FC2ブログ

実写化作品

翔んで埼玉(とんでさいたま) | 魔夜峰央作品

 ←BEM | 妖怪人間ベム →アズールレーン | 擬人化ゲーム








翔んで埼玉
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
バンダイ公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』

31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『翔んで埼玉(とんでさいたま)』



今回は実写映画版、「翔んで埼玉」です。

原作は漫画で、作者は「魔夜峰央」さん。

「花とゆめ(白泉社)」の1982年(昭和57年)冬の別冊および、
1983年(昭和58年)春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載された
そうです。



ストーリー──。


暑い夏のある日、埼玉県熊谷市に住む菅原家の一家は、娘の愛海の結納のため、父の運転する自家用車で東京都内に向かっていた。結婚を機に、東京都に引っ越して東京都民になりたいと愛海がはしゃいでいると、カーラジオのNACK5で、都市伝説を題材にしたラジオドラマが始まった。それは「埼玉解放の伝説の人物・麻実麗」の物語だった。

19XX年、東京では埼玉への迫害が続いていた。埼玉県人は通行手形なしでは都内に入ることもできず、過度に虐げられた生活を余儀なくされている。そんな東京の中でも、代々東京都知事を生み出してきた超名門校・白鵬堂学院に、海外から麻実麗という美少年が転校してきた。差別を受けるZ組の生徒をなぜか庇い立てする麗に不快感を抱く生徒会長・壇ノ浦百美は、全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを当てさせるという無理難題を吹っかけて麗に恥をかかせようとするが、麗はそれを見事クリア。逆に百美は麗に心惹かれるようになってゆく。しかしある日、麗が実は埼玉県人だと発覚してしまう。埼玉に対する激しい拒絶反応に苦しみながらも、愛する麗と共に逃避行を続ける百美。そしてこの騒動の陰では、埼玉より先に通行手形制度の撤廃を狙う「千葉解放戦線」が蠢いており、やがて事態は埼玉対千葉の全面戦争へと発展してゆく。

埼玉解放戦線、千葉解放戦線は流山橋付近の江戸川を挟んで対峙するが、実は百美が赤城山で歴代の東京都知事が不正に蓄財した金塊を発見したことなどにより事前に両解放戦線の共闘が成立しており、両解放戦線が東京都内に攻め込むとともに百美が不正蓄財を暴露したことにより壇ノ浦建造は失脚する。百美と麗は埼玉デュークが計画していたこれといった特色のない埼玉の文化を秘密裏に日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する。

愛海の婚約者は結納を行う会場に向かう自動車の車内で同じラジオドラマを聞いていて埼玉愛に目覚め、都内ではなく春日部に新居を構えることを決意する。



【SoftBank Air】工事不要!コンセントに差すだけで届いた日から高速インターネットがすぐ使える!

送料無料!壊れていてもOK!!パソコン&家電回収が0円












◆迷走解説。




この映画のタイトルをきいたとき、うっすらとどこかできいたことが
あるような気がしていました。
原作が「魔夜峰央」さんだと知って、思い出しました。

読んだことはありませんが、知っているタイトルでした。


この「跳んで埼玉」ですが、面白かったです。
難を言えばもう少し映像的に撮り方があったのではないかと感じました。
あまりにまとも過ぎるというか、何の工夫も感じられず勿体ない気もする
映像でした。

この手のギャグは昔から好きなのですが、今頃やっと受け入れられたの
かという印象です。


この種のギャグセンスは原作よりもさらに古い頃からありました。
数名の仲間たちとの笑い話としては良くあったと記憶しています。
学生の頃の馬鹿話をしていた仲間たちは今何処です。

もしかすれば「魔夜峰央」さんも同じ経験があるのかも知れません。

メディアでは、「タモリ」さんが、まだ「オールナイトニッポン」を
やっていた頃です。
「笑っていいとも」も始まっていないほど古い話です。

1976年10月7日から1983年9月29日まで毎週木曜日の深夜1:00 ~ 3:00に
生放送されていました。
この頃はまだ学生たちのパーソナルな娯楽機器機としては、ラジオがメイン
であった頃です。

この後、各部屋に小型テレビ、子供部屋に専用の電話と広がっていって、
この電話問題は全国的に問題にもなりました。
単体の固定電話から、電話機に子機が付くことが当たり前になっていって
学生たちはこの子機を使っていろいろなトラブルがあったのです。

自分たちの世代はまだ電話云々はなかったのですが、悪戯電話が流行かけ
ていたと記憶しています。


自分は小学生の頃からラジオを良くきいていました。

オールナイトニッポンに関しては「タモリ」さんの放送よりもさらに古くて、
今はニッポン放送の社長さんになられている「亀淵」さんが、オールナイトニッポン
を放送されていた時代から聞いていました。

引っ越ししてからAMラジオが高い建物が多くて入らなくなってしまい、
長い間きくことができなくなりました。
ですがパソコンでラジオをきくことができるようになってから、パソコン
作業をしている間はラジオを聴いています。

この「タモリ」さんのオールナイトニッポンで「名古屋」をディスる
ような話題があり、さらには「なぜか埼玉」という歌が紹介されたり
もしていました。

映画「跳んで埼玉」ないでもこの曲は流れていました。
当時は盛り上がりましたね。

一つのコーナーになったように盛り上がって、リスナーから埼玉をディスる
話題がいくらでも送られてきていただけではなく、京都や他の地区の話題も
増えていきました。

その頃、ラジオの録音も流行っていたのですが、探せば当時録音していた
テープが見つかるかも知れません。


ですがこの種のギャグはなかなか表に出ることはありませんでした。
それはお笑いであると分かっていても、それに反発する地元の人が必ず
出てくるからです。

いわゆる「シャレの分からない人たち」の存在です。

確かに自分たちだけで盛り上がって、関係ない人にまで笑いを強要
するのは良くないですし、そういう人種は多くいます。

ですが作品化されたものはすでにこれはあくまでギャグですからと
断っているわけですから、なにも目くじらを立てないでも良いのでは
ないかと昔から思っていました。

ましてやインターネットが普及した時代に入ってからは、とにかくそう
いう「シャレの分からない」人たちが自分が思っていたよりも多いことが
分かりました。

とにかく何でも気に入らないという人は、年齢に関係なく増えていると
思うことが多いです。

そんな時代に良くこの映画は作られたなと思いますし、埼玉県民の寛容さ
に拍手を送りたいですね。

ギャグ作品のネタはわりと身近なところからもあって作れるのですが、マス
が小さい時は良いのですが、このマスが大きくなればなるほど反感を持つ人が
増えていきます。

これが笑いの難しいところでもあって、毒にも薬にもならないコメディは
面白くないし、さりとて責めると反発があるしで厄介です。


話を作品に戻すと、「GACKT」さんのようなキャラクターはこの作品に
とてもあっていると思います。
もともと「魔夜峰央」作品のキャラクターは「GACKT」さんのようなキャラ
が定番のように登場してきます。

初めて「GACKT」さんを見た時、一番に思い付いたのは「魔夜峰央」キャラ
でしたから。

こういう浮き世離れしたキャラがこの作品を後押ししています。

他の主演者もこの作品にマッチしていたのが成功した一つの要因かも知れ
ません。


それでは、次回にまたお目にかかりたいと思います。

ハーブティー甘酒

【メンズ古着専門!宅配買取】













同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com






スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【BEM | 妖怪人間ベム】へ  【アズールレーン | 擬人化ゲーム】へ