FC2ブログ

特撮

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ | 海外版ゴジラシリーズ

 ←荒ぶる季節の乙女どもよ。 | アニメの女子高生と現実のJKの違い →BEM | 妖怪人間ベム








ゴジラ
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

メルカリ
退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(原題: Godzilla: King of the Monsters)』



監督 マイケル・ドハティ。
脚本 マックス・ボレンスタイン。


レジェンダリー・ピクチャーズ製作の怪獣映画を同一世界観の
クロスオーバー作品として扱うモンスターバースシリーズとしては
第3作目の映画。



ストーリー──。


ゴジラとムートーの戦いから5年後。巨大怪獣の存在が公になり、それまで極秘に怪獣の調査を行ってきた秘密機関「モナーク」は政府や世論から怪獣への対応と被害の責任について追及を受け、解体の危機に晒されていた。

同じ頃、中国・雲南省にあるモナーク基地では、モナークの科学者エマ・ラッセル博士と娘のマディソンらが孵化したモスラの幼虫との交信を試みていた。しかし、そこへ環境テロリストであるアラン・ジョナ率いる傭兵部隊が基地を襲撃、エマとマディソンを連れ去り、怪獣と交信する装置"オルカ"も強奪されてしまう。事態を把握したモナークの科学者・芹沢猪四郎博士は、元モナークのメンバーでエマの夫マークに協力を要請し、攫われた二人を救出するため力を合わせることとなる。

オルカの音波を追跡した結果、アラン達がモナークの南極基地へ向かっていることが判明し、マーク達も南極へと向かう。南極基地を占拠したアラン達の目的は南極の氷塊に眠る怪獣"モンスターゼロ"を目覚めさせることだった。到着したモナークの兵士とテロリストが銃撃戦を繰り広げる中、マークは妻子と再会する。だが氷塊に仕掛けられた爆弾が爆発し、基地は崩壊してしまう。アランはエマとマディソンを連れて逃亡、マーク達も間一髪基地の崩壊から免れるも、それにより眠っていたモンスターゼロが目覚めてしまう。

しかし、そこへモンスターゼロの復活を察知したゴジラが出現し、ここに怪獣たちによる世界の命運を掛けた戦いが始まった。



業界最高クラスの高価買取【ゲーム買取ブラザーズ】

背負い心地のよさリュックなら【カリマー】













◆迷走解説。



まず最初に指摘しておきますが、今回は海外版の「ゴジラ」です。
ですから日本の「ゴジラ」とは違うのが当たり前です。

まさか「キングギドラ」や「ラドン」「モスラ」が海外版で登場してくると
は思いませんでした。
すべて海外版のイメージの怪獣でしたし、それは怪獣ではなく「モンスター」
です。

我々のように怪獣好きはここにこだわりがあって、「怪獣」は「怪獣」
であって、「モンスター」ではありません。
ですから「プレデター」などとは違うのですが、アメリカでは同じ
ものとしてみています。

今までのアメリカ版ゴジラはこの線上にありましたが、前作の「ゴジラ」
の監督である「ギャレス・エドワーズ」が怪獣好きであることから少し
変わってきたように感じます。


映像を見ていれば一目瞭然なのですが、「ゴジラ」を神話に出てくる怪物
と同じ視線で描いています。
怪獣ファンとしては好感が持てるのですが、それが成功しているかどうか
は疑問です。

怪獣は「ゴジラ」から始まっていますが、「キングコング対ゴジラ」から
子供向けへとまっしぐらに進んでいきました。

もし、第一作の子供向けとしては作られていない「ゴジラ」を見ていなけ
れば、間違いなく怪獣ファンにはなっていませんので、怪獣同士のバトル
に関しては疑問を持ち続けています。

今回の怪獣同士のバトルですが、最後には「コング」も登場してきますし、
他の日本の怪獣ではないモンスターも登場してきます。
最後のシーンは「ライオンキング」のようで一番嫌なシーンでもありました。

今回の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」もやはりこの疑問が残る
作品となりました。


もともと期待していなかった作品だけに落胆もなかったのですが、次の
「コング」もどう「ゴジラ」と絡んでくるかという興味よりも、だいたい
が予想できるのでどうでも良いという気持ちの方が先行しています。

今回の映画では、「キングギドラ」は完全にやられています。
日本のゴジラでは大抵が逃げていくのですが、アメリカ版ではとどめを
さされています。

また芹沢博士が今回でなくなりましたので、渡辺謙さんは次回には出演
しないということになるでしょう。
かわりではないと思いますが、「コング」には「小栗旬」さんが出演する
そうです。

コングはすでに単体で撮られていますから、ゴジラと対抗するモンスター
となるのでしょうね。
コングそのものが好きではありません。


少し目先を変えますと、この作品ないでは極秘に怪獣の調査を行ってきた
秘密機関「モナーク」という組織がありますが、随分と前からもし怪獣の
ような存在が現れたどうするだろうかと考えたことがあります。

世界の軍事バランスを壊すほどの存在ですから、数カ国が協同しないと
対抗できないと思います。

国境や海を越えてあられる怪獣には怪獣攻撃用の選抜部隊の存在が必要
となるでしょう。
各国の思惑もあるでしょうし、簡単にはいかないのでかなりの被害をだして
からでないと統一した組織は作られないでしょう。

そうなってくるとアメリカのような巨大な軍事組織をもっている国しか
実際問題として頼れる存在はいないと思いますし、こういう問題を考え
ているととても面白い。

以前に考えた時は空母数隻と、強襲揚陸空母や強襲揚陸艦などがどうしても
必要で、そうなってくるとなるとそれこそ第七艦隊くらいの規模が必要
となってくるでしょう。

怪獣が出現した地域に派遣して内陸部まで素早く侵攻して行く必要もある
し、住民の避難誘導などもするとなるとこれくらいの規模も必要となって
来る気がします。

秘密機関の「モナーク」のような存在は物語を進める上ではとても便利な
存在ですが、これが我々には興醒めになってしまうのです。
存在しない怪獣たちを存在しない組織で対抗させるのは簡単ですが、それを
やると絵空事がさらに上塗りされてしまいただのホラ話になってしまいます。

怪獣を描く場合、どこかにリアルな部分を描かないと怪獣という架空の存在
が活きたものになりません。


そういう意味ではすでに海外版「ゴジラ」はヒーロー映画と同じ土俵にある
と言って良いのですが、等身大ではないのですから「マーベル作品」と同じ
アプローチではダメだと思うのです。

今回の作品も怪獣たちのすごさは描けていましたが、それに振り回され苦しめ
られる人間の生活が描かれておらず巨大ヒーローもののような感じです。
最後のシーンは「ライオンキング」でしたね。

まあ、それが良いと言う人もいるのであれば文句はありませんが、我々のような
怪獣ファンはやはり満足できるものではありません。

前作の監督である「ギャレス・エドワーズ」は「モンスターズ」で注目を
集めて「ゴジラ」の監督に抜擢されています。
怪獣が好きなだけあって我々の見たいものを描いてくれており、これは
「クローバーフィールド」も同じでした。

ですが一番怪獣ティストを感じたのはモンスター映画ではなく宇宙からの
侵略では古典作品のリメイクであった、トムクルーズ主演の「宇宙戦争」
でした。

これを見たとき、さすが「スティーヴン・スピルバーグ」監督と感心しました。
一度、「スピルバーグ」監督に怪獣映画を撮ってもらいと熱望するほどです。


個人的には今回の「怪獣」の神話的アプローチは良いと思います。

特に「キングギドラ」はこのアプローチにむいています。
また、怪獣という存在が怪獣のいる地域の環境を変えてしまうようで、
怪獣たちの存在は地球環境そのものに影響を与えるようです。

「ギドラ」は今まで単体で作られたことがないので、この神話的な
怪物としての単体作品として作ってほしかったですね。

そして期待するのは次の「ゴジラ」ではなく、「シンウルトラマン」です。
こちらは「シンゴジラ」と同じ庵野監督たちのコンビで作られます。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

2019年アマゾン売れ筋ランキング1位

唯一可視式・温感×振動アイグラス


専門書の高価買取店【BOOKRIVER】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【荒ぶる季節の乙女どもよ。 | アニメの女子高生と現実のJKの違い】へ  【BEM | 妖怪人間ベム】へ