アニメ

メガロボクス | あしたのジョー50周年記念作品

 ←実写映画 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 | 映像は成功でも微妙な評価 →実写映画版 斉木楠雄のΨ難 | 実写化して残念な作品









メガロボクス
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『メガロボクス』


今回はアニメ「メガロボクス」です。

アニメ制作はトムス・エンタテインメントです。







概要──。


身体能力を向上させる強化外骨格ギアを身に着けたメガロボクサーたちによる、ボクシング以上に激しい格闘技メガロボクスが行われている近未来。超近代的な摩天楼が屹立する「認可地区」と、市民IDを持たない貧民が生きる「未認可地区」という2つのゾーンを抱えたとある都市では、メガロボクス世界王者決定戦メガロニアが開催されようとしていた。
非合法地下闘技場のメガロボクサーであるジャンクドッグは、ほかのボクサーを圧倒する強さをもつことから、相棒の南部贋作に八百長試合を強いられる鬱屈した日々を送っていたが、最強のメガロボクサー勇利に地下試合で敗北したことを契機に、メガロニアへの出場を決意。ジョーという新たな名前と共に、勇利へのリベンジを果たすために動き出す。
しかし、正式なメガロボクサーとして早くから研鑽を積んだ強敵ばかりでなく、市民IDを持たない無力な貧民を無価値な屑と見なす社会的な偏見さえその行く手を阻もうとしていた。


あしたのジョー

梶原一騎・原作作品

体臭チェッカー Kunkun body










◆迷走考察。



このアニメを初めて見た時、違和感がありました。

時間を短くするために、オープニングを見ないでいきなり本編
から見る場合も多くあって、このアニメも同じでした。

この違和感があってオープニングを見るとさらに違和感が増しました。

それは「あしたのジョー50周年記念」ということで作られたらしいからです。



その違和感の正体は、どうして近未来のそれも機械を装着して戦うボクシング
の物語なのかでした。

凄く有名な作品ですから記念作品はあっても当然ではあるのですが。

旧作の「あしたのジョー」を知っていればこの発想で新しいアニメを
作ろうとは考えないからです。


それでもある程度の人気はあるようですね。
なにかとても認識というかそういう食い違いを感じる違和感でした。

この作品そのものがわるいとかではありません。



そこでちょっと原案の、「あしたのジョー」について解説いたします。

「あしたのジョー」は「巨人の星」と並んで「故・梶原一騎(高森朝雄)」
原作の漫画で、アニメ化もされて大ヒットした一時代を築いた超がつくほど
有名な作品です。

「あしたのジョー」は梶原一騎原作・ちばてつや作画で「週刊少年マガジン」
に連載されていました。

1968年~1973年まで連載されていたのですが社会的にも大きな反響のあった
漫画作品です。


※評価

「週刊少年マガジン」連載中から社会的反響は大きく、ジョーのライバルである力石徹が作中で死んだ時には、架空の人物であるにも関わらず、寺山修司の提案で天井桟敷のメンバーにより東由多加演出による葬儀が行われた(1970年3月24日、講談社講堂にて)。また1970年3月31日に発生したよど号ハイジャック事件では、ハイジャック犯が「われわれは明日のジョーである」と声明を残している。
これら社会的反響の大きさから、「戦後最大のヒットマンガ」の1つに数えられ、劇画路線にシフトした昭和40年代の「週刊少年マガジン」を「巨人の星」とともに支えた。本作以降のボクシング漫画は、全て本作の影響下にあると言われている。



──と、いう位の評価のある作品です。



当時は各家庭に、まだカラーテレビもエアコンも普及していなかった時代でした
が、古いものが壊されて急激に近代化が進む反面、公害のように多くの弱者が
捨てさられて犠牲になって行った時代でもあります。

そんな時代背景のなかに、孤児である矢吹ジョーは拳一つで成功していく物語は
子供だけではなく、むしろ青年や大人たちの気持ちを強く掴んでいました。

これは「巨人の星」でも同じで、当時はまだ文庫本を当たり前のように購入
するという人はとても少なくて、知っている大人の人でしたが、アニメを見て
漫画の文庫本を全巻揃えた人がいました。


昔は大型書店も少なくて、出版社に直接通販で申し込んだのですが、その
住所を知りたいと持っている週刊少年マガジンを貸してほしいといってきたので
良く憶えています。

おそらく「あしたのジョー」の人気は当時の我々子供よりも、大人たちや
大学生に強かったものと思います。

余談になりますが「カムイ外伝」も大学生や大人の方に人気でした。


そういう時代背景の中で作られたボクシング漫画でもあった訳です。

ボクシング漫画という点においては、この「あしたのジョー」を超える
ヒット作はいまだにないのではないかと思います。



個人的には当時は漫画は社会的に弾圧を受けていた時代でもありました。

また学生運動もあり、それらの学生紛争のただ中にいる大学生たちが漫画
「あしたのジョー」にどハマりしていたのを憶えています。

大学生にもなっても漫画を読んでいると当時の大人たちを嘆かせていたものです。
今振り返ると、当時の大人たちに未来に待っている「クールジャパン」の存在
を教えてやりたいものですね。

どんな反応が返ってくるのかとても興味深いです。


いまだに当時のことを思い出すと、怒りがこみ上げてくるほど漫画にたいする
弾圧は理不尽なものでした。

ある意味当時の漫画は、今と違って、当時の世相に対するアンチテーゼでも
あったように感じます。



原作者である「梶原一騎」さんはなにかと問題もある方でしたが、スポ根ブーム
を作り出した「巨人の星」とこの「あしたのジョー」、それと「タイガーマスク」
という大ヒット作品を作っていて凄い勢いでもありました。

我々からすれば、当時は漫画家さんと比べると原作者の地位がとても低くて
殆ど使い捨てにされているようなものでしたが、原作者の「梶原一騎」さん
により今の漫画家と原作者の関係が対等であるという関係を作り出した方でも
ありました。

ある意味、まさに時代を作った原作者でもあったのです。


矢吹丈と丹下段平の声を(元来アニメ声優ではない)「あおい輝彦」さんと
「藤岡重慶」さんが担当し、そのハマリ具合の絶妙さから、続編や劇場版に
おいて他の人物の声の配役が大幅に変更される中でも、この両名だけは常に
不動とされていました。

元々歌手であった「あおい輝彦さん」がアニメの声優を務めたことがあるのを
知っている人は、今の世代ではあまり知られていないかも知れません。
この矢吹ジョー役しか声優の仕事をしていませんから。

また当時の虫プロがアニメ制作していましたが、虫プロは大勢のアニメーター
を抱えて赤字で、手塚治虫さんが望んでいなかった自分の作品以外のアニメ制作
を引き受けなければならず、その第一作でもあったと記憶しています。


こういう諸々の経過がありますから、作品の善し悪しではなく制作側の世代の違い
のようなものが強く感じられます。

時代が違うというか、なにか「あしたのジョー」の時代が風化しているのか
もしれません。

時の経過を強く感じます。


個人的には、この作品、「メガロボクス」を見て感じたのは「あしたのジョー」
ではなく、身体の欠損から通常以上の能力が追加される作品がもっとあっても
良いのではないかというものです。

設定は「あしたのジョー」の表面をなぞっていても、本質は魂のない別物
のアニメであると言うことですね。


話は少し外れますが、SFの世界では義眼や義手に凄い能力があって、それを
利用して活躍するというパターンはけっこうあることです。

一種のサイボーグですが、アニメではコブラのサイコガンやゴクウの義眼
くらいであまり多くない気がしますね。

ベルセルクの義手は小型の大砲ですが、特別に強い兵器に化けているわけ
ではなので物足りなさもありますし。

ただリアルの競技世界では健常者よりも競技用の義足をつけた選手の方が
成績が良かったりしますので、こういう生身ではないプロスポーツが本当に
現れてきてもおかしくはない気がします。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

iPhone・iPad専門宅配買取【iPhone55】

ネスレオンラインショップ

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【実写映画 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 | 映像は成功でも微妙な評価】へ  【実写映画版 斉木楠雄のΨ難 | 実写化して残念な作品】へ