FC2ブログ

アニメ

劇場版 SERVAMP -サーヴァンプ- | 腐女子の好きそうなヴァンパイア

 ←ブリーチ | 不人気続きの実写化映画 →探偵が早すぎる | 解決できる名探偵登場








SERVAMP -サーヴァンプ-
アニメイトオンラインショップ
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル


『劇場版 SERVAMP -サーヴァンプ-』



原作は漫画で、「月刊コミックジーン(KADOKAWA)」に掲載されています。

原作者は「田中ストライク」さんです。




概要──。


「シンプル」がモットーの高校1年生・城田真昼は、ある日道端で1匹の黒猫を拾い「クロ」と名付ける。だが、その猫はサーヴァンプという、契約した主人の言うことを聞く飼われる専門の吸血鬼だった。契約によってクロの主人となってしまった真昼は、吸血鬼同士の争いに巻き込まれることになる。



古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

タミヤならではのオンライン限定商品!!

人気コミックを全巻セット










◆迷走考察。



このアニメの劇場版を見る機会がありました。

この「サーヴァンプ」は見たことがあるのかも知れませんが、
記憶にありません。

嫌いな設定ですし、もう飽き飽きしたようなキャラクターと設定です。
それが故に、人気もあったのだと思います。
人気のほどは詳しくは分かりませんが……。


ただキャラクターといいヴァンパイアの設定といい、BLファンには
うれしいものであったと思います。
BLネタには困りませんからね。

美少年が美少年の首に首輪をつけて、ペットのように意地悪に飼育する
画が自然と浮かんでくるような作品です(BLではスタンダード)。
同人でどれだけ人気があったのかは分かりませんが。

お耽美な「腐女子」なお姉様方にはたまらない設定ではないかと思うのです。
この「腐女子」の方々の好みも色々とあって、「ボーイズラブ」であれば
何でも良い訳ではなく、実に細分化されています。

ある程度は知っているつもりではありますが、あえて踏み込んで解説したい
とは思いません。

ただ一つ、これからオリジナルの「BL」作品を作ろうとする方にアドバイス
するとしたら、これらのアニメの主人公が「美少女」であるとか、とにかく
「女性キャラクター」が絡んでくると、「腐」の強いお腐り遊ばしている
方々は興醒めされてしまうようです。

「刀剣乱舞」のように女性が一切出てこない設定がお好みであるようですね。



この「ヴァンパイア」という設定ですが、手垢がついたと言うよりも、
手垢がつきすぎて地金が分からないほどのベタベタなお約束です。
ですから容易に手を出しやすい設定でもあります。

もういい加減飽きられてくるのではないかとずっと思っていましたが、
つい最近、TVアニメ「Phantom in the Twilight」 Blu-ray発売中止の
情報がありました。

このアニメも多くの「ヴァンパイア」設定のアニメの一つで、なんら
新しい切り口も新鮮なストーリーでもありませんでした。

多くの「ヴァンパイア」アニメそのものが、ヴァンパイアである必要
があるのかと思えるものが多い。

この「Phantom in the Twilight(ファントム イン ザ トワイライト)」
もその中の一つで、制作側の諸々の諸事情もあったのでしょうが、
人気がなくて発売中止となったという情報も聞こえてきました。

果たしてそれが事実であるかどうかは分かりませんが、人気がなくて
発売中止があってもおかしくはないと思っています。


ここまで同じような作品があっては、飽きてきて当然だと思うから
です。

スターウォーズ・シリーズでさえ、スピンオフ作品である「ハン・ソロ/
スター・ウォーズ・ストーリー」がコケてしまいました。

これに対して制作側が、半年も経たずに「スターウォーズ・シリーズ」
を作るのは間違いであったと謝罪するほどです。
多くの実写化映画が奮わないのも、案外こういうところに原因があるのか
もしれません。

バブルの頃の「トレンディドラマ」もそうでしたが、ドラマと言えば
各局、「トレンディ」でかなりの人が飽き飽きと言うよりも、身近な人まで
いい加減にしろと怒り出す人もいたくらい飽和していました。

そのときの嫌悪感の強さが、もう30年近くになろうとしているのに近い
ドラマが復活してこない理由かも知れません。


それにしてもこういうアニメ、愉しんで見ているのでしょうか。
子供の頃、「ガンダム」の前の話ですが、ロボットアニメが大ヒットして
いました。

(ロボットアニメはガンダムの出現でリアルロボット路線というような
ものができあがっています。いわゆる人形機動兵器です)


とにかくアニメと言えばロボットアニメで、もともと「鉄人28号」が
好きだった自分も、もう見たくないと思うほどウンザリさせられた
ことがあります。

今では殆ど巨大ロボットアニメは作られていませんが、巨大ロボットは
必要もないのに巨大ロボットに乗る戦隊ヒーローものに引き継がれています。
それくらい当時は巨大ロボットだらけだったのです。

余談になりますが、今後も巨大ロボットアニメのブームは再来しないと
思います。

それは「パシフィックリム」のような実写映画で世界的なヒット作品が現れ
たことと、戦隊ものなどの実写ドラマで巨大ロボットが引き継がれている
からです。



率直に言って、「ヴァンパイア」設定も「異世界」設定も、「美少女」設定
も同じようなものが多く、キャラクターを入れ替えたり、設定の一部を他の
作品に入れ替えても遜色ないものばかりです。

もし仮に、これらの一群の作品に人気が集まっているというのならば、
単体としてのアニメ作品ではなく一群のジャンルとしての人気がある
ことになります。

そうでなければ、なにが人気なのか、また飽きないのかとファンの方々に
こちらからたずねたい気持ちがとても強くなります。
個人的には一話でさえ、完全に鑑賞することは難しいくらいですから。



ちょうど時期が10月なので、新しいアニメが始まっています。
違うアニメを期待したいですね。

個人的には「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」が始まっていますので、
とても注目して見ています。
ヒットの予感しかしない期待作品ですが、近日中にこのブログに記事
を掲載するつもりです。



それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

動画配信ならTSUTAYA TV!

WiMAXを始めるなら【@nifty WiMAX】

アウトドア用品をお得に買うならマウンテンシティECサイト














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ブリーチ | 不人気続きの実写化映画】へ  【探偵が早すぎる | 解決できる名探偵登場】へ