FC2ブログ

特撮

ターミネーター:ニュー・フェイト | ターミネーター2の正統な続編

 ←攻殻機動隊 SAC_2045 | アンチ原作のアニメシリーズ →イエスタデイをうたって | ラブストーリーアニメ

 







ターミネーター:ニュー・フェイト
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『ターミネーター:ニュー・フェイト(原題:Terminator: Dark Fate)』



「ジェームズ・キャメロン」が製作に復帰し、2019年に公開された
アメリカ合衆国の「ターミネーター2」の正当な続編にあたるSF
アクション映画。

「ターミネーター」シリーズとしては通算6作目の作品だそうです。



ストーリー──。


1998年、サラ・コナーとその息子ジョン・コナーは、グアテマラ・リビングストンにあるビーチを訪れていた。しかし突然、T-800型ターミネーターが目の前に現れ、その場でサラを残しジョンを抹殺する。スカイネットはジョンを抹殺するためT-1000の他にもT-800を送り込んでいたのだった。抹殺任務を遂行したT-800はそのままビーチを後にする。

時代は変わり2020年。メキシコシティに1人の女性と1体のターミネーターが未来から送り込まれて来た。片方は抵抗軍がターミネーターの製造過程で発生したサイバネティックス技術を人体に応用した強化人間「グレース」、もう片方はT-1000を遥かに凌ぐ性能を誇る新型のターミネーター「Rev-9」(レヴ-ナイン)。彼らはそれぞれの任務を果たすため、行動を開始する。

メキシコに住む工員の女性ダニー・ラモスは、弟のディエゴと共に工場に出勤していたが、そこに彼女の父親に擬態したRev-9が現れる。間一髪で駆けつけたグレースに助けられ、3人で逃亡を図るがグレース一行の乗る車両が燃料不足のため速く動くことができず、大型トラックに乗って猛追するRev-9に苦戦を強いられていた。交戦は続き、ディエゴは致命傷を負いRev-9の運転する車が衝突し死亡してしまう。2体に分かれたRev-9はグレースとダニーを挟み撃ちにし、絶体絶命の中、武器を携えた初老の女性が現れRev-9を一時的に無効化する。その女性こそ、ジョンを失いながらに戦い続けていた戦士「サラ・コナー」だった。橋の下へと落ちていったRev-9に対しグレネードを投げつけ、サラは状況が理解できず呆然とする2人に「すぐに戻る(I'll be back.)」と言い残し、Rev-9の状態を確認するため下へと降りて行く。グレースはサラを待たずダニーを連れて車を乗り逃げし、ダニーの父が既にRev-9に抹殺されていることを車中で告げる。

逃亡の最中、グレースは強化の副作用で瀕死の状態に陥ってしまう。ダニーと共に薬局を訪れ治療に必要な薬品を入手するが、グレースは動けなくなり倒れ込んでしまう。駆けつけて来たサラは2人を隠れ家へと連れて行き、グレースの治療を行う。その最中、グレースは意識を失っていながら「Rev-7」と戦闘を繰り広げていたこと、自分が強化人間となった軌跡を夢で見ていた。目が覚めたグレースはサラと揉み合いになりながら、お互いの情報を共有した。サラは「審判の日」に纏わるこれまでの戦い、ジョンの死、そして何者からか送られてくるメールの情報通りに次々と現れるターミネーターを狩り続け、今回のメールでグレースの出現を知ったこと、メールの文末には必ず「ジョンのために」と記されていたことを明かす。一方、グレースはダニーを守るために送り込まれて来た2042年の人類軍の強化兵士であること、彼女が知る未来にはスカイネットもジョンも存在せず、機械軍を統べる存在がAI「リージョン」であることを2人に伝える。話をまとめたサラは、ダニーが自分と同じく「抵抗軍のリーダーの母親になる存在」であると推測し、協力を約束する。



オーディオブック配信サービス - audiobook.jp

【JUSTY リサイクルネット】










◆迷走考察。




前回の「攻殻機動隊」の記事を書いていた時「ターミネーター」のことにも
少し触れました。

そのとき、この「ターミネーター:ニュー・フェイト」をまだ見ていない
ことに気付いて今更ながらですが、観てみました。

「ニュー・フェイト」は制作に「ジェームズ・キャメロン」監督が復帰
しており、「ターミネーター2」の正統な続編という作品になっています。

個人的には一番初めの「ターミネーター」が好きですね。
「ターミネーター2」は確かに映像的には見栄えもしますし、お金がかかって
いてアクションも派手なのですが。

不思議なのですが特撮作品は、一番お金がかかっていない作品の方が
好みにあっているのか面白さを強く感じます。

それはかなり古い記憶でも同じで、「DAICON FILM」によって1984年に制作
された16ミリフィルムによる「八岐之大蛇の逆襲」という、自主製作特撮映画
があるのですが、これを見た時この認識を強くしたのを憶えています。

リアルタイムではありませんが同人を始める前で、まだ「ダイコンフイルム
(ガイナックスの前身)」のままだったと思います。

最初の「ターミネーター」も確かレンタルビデオ店ができはじめた頃で、
詳しく憶えていないのですがなぜかの最初の「ターミネーター」はレンタル
で見たのです。

「アーノルド・シュワルツェネッガー」は「ターミネーター」の前に
「コナン・ザ・グレート」に主演していて知ってはいたのですが、この
「ターミネーター」を見てからしばらく主演作品は劇場で観ていました。

「ターミネーター」は「アーノルド・シュワルツェネッガー」の出世作品と
なった映画でした。
もう随分と昔の話になってしまいましたが。

同人誌を始めた頃はあれも作りたいやこんなこともしてみたいなどが溢れる
程あったのに、できたことはほんの僅かでこのブログを書きながら思い出すと
どうしようもなくため息が出てとまらなくなります。



話を戻します。

この「ターミネーター:ニュー・フェイト」の評判は悪くないようですが、
「ターミネーター2」をキャラクターを換えてやっているようなもので、
個人的にはそれほどではありませんでした。

この「ニュー・フェイト」はタイムパラドックスが生じています。

この理論から言えば、「スカイネット」が何度新しい「ターミネーター」
を送り込んでも失敗するはずなんですが、今作では「ジョン」の抹殺に
成功しています。

そのため別の時間軸が生じることになって、機械軍を統べる存在がAIの
「リージョン」であり、「スカイネット」も抵抗軍の指揮官である「ジョン」
の存在もない未知の未来であるとのことです。

今回も「ターミネーター」である「T800」が登場しているのですが、
存在しない未来から送り込まれた存在になっています。

この存在しない未来という設定がちょっと面白いなと感じましたね。

それに「T800」が自立した意識を持って人間のように学習しており、
ならば未来の機械軍内部でも人間のことを学習して機械軍内でも反乱する
機械があっても面白いかもしれないと考えたりしましたね。

これは「バトルスターギャラクティカ」でやっていました。

それ以外は特別に面白いとは今作では感じませんでした。


機械の反乱というと人形のアンドロイドと映画などでは話が決まって
います。
ですが無人兵器と考えた場合、現実的には人形などあり得ない。

「甲殻機動隊」の「タチコマ」の方が可能性が高いですね。

今の戦闘は重武装化が進んでいて、兵器の種類も増えています。
ますますかさばるだけではなく重くなっています。
人が担いで移動できるのは限界があって、それをサポートする
機械は以前から必要性は高かったのです。

今実際に研究開発が急がれているのが、まさにこれなんです。
無人で人が運搬できる量よりもはるかに多くの荷物を運べて、人間が
移動する場所ならば操作しなくても無人でついてくるような運搬機です。

最初の映画「ターミネーター」が作られた時代にも無人兵器の開発は盛ん
でした。
無人の車両に重火器を乗せて遠隔操作してパトロールするなどでした。

第二次大戦の時も、ドイツが「ゴリアテ」と呼ばれる遠隔操作で自爆
させる小型の戦車が実際に使われています。
機械というものをもちいて戦闘をするようになった頃から、無人兵器と
いう発想はずとあったと言って良いと思います。

ですがすべて遠隔操作で、自立して動くものはなかったのです。
ですがその長い年月実現できなかったことが、AIの進化が実現させようと
しています。

ロボット工学やサイバネティクスよりもこの「AI」の進歩が鍵だった
訳です。

いろいろな意味でこれは人類に大きな利益をもたらすかも知れませんが、
最大の脅威にもなりえることは予想できます。
今まで構想はあってもできなかったことがほぼ可能になりますから。


「AI」の進化は軍事関係だけに影響を与えるわけではありません。
人の生活の全てに現れてきます。

この「AI」の進歩で社会が激変し人間は働かなくても生活できるという話は
昔からあり、そういう著書が最近特に増えています。
いろいろな著名人がその種の本を出しています。

話は前回の「攻殻機動隊」の話に戻るのですが、「攻殻機動隊 SAC_2045」の
世界はこの激変した世界の姿を形を変えて描いているようなところがあります。
特に日本の今と昔を知っていなければ描けない設定で、個人的にはフィクション
を描きながらノンフィクションに近いのではないかと思えるほどです。

単に理屈だけならばバラ色の未来はいくらでも描けますが、今までの社会の
推移は決してそのようにはなりませんでした。
人間も社会の本質もテクノロジーの発展でもそう簡単に変えられないということ
でもあると思っています。

個人的は「AI」と「ロボット」の進化したリアルな未来の姿を描いている
気がします。

例えば今の当たり前である作業ロボットによる車の製造のように、自動化
が進められていた時もバラ色の未来が来ると言われていました。
ですが来たのは大量の職人のリストラをだし、中小の工場が消滅した未来
でした。

PCとネット環境も同じです。

日本では「キャプテンシステム」というものが「インターネット」の前に
あり、その後にきた「インターネット」に取って代わられました。

どちらもこれらのバラ色の未来を謳っていましたがご存じのように現れた
現実はディストピアに近いもので一部の人達だけが繁栄する閉塞した社会
でした。

今回の「AI」の爆発的な進化も待っているのは「ディストピア」であろうと
予測しています。

「攻殻機動隊 SAC_2045」の描く近未来もこの「ディストピア」で、
「ターミネーター」の描く近未来も機械の反乱という極端な設定ですが、
やはり「ディストピア」です。

現実の歴史は「ユートピア」を夢見ながら、「ディストピア」を作って
きたと言えるのかも知れません。

「鉄腕アトム」や初代「ウルトラシリーズ」をリルタイム見て育ち
未来の科学に語り尽くせないほどの夢と希望を抱いていた自分たちにすれば、
残念で仕方ないのですがこれがリアルな実感です。

果たして「AI」の進歩の爆発はどうなって行くのでしょうね。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。


生活家電・掃除グッズ| MOOSOO - モーソー

誰でもおいしいごはんが炊ける土鍋【best pot】
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【攻殻機動隊 SAC_2045 | アンチ原作のアニメシリーズ】へ  【イエスタデイをうたって | ラブストーリーアニメ】へ