アニメ

ウマ娘 プリティーダービー | 追記・女児殺害事件

 ←ロスト・イン・スペース | Netflix配信の特撮ドラマ →実写映画 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 | 映像は成功でも微妙な評価










ウマ娘 プリティーダービー
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『ウマ娘 プリティーダービー』


今回はアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」です。


原作 - Cygames。
監督 - 及川啓。
監督 - 太田知章。

ということですが、原作はゲームです。

Cygames・TOHO animation・ランティスの三社共同プロデュースによる
テレビアニメ作品として制作されています。



概要──。


異世界(我々の住む現実世界)の競走馬の名前と魂を受け継いで生まれて
きた少女たち。馬の尻尾と耳を生やし、超人的な走力を有するが、それ以外
は普通の女の子である。
トレセン学園に在籍し、国民的スポーツ・エンターテイメント「トゥインクル
・シリーズ」への参加に向けて特訓に励んでいる。
過去にJRAまたは地方競馬に在籍した実在の競走馬の名前が付けられており、
誕生日も実在馬に準じている(アニメ版では一部例外あり)。
髪色は実在馬の毛並みの色とほぼ同じで、顔に星や流星を持つ馬がモデルの
ウマ娘は、前髪の一部にメッシュが入る。また、メンコやシャドーロール
などの馬具については耳覆いやリボンやマスクなどのアクセサリーで表現する
など、一部例外を除いてモデルになった競走馬の外見的特徴を受け継いでいる。


ネスレオンラインショップ

楽天のでんき まちでんき【楽天エナジー】










◆迷走解説。


このアニメは知ってはいましたが、見ていませんでした。

「萌え」アニメにも、「美少女」アニメにもウンザリしていますので、
見るのはいつも後回しにしています。


それがアニメとかまったく関係ないサイトで、サイレンススズカがどう
とか、現実の競馬馬とのなんとかと何の話だか分からないけれどアニメ
と競馬の話で盛り上がっていました。

どうやらこのアニメ、「うま娘」のことらしいので見てみたのですが、なるほど
と感じました。


正直、このアニメの発想はありませんでした。

擬人化のことはサークル活動をしていたときメンバーとの雑談で何度も
出ていましたが、競馬馬、それも現実にいる馬を擬人化、美少女キャラ
にするという発想はなかったですね。

「ガールズ&パンツァー」はもう少し本気で考えていれば自分たちが作って
いたかも知れない発想だったのですが、この発想はなかったです。


調べて見ればなるほど、ゲームの配信に先立つ形で、コミックやCD、テレビ
アニメなど多角メディア展開が行われており、各種漫画がCygamesのWEB
コミックサイト「サイコミ」で掲載されているそうです。

このテレビアニメはゲームのために作られているようで、今までのアニメ
とアプローチそのものが違いますね。

こういうバックボーンあってのアニメですから、いきなりアニメ化の発想
はしにくいと思います。


動物を擬人化するのはEasyというか、定番なんですが、それが競馬馬で
あるのがこの設定の肝ですね。

競馬はないですねぇ、これはちょっと盲点でした。

作った人たちがえらいと思います。

ゲーム関係に関わっていると、この角度の発想が出てくるのかも知れません。
自分にはこの発想をするための土台がない気がします。

まだゲームがどれだけ人気があるかは分かりませんが、すでに盛り上がって
きていますので人気がでるのではないでしょうか。


付け加えていえば、「クールジャパン」の影響もあって、アニメは収益が良い
と思い込まれていますが、実際は違います。

それに引き替え、ゲームは本当に収益が良い。

桁が違う利益がありますが、制作するのも大変です。

それ故にソニーもマイクロソフトまでもゲーム機を作ったりしているのですから。

アニメ学院なんかに入って、アニメで成功しようとする人たちはこれが分かって
いないの点ですね。


アニメも定番を集めたような設定です。

女の子たちの努力や競争、そして学園生活と「萌え」「美少女」アニメの好きな
ものばかりが集まっています。

これもすでに人気があるでしょう。


今回は発想という点で、色々と勉強になったアニメでした。

ロリータファッションなら【ユー&ミーキャット】

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】












◆追記。



今回はこの記事とは関係ないですが、新潟市で女児が殺害され線路内に遺棄
されたいたましい事件のことについて少し付け足してみたいと思います。

14日夜、死体遺棄と損壊の疑いで容疑者(23)が逮捕され、さっそく
「定番」の動きが始まっているという反応を目にしました。

つまりネットでは「容疑者にアニメ/オタク要素を盛り込みたいという強烈
な意思」であるとか、「また、マスコミのゲームバッシングが始まるよ」といった
批判の声が集まっているようです。


オタクイコール同人やコミケといった図式も世間一般にありますし、また
このブログではそれらの内幕を記事にもしていますので若干触れておき
ます。


変な話ですが世間はこういう話題だけではなく、最近では「TOKIO」の
メンバーのセクハラによる脱退などの報道を見ると、特に真偽を疑うような
過激な内容であればあるほど飛びつく傾向にあります。

現実にあろうとなかろうと好奇心を満たせればそれで良いというとても貪欲な
欲求を感じます。

ですから「TOKIO」の事件などはドンドン広がり話が膨らんでいるようにも
感じます。


簡単に言ってしまうと、この「女児殺害事件」も同じであるということです。

ただ違うのは受け取る側の反応です。

同人ファンやアニメファン、これを総じて「オタク」と呼んで良いかどうかは
わかりませんが、この人たちの反応です。

「宮崎勤」事件の時からこれらに関する反応は生で見ていますが、だいたいが
被害妄想的な反応が強いですね。

これはもともと普段からそういった心理的なベースがあって、小さな心の
振幅を繰り返していたところに、こうした事件があると過剰な反応を示すこと
を繰り返しています。


大雑把な見方をすれば、「中二病」な人たちだと思います。

思春期の自意識過剰さをこじらせたまま引き摺り続けている──そんな
感じの人たちです。


これも大雑把に言うと「オタク」な人たちには絶えずついて回ることで、
自分たちはいつも差別されていると思い込んでいるようなところがあり
ます。

こう人間は身近にもいましたね。


漠然とですが、それでも強い被害者意識がこいうタイプの人にはあります。

小さな世界、例えば学校内であるとこかまでは知りませんが、職場や
ふつうの生活で特別に差別されるようなことはなかったです。
また、どんな差別をされたのかと話を聞いても具体的に言えない人しか
いませんでした。

こういう人たちの心理は共通していて、世間は自分たちに注目していると
勝手に思い込んでいるとところがあって、絶えず自分たちが世界の中心に
いるかのように思い込んでいます。


付け足していえば、とても我が儘でこれには苦労させられました。

この我が儘な要求が満たされないから差別されているという被害者意識を
持っているようなところがあって、差別しているのは周りの人間ではなく
差別されていると思い込んでいる本人がしているのです。


正直、「宮崎勤」事件の時もそうでしたが、世間はオタクに特別関心が
あるわけではなく、そんなものに長くこだわっているほど暇ではないと
いうことです。

また色眼鏡を何十にでもしたような好奇な関心を満たすような話題は、
「TOKIO」もあればつい最近では「アメフトの反則行為」など話題に
は困りません。

「幼女」事件はすぐに忘れられると思いますし、それほど強い猟奇性
と病理性を感じません。

詳しいことは分かりませんが、報道されていることが本当だとすると、
ペドフィリアではあるけれどボーダーラインに近いところにいる感じですね。


それでは、次回でまたお目にかかりたいと思います。

人気コミックを全巻セット

ゲームソフト









同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ロスト・イン・スペース | Netflix配信の特撮ドラマ】へ  【実写映画 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 | 映像は成功でも微妙な評価】へ