FC2ブログ

実写化作品

ブリーチ | 不人気続きの実写化映画

 ←ハイスコアガール | オーソドックスなラブコメアニメ →劇場版 SERVAMP -サーヴァンプ- | 腐女子の好きそうなヴァンパイア










BLEACH(ブリーチ)
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『BLEACH(ブリーチ)』



今回は実写化映画の「ブリーチ」です。

原作は漫画で、原作者は「久保帯人」さんです。

「週刊少年ジャンプ(集英社)」にて2001年36・37合併号から
2016年38号まで連載された作品です。




概要──。


霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。ただのバトルアクションにとどまらず、ルキアとの友情、勝てるはずのない相手に挑む一人の男としての成長、かつ高校生らしい仲間たちや家族との明るい笑いに満ちたストーリーテリングも絶妙に織り交ぜられ、「BLEACH」ならではのテンポ感が人気の秘訣となっている。


アニメ・漫画

漫画全巻ドットコム

ホビーサーチ










◆迷走考察。




「ブリーチ」も原作、アニメともに人気のある作品です。

ですがそれ故に実写化してはいけない作品でもありました。
実際に、興行成績は悪いようですね。

このブログでは漫画から実写化するのは良いけれど、アニメが先にあって
その後で実写化するのは良くないと何度も指摘しています。
これを見事に言い表しているような作品でした。


ですがアニメを数作しか見ていない自分には、実写化作品が悪いとは
思えず、けっこう楽しめた映画でもありました。
それもあって、アニメから実写化は向いていないとあらためて感じています。

時々思うのですが、例えアニメのファンであっても、どうしてそれなりに
楽しめないのかと思います。
アニメはアニメ、実写は実写で違うものであって、一緒くたにすることじたい
がそもそものおかしいと思っているからです。

「ゴジラ」映画もそうなんですが、アメリカゴジラを日本のゴジラと一緒に
することじたいがそもそも無理があります。
ゴジラと思わないで見ると、楽しめる怪獣映画ですから。



実写化には個人的に賛成ではないのですが、それでも楽しめる作品は
あるし、ヒットした実写化作品と比べても遜色がないと思えるからです。

むしろヒットしたという情報を得てから実写化映画を見ると期待していた
ぶん、物足りなさも感じることがあります。
その違いがなんなのかが、今ひとつ理解できない。

また同じような理由で、実写化を誰が望んで企画を進めているのかが
よく分からないことが多い気がします。
とくに映画化の場合はこれは多くて、本当に映画会社はこれがヒット
すると思って作っているのかと問いたいときがままあります。

ヒットしなくてもというのであれば、もっとやりようもあるのでは
ないかと言う気もしますし。


こういう実写化作品の場合は、とくにこの作品の配役ですが、皮算用
ばかりが目立つ気がします。
確かに「るろうに剣心」や「銀魂」のように例外的に実写作品がヒット
する場合もあります。

ですが殆どの作品が奮わずに終わっています。
またヒットでもなく大コケでもないといった感じです。


人気原作に人気俳優、人気のある監督でと、だからこれだけの収益が
あるという皮算用だけが先行しているような気がします。
いわゆる大人の事情ですね。

映画監督の「園子温」さんが話していましたが、キャスティングはだいたい
がこのような事情で決められているそうです。
あまり監督が決めるということはないようですね。

それを聞いたときに、なるほどと納得できた気がしました。
もっとオーディションをやって適役を探せば良いのにと思うのですが、
今人気のある俳優さんが持ち回りように配役されています。

またかという人も一人や二人ではなく、ウンザリするくらい同じ俳優さんが
違う実写化作品のキャラクターを演じています。
これではファンから見向きされなくなりますね。


実写映画化の企画はどういう形で進行していくのかよく分からない
のですが、反対する人間はいないのかとも思いますし、ある意味リスク
マネジメントのようなものも必要ではないかと言う気がします。

アニメなどの場合は、仲介に経つ代理店や代理人ばかりが儲かるようになって
いるところがあって、アニメ制作会社はいつもお金がないという状態です。
どうして自ら営業しないのかと素朴に思うことが何度もあって、テレビ業界
とつながって仕事をすることの不利益のようなものを強く感じました。

実写化作品の場合、これら配役などを見るといわゆるプロデューサー主導
というよりも、代理店主導のように感じます。
こういう人たちの意識は徹頭徹尾、どれだけ人に知られているかとか人気
があるかに終始します。

つまり作品に合うか合わないかとか、作品の内容そのものも二の次に
なってしまう。

こういう人たちの意識の中から、新たな人気作品を育てるとかの発想その
ものがありません。
そもそもこれらの作品を見る側の人たちの気持ちも嗜好も意識しておらず、
誰がいったい望んでいるのかという疑問があるものも少なくありません。



そういう意味では、「Netflix」のようなものがもっと出てきてアニメ制作会社
が直接業務提携できれば変わってくるのではないかと思っていました。
今は実際にそういう提携もあるのですが、少し良くなっているのかはわかり
ません。

まだ始まったばかりですかね。

「蟲師」もアニメでは好きな作品でしたが、制作していたアニメ会社は倒産
してしまいました。
もう少し早く「Netflix」のようなものが現れていたら少しは事情が違ったかも
知れません。


今でもアニメは世界的に大きな利益を生むコンテンツという誤解が強いの
ですが、この弊害を簡単には覆すことができない気がします。
政府が「クールジャパン」と銘打って後押ししていますからね。

政治的な駆け引きはよく分かりませんが、なぜこれを指摘しないのか
と思うくらいです。
政権が変わるかと期待していたところもあるのですが、続投することで
さらに赤字の垂れ流しが続くと言うことになりました。

政権が安定しているせいか、この「クールジャパン」の失敗を詳しく
報じていません。
現実にはアニメ関係の低迷の情報がいくつもあるにも関わらず誰も大きく
取り上げようとしていないように感じます。



それでは次回でまたお目にかかりたいと思います。


かぶって寝る快眠ドーム+【IGLOOイグルー】

アウトドア用品をお得に買うならマウンテンシティECサイト

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ハイスコアガール | オーソドックスなラブコメアニメ】へ  【劇場版 SERVAMP -サーヴァンプ- | 腐女子の好きそうなヴァンパイア】へ