FC2ブログ

アニメ

BEM | 妖怪人間ベム

 ←ゴジラ キング・オブ・モンスターズ | 海外版ゴジラシリーズ →翔んで埼玉(とんでさいたま) | 魔夜峰央作品








BEM
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『BEM』



今回は「妖怪人間ベム」の最新アニメ作品です。

完全新作アニメーションとして、2019年7月よりテレビ東京
ほかにて放送中。

第4話は8月5日(4日深夜)より順次放送予定だったが、7月18日
に発生した京都アニメーション放火事件を受け2週間延期され、
地上波同系列局では該当週に第2話・第3話が再放送されたそうです。



概要──。



原作の無国籍の作風をベースに、キャラクター造形や性格の方向性を放送時点での現代調にアレンジしている。また、本作での三人の『人間形態』に対してその大元となった人間が存在しており、作中で言及している。

巨大な港町「リブラシティ」が舞台であり、巨大な連絡橋を境に、政治・経済の中心地で高層ビルが建ち並ぶ〈アッパーサイド〉と、警察官の汚職や犯罪が多発し荒廃が進む〈アウトサイド〉に別れており、一件普通の街ではあるがその裏で超常的なものたちや、暗躍する中枢的な組織が動いている。ベム・ベラ・ベロはそれぞれの区域で活動しているが、定期的に連絡橋に集っている。

本作での「妖怪人間」は、ベムたち三人だけでなく「人体実験や事故などによって特殊な能力を得たり、体質が変化した人間」の通称として用いられており、その中でも殺人などの犯罪を行う者は「ヴィラン」と呼ばれている。



TAMIYA SHOP ONLINE

お名前.com











◆迷走解説。




知らなかったのですが「妖怪人間ベム」のリメイクというか、
最新のアニメが制作されていたようです。
「リブート」って奴ですね。

数が多すぎて視聴が追いつきません。

……どうやら50周年記念ということらしいのですが……。


旧作と違い、人口生命体というポイントを押さえた今風のアニメ作品と
なっています。
それにしても元ネタである、「妖怪人間」がなぜ今実写ドラマ化や
再アニメ化されるのかというのが分かりません。

実は「妖怪人間ベム」は旧作も含めてファンであるという人間を
見たことがなくて、また今の人気も自分の耳には入ってきておりません。


最初の「妖怪人間ベム」はもちろんリアルタイムで見ていましたが、
当時子供であった我々も少し理解に苦しむアニメ作品でした。

それはこのアニメが好きであるとか嫌いであるとかの、とにかく話題に
なったことがないアニメだったからです。
どこの誰がこの作品を望んでいて作られているのか分からず、また妖怪
と人口生命体という組み合わせにも若干の違和感を感じていた作品でした。

妖怪はやはり「ゲゲゲの鬼太郞」のイメージが強かったからかも知れません。
「フランケンシュタイン」がありますから、ホラーでも良いのですが、「妖怪」
ではないのではないかというのがありました。

当時は今と違ってアニメの本数が多くなかったので、一部のアニメを除いて
は誰もが殆どのアニメを見ている時代でした。

ですから子供たちの話題には事欠かなかったのですが、妖怪人間はなかった
ですね。
そういう意味では「サザエさん」と同じくらい話題に上らない作品でした。

オープニングが若干気持ち悪いという話があった程度です。


そういう意味ではダントツで「サザエさん」は話題に上っておらず、
子供たちの認識ではアニメ作品ではないような扱いでもありました。
これはもう大人たちの勝手な押しつけで作られていましたね。

それでもネームバリューと子供ではなく大人たちが支持してたので今でも
残っているアニメです。
たぶん視聴率云々は関係ないアニメ作品ではないかと思えます。


ただ当時は今と違ってマーケット調査などしない時代で、作る側の一方的
な思い込みで作られていたようなところがあったので、そういうものだ
ろう程度の認識で見ていました。

子供だから大人だからという先入観と固定観念が優先されていた時代でした。

子供心にこのアニメの制作意図というものを考えてしまったアニメでした。
何度も言いますが、当時は今と違って溢れるほどアニメがあった時代では
ありません。

好き嫌いとかは関係なく何でも見ていた時代でした。
それでも「サザエさん」には抵抗があって、皆無ではないですが、殆ど
見ないまま今に至ります。

「ガメラ」も最初の作品はこどもだからと馬鹿にするなと観にいかなかった
映画でした。
「大魔神」との二本立てだったので、二作目の「ガメラ対バルゴン」から
見ていました。

そういう意味では、今の映像コンテンツの選択肢の幅は比べようもありません。
いずれテレビの「サザエさん」は高齢者が誰かが見ていると思い込んでいる
だけの実体の伴わないものになるかも知れません。

そもそも今の若い世代はテレビそのものを見ませんから。
アニメばかり見てではなく、今やテレビそのものから人が離れているので
何が見られていて何が人気であるとかは無意味になって行くのかもしれ
ません。

話戻って、個人的にはこの「BEM」の方が、昔の「妖怪人間ベム」よりも好き
ですね。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

メンズバイ宅配買取

送料無料!壊れていてもOK!!パソコン&家電回収が0円













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ | 海外版ゴジラシリーズ】へ  【翔んで埼玉(とんでさいたま) | 魔夜峰央作品】へ