FC2ブログ

アニメ

炎炎ノ消防隊(えんえんのしょうぼうたい) | タイミング悪いアニメ化

 ←ウルトラマンタイガ | 新ウルトラマン →アントマン(Ant-Man) | マーベル・コミックス








炎炎ノ消防隊
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

メルカリ
退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『炎炎ノ消防隊(えんえんのしょうぼうたい)』



今回はアニメ、「炎炎ノ消防隊」です。
原作は漫画で、作者は「大久保篤」さんです。

「週刊少年マガジン(講談社)」2015年43号から連載中です。




あらすじ──。


太陽暦佰九拾八年、東京皇国。この世界は、ある大災害を境に突然始まった人体発火現象「焔(ほむら)ビト」による脅威に苛まれていた。突然、自身の体から発火した者は瞬く間に全身が炎に包まれ、自我を失い命が尽きるまで周囲を焼きつくすのである。この脅威に対応して、一般市民を炎の恐怖から守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために特殊消防隊が組織された。

幼い頃からヒーローに憧れを抱く少年・シンラは、12年前に突然の火事によって母親と生まれたばかりの弟を亡くしてしまう。足から炎を出す事ができる「第三世代」の能力者であったシンラは、自らの体から発した炎が火事を引き起こした出火原因だとされ周囲から迫害を受ける。しかし、シンラは母親と弟と自分以外の第三者が室内にいたことを目撃しており、その人物が犯人ではないかと考えていた。

訓練校を卒業し「第8特殊消防隊」に配属されたシンラは、母親と弟のような被害者を増やさないため、また母親と弟を殺した犯人を捕まえ自らに被せられた濡れ衣を晴らすために、仲間たちと共に訓練と消防活動に奮闘する。その中で、暗躍する謎の男「ジョーカー」や焔ビトの秘密を握る組織「伝導者一派」、時に他の消防隊との戦いを繰り広げていくことになる。



オンラインでカプセルトイが回せる!colone(コロネ)

DMM











◆迷走解説。



今回の「炎炎ノ消防隊」は好感を持って見ています。

ド直球という、少年漫画らしいタイプの作品だからです。
映像的にも好きですね。

我々のような創作の世界では、「異化」というとても重要な方法が
あります。
多かれ少なかれ、日常とは違うものを作り出すのでこの「異化」は
どこかに含まれています。

それをこの作品はとてもわかりやすく構成されています。

「太陽暦佰九拾八年東京皇国」であるとか、本来は消火活動が主だった
消防隊が半ば退魔師のようなことをしています。
また、キャラクターもわかりやすい。
ビジュアル的にもです。


このブログの得意技である横道にそれるですが、主人公が緊張すると
笑っているように見えるという設定、たぶんこれは作者の方が経験したか
身近にそういう方がいるのだと思います。

実は自分も子供の頃に同じような経験をしています。

どういう顔をしてよいか分からず困って笑った記憶がありますね。
それが大人たちには気に入らなかったのだと思います。

こういう大人たちとの齟齬は、子供の頃はたえずありました。
そういう経験をしながら成長していく人は多くいるのではないかと
思います。

良い想い出ではありませんが、その頃の想い出はいまだに強く残っています。
いつも思うのは当時の大人たちの勝手な思い込みです。


小学生の時は悪ガキ、クソガキだったものですから当時の教師たちに
良く怒られていたのもあってですが、自分たちのグループとは違う連中
たちと一緒くたにされてました。

全く自分たちとは関係ないことまで怒られていましたね。

その裏に必ずあるのは、自分たちは大人で教師であるから、生徒以上
に子供たちのことを分かっているという勝手な思い込みです。

単純に自分たちの中だけで終わってくれれば、何十年もたってもこうして
記憶に強く残ることはなかったでしょうが、当時の大人たちはこの思い込み
を子供たちに強要してきました。

もう随分と時が経ちましたからどれだけの人がご存命であるのか分かり
ませんが、思い出すと文句を言いたい気持ちは今も変わりません。


最近、過去を振り返ることも多くなったのかも知れませんが、いろいろな
ところであの時だから言っただろうということが多いのです。

東日本大震災の時の原発事故からなんですが、中学生の頃に盛んに当時の
友達に話していた疑問が現実かしたことや、当時、大人たちが無視してなかった
ことにしていた「幼児虐待」などが殆ど毎日報道されることなど何度も思って
いたり話していたことが、毎日のように確認させられているような気がする
からです。

もう大御所として定着して動かしがたいのですが、「たけし」さんがまだ
ツービートとして漫才をやっていたとき、浪人生がバットで両親を殴り殺した
事件があって、それをネタにして一気にブレイクしていきました。

この時親世代は、こんなことがあるはずがない的な反応があって、とにかく
殺した子供を糾弾するような反応が強かったのです。
ですが我々のような子供側からすると、それみたことかといった空気があって
それを上手く「たけし」さんが笑いに換えていたように思います。

この日を境に親殺し子殺しが普通にニュースになりますし、今や一週間の
間に親族殺人のニュースがまったくない週がないのではないかと思えるほど
当たり前に報じられています。

これは昔からあったのですが、あまり報じられてこなかっただけだと思います。
かなりの数が別の事件のように報じられていたように思います。
それほど世の中は現実を直視していませんでした。

それもあって親を含めてですが、当時の我々を頭ごなしに押さえつけていた大人
たちにこれらの現実を見せつけてやりたいのですが今や誰も残っていません。
怒りが晴れないまま宙に浮いているような感じがずっと続いています。

元々の創作の一つの動機がこれらの欺瞞を覆したいというのがあったの
で、ついついそうしたものには敏感になってしまいますね。



話戻ってこのアニメの第三話は、「京都アニメーション」の放火事件の
影響で延期になっています。
どうも急遽編集されてしまうそうで、仕方ない気もしますができればそのまま
であってほしいです。

作品に罪はないですから。


まさかこんな放火事件が起こるとは想像もできませんでした。
さい先が悪くてとても残念です。


今回の事件は謎も多いのですが、色々と想像してしまうことでもありました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。



それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

メンズバイ宅配買取

TAMIYA SHOP ONLINE






…………







…………












同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ウルトラマンタイガ | 新ウルトラマン】へ  【アントマン(Ant-Man) | マーベル・コミックス】へ