FC2ブログ

アニメ

異世界居酒屋「のぶ」 | 異世界設定の飯テロアニメ

 ←パシフィック・リム: アップライジング | 巨大ロボット映画の続編 →散歩する侵略者 | 予兆散歩する侵略者








異世界居酒屋「のぶ」
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

Kiramune(アニメイトオンラインショップ)

『異世界居酒屋「のぶ」』



今回は「異世界居酒屋「のぶ」」です。
原作はライトノベルで、作者は「蝉川夏哉」さんです。

小説投稿サイト「小説家になろう」にて2012年10月より連載が始まり、
宝島社より2014年9月から刊行されています。

第2回エリュシオンライトノベルコンテスト(なろうコン大賞)受賞作で
もあります。

ヴァージニア二等兵によるコミカライズが「ヤングエース」(KADOKAWA)にて、
2015年8月号より連載中とのことです。

「このマンガがすごい!WEB」にて複数のスピンアウト作品が掲載されて
いるそうです。



概要──。


とある帝国の古都にある居酒屋「のぶ」。本来は日本でシャッター通りと言われるほど寂れた商店街の一角にあるはずの店だが、なぜか表の入り口が古都につながっている。その「のぶ」には異世界のさまざまな人物が訪れ、店内で、また時には店外で、さまざまな出来事が起きていく。


ホビーサーチ

ガチャガチャ・ガチャポン通販サイト【あミューズ】

ゲーミングPC【G-Tune】TOP











◆迷走考察。



このブログではすでに紹介した、「犬塚惇平」さんによる、「異世界食堂」と
同じ作者の作品かと思わせられるほどよく似ている作品です。
ファンの間でもぱくりといわれている作品でもあります。

同じライトノベル作品ですしね。

これはある意味かぶってしまっても仕方のない面もあります。

それは、どちらも小説投稿サイトである「小説家になろう」に掲載されていた
作品でもあるからです。

このサイトは確か二次創作も掲載されていたと思います。


こういう広く投稿できるサイトだとどうしても作品の傾向は似てきます。
作品作りがどの作品も人気のあるものへと偏ってきます。

また、一つの作品を作り上げるのにはそれなりの労力と資料調べなどけっこう
見えない労力を必要とします。

それらを省いてしまうと、「異世界設定」になるといっても過言ではなく、
特にライトノベルは今や異世界設定で溢れていますし、「小説家になろう」の
ようなほかの投稿サイトでも、まるで異世界作品専用の投稿サイトかと疑うほど
「異世界」作品ばかりです。

最近ライトノベルの編集者の人たちから、作家としての力不足を嘆く声がきこえて
くるのですが、ある意味この安易さを逆手に取っている感もあるのが「異世界食堂
」であり「異世界居酒屋」でもありますね。

「異世界」設定そのものがこの安易さを逆手に取っているような気がします。



もともとはこの「異世界居酒屋「のぶ」」の方が早かったそうですが、
「異世界食堂」の方が先にアニメ化されたそうです。

もっとも先の経歴からして双子のような関係でもあります。
別に盗作として訴えたりしていないところを見ると、意識してやっている
訳ではないようです。



以前からこのブログでは「世界設定」ものが好きではないと書いてきました。
その理由の一つはこのような安易さがあるからです。

単純に異世界でなにかをするという設定にしてしまうと、似せる気がなくても
似てしまうのです。
また、異世界イコール中世ヨーロッパのような世界という設定そのものが
好きではありません。

その背景にはゲームの存在が色濃いと思います。


「大阪北部地震」があったばかりですが、これが「阪神淡路大震災」があった
今から23年前だったらどうなっていたのか。
当時は同人活動も終息を迎えつつあって、その頃は今のようにスマートフォン
はまだ作られておらず、ガラケーである携帯電話が出始めた頃でした。

震災によって携帯電話は急速に普及してゆくのですが、PCはまだ今のように
普及はおろかつかいものになるものではありませんでした。
インターネットも同じです。

この頃に同じ設定で作品を作っても誰も見向きもしなかったものと思います。


これらの作品が作られてくる背景に数多くの異世界設定──それも剣と魔法の
ような中世世界の人気ゲームの存在があります。
日本アニメイコール、人形メカであるロボット兵器と美少女アニメという、
人気というよりも暗黙の了解というか定番である固定概念のようなものが
存在します。

これは二次創作作品の制作者と読者の関係に似ています。

さらにいうと、この設定に人気が集まっているので出版社なども今や「異世界
設定」というジャンルの募集をするほどまでになっています。
煽っている面も強く感じるほどです。


個人的には世界観にこだわりますので、この「異世界設定」は好きでは
ありません。
それは、先にも書きましたように異世界イコールどうして中世ヨーロッパ
なのかというのがあるからです。

特にタイムスリップものも好きなので、その安易さが受け入れにくいというのも
あります。
中世世界の設定をいかせていないと感じる場合が多くあるからです。

せめて「ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり」くらいには作ってほしいと
いうのがあります。


そして異世界なんだからもっと未来世界のようなものもでも良いし、現代に
とても似ているでも良いではないか──自分ならばそういう異世界を描くので、
安易に剣と魔法や中世ヨーロッパにしてしまうことに凄く抵抗を感じます。

どうして中世なの──という、強い疑問が消えないからです。
これは個人的にはゲームを全くやっていないのも理由の一つとしてある気
がします。


ですがここでも、「アベンジャーズ」のようにそういうこだわりを捨てて
ゲームで馴染みのある設定を持ってくると人気は得られるものと思います。
また罪のない物語でもありますしね。

受け取る側の視聴者に、ゲームのような馴染みのある世界観でいちいち説明や
仕掛け、狙いのようなものを見せる必要も手間もいらない。
また受け手もそれほど必死になって異世界にこだわっていないという暗黙の、
前提条件のようなものを強く感じます。

異世界だから適当で良いという暗黙の了解のような空気ですね。
最近はこういうようなところにも、こだわりがマイナスに働いてしまう
のではないかと複雑な思いです。


また、居酒屋や食堂のように食べ物でしかも一話完結の短編に絞るのが
この安易とも受け取れる設定を一番活かしている作品でもあるのかもしれ
ません。

今では異世界コンビニや異世界獣医というようにドンドン広がっている
ほどです。
次はどんな異世界のものが作られてくるのかと思います。

もし仮に今、同人サークルをやっていたら異世界風俗なんてものをたぶん
作っていたような気がしますね、18禁作品で。
これだと設定だけを使って獣娘を使ってオリジナル作品が作れます。



受けているんだからそれがどうしたと言われればそれまでなのですが、
やはり作る側の人間としてはもやもやとしたものは消えません。
ただこの頃は先にも指摘しています、この安易さが逆に良いのだと考える
ようになってきています。

作者がこだわっても決して人気の出る作品になるとは限りません。


そして最後に食事に対することですが、おそらく中世の人間に日本食を
食べさせても美味いと思わないと思います。

日本食は今でこそ世界に広まっていますが、ここまでになるのには半世紀
を必要としました。

また今でも、海外の人たちは日本人が思っているほど日本食を美味しいとは
思っていないと思いますし、日本人でさえ、百人が百人皆美味しいと感じる
料理は存在しないからです。

日本に限ったことかどうかは分かりませんが、とにかく我々が子供だった
頃から日本人は、日本が世界で一番という、神話をつくりたがっていたように感
じます。

昔からテレビで日本人が世界でどう思われているかという番組が沢山あったので、
それらを見てきた我々はもうウンザリさせられています。
まるでエゴサーチしているかのようです。

もういい加減、そういう意識は捨てても良いのではないかと感じますね。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

自転車通販サイト【cyma】

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】











同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【パシフィック・リム: アップライジング | 巨大ロボット映画の続編】へ  【散歩する侵略者 | 予兆散歩する侵略者】へ