FC2ブログ

実写化作品

ヴェノム(原題:Venom) | マーベル・コミック実写化作品

 ←第3章 GODZILLA 星を喰う者 | アニメ版ゴジラ →ブギーポップは笑わない | 再アニメ化作品








ヴェノム
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』



『ヴェノム(原題:Venom)』




今回はマーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」の実写化
映画作品です。

2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画で、ソニー・ピクチャーズ
が手掛けるユニバース 「Sony's Universe of Marvel Characters」 の最初の作品
としています。

マーベル・スタジオ側は本作に関与せず、マーベル・シネマティック・
ユニバース(MCU)との統合は構想していないそうですが、ソニー側は
マーベルと提携した映画「スパイダーマン:ホームカミング」と世界を共有
した作品と独自に位置付けているそうです。



ストーリー──。


カリフォルニア州のサンフランシスコで記者として働いていたエディ・ブロックは、ライフ財団が死者を出すほど危険な人体実験をホームレスを利用して行っていることを知り、恋人であるアン・ウェイングのパソコンから得た情報を基にライフ財団のリーダーであるカールトン・ドレイクに実験のことを問い詰めるが、ライフ財団の根回しにより会社をクビになり、それに巻き込まれる形でアンも職を追われたため、仕事と恋人の両方を失う。

それから半年。就職先を探していたエディはライフ財団の研究者ドーラ・スカース博士の力を借りてその実験施設に侵入。そこで知り合いのマリアが被験者として捕まっていることを知り、彼女を助けようとしたものの、その身体に巣食っていたタール状の地球外生命体・シンビオートに寄生されてしまう。

それ以来、エディにはシンビオートの声が頭の中で聞こえるようになり、凶暴性や空腹感が日に日に強くなっていく。「"俺たち"が一つになれば、何だってできる」と嘯いたシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな姿で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そして膵臓…体のどの部位も喰い尽くす。 エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感や恐怖心を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく…。

その頃、エディがライフ財団に侵入してマリアと接触したことを知ったドレイクは、マリアに寄生していたシンビオートがエディの身体に「移動」したのではないかと考え、彼もろともシンビオートを捕らえようと暗躍し始める。



もったいない本舗

オンライン書店e-hon










◆迷走解説。




この「ヴェノム」ですがもともとが「スパイダーマン」の敵役として
「スパイダーマン3」に登場しています。
ですからすでにご存じの方は多いと思います。

この「ヴェノム」というキャラクターに魅力を感じたのか、独立した
作品として作られています。


ちなみにですが、「ソニー・ピクチャーズ」は日本がバブル景気に沸いていた
時、アメリカの映画会社を買収したものです。
あの時は何社も日本の会社がアメリカの有名映画会社を買収していましたが、
残っているのはこの「ソニー」だけです。

それだけ海外の映画会社を維持するのは大変でもあると言うことで、それは
ある程度予想していたのですが、なにか今の「日産」と「ルノー」なども
含めて短期的にはお金があれば何でもできますが、長期を見据えると容易なこと
ではないとあらためて感じること多々ある出来事です。


話戻って「マーベルコミック」はキャラクターが豊富です。
作れる映画作品も手数も多い。
勢いがつくというか、クロスオーバー作品を作るとなると作品数の多い
方が有利です。

アメコミの場合は殆どキャラクターですが、数が多い方が有利ですね。

「ディズニー」と違って「アメコミ」の場合は、アニメ化ではなく殆どが
実写化作品です。


また、「バットマン」や「スーパーマン」のDCコミックは手数という点で
は劣勢のように感じますね。
作品そのものは重厚なのですが。

この寄生体である「ヴェノム」をあまり深く掘り下げないで明るく作品化
しているのもマーベル作品ならではかも知れません。
世界観にこだわる自分のような人間には、作品に対する思い入れが少ない
ように感じられます。

面白ければ何でも良いんじゃないの的な軽さがあるかも知れません。


こういう作品がヒットするたびに、作家のこだわりがヒットにつながらない
と感じることが多いですね。
こだわりが強くてそのこだわりがヒットそのものにつながるとしたら、それは
達人レベルの話ではないかと感じさせます。

作家のこだわりなど見る側にとっては関係ないことなんだとあらためて感じます。


寄生生命体では日本のアニメ「寄生獣」がアニメにも実写にもなっています
から有名ですが、アメリカのSFドラマではわりとスタンダードに出てくる存在
です。

「スターゲート」では敵である「ゴアウルド」の存在がありますし、いろいろな
作品に寄生生命体が登場してきます。
ただ、今作品のように主人公になった作品はなかったように思います。


ホラーなどではおどろおどろしい姿で現れることもあるのですが、見る側が
受け入れやすい形が「ヴェノム」だったのかも知れません。
自分もこういう生命体を考えたことがありますが、ではどんな作品に登場
させれば良いのだと考えた時に難しさを感じました。

やはりSF作品でなければ成立しないだろうなと思います。
異星人が寄生体でというのはスタンダードな設定ですが、次にあるのが
バイオ科学で作られた生命体です。

どれをチョイスするかという問題が一番頭を痛めることかもしれません。
それに日本人では馴染みのある、「憑依」というのもある意味の寄生体
的な存在です。

作家にとっては便利な道具で、それ故に作品数も多いのだと思います。
ホラーでも多く使われていますし。

ただこの「ヴェノム」のようにわかりやすくした方が良いのか、それとも
一ひねりした方がよいのかと悩むところです。


それでは今回はこれで、次回にまたお目にかかりたいと思います。

BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune

ネット回線セットのパソコン【advent】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com







スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【第3章 GODZILLA 星を喰う者 | アニメ版ゴジラ】へ  【ブギーポップは笑わない | 再アニメ化作品】へ