FC2ブログ

実写化作品

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | スピンオフシリーズ

 ←ワンパンマン | 第二期 →キャロル&チューズデイ | 萌え要素のないオリジナルアニメ








 

ファンタスティック・ビースト
J・K・ローリング
メルカリ
Kiramune(アニメイトオンラインショップ)
コミックシーモア
【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

退職代行「EXIT」


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』




今回は「J・K・ローリング」原作の「ハリー・ポッターシリーズ」の新作
として作られている「ファンタスティック・ビースト」です。

ですからバックグラウンドの世界観は、「ハリー・ポッター」と同じ
世界観として作られているスピンオフ作品で新しいシリーズです。
いわゆる魔法世界の物語ですね。



あらすじ──。


ハリー・ポッターの1作目から約70年前、1926年のアメリカが舞台となる。

1926年、イギリスの魔法使いで魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが、アメリカ合衆国・アリゾナ州へ向かうルートの経由地ニューヨークに船で到着する。ニュートは非魔法使い(アメリカ英語で「ノー・マジ」"No-Maj"、イギリス英語で「マグル」"Muggle")の女性であるメアリー・ルー・ベアボーンに出会うが、メアリー・ルーは魔女や魔法使いは実在し、危険であるという主張をしている新セーレム慈善協会を率いていた。ニュートがメアリー・ルーのスピーチを聞いている間に、魔法で拡張されて複数の魔法生物のすみかになっているニュートのスーツケースからニフラーが逃げ出してしまう。ニフラーをつかまえようとするうちに、ニュートはノー・マジの缶詰工場職員でパン屋志望のジェイコブ・コワルスキーと出会い、ひょんなことから2人が持っていたスーツケースが入れ替わってしまう。降格させられた闇祓い(闇の魔法使いを追う専門家)であるティナ(ポーペンティナ)・ゴールドスタインはニュートを未登録の魔法使いとして逮捕し、かつての地位を取り戻したいとの思いを秘めながらアメリカ合衆国魔法議会 (MACUSA) の本部に連れて行く。しかしながらニュートが持っていたのはジェイコブのスーツケースで、パンや焼き菓子が入っていただけであったので、ニュートは釈放される。ジェイコブが借りていたアパートでは、ニュートのスーツケースから生きものが複数逃げ出してしまい、アパートを壊してジェイコブは噛まれてしまう。



古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

急な故障に…24時間対応の自転車修理保証付き。










◆迷走考察。



個人的なことなのですが、「ハリー・ポッター」は好きではありません。

大ヒットした作品ですが、映画化される前から小説作品の存在は知って
いたました。
まだ日本で翻訳版が発売される前でしたが、張ってあったアンテナに
引っかかってきた情報の一つでした。

その頃はまだ今のように映画化の話もありませんでしたが、頭角を現して
いる新人作家として「J・K・ローリング」が紹介されていました。

シングルマザーで、子供を苦労しながら育てていたそうです。
仕事をしながら書き上げた作品が「ハリー・ポッターと賢者の石」だった
と記憶しています。


それがここまで有名になるとはですが、世界的な成功は映画化にあったと
思えます。

この映画の大ヒットで原作である小説もまたヒットしましたから。

この売れ方を多少知っているのですが、こういう大ヒット作品は話題になった
から買ってみたけどまったく読んでいないという人も多いものです。
二、三買ったけど読んでいない人を知っています。

少し前になりますが、「火花」も大ヒットしましたが読んでいない人は確実
にいると思います。

昔、「ルーツ」というアメリカのドラマが大ヒットしてブームなったことが
あったのですが、それも原作は小説でした。

これもブームになったので日本で翻訳本が発売されて話題になりました。
これも話題だったから買ったけど読んでいない人を知っています。
いるんですよね、こういう人がかなりの数が昔からいます。



「ハリー・ポッター」ですがこれは児童文学として書かれています。
映画化のおかげでライトノベル的な風に見られていますが、「ハウルと動く城」
も同じく児童文学です。

ちなみにハウルはシリーズで、「ハウルと炎の悪魔」とか別の作品も存在
していますがアニメ化は一作だけです。

日本の最近の児童文学は、「童話」も含めてライトノベルとの境界が曖昧に
なってきています。

日本国内では「ハリー・ポッター」のように現代に生きる魔法物語は作り
にくいし、広がりにくいと思います。
それはアニメの存在が大きくて、特撮作品と同じでアニメがこれらの魔法もの
をアニメならではの世界観で多作しているからです。


それが災いしていますから、宮崎監督はよく「魔女の宅急便」に目を
つけたなと思いました。

そういう中で、スタジオジブリのように真っ正面から「となりのトトロ」や
「崖の上のポニョ」、「魔女の宅急便(この原作は児童文学です)」
「ハウルの動く城」のような作品をアニメ化したからヒットしたのでは
ないかと個人的には考えています。

宮崎作品には根底に「児童文学」の構造があるように思います。

同年齢らしいのですが、ガンダムの富野監督にはこの構造がなくて、
それがご自分でも指摘されていますが宮崎監督を超えられないところ
かも知れません。


そしてアニメは今まであまり児童文学をアニメ化してこなかった側面が
あります。

日本のアニメは、元々が漫画原作から発展してきましたから。

もし「ハリー・ポッター」が日本で書かれていた原作であったとしたら、
たぶんここまでヒットしなかったと予想されます。
それはアニメがあるからです。


今回の「ファンタスティックビースト」もアニメになっていたら
「群青のマグメル」のような作品になってしまっていたと思います。
これでは世界的なヒットにはならないでしょう。

日本のアニメにはこういうマイナス面も強くあるのです。


それに「ハリー・ポッター」シリーズはどちらかという女子受けしている
作品です。
それがどうも自分の好みではなくて、そういう意味でも「ファンタス
ティックビースト」の方が好感を持っています。

「ハリー・ポッター」シリーズの原作は小説として存在していますが、
「ファンタスティックビースト」シリーズには原作がありません。

「幻の動物とその生息地」という作品が原作と言えるものだそうです。

この「幻の動物とその生息地」に触発されて、「J・K・ローリング」が
脚本を書き上げたようです。
このシリーズは五作品続くようです。

「ハリー・ポッター」よりも魔法世界と普通の世界の関係もより詳しく
描かれていますし、学園ものでもないしが自分的には好きなところです。

また魔法動物という存在は、異世界のような魔法世界を表現するのには
とてもベストな存在ではないかと思います。
それはSF作品では、昔から「ベム」と呼称されるいろいろな宇宙生物が
描かれていたのもそういう側面があったものと思います。

「となりのトトロ」も「千と千尋の神隠し」もあの不思議な生き物たちが描かれ
ていたから大ヒットしたという、側面があるものと思います。

とにかく個人的に、「ハリー・ポッター」よりもこの「ファンタスティック
ビースト」の方が好きです。
次の作品も見たくなりましたからね。

案外、そう思っている人も多いかも知れませんよ。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

パソコン初心者向けのノートパソコン【advent】

MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ワンパンマン | 第二期】へ  【キャロル&チューズデイ | 萌え要素のないオリジナルアニメ】へ