~桜花忍法帖~ | 忍者作品の微妙な立ち位置】へ  【銀河英雄伝説 Die Neue These | ロングセラーの田中芳樹作品】へ