FC2ブログ

未分類

ウルトラマンR/B | 平成ウルトラマンシリーズ

 ←はたらく細胞 | 擬人化アニメ →異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 | ライトノベル原作のアニメ







ウルトラマン
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)』




今回は「ウルトラマンR/B」です。

本作品は「ウルトラマンギンガ」以降のウルトラシリーズを指す
「ニュージェネレーションヒーロー」の第6弾作品であり、
「ウルトラマンオーブ」以降のシリーズ同様、単独タイトル作品として
制作されているそうです。



ストーリー──。


湊カツミと湊イサミは、大昔に妖奇星と呼ばれる隕石が落ちたとされる綾香市に住む兄弟である。母親の失踪から15年が経ったある日、謎の巨大生物の目撃情報を聞きつけ山へ訪れた2人は、巨大怪獣グルジオボーンに遭遇する。グルジオボーンの攻撃に巻き込まれる湊兄弟だったが、2人は突如現れたルーブジャイロとルーブクリスタルによって、それぞれウルトラマンロッソとウルトラマンブルに変身する力を手に入れる。突然の出来事に戸惑いながらも協力してグルジオボーンを倒した2人は、ウルトラマンとして次々に出現する怪獣の脅威に立ち向かうこととなる。



ホビーサーチ

もったいない本舗

人気コミックを全巻セット










◆迷走解説。



我々のようにオールドファンとしては今のウルトラマンに関してはなにも
いうことはありません。

完全に子供向け番組になっていますし、それを見て愉しんでいる子供たちがいる
のであれば別になにかをいいたいわけではないからです。

一応、ウルトラQからウルトラシリーズを見ているものですから、見るだけ
は見ていますが特別になにかあるわけではありません。
もう何年も前から、今のウルトラマンはウルトラマンではないと思っています。


ですが制作する側の目論見通りに果たして子供たちが見ているのかというと、
これは当てが外れているのではないかと思えます。

遊んでいる子供たちの口から、戦隊ものや仮面ライダーの名前は出てきても
今のウルトラマンの名前は出てこないからです。

いないわけではないと思うのですが、自分は一度も聞いたことがありません。


ただ考えられるのは、友人の子供がそうであったように親が昔のウルトラの
ファンであったことで、子供の後ろに昔のウルトラファンがいることです。
子供が見ているようでも、裏には昔のウルトラファンであった親の影が
あるのです。

つまりは新しいファンを獲得しているのではなく、どこまで行ってもウルトラマン
は昔のファンに支え続けられているということです。
これからのことを考えるとこれは大きな問題になってくるかも知れませんね。



ところで我々オールドファンは、もはや今の「ウルトラマン」になにも期待
しておらず、その分、来年に制作される等身大のウルトラマンスーツを着た
アニメ作品、「ULTRAMANN」に期待しています。

これは実写でやってほしかったのですが、それでも映像化されるので期待
しています。

我々のようなオールドファンは絶対見ますね。

もともとそういう昔の特撮ファンからの流れで漫画「ULTRAMANN」も知りました
からね。
ヒットするかどうかは分かりませんが、ある程度の数は間違いなく見ます。

このブログでは何度も書いていますが、我々オールドファンが認めている
のは漫画「ULTRAMANN」ですから。


そして思うのは、もしヒットした場合ウルトラマンはどうなって行くのかですね。
ウルトラマンだけではなく、円谷作品は少し独善的になりすぎるところがある
ように感じていました。

言わば殿様商売的なものですね。
または、過去の成功体験から抜け出すことができないか。
こういう例は至る所で見ます。

大きなところでは「オリンピック」や「万博」の誘致も同じように感じます。
傾いてくる企業では至る所で見かけます。

一時代を築いた大ヒットシリーズですからね。


それに我々のようなオールドファンが、例え駄作でも文句言いながらでも見ている
ところがあって、ある程度のせんは保っているところがあるのかも知れません。

これは昔の「ゴジラ」も同じで、とうとう、ゴジラを終わらせるために映画を
見るのはやめてしまった時がありました。
どんなにお金がなくても、忙しくてもゴジラ映画だけは見に行っていたのですが。

結局、海外版のゴジラが作られるようになって初めて危機感をおぼえてゴジラ
も変わってきました。

ウルトラマンも等身大のアニメヒーローに人気が集まってきた場合、
これからどうなって行くかですね。


巨大ヒーローも、「ウルトラマン」だけを作り続けなくても良い気がします。
怪獣も同じですが、新しい巨大ヒーローを作るとかそういう意識があまりに
低いように感じています。

同じことを続けても衰退していくだけじゃないかと何十年も前から言い続けて
いますが、それを裏付けるように今や円谷プロは独立していません。
ある会社の傘下に収まっています。

それに昔の作品に今の人たちはどう感じているのかも興味があります。

「ウルトラセブン」のあの工業地帯で戦う姿、そういう風景は今の日本で
はなくなっています。
下町の工場街も、我々が子供だった頃はごくありふれた日常風景でした。
そういした景色は今の日本にはありません。

時代の風景が印象強く描かれている作品を見て、どう感じているのか
という興味があります。

「ドラえもん」も「ちびまる子ちゃん」が描く日常風景も、現在の日本には
ない風景です。
それでも人気があるのと、同じ感覚で見ているのでしょうか。


我々のようなオールドファンも、いつまでも昔の優れた作品にこだわっていて
はいけないのかも知れません。

ハリウッド作品を見ていると、時々、強くそう思わせられることがあります。
「シン・ゴジラ」以外は何十年も満足のいく特撮作品はなかったですから。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

買取実績250万枚の実績!高額買取のエコストアレコード

iPhone・iPad専門宅配買取【iPhone55】

GOM Player Plus

















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【はたらく細胞 | 擬人化アニメ】へ  【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 | ライトノベル原作のアニメ】へ