FC2ブログ

実写化作品

移動都市/モータル・エンジン | 実写化特撮作品

 ←どろろ | 手塚治虫作品 →盾の勇者の成り上がり | 異世界ノベルのアニメ化作品








フィリップ・リーヴ作品
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

退職代行「EXIT」

『移動都市/モータル・エンジン』



監督、クリスチャン・リヴァース。
原作、フィリップ・リーヴ。



あらすじ──。




60分戦争により文明が荒廃した未来世界。工学士ニコラス・キルケがロンドンを最初の移動都市にしてから1000年もの間、この世界では都市が都市を襲う共食いが繰り返されていた。襲われた都市は、ガット(腸)と呼ばれる都市の最下層部で分解・リサイクルされ、住人は奴隷化されてしまう。そんな都市間自然淘汰主義に則って、移動都市ロンドンが待ちに待った獲物を捕獲した。全市民が心躍らせる捕獲劇。

しかし史学ギルド見習いのトムは、その捕獲劇を見るために仕事を怠ったかどでガットでの業務に就かされてしまう。ガットではたった今捕獲した小さな岩塩採掘都市が解体されていた。囚人や気の荒い労働者ばかりが作業する、暑く、暗く、悪臭が漂うガット。気落ちしながら解体現場を歩き進み、ふと目をやると…そこには史学ギルド長のサディアス・ヴァレンタインがいた。憧れの人物、ヴァレンタインとぎこちなく言葉を交わすと、彼は意外にも自分と自分の両親のことを知っていた。その事実に驚き、喜ぶトム。

史学長と見習いの垣根が急速に取り払われ、ヴァレンタインの娘、キャサリンも交えて消化作業の現場を訪れると、そこには獲物に乗り込んでいたスカベンジャー(ゴミ拾い)の一団がいた。

史学ギルドが買い取りそうなものを見つけた者はいないかと尋ねるヴァレンタイン。そのとき、黒いスカーフで顔を覆ったスカベンジャーの少女がヴァレンタインの前に飛び出した。手には薄刃のナイフが握り締められている。トムは少女に飛びつき、ナイフを持つ腕を押さえ込んだ。身を振りほどき逃亡する少女。クロスボウを構える機甲警官たちを慌てて制し、胸を高鳴らせながら追跡を開始するトム。ミスター・ヴァレンタインの命を救った。僕は英雄だ。反移動都市同盟がつかわした美しき暗殺者?目まぐるしい考えが頭をよぎる。

追跡の末、火炉エリアでようやく暗殺者と対峙したトム。少女のスカーフは逃亡中にダクトに絡まって引きちぎられており、顔が露わになっていた。年齢は自分と同じくらいだろうか。しかし、火炉の炎に照らされたその顔には恐ろしく醜い傷跡が刻まれていた。ショックのあまり立ち尽くすトムの背後から、機甲警官のクロスボウが放たれる。射撃の中止を懇願するトム。だが、矢の1本が少女の脚に命中してしまう。脚を引きずりながらなお逃亡しようとする少女に、トムが手を差し伸べて言う。ミスター・ヴァレンタインに手出しはさせない。いい人なんだ、親切で勇敢で―ところが少女の口から返された言葉は意外なものだった。あたしを見なよ、そのミスター・ヴァレンタインがヘスター・ショウに何をしたのか聞いてみな。少女は謎めいた言葉を残し、荒野へつながるダストシュートの暗がりに消えていった。

ようやく火炉エリアに辿り着いたヴァレンタインが、ダストシュートの脇で呆然と佇むトムに少女の所在を問う。あの娘は死にました―ショックから覚めやらぬまま答えるトムにヴァレンタインが質問を重ねる。あの娘の顔に傷跡はあったか?なぜ彼があの傷のことを知っているんだろう…かすかな疑問を感じながらも、娘の言葉を伝えるトム。ありました。名前はヘスター・ショウだそうです。ヴァレンタインの顔が複雑な表情を浮かべる。

次の瞬間、トムの体はヴァレンタインの大きな手に突き飛ばされ、ついさっき、顔に傷のあるあの少女が逃げ込んだ荒野を目がけて奈落のようなダストシュートを滑落していった。



自転車通販サイト【cyma】

ゲームパソコンブランド「G-Tune」










◆迷走考察。



今回は実写特撮作品の「モータル・エンジン」です。
原作は小説でフィリップ・リーヴさんの「移動都市」です。

この「移動都市」は都市シリーズの第一作でもあります。


まず「モータル・エンジン」に登場する都市は移動する都市ばかりで、
大きな都市が小型の都市を追いかけて捕獲して取り込み、分解する
のですがこういう部分は面白かったですね。

都市が都市を喰らう生存競争の世界が描かれています。

この機械が機械を捕食するような設定は好きなのですが、「ゾイド」
でやってほしかったですね。

もし自分が機械生命体の「ゾイド」を実写化するとなると、メカがメカを
捕食して自らの部品としていくような描写を撮りたいと思います。
自分が「ゾイド」を作るとしたらですが。

何度もこのブログでは書いていますが、「トランスフォーマー」が実写化
されているのですから、次はぜひ「ゾイド」でと思っています。



この都市が物語の中心である作品は基本的に好きな作品です。

子供の頃から田舎ではなく、元々、都会が好きで──田舎かがないので
──都市というものにある種のこだわりのようなものがありました。
なにも「メガロポリス」のようなものを好んでいるだけではなく、ヨーロッパ
の都市文化のようなものが好きなのです。

「天空の城ラピュタ」も宮崎駿作品として見に行っておらず、空中都市と
いうイメージ先行で見に行きました。

建築物なども好きですね。


基本的に田舎のようなところは好きではなくて、これは単なる建築物とか土地
だけの問題ではなく、田舎の人の人間性にも関係してきます。
時々このブログでは触れていますが、日本人の田舎神話のような美化が嫌いで
あのひとりよがりの歪な善人意識に辟易します。

田舎ではなく人が全くいない僻地のようなところの方が好きです。
中途半端なところは好きではありません。


話が脱線しましたので元に戻します。

マクロスも艦内都市があったり、都市型宇宙船での物語だったりと
絶えず何らかの形で移動型の都市が関係してきます。

SFでは昔からこの設定はけっこうあるのですが、メインになったものは
少なかったですね。
ですが自分のようにこの設定が好きな人たちがある程度の数は不動に
存在します。

ただそれは見る側ではなく、作る側に多くいます。
アニメ名とでも「シドニアの騎士」の「播種船(はしゅせん)」は都市宇宙船
ですし、アニメ版ゴジラの増殖都市など、都市に関係するものは多いのです。

「とある魔術の」シリーズは好きではないのですが、学園都市ですし、アニメ
にはこの設定がもちいられる場合が多いですね。
今期のアニメ作品である「revisions リヴィジョンズ」の舞台も、未来に
飛ばされてしまった「渋谷」という都市でした。



ただこの実写化特撮映画の設定は未来ですが、スチームパンク風の作品です。
これが一般受けするかどうかが気になっていたのですが、興行成績は良くない
ようです。

やはりスチームパンクじたいがマニアックなので、一般受けしにくいですね。

宇宙船であるとか、戦艦などはヒットする作品にはなるのですが、
移動するからといって都市そのものとなると難しいのかも知れません。

それに未来という設定であってもスチームパンクですので、シャーロック・
ホームズがいそうな時代に見えます。
どちらかと言うと、見た目は古いのです。

これも良くないのかも知れません。


作る側から見るとこれは分かるのですが、この19世紀へのこだわりのような
ものが観る人からすると避けられる理由の一つかも知れません。

最近は、この作る側のこだわりが人気のでるでないに大きく関係している
ことが分かってきました。
結局見る側からすると作る側のこだわりなど関係がないわけで、無神経
なくらいでも見る側からすると面白ければ良いわけです。


ただ指摘するのは簡単ですが、いざ自分がそれをするとなるとなかなか
できません。
これは同人でも同じでした。

今、アニメとラノベでは「異世界」ものがたいへん流行っています。
ラノベにいたっては「レジェンドノベルズ」という異世界設定専門のノベル
が創刊されたばかりです。

それくらい異世界ものは人気があるのですが、これが個人的に好きでは
ありません。


「ドラゴンクエスト」のような中世ヨーロッパの異世界設定に辟易させられ
ているからです。
あきらかにゲームの世界観を踏襲しており、その安易さがとにかく好きで
はないのです。

個人的に異世界というとSF設定に近いものをイメージするので、もともと
がこの中世ヨーロッパ設定の異世界に関心がありません。
ですがこの剣と魔法の世界でないと異世界とは認識されず、また人気も出ません。

ここら辺にこだわりがあると、安易にこの設定を使いたくないというのがあります。
無神経になれないのです。

人気のあるものを作ろうと思うと、やはり無神経な部分も必要ではないかと
最近は考えるようになりました。

最近は、この異世界ものをつとめて読むようにしています。
どこまで吸収できるかですね……。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

業界最安値!マルコネクトの光インターネット

【オンラインリアルクレーンゲーム】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【どろろ | 手塚治虫作品】へ  【盾の勇者の成り上がり | 異世界ノベルのアニメ化作品】へ