FC2ブログ

実写化作品

実写映画化作品 亜人 | クールジャパンの悲惨な現実

 ←銀河英雄伝説 Die Neue These | ロングセラーの田中芳樹作品 →ひそねとまそたん | 怪獣好きの発想したアニメ








亜人
映像・DVD・同人作品などDMM
コミックシーモア
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『実写映画化作品 亜人』



今回は実写映画化された「亜人」です。

一応説明しておけば、原作は漫画です。
原作者は「桜井画門」さんです。

「good!アフタヌーン(講談社)」にて掲載中です。

監督は「本広克行」さんです。
脚本は「瀬古浩司」さんと「山浦雅大」さんです。

出演者はメインのお二人だけ記しておきます。
永井圭は「佐藤健」さん。
佐藤は「綾野剛」さんです。

興行収益は14.4億円。



概要──。

ストーリーはアニメとほぼ同じです。

最後だけ違っており、それは見てお楽しみください。
原作はまだ続いておりますで、原作漫画、アニメ、実写と全て
違ったラストが用意されていることになります。










◆迷走解説。


この亜人は、アニメ作品ですでに取り上げています。
最近のアニメ作品では、好きなアニメでもありました。

もともと題材が、とても好きな作品だったというのもあるのですが、
不死というものの造形とキャラクターがとても魅力的でした。

特に「佐藤」というキャラクターは久しぶりに自分の中でヒットした
キャラクターでもありました。
こういう一癖あるキャラクターは大好きですね。

永井圭よりもはるかに魅力的なキャラクターです。


そして今回紹介した実写映画化作品の「亜人」は、予測通りの出来でした。
予想通り過ぎて、いささか物足りなさを感じています。

実写作品には、必ず不評が多く聞こえてくるのですが、評判じたいは悪くない
のですが、好きなキャラである「佐藤」も悪くはないですが物足りません。

けっして実写化も悪くはないのですが、全てにおいて物足りなかったと感
じました。

もっとも面白かったのは、やはり原作の漫画ですね。

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

プレイアム動画再生ソフト GOM Player Plus

カフェ・ホテル・空港の無料Wi-Fiから安全ネット接続【アバスト セキュアラインVPN】










◆クールジャパンの現実。


今回は紹介作品について、あまり書くことがありませんでした。

と、同時にネットで「クールジャパン爆死」「爆死案件ぞくぞく」とかいう
記事が話題になっていました。
去年の段階で約44億円に上る損失があったそうです。

「亜人」とはまったく関係ないですが、今回はちょうど良いので、この記事
をついでに取り上げたいと思います。


このブログでは再三再四、ことあるごとにアニメ人気に「クールジャパン」と
いうほどの実態はないと言い続けています。

そこに「クールジャパン」という名前をつけて、さも本当にあるかのように
装っているだけで、「クールジャパン」で儲けようとしている企業なりが
群がってきているだけなのです。

土台がないのに杭を立てようとするようなものです。

詳しい記事はここで読んでください。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55359


また、日本のアニメ人気に関しては2012年9月27日放送のカンブリア宮殿
にて、海洋堂の社長、「宮脇 修一」さんが出演されていました。
アニメ関係ではしらいない人がいないほど有名な方ですが、この時に世間で
流れている海外のアニメ人気は殆ど嘘だと話しておられます。

ですがアニメーターなど関係者の多くは、この「嘘」の偽人気を信じ
ているので、誰も否定しないのでまるであたかも真実であるかのように
世の中には広まってしまっています。


これは同人関係でも同じでした。

オタク産業の市場規模が桁一つ以上も大きく発表されていて、一儲けを企んだ
企業が群がるように参入してきました。

結果、古くからある老舗が潰れ新規参入した企業も次々と撤退していくという
新旧どちらも得しない、惨憺たる結果に終わっています。

これに関してはかなり被害も受けています。


このブログでは何度も書いていますが、アニメや同人というのは本当の現実を
反映していない情報ばかりが流れいます。

殆どただしかった情報がないほどです。

もちろん本当であってくれたら良かったのにとは思います。
繁栄してくれたほうが良いのですから。

なにもけなしているわけではないのですからね。

ですが1990年代から同人と関わりを持ちだしてから今に至るまで、その華々
しいまでの賑やかな情報と現実との落差の違いを絶えず見せつけられています。
これはもう、溝とか落差とかの程度ではなくて乖離と呼んだ方が良いと思え
ることばかりなのです。

同人関係ではこれにより、かなり痛い目にもあわされてきましたし、
それらはこのブログでも書いています。
また、この情報に踊らされてアニメーターになって結局やめてしまった
人たちも多く知っています。

というよりも、今でもアニメーターを続けている人はいません。
アニメ関係を仕事にした人で幸せになった人がいないといっても良い
くらいです。


それでもありもしない大成功を夢見て、アニメ関係へとアニメ好きの
人たちは就職していきます。

好きなことで食べてき行きたいので大成功とかは別であると言うのならば
それでも良いのですが、皆、アニメは儲かる仕事だと口を揃えて話してい
ます。

はっきり言ってしまうとアニメが好きとか嫌いではなく、大儲けしたいが
本音のところにあるのです。

なんども実際のことを教えてあげました。
しかし、まったく聞く耳を持たずというか、たぶん自分たちの忠告や
話はまったく意識の端にもかすっていなかったのだと思います。

せっかくアニメ関係の仕事に就くのだから、大儲けとか考えないでどう
やったら生き残っていけるかを考えないといけないといっていたのですが。


最近はやっとアニメーターなどの極貧の暮らしぶりがネットなどで取り上げ
られて知られてはきていますが、それでもいまだにアニメ産業は大儲け
できる業界だと信じられています。

黙って話を聞いているとまるで日本版ハリウッドのような話題ばかりです。

高い車を買うとかいい家やマンションに住むとか、まずそういう話が殆どで
アニメの良さであるとかのクリエーター的な話題は本当に少ないです。

何兆円というあり得ない桁の成長産業らしいのですが、自分なりに少し
考えてみたのですがゲーム業界の収益と一緒にしているような気がします。

ぼんやりとですがニュースを見ているとゲーム関連にはアニメーションが
欠かせません。

ゲーム会社がアニメを作っているわけではないので、当然、アニメ制作会社
に外注するわけです。
それをアニメの収益と同じにしているように感じました。
収益額が、アニメとゲームが同じだったからです。

そもそもゲーム関係はアニメと比べものにならないほど高い収益があります。
アニメも同じ収益があるはずがないのです。


こういうあり得ないような儲け話は世間では絶対になくなりませんし、
誰もが強く信じてしまっています。
ある種の迷信のようなものなのですが、これは本当に根強いものです。

この傾向が強い方は気を付けた方が良いですよ。
それはボロ儲け話の詐欺に遭いやすいからです。

さらにこれを裏付けるのには、警察関係の話で一度詐欺にあった人間
の名簿が出回っているそうなんですね。

こういう人たちはまた詐欺に遭うそうなんです。

弁護士さんが話していたのですが、詐欺に遭う人は何度も違う詐欺にあう
そうで経験からなにも学ばないそうなんです。
その人たちの心理の根元にあるのが、世の中には「うまい話や、ボロ儲け」
話が必ずあるのだと信じ込んでいるからです。

ですが現実は、バブル期であったり今の仮想通貨のように、ある時期ある
ことで一時バブル状態になったりするだけで、秘密の「上手い話」が
存在するわけではないのです。


こういう人は絶えずこの「ボロ儲け」話を探しているようなところがあります。
けっこう身近ににもいますよ、こういう人たちは。

ギャンブルも似たようなところがありますね。

そしてどう現実を見せて説明しても、一般の人たちは頑なに受け入れません
からね。
これは本当に多くいます。

そしてますます損失ばかりが広がってくのだと思います。


それでは、次回またお目にかかりたいと思います。

アウトドア用品をお得に買うならマウンテンシティECサイト

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】

日本最大のコミック全巻セットショップ














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

DMM GAMES 遊び放題





スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【銀河英雄伝説 Die Neue These | ロングセラーの田中芳樹作品】へ  【ひそねとまそたん | 怪獣好きの発想したアニメ】へ