FC2ブログ

実写化作品

賭ケグルイ | 実写ドラマ化Season2

 ←盾の勇者の成り上がり | 異世界ノベルのアニメ化作品 →ULTRAMAN(ウルトラマン) | 等身大のULTRAMANスーツ








賭ケグルイ
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

退職代行「EXIT」

『賭ケグルイseason2』



今回は実写ドラマ化「賭ケグルイ」です。

「賭ケグルイ」は、河本ほむら原作・尚村透作画による日本の漫画作品
です。
「月刊ガンガンJOKER(スクウェア・エニックス)」にて2014年4月号
から連載中の作品です。

2018年12月時点では、シリーズ単行本の累計発行部数は470万部を突破
しているそうです。


出演者──。

松村沙友理(乃木坂46)。
池田エライザ。
小野寺晃良。

など──。


内容は、独自の階級制度が採用された富裕層の生徒が通う名門学園で
繰り広げられる学園ギャンブルストーリーです。


【オンラインリアルクレーンゲーム】

ゲームパソコンブランド「G-Tune」










◆迷走解説。




すでに一度、Season1のアニメ版をこのブログでは取り上げました。

内容的には学園内のギャンブルの話で、それについては実写ドラマ版
もアニメ版も変わりありません。

物語としては「カイジ」のようなギャンブルの物語なのですが、主人公
たちは女性キャラが主体で別角度のギャンブル作品です。
また学園ものでギャンブルというは今までになかったと思います。

「カイジ」くらいからギャンブルも従来の麻雀漫画であるとかとは違ってきて
いて、一種のエンターテイメントとしてギャンブルが描かれてるようになって
います。

この「賭ケグルイ」は今までのギャンブル漫画とは少し違っていて、
ギャンブルの興奮をセクシャルな描写として描くことで新しい世界観を開拓
したと言っても良いかと思います。


実際のところ、「ギャンブル」の興奮は快楽でもあって、一種の嗜癖
でもある訳で、中毒性が非常に強いものです。
だから依存症という精神疾患が現れる訳です。

これに注目した点は、着眼点としてはとても良いですね。

「カイジ」のザワザワという擬音で表現するような、ギャンブルの
興奮を快楽として表現しているものはすでにありましたが、ここで描かれて
いるのは直接的なセックスと近似の快楽です。

エンドルフィンやドーパミンなどの脳内物質とも深く関係していますから、
脳科学的にも同じなのですが、よりエロチックに描くことで成功している
漫画でもあります。


少し話がズレますが、「窃盗症」があるのですが、物質的にものが不足
していて困窮しているから盗むのではなく、むしろ裕福な家庭の人間が
快楽を求めて盗みを繰り返す場合が多くあります。

この時盗んだものは捨ててしまったりするのですが、盗みが成功した時は
オーガズムに近い快楽であることは専門家にはよく知られていることです。
ですからこの漫画は専門家から見ても、描写は外れてはいないですね。

ただ一点、品行方正を強制(何かで強い抑制を強要されるような生活を)
されるような生活を強いられているとなりやすいのですが、この学園内
のようなギャンブルまである自由な生活では窃盗症にはなりにくいとい
えます。

また、ギャンブル依存症はパチンコやスロットルマシンのような機械を
使ってのギャンブルでなりやすいとも言われていて、そういう意味では
カイジやこのアニメのように多種類なゲームとしてのギャンブルでは
依存症にはなりにくいのかも知れません。

依存症になりやすいのは、ゲームであったりスマホであったりの方が
なりやすいといえると思います。



おそらく同人誌でも二次創作として描かれているとは思います。

ただ自分が同人サークルで活動していた時は、このタイプのギャンブル
漫画もアニメも存在していませんでした。

ですから実際のところどうなんだろうという、個人的にはとても興味があります。

自分としては作りやすいネタですので、二次創作したいと考えたと思います。
ある意味このアニメはネタの宝庫なのですが、果たして同人ファンは
どう考えるだろうかというのがあります。

それはセクシャルなものをまったく感じさせない、例えば日常系アニメ
のような作品を二次創作で18禁作品化とする方がよろこばれるからです。
良くロリコンと混同されるのも、こういった嗜好が強いからで、萌えアニメ
には幼い女の子が沢山登場してきますから。

また当時は今のように深夜アニメわくがあったわけではないので、
多彩で沢山のアニメがあった訳ではありません。
今のアニメの多さでは、全てのアニメをチェックすることは難しい。

それは同人ファンも同じだと思います。
全て見ることができないという人が多くいますから。


状況が違いますので、余計に分からないので興味が凄くあります。
知っている方がいましたら、教えていただきたいと思います。

ただこうしてSeason2まで作られる作品は、作る側としてはとても
都合が良い作品です。
今のアニメは多すぎて、また大抵が12話、1クールが多いので一つ作って
も長く人気が続いてくれないと同人誌ができた途端に古くなってしまう。

人気の短いアニメでは作ってもすぐに忘れられてしまうという欠点があるからです。

そういう意味では、ゲームキャラクター並みに人気があるのが良いですね。


最後にこの作品はアニメと実写ドラマの二つがあります。

アニメが終わってすぐに実写とテンポ良く作られている点を高く評価し
たいと思います。
アニメのイメージが定着する前に実写が始まっていますし、また、
実写もアニメとあまりイメージが違っていなくて統一感があります。

個人的には何度もこのブログでは書いていますが、実写化するので
あればアニメ化の前に実写化するべきであるという考えはいまだに
変わりません。

アニメのイメージを先行させるのは実写化する場合はマイナスでしか
ないと考えています。

また、キャラクターも実写化してもイメージが壊れていないので
良かったのではないかと思います。

どちらも人気があるのが分かります。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

DMM.com証券

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【盾の勇者の成り上がり | 異世界ノベルのアニメ化作品】へ  【ULTRAMAN(ウルトラマン) | 等身大のULTRAMANスーツ】へ