FC2ブログ

実写化作品

Back Street Girls (ゴクドルズ) | 漫画実写化作品

 ←ケムリクサ | たつき監督作品 →どろろ | 手塚治虫作品








Back Street Girls-ゴクドルズ-
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』


『Back Street Girls (ゴクドルズ)』




今回はや実写ドラマ化作品である「Back Street Girls」です。

「週刊ヤングマガジン(講談社)」にて2015年16号から2018年42号まで連載された
漫画作品で、作者は 「ジャスミン・ギュ」さんです。

アニメはすでに公開が終わっており、実写映画化されています。



あらすじ──。

暴力団・犬金組の若手組員である、角刈りの「健太郎」、オールバックの「リョウ」、パンチパーマに髭面の「カズ」。彼らは早とちりと早合点が原因で大きなヘマをやらかしてしまい、組長の逆鱗に触れてしまう。その組長の前で「何でもしますから命だけは…」と涙ながらに訴えつつ、必死の土下座で許しを乞う3人に対し、アイドルがいい金儲けになることを聞きつけた組長は、その不始末の落とし前として、強引に性転換と全身整形手術を受けさせた上で女性地下アイドルグループに対抗した女性裏路地アイドルグループ「ゴクドルズ」としてデビューさせてしまう。



2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune










◆迷走解説。



アニメは一応、見ていました。

普通のアニメとは少し違い、止め絵を多用したアニメで作風を大事にして
いるアニメでした。

昔は、特に「白土三平」作品のアニメは止め絵が多く、それがかえってスピード
感を演出する効果があったことを思い出させるアニメでした。

昔は今と違ってアニメの技術が進歩しておらず、スピード感が出せなかった
ので止め絵となっていたのですが、映像的に劇画に近いものは止め絵の方が
効果を発揮します。

最近では珍しい演出方法を使うアニメだなと思っていました。


ただ、このアニメを見た時実写に向いていると思っていました。
アニメ向きのネタではなかったですね。

そういう意味では、萌えアニメが嫌い自分でもなんとか見ることができた
アニメでした。
今期のアニメもとにかく美少女づくしのラインナップです。

航空機ものから魔法少女まで色々とありますが、嫌と言うほど「美少女」
づくしです。
毎回思うのですが、どうして航空機やロボットものに「美少女」が出てくるのか。

とにかくもうアニメの「美少女」は辟易です。


「コトブキ飛行隊」は空の「ガールズ&パンツァー」を狙ったのかも知れませんが、
ある意味狙いは当たっているかも知れません。
それは二次大戦のレシプロ機マニアがガッツリと食いついているからです。

ですが美少女にはまったく関心を示さず、二次大戦のレシプロ機の話ばかりです。
どちらかというこういうタイプのファンの心理は詳しいのですが──自分もこの
タイプに近いので──あまり美少女に興味を示しません。

ここら辺のバランスが難しいですね。
昔の同人サークルでは、我々はやろうと思えば二次大戦機の作品は作れました。
しかし話が出なかったのは、美少女と絡めにくいというのがあったからです。

「ガールズ&パンツァー」はあと一歩で、自分たちが作っていたかも知れない
作品でしたが、レシプロ機は雑談でも出てこなかったですね。
ただ作品作りではなく、ただの雑談としては現代の戦闘機も含めてよく話し
は出ていました。

ちなみにですが、第二次世界大戦ではソ連には女性パイロットが存在して
いました。


「ガーリー・エアフォース」も美少女キャラが出てきますが、これは全く
人気を感じさせません。
似たような作品は以前にもアニメ化されたことがありましたが、結局、ヒット
しませんでした。

航空機と美少女が深く絡んでくる作品はヒットしにくいといえると思います。


話戻って、基本的には、何度も書いていますが実写化するのであればアニメ
の前に実写化するべきであると思っています。
ですがこのアニメはもともと少し違っていましたので、あまり実写化に
差し障りがあるようなタイプではありませんでした。

これが萌えアニメとして作られていたら、実写化すると魅力は半減していた
ものと思います。

むしろ実写化によって安心感すらあって、かえってよかったという珍しい
ケースであるかも知れません。
ネタそのものは今まであってもおかしくないものですね。

近いものはコメディではありませんが小説などはあったと思います。


ただアニメ版もあまり騒がれていませんでした。
同じ美少女ものですが「ゾンビランドサガ」の方が人気があります。
今のアニメの美少女たちはアイドルを目指さなければ人気が出ないのかも
知れませんね。

実写化してどれくらい人気が出るのかは未知数ですが。

今やアイドル戦国時代と呼ばれるほど飽和状態の芸能界ですから、
使える素材は有り余っているはずです。
それらとうまく繋げてやると、戦略的にも有効ではないかと考えられます。

最近ですが、「美少女」アニメを見るとアレルギー反応が出るような感じ
にすらなってきました。



それではまた次回にお会いしたいと思います。

業界最安値!マルコネクトの光インターネット

電動バイクは【BLAZE SMART EV】

退職代行「EXIT」












同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ケムリクサ | たつき監督作品】へ  【どろろ | 手塚治虫作品】へ