FC2ブログ

アニメ

新サクラ大戦 | ゲームからのアニメ化作品

 ←ぴぷる─AIと結婚生活はじめました─ | ラブドールの現在 →太陽は動かない(たいようはうごかない) | 一話公開の実写化ドラマ










新サクラ大戦
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム

TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット


『新サクラ大戦(しんサクラたいせん、英語: Sakura Wars)』



今回はアニメ、「新サクラ大戦」です。

「新サクラ大戦 the Animation」のタイトルで、2020年4月よりTOKYO MX
ほかにて放送中。

アニメーション制作はゲーム内アニメーションパートを担当するCG
アニメーション制作会社のサンジゲンです。
シリーズのテレビアニメとしては、「サクラ大戦TV」以来20年ぶりと
なる作品だそうです。



概要──。

物語はゲームの1年後を舞台としており、天宮さくらを中心とした物語が
展開される。また、本作では上海・倫敦・伯林華撃団に加えて、ゲームで
名前のみ言及された「莫斯科華撃団」がMika Pikazoによるキャラクター
デザインで新たに登場する。




ダッドウェイ ペット用品

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp











◆迷走解説。




今回のアニメ作品ですが、ゲーム作品からアニメ化された作品です。

ゲームを全くやりませんので、この「新サクラ大戦」の魅力がよく
分かりません。
ですのでこの解説はたぶん見当違いものであるとお断りしておきます。

また、書き始めてみると具体的に詳しく書くことも見つかりませんでした。


「ラブライブ!」にせよ「新サクラ大戦」にせよ、メディアミックス
が強い作品であると感じています。
メディアミックに適した作品というよりも、メディアミックスありきのもの
ですね。

今人気の「鬼滅の刃」であるとかの他のアニメとは違って美少女キャラクター
と設定だけで人気を得ている作品であるという印象が強いです。

世界観やストーリーなどは二の次で、我々のようなものが共感できる部分
はすくないと感じています。


ゲームとアニメの人気の温度差などもよく分かりません。
ゲームよりもアニメなのか、それともアニメはゲームの補完物なのかなど
具体的なことが分からないのです。

何よりも「美少女アニメ」が好きではありません。
しかし日本のアニメはイコール美少女アニメと定義しても良いほど人気が
あります。

わるい言い方ですが「美少女キャラクター」さえ使っていれば、失敗しない
というか「二匹目のドジョウ」どころか三匹目のドジョウさえ狙えるのかも
しれません。

実際のところ、今までのアニメを見た場合どうしてこんなにつまらないアニメ
が人気があるのかと思える作品も多く、その殆どが「美少女アニメ」です。
美少女キャラクターはある程度の人気を担保できるものなのかも知れません。


個人的にこうことではないかと考えていたことがあって、これに当てはまる
作品であると勝手に納得しています。

今回はこの考察を少し書いてみたいと思います。

これはもうアニメやゲームというよりも「アイドル」の人気と同じでは
ないかと思います。

もう古い話になるのですが、今の美少女アニメは多人数のアイドル
集団と同じ人気だと感じています。
つまり2次元と3次元、作り物と本物の生身の人物の違いだけで人気の秘密は
同じではないかと考えています。

伝わりにくいと思いますが、モノ化の心理と個人的には呼んでいるのですが、
アイドルの人間としての個性をそぎ落として、作られたアイドル像を当てはめる
というようなことです。

つまり一種の商品化の心理です。

普通のイチゴを普通に並べるよりも、一個一個きれいにパッケージして
並べて値段も高くつけると凄く美味しく見えるのと同じ心理ですね。


そしてストーカーの心理などとも近いのですが、相手を完全に私物化する
ような心理でもあります。
この心理が強いとアイドルでも自分の望んでいるアイドル像から離れていって
個人の素の個性を出すと急に叩くようなことをします。

ここら辺を上手く分かってコントロールして演じられる人が人気アイドル
になれるのだと思います。

前回の「ラブドール」とも関係するのですが、「初音ミク」と結婚した
人がいたとお知らせしました。
なぜ「初音ミク」なのかがこれを顕著に現しているように思います。

※ぴぷる─AIと結婚生活はじめました─。
http://308338.blog.fc2.com/blog-entry-354.html


「初音ミク」は今更説明の必要もないでしょうが、「ボーカロイド」です。

ですが人気の秘密は「初音ミク」のカスタマズ性です。

もともとそんな機能はないようですが、いろいろな人が「初音ミク」を
踊るようにしてみたりと自由に動かしたりしていました。
最初はこれが分からなかったのですが、こういう派生する楽しみ方が
どんどん広がって今の人気に繋がっています。

言わば個人が自分の好みに作り替えていけるキャラクターはまさに私物化
の心理に直結します。

もし未来の「ラブドール」が自立した自我を持った場合、人気がなくなるかも
知れません。
持ち主に忠実ではないし、持ち主の憧れなどを反映しないからです。

あくまで自分の好きなようにできることが重要だと思えます。
ゲーム作品の場合、「神」の視点をプレイヤーは持つことができますから。


こうなってくると作品作りというよりも、プロデュース力が必要ではない
かと感じています。
何よりも自分がこういう作品を作りたいという気持ちよりも、何が求められて
いるかが重要になってくる。

Web投稿サイトと同じで人気のあるキャラクターは保守的というか、あまり
個性的なものではないことが分かります。

自分のような人間にはやはり不向きなコンテンツと言えるかも知れませんね。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。



WiFiのセキュリティ強化をするなら

Tカード(キャラクターデザイン)の発行はこちら【Tファンサイト】
















同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com





スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ぴぷる─AIと結婚生活はじめました─ | ラブドールの現在】へ  【太陽は動かない(たいようはうごかない) | 一話公開の実写化ドラマ】へ