FC2ブログ

実写化作品

映像研には手を出すな! | タイムスリップしたようなマニアックな作品

 ←とある科学の超電磁砲T(とあるかがくのレールガン) | 人気シリーズの秘密 →攻殻機動隊 SAC_2045 | アンチ原作のアニメシリーズ







映像研には手を出すな!
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『映像研には手を出すな!(えいぞうけんにはてをだすな)』



今回は実写化ドラマ「映像研には手を出すな!」です。

すでにアニメ化されており、ノーマークな作品でした。
原作は漫画で作者は「大童澄瞳」さんです。

「月刊!スピリッツ(小学館)」にて、2016年9月号より連載されて
いる作品です。

「TV Bros.(東京ニュース通信社)」のマンガ賞「ブロスコミック
アワード2017」大賞を受賞しています。

映画も予定されていたようですが、現在の「侵害コロナウィルス」
被害でたぶん延期になっていると思います。



あらすじ──。

高校に入学した浅草みどりは、アニメを作るのが夢だが一人では行動できない小心者。浅草は友人の金森さやかを誘い、アニメ研の見学に行くが、そこで水崎ツバメと遭遇。親から反対されているが、アニメーター志望の水崎は浅草と意気投合。金森は教師にハッタリをかましてまるめこみ、「映像研」を立ち上げ、バラックの部室も確保。アニメで「最強の世界」を作るため、3人は奮闘する。



送料・処分費など完全無料のパソコン回収

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp










◆迷走考察。




先に少し書きましたが、実写映画化が予定されていたようですが、
今回の「新型コロナウイルス」被害の影響で間違いなく延期でしょうね。

個人的には「コロナ被害」だけではなく、「オリンピック」被害もあると
考えています。
昔と違ってオリンピックは一部の人間が利権を握っており、広く市民に
利益還元されないものと考えていました。

思った通り誘致の際の売り文句であった開催費用が安くできるが、開催が
決まった途端にドンドン費用が膨れあがって見る影もありません。

東京に住む人にとっては迷惑以外の何ものでもない──コミケなども影響を
受けるだけでなく市民生活そのものに影響がある──と考えていたとき
にこの「コロナ」です。

利益のためには市民も犠牲にする姿勢が結局、泥沼の被害を広げている
のですが、「コロナ」については被害の指摘を聞かない日はなくても、
いまだ「オリンピック」に関しては誰も指摘せず、さらにいうと開催に
固執するのはアホとしかいいようがないと、オリンピックに興味のない
人間としては思えます。

被害が長引くだけではなく拡大していくと予想できるからです。


映画だけではなくテレビアニメの制作にも影響が出ていて延期作品
が相次いでいます。
映画館そのものが休館していますので映画の全てが延期です。

同人関係も「コミケ」初め全てのイベントが中止になっています。
同人イベントどころか、委託販売店舗である「とらの穴」などの実店舗
も全て休業しています。

今や完全に社会生活そのものが休止状態で、コンビニやドラッグストア
くらいしか営業していませんから。

もともと作品制作の発端がSFで、学生の頃には終末SF作品がとても好きな
時期があって、当時の仲間たちと色々と話し合っていました。
ですから今の街の様子に既視感さえ感じています。


同人ファンは「コミケ」中止に関しては殆どなにも発していません。
たぶん、コミケ開催日には多くのコミケファンがいつものようにコミケ会場
へと向かう気がします。

これは何度もこのブログでは指摘していますが、コミック規制が始まった
ときに同じようなことがあったのです。

我々サークルがどう対処しようかと慌てていたのをよそに、まったくといって
良いほど他人事の反応だったのですが、いざ始まると我々以上の慌てようが
あったのです。

さらにいうと摘発まで始まると、あれほど反対の運動をすると息巻いていた
人々が姿をくらますように沈黙していきました。

現実と自分たちの頭の中にある妄想現実との解離が甚だしいのです。
これは「宮崎勤」に顕著な特徴で、二重人格という診断もありましたが
この強い解離があったことは専門家の間でも一致する見解でした。

多かれ少なかれ、この「解離」を程度の差はありますが「オタク」と
呼ばれる人々は持っています。
個人的には「オタク」か「オタク」でないかの基準をこの解離の程度で
判断しています。


前置きが長くなりましたが本題に入りたいと思います。

「映像研には手を出すな!」は、オタクとかなり深く関係してきます。
それは初めて原作を見たときに一発で分かりました。
また、マンガ賞「ブロスコミックアワード2017」大賞を受賞しています
が、それとも関係しています。

これはいわゆる「オタク」の姿を──つもりの──描いていてこれが
現実の「オタク」とは大きく異なっていることが原因しています。
このブログではたえず世の中が想像している「オタク」と現実の「オタク」
の違いを指摘し続けています。

「映像研」で描かれている「オタク」の姿は理想化されたオタクというか、
実写ドラマ化もされています「アオイホノオ」が描いた「庵野秀明」監督
たちが大阪芸大にいたときの青春を描いていたような修業時代の姿なのです。

つまり「オタク」なんかじゃぜんぜんなくて、映像を扱うプロたちが
かって皆程度の差はあれ通り過ぎていった青春の記録でもあります。
自分は庵野監督たちとは年齢も近いですからとてもわかりやすい。

そういう人達がこの作品を観ると悪く思えないのです。

また現実の「オタク」ではなく、理想化されたフィクションの「オタク」
は業界関係者にはとても受けが良いのです。
このブログでは「18禁」作品へと作品傾向を切り替える切っ掛けになった
作品も、「オタク」とはこういうものであろうと想像していた人達を対象に
して制作しました。

結局、現実は大きく異なっていたのですが、これが現実の「オタク」では
なく業界関係者には受けたのです。

この狙いは業界の人達と同じ目線であって、当時、同人誌の紹介など
しない雑誌に我々の同人誌が取り上げられて同じ視線であることが分
かりました。

この時の評価が「良い意味でオタク的」と解説されていて、自分たち
の狙い通りの評価でした。

何度も指摘していますが実際の「オタク」と我々が想像していた「オタク」
はあまりにもかけ離れていて、この苦い経験から「18禁」と「二次創作」
へと大きく舵を切らなければならなくなりました。

「映像研には手を出すな!」の作者である「大童澄瞳」さんも誰を対象に
作品を作っているのかは「オタク」たちへと話しています。
ですがその「オタク」たちはこの作品の面白さにはまったく気付かない
であろうことは容易に想像できます。

面白さが届いている人々は間違いなく出版関係やアニメや映像関係の
業界関係者です。
何よりも人気の噂が「オタク」たちから発せられてきていません。

張ってあるアンテナに引っかかってきていません。
だからノーマークだったのです。


それにしてもこの作者、年齢はいくつだよと心の中で何度も突っ込んで
いました。
まだ20代後半らしいのですが、今の人にはまったく分からないでしょう
が作品ないで使われているネタが50代以上の年齢でないと分からない
ことだらけなのです。

原作者の感性が、普通の漫画家の感覚ではない気がします。

我々にはすべて分かるのですが、業界関係者のなかでも全ての元ネタ
が分かる人は少ないと思いますね。

これは我々の作った同人誌でも同じで、オリジナルではありますが作品
ないではパロディも沢山投入していました。
ですがそれがパロディであることを分かる人間が同人関係にはいなかった
ショッキングな経験があります。

まだ二十代の若さでこの元ネタの情報ソースはどこから得ているのか
とても興味があります。
時代設定は2050年らしいのですが、1960年代後半から1970年代
前半の現実の時間軸がクロスオーバーしています。

それはまだ「コミケ」が開催されていない頃の元ネタがけっこうあって、
我々には分かりますが「オタク」と呼ばれる人々は分かるはずがありません。
まだ学生だったのですが、当時は「マニア」と呼ばれていました。

ここで描かれているのは当時の「マニア」と呼ばれる人々を思い出させて
くれます。
「庵野監督」などは我々からすれば当時のマニアなのです。


余談になりますが「コミケ」も「ワンフェス」もまだ開催される前には
マニアと呼ばれる人達のサブカルチャーがありました。
自分もかろうじて知っている程度なのですが、この頃からボーイズラブ
には女性たちは熱心でした。

当然「BL」という言葉もなかったのですが、今のような腐女子ではなく
普通の女性がここまで熱心になるのかという驚きがありました。
ですから「BL」がここまで広がり人気があるのは個人的にはよく分かります。

「コミケ」もそういう先行したサブカルチャーが下地にあって花開いて
います。

今の「オタク」たちは「海洋堂」と言えばガレージキットと熱く語る
かも知れませんが、我々からすれば「海洋堂」と言えば今の宮脇専務の父上
が小さな店舗から始まった時のイメージが強い。

そういう変遷をリアルタイムで知っています。

子供たちが自分のプラモなどを持ち込んで遊べることで有名で、自分たち
も子供でしたが一度行ってみようと友達と話していました。
結局、それほどプラモに興味がなくて行くことはなかったのですが、我々から
すれば「海洋堂」は当時のイメージが今なお強く残っています。

原作は、我々には懐かしさに溢れています。


映画も実写ですし、今回の記事にしたドラマも実写です。
実写企画を考えた関係者の人達はこの違いを分かっているかも知れません。

つまりアニメファンには刺さらない作品であるというこが分かっていると
いうことです。
この作品を実写化するにあたりアイドルを起用したのはそのためなのかも
しれません。

内容に反応して食いついてくる人達は少ないと思います。
アニメの方がやはり原作通りです。

実写化は違う作品であると思って観た方が良いでしょうね。

他のアイドルを起用した実写ドラマ化作品の人気も、作品そのものの
人気ではなくアイドル人気があってものでしたから。


今回はこれくらいで、次回にまたお目にかかりたいと思います。

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

【映像制作】業者を無料で見積比較できる一括.jp















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【とある科学の超電磁砲T(とあるかがくのレールガン) | 人気シリーズの秘密】へ  【攻殻機動隊 SAC_2045 | アンチ原作のアニメシリーズ】へ