FC2ブログ

アニメ

第3章 GODZILLA 星を喰う者 | アニメ版ゴジラ

 ←ザ・プレデター(原題:The Predator) | プレデターの四作目 →ヴェノム(原題:Venom) | マーベル・コミック実写化作品









GODZILLA 星を喰う者
アニメイトオンラインショップ
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

ホビーサーチ


『第3章 GODZILLA 星を喰う者』




監督、「静野孔文」「瀬下寛之」
脚本、「虚淵玄」「村井さだゆき」「山田哲弥」
原案、「虚淵玄」



あらすじ──。

メカゴジラシティの陥落後、ユウコは脳死状態と判定され、ハルオは自らの選択の結果に打ちひしがれる。一方、メトフィエスはハルオがナノメタルの侵食を受けなかったのは神の加護によるものだと説き、ハルオを神に選ばれた英雄と祭り上げることで、メカゴジラシティの敗北で絶望した生存者たちの大半を信者に引き込むことに成功する。ハルオは、自らを含む幾人かが侵食を免れたのはフツアの治療によるものであると訴えるが、メトフィエスはそれを承知の上で信者を増やし、自分たちが崇める神を呼び出す準備をしていることを告白する。ハルオのメトフィエスへの不信感が募る中、アラトラム号ではメカゴジラシティの一件によって種族間の対立が深刻化する。ビルサルドは実力行使でアラトラム号の動力室を占拠し、同胞を殺めゴジラ撃滅の好機を逃したハルオの極刑を要求する。その情報を受け取ったハルオは、マーティンの提案で対立が鎮静化する時間を稼ぐために敢えてフツアの隠れ家に身を隠し、その中でミアナからは生き残って命を繋げば勝ち、死んで消えれば負けというフツアの価値観を教えられ、自身に想いを寄せるマイナとは命を繋いで結ばれる。

しかし同じころ、メトフィエスは自身を怪しんでいたミアナを捕らえた上で信者たちとともに神を呼び出す準備を着々と進め、遂にエクシフが神と崇める高次元怪獣「ギドラ」を降臨させる。ギドラは信者となった生存者たちを生け贄として喰い尽くし、この宇宙の法則に囚われないが故に機械に観測されない超常的存在としてアラトラム号の近辺に出現する。アラトラム号は時空間を歪めるギドラの前に何が起きているか理解できないまま撃沈され、そのままギドラは地上に出現し、迎撃に現れたゴジラ・アースをも圧倒する。ギドラの力を目の当たりにしたハルオは、エクシフの真の目的を知るためにメトフィエスと対峙する。


座るだけで脱力ストレッチ座椅子

【話題のSoftBank Air】工事不要!コンセントに差すだけで高速インターネットが実現!










◆迷走考察。




このアニメは全3部作構成で、第1章『GODZILLA 怪獣惑星』が2017年11月17日
に公開されて、第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が2018年5月18日に公開
されています。

本作品は最後の作品で、第3章『GODZILLA 星を喰う者』が2018年11月9日に
公開されました。

アニメ版、「ゴジラ」はこれで終ですが、正直、あまり強く印象に
残っていません。


基本的には特撮が好きなので、3Dアニメであるとかの実写に近いものの
方が個人的には好きだったのもあります。

アニメですから本家ゴジラと一緒にして考えてはいません。
ですからどれだけ怪獣映画のティストを持っているかで判断していました。

一番期待していたのは「第二章GODZILLA 決戦機動増殖都市」だったのです
が、「キングギドラ」が登場してくると分かって期待をつなぎ止めていました。
ですが一番、肩すかしを感じたのはこの「星を喰う者」でした。
期待していた「メカゴジラ」も予想とは違ったものだったですしね。


簡単に言ってしまうとこの最後の作品は原案と脚本を担当されている「虚淵玄」
さんの世界観が一番現れています。
これはもう、怪獣ゴジラではなく「虚淵ゴジラ」となっていました。

作品を作る者にとってはとてもわかりやすかったですね。
何をしたかったのか、なにをしようとしていたのかが。


端的に言ってしまうと、この展開はなにもゴジラでなくても良かったのでは
ないかと思います。
アニメですから本家ゴジラと比べる気もありませんが、少しこの方の世界観
がしっくりこない。

ゴジラをSFとして描く挑戦であるというようなことを発言されていますが、
これはちょっと違うのではないかと感じさせられました。
ゴジラも植物由来のようですし。

最終的に宗教的な展開として終末感のようなものへと収斂していくようです。
これが怪獣というものとはいささか受け入れがたい気もします。


個人的には「トップを狙え」で描かれていた「宇宙怪獣」の存在理由が好き
なので、怪獣ファンとしては「トップを狙え」の宇宙怪獣の方が受け入れやすい
のではないかと言う気がします。

コメディとパロディが満載のアニメでしたが、以外にも特撮魂がある映画
だと思って見ていました。
またSFとしても納得できるものでしたね。
今作のアニメゴジラの方が、「怪獣魂」も「SFティスト」も感じられません
でした。

面白いのは2005年公開のSF映画である、スティーヴン・スピルバーグ監督
制作の「宇宙戦争」の方が怪獣映画ティストを感じさせました。
アメリカ映画でも怪獣魂を感じる映画が撮れるなんてと、スピルバーグ監督の
力を感じましたね。


ここでちょっと昔の同人誌の話をしたいと思います。

創作系で始まった我々の同人誌は三作品を最後に、アダルトへと移行
せざる終えなくなりました。
それは今でもですが、当時はより強く「オリジナル」同人誌は同人ファン
からは嫌われていたからです。

それも分かってきて、ある程度の二次創作的な側面も加えつつ作った
最後の創作系同人誌は架空の都市の物語でした。
サークルメンバーがそれぞれこの架空の都市にまつわる物語を描き、
なおかつ協力しながらこの都市が発行するタウン誌のようなものを
作るという同人誌です。

おかげで同人を紹介しない商業誌から高く評価して頂いたりしたので
すが、自分はこの都市で「ゴジラ」出現の伏線的なものを作りました。

この時自分の頭にあったのは、SFの世界では超古代文明というものが
昔からあって現代科学より遙かに優れた超文明が存在していたという
設定です。

もちろんそんなものはないのですが、この設定を持ち出すとこでハードSF
などのようにリアルな科学考証を回避することができます。

「ゴジラ」はこのこの超古代科学が作り出した「生物兵器」であって、ゴジラ
を産み出してしまったためにゴジラと一緒に滅んでしまったという設定で
作っていました。

ですが第二弾を作れないままゴジラという気配をだしただけでなにも
描けずに創作系同人誌は終了してしました。
今でも時々、悔いのある記憶となって蘇ってきます。

怪獣の存在根拠をどう設定するのかは、作った作家の世界観によって
違ってくると思います。
アニメ版ゴジラは、自分の思い描く怪獣ともSFとも相容れなかったようです。


それでは今回はこれくらいで。

次回またお目にかかりたいと思います。

忙しい女性のためのトレーニングマシン☆ミニョロン☆

オンライン書店e-hon













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ザ・プレデター(原題:The Predator) | プレデターの四作目】へ  【ヴェノム(原題:Venom) | マーベル・コミック実写化作品】へ