FC2ブログ

実写化作品

いぬやしき | 実写映画化版

 ←DOUBLE DECKER! ダグ&キリル | 人気バディシリーズ →Ingress:The Animation | 拡張現実ゲームのアニメ化作品









いぬやしき
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『いぬやしき(実写版)』




今回はすでに一度、アニメ作品を掲載しました「いぬやしき」の
実写映画化版です。

原作は、 奥浩哉さんの「いぬやしき(講談社「イブニング」所載)」。
監督は、 佐藤信介さん。
脚本は、 橋本裕志さん。
犬屋敷壱郎役は、 木梨憲武(とんねるず)さん。
獅子神皓役は、 佐藤健さんです。

第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で、
インターナショナルコンペティション部門のグランプリにあたる、
ゴールデン・レイヴン賞を受賞している作品です。



概要──。


宇宙人の手によって機械の身体となった初老の男性と高校生の活躍や苦悩、
救済される人々や殺害される人々を描く。



ライトセーバースタイル

TAMIYA SHOP ONLINE










◆迷走考察。



今回は実写映画化版、「いぬやしき」です。
アニメそのものが面白かっただけに、実写版はどうなかのと
誰もが思っていた作品ではないでしょうか。

大方の予想通り、この「実写版いぬやしき」も興収10億円位らしく、
期待を裏切る作品となっているようです。
実写化作品の多くが、同じような結果に陥っています。


ですがこの「実写映画版いぬやしき」は個人的には大変好きな作品です。
原作に忠実に作るのではなく、映画用に若干の変更を加えている点を
高く評価しています。

原作でもアニメでも、最後は二人とも地球にぶつかる巨大隕石の軌道を
かえるために自ら自爆して消えてしまいます。
ですが、実写版では二人とも健在です。

この後、原作とは違う別の物語として制作することも可能です。
また、そういう方法をとった方が良いと考えています。


それに「木梨憲武」さんが良かったですね。
期待していなかった分、強く感じました。
良い役者さんになるのではないかと思います。


このブログでは何度も指摘してきしていますが、実写化作品の前にアニメ作品
を制作するのは間違いです。
アニメのフィルターを通して実写作作品を見ますので、どうしても受けが
悪くなってしまうからです。

せっかく良い実写化作品であっても、先入観なしでは見てもらえずとても
不利だからです。
この実写化「いぬやしき」も良かったですよ。


こういう作品はだいたいがアニメがヒットしたから、そして人気のある役者
を起用するからこれくらいの興収があるだろうという皮算用だけが先行して
います。
そもそもこれが間違いだと思います。

そこで調べて見たのですが、下のような結果が見つかりました。
全て原作ありの作品です。

1位、「ROOKIES-卒業-」85.5億円。
2位、「THE LAST MESSAGE 海猿」80.4億円。
3位、「花より男子ファイナル」77.5億円。
4位、「BRAVE HEARTS 海猿」73.3億円。
5位、「LIMIT OF LOVE 海猿」71.0億円。
6位、「テルマエ・ロマエ」59.8億円。
7位、「るろうに剣心~京都大火編~」52.2億円。
8位、「デスノート the Last name」52.0億円。
9位、「信長協奏曲」46.1億円。
10位、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」45.6億円。

殆どが原作はあってもアニメ化されてなかったり、アニメ化は実写化の
後であったりしています。


だいたいアニメ化からの実写化作品は失敗しているのですが、それでも
作られ続けているのがどうも理解できません。
もしかすれば、別になにか収益の方法があるのかも知れません。

ここら辺は映画制作側の話を聞かないと分からないですね。
じっさいのところ、いくら何でもここまで同じ間違いを繰り返すの
かという疑問もありますから。



ところで原作者の「奥浩哉」さんは現代の不満や願望といったものを
抜き出して作品にするのが上手い方だと思います。
今にフォーカスしている作品が多い気がします。
「獅子神」の大量虐殺ですが、普通に生活していれば一度や二度はやって
みたいと思うことはあるのではないでしょうか。

獅子神の人気はかなり高いですからね。

ネットの向こうで平然と弱いものいじめを繰り返す人々。
都合の良いルールーを押しつけて自分たちはなにもしない大人たち。

学生の頃は本当にそんな不満で爆発しそうでした。
こんな街や国を徹底的に破壊したいという思いは、多くの学生が口にして
いましたね。
そんな願望を上手く作品化している気がします。

それくらい世の中に不満を抱えているのが普通だと思います。
「GANTZ」の時もそうでしたが、こういうカタルシスに向かう展開が得意
の方だと思います。


ただ、「変」のように男性が突然女性化してしまうと言うような作品
にそれはないのですが、「エロ」さにも定評のある作家さんです。
原作の「GANTZ」では「エロ」い描写は多かったですし、これも人気の
秘密の一つだと思います。

次に続く映像化される原作はと思うのですが、今の作品はこういう
アクションシーンが伴う作品ではないですね。
残念ながら、映像化されてもアクションのない少しエロイ作品になって
しまうでしょう。

「変」もそうですが、アニメよりも実写化に向く作品が多いように
感じます。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

奥浩哉作品

アウトドア用品をお得に買うならマウンテンシティECサイト













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【DOUBLE DECKER! ダグ&キリル | 人気バディシリーズ】へ  【Ingress:The Animation | 拡張現実ゲームのアニメ化作品】へ