FC2ブログ

アニメ

どろろ | 手塚治虫作品

 ←Back Street Girls (ゴクドルズ) | 漫画実写化作品 →移動都市/モータル・エンジン | 実写化特撮作品








どろろ
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

メルカリ
退職代行「EXIT」

『どろろ』



今回はアニメ版「どろろ」です。

このアニメ化は二度目ですが、実写映画化もされていますのでご存じの
方も多いかと思います。

故「手塚治虫」先生の作品です。

原作は「週刊少年サンデー(小学館)」にて1967年8月27日号から
1968年7月21日号まで連載された後、「冒険王(秋田書店)」にて
1969年5月号から10月号まで連載されました。



概要──。


戦国時代の北陸や能登半島を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返す旅
をする少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろ。この2人の妖怪との戦いや、
乱世の時代の人々との事件を描く。

1967年8月27日号より「週刊少年サンデー(小学館)」で連載が始まるが、
暗く陰惨な内容が読者に受け入れられず、手塚が内容に対する迷いを感じ始め
たこともあり、単行本では「無常岬の巻」にあたる話の1968年7月21日号の
回で1度連載終了となり、「第一部・完」と表記された。

テレビアニメ化に伴い掲載誌を替えて1969年、「冒険王(秋田書店)」で
5月号から10月号まで連載された。5月号とその別冊付録、6月号に掲載された
最初の2回は、過去の原稿の再録や改変を行い設定を一新した新たな内容の
序盤が掲載され、続いて新作が連載されて、アニメ終了時期と同じ10月号で
一応の完結をみるが、こちらもストーリーとしては途中までとなり、きちんと
した物語の完結には至らなかった。

単行本は「週刊少年サンデー」連載分をもとに「冒険王」連載分もまとめられ、
最終ページの地獄堂が戦火で焼失したくだりなどを含めた加筆、細部の変更、
修正、削除を加えられて発刊されたが、見開きや扉絵は収録されていない。
単行本は、連載された話の順番を入れ替えた秋田書店サンデーコミックス版と、
後に連載順の内容で編集され細かな修正がなされた講談社手塚治虫漫画全集版の
2種類が存在しており、全集の発売後に出版された文庫サイズの漫画は秋田書店、
講談社どちらも全集版と同じになっている。

また、「冒険王」の弟誌である「まんが王」には、手塚プロ制作のセル画漫画
によるどろろも1969年4月号から10月号まで連載された。漫画以外のメディア
展開は上記のテレビアニメの他、後年にゲームソフト、実写映画も製作された。



DMM.com証券

ゲームパソコンブランド「G-Tune」










◆迷走解説。




このアニメ「どろろ」はオールドファンは殆ど見ているアニメだと
思います。

そういう情報が色々と耳に入ってきています。

初めにアニメ化されたときはまだモノクロでしたし、原作も読んでいます。
中途半端な終方でしたし、内容も決して明るいものではありませんでした。
ですが我々は見ていましたね。

それ故に何時までも気持ちの中に残り続けていた作品の一つでもあります。


昔の少年誌にはけっして子供向けとは思えない作品は多いのです。
今のように多数の漫画雑誌があり、細分化されているように見える現在の
方がむしろ子供向けかと言いたくなる作品が多い気がします。

青年誌の内容が昔の少年誌に思えることが多々ありますから。
青年誌だからもっと振り切っても良いんじゃないかと思うことが多いですね。
案外そいう作品は人気が出ないのかも知れません。

「ワールド・イズ・マイン」という作品があったのですが、大好きでしたが
ヒットした漫画という感じはありませんでした。



今の深夜アニメになったが故に「どろろ」が再アニメ化されたのかも
知れませんが、手塚作品はアニメ化されているものでも多数あります。
アニメ化されていないものの方がはるかに多いので、全ての作品を含める
と膨大な数に上ります。

どれをチョイスするかは分かりませんが、時代に合わせた変更を加える
と何度でもリメークできます。

少なくとも今後はすでにアニメ化されている作品の再アニメが期待できますし
予想としても可能性は高くなっているのではないかと思います。


この「どろろ」より古く、テレビアニメ(昔はアニメとは呼ばれていませんでした)
として初めての作品であるのは「鉄腕アトム」です。

その後に続くのが「ビッグX」と「ワンダースリー」でした。

「ジャングル大帝」もありますがこれは再アニメされていますし、映画も
ありました。
先の二作品とも再アニメ化されていませんので、そろそろ再アニメ化の
動きがあっても良いのではないかという気がします。


「ビッグX」は薬物で巨大化するヒーローの話ですが、薬物っていうの
がいけなかったのか、当初の設定である注射器を使って巨大化するのではなく
ペンシル形の機械にすぐに変更されました。

「進撃の巨人」にも注射器をつかっているシーンがありますが、まんざら
手塚作品の影響がなくはないのではないかと思えます。

「進撃」のヒットもありますから、再アニメ化があっても良いのでは
ないかとずっと思っていますが、話を聞きません。
この元ネタは「H・Gウェルズ」です。


また、「ワンダースリー」は異星人が地球の動物に変身して地球の
監視をする物語ですが、地球への監視や観察目的の異星人の来訪は形を
かえて色々とあります。

「ビックX」も「ワンダースリー」もそのままでは今の時代には合わないので、
ある程度手を加える必要はあると思います。
古い作品は殆ど時代に合わせてある程度の作り替えは必要でしょうね。

それでも手塚作品はネタの宝庫です。
いずれまた、数多くの作品の中から再アニメがなされてくるでしょうね。

どちらにせよ手塚作品はもっと注目されて当たり前なのですが。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

業界最安値!マルコネクトの光インターネット

自転車通販サイト【cyma】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【Back Street Girls (ゴクドルズ) | 漫画実写化作品】へ  【移動都市/モータル・エンジン | 実写化特撮作品】へ